韓国ドラマ「太陽を飲み込め」第4話の感想(ネタバレ)

2010.08.02 Monday 韓国ドラマ 太陽をのみ込め あらすじ(ネタバレ)

■韓国ドラマ「太陽を飲み込め」第4話の感想(ネタバレ)



■ 監督: ユ・チョルヨン
■ 出演 :チ・ソン、ソン・ユリ、イ・ワン

WOWOWで放送中の韓国ドラマ「太陽を飲み込め」ですが、第4話になり物語が急展開して、かなり面白くなっている。

「太陽を飲み込め」第4話のあらすじは、キムジョンウ(チソン)が、ソウルからチェジュ島に呼ばれ、チャンミノ会長からの殺しの依頼を迷った挙句に「会長との一生の秘密ができる」と言う秘書の言葉に受けることを決める。ほどなくして、スヒョン(ソンユリ)が、両親の墓参りのためにソウルからチェジュ島を訪れる。

スヒョンが好きなテヒョクの計らいでジョンウがチェジュ島でのスヒョンのエスコートをすることになる。墓参り中にスヒョンの両親が不審な死を遂げていたことをジョンウは聞かされる。スヒョンとチェジュ島に後から来たジョンウがテヒョクら一行と合流すると、用意しておいたクルーザーで海に出る。

テヒョクがいないところでテヒョクの幼馴染の友人が、スヒョンにちょっかいを出しているところをテヒョクは偶然目撃し、テヒョクは友人をを殴る。スヒョンは気分を害し一人帰ろうとするが、テヒョクに呼び止められると、行きたいところがあると言って、あとから合流するからと、別行動を取る。

スヒョンとジョンウが、車でテヒョクの豪邸に向かっていると、テヒョクの家があるところが、昔スヒョンが両親と住んでいた場所だったことを知ると、豪邸に行かずにスヒョンは途中で帰ってしまう。

ジョンウがスヒョンが帰ったことをテヒョクに告げると、「なんで帰したんだ」とジョンウに詰め寄りますが、それを見ていた友人の一言でまたキレると、再び友人を殴りつける。しかし今回は打ち所が悪く友人は死んでしまう。

緊急事態にテヒョクの父親のチャンミノ会長が駆けつける。事態を知った会長はテヒョクを頭ごなしに殴りつける。会長からの支持だったのか、警察が駆けつけると、「オレが」と全く無関係のジョンウがテヒョクの罪を被ると、殺人罪で逮捕される。

ジョンウのチンピラ仲間は、ジョンウを助けたいと言って、チャンミノ会長の秘書に詰め寄る。ジョンウと養護施設で育ち、ジョンウに一途なハンソニョンは、ジョンウのために秘書にカラダを売る。その甲斐あってか、ジョンウが引き受けていたはずの殺しの依頼をジョンウの仲間が引き受けることになリ、ジョンウもしばらくして出られそうだと留置場のジョンウに伝えにいく。

ジョンウをいつも気にかけていた刑事は、留置場からジョンウを連れ出すと、「お前のおばあちゃんだ」と言って、病に伏した女性を紹介すると、母親ミヨンの写真をジョンウに手渡す。…続く


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(ジョンウが殺害依頼を受けた謎の男ジェイソンリーがチャンミノ会長の敵対勢力として登場したことで急に緊張感が生まれたが、それとは別にテヒョクの事故による殺人事件というハプニングによって、ジョンウは思わぬ方向に…。全く期待していなかった「太陽を飲み込め」だが、急に面白い。)

にほんブログ村 映画DVD・ビデオ鑑賞


JUGEMテーマ:韓国ドラマ
 

スポンサーサイト

2019.12.09 Monday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品