映画「アウトレイジ」の感想(ネタバレ)

2012.01.15 Sunday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「アウトレイジ」の感想(ネタバレ)




■監督:北野武
■出演者:ビートたけし 椎名桔平 加瀬亮 小日向文世 北村総一朗 石橋蓮司 國村隼 三浦友和

WOWOWで放送していた映画「アウトレイジ」を鑑賞。

【映画「アウトレイジ」のあらすじ】

関東の巨大ヤクザ組織、山王会。本家若頭の加藤は、傘下の池元組が本来なら敵対する村瀬組と兄弟盃を交わして親密になったことを快く思わない。そこで加藤はこれら2つの組を仲違いさせようと企て、池元に対して“村瀬はあきらめろ”と命じる。困った池元は結局、配下の大友組に命令して村瀬組との接触を断たせる。だが後にこの件が元で池元組と大友組の間で闘争が勃発し、やがて山王会本家をも巻き込む壮絶な権力闘争に発展する。

※WOWOWから引用

【映画「アウトレイジ」の感想(ネタバレ)】


椎名桔平を始め、加瀬亮塚本高史三浦友和ら新旧豪華俳優が共演した2010年の北野武監督の話題作。

物語は、暴力団組織:山王会を舞台に会長の傘下組織つぶしに翻弄される、下位組織や頭の闘争をユーモラスに描いた話。

たけしさんのバイオレンス映画は、「BROTHER」や「その男、凶暴につき」など人間関係にピリピリとした緊張感があってかなり好きだが、この「アウトレイジ」もいつ飛び出すかわらない怒号暴力に常に緊張感がある。

特に、拷問シーンや殺害シーンは、R-15指定相当視聴制限付きの元にもなっているが、かなり過激でグロく痛々しい。殺し方(死に方)を先に考えてからストーリーをつけたという(ウィキペディア情報)こともあってか、悪人の死に方(殺され方)は凝っていてその都度衝撃的だ。

個人的に、水野(椎名桔平)の殺され方は、愛が全くないゲーム的な殺害方法(助手席に座る男の首と道端のポールにロープを巻きつけて車で発進して、首吊りにする)でえげつない。

ちなみにバイオレンス部分はかなり衝撃的なので、シリアスな作品に思えるが、中身は、たけしさんならではというか、張り詰めた緊張感を上手く”笑い”に変えていて、ところどころ滑稽で笑える。

ただ、”笑い”に走りすぎてる傾向も強く(※大使館でカジノ経営はほぼギャグでしょう)、リアルさはほぼなくなってしまった。※コントとしては面白いけど、映画として見ると”笑い”に振りすぎていて微妙な作品といえる。個人的には好きだけど。

一応ラストでそれぞれの思惑が絡み、物語は落ち着くところに落ち着くが、この「アウトレイジ」は、バイオレンスを謳ったコメディという新たなジャンルだと思う。

同じくヤクザの抗争を描いた北野武監督のバイオレンス映画「BROTHER」とは似ているが、全く違うので注意しましょう。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(裏社会を描くマフィア映画はいいかげん一休みしようかと思っていた矢先に、気になっていた「アウトレイジ」がWOWOWで初放送ということで、見てしまった。全員悪人という触れ込みがあったが、登場人物それぞれ悪巧みをしており、それに振り回される下っ端が面白い。完全にギャグだけど。所さん(所ジョージ)の沖縄の別荘(沖縄ベース)も撮影場所(海辺の家?)として使われていて、見ることができる。まさに芸能人の家という感じで豪華だ。「アウトレイジ2」も製作されるということで、ほぼ主要キャストは死んでるが続編も期待したい。)



他にいい女いねえのかよ

ブスばっかり揃えやがって


-大友組チンピラ



KO負けより

TKOの方がマシでしょ

-片岡



アウトレイジ 【DVD】



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:邦画
 

スポンサーサイト

2019.09.19 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links