映画「スパルタカス[復元版]」の感想(ネタバレ)

2012.02.20 Monday 洋画 戦争映画

■映画「スパルタカス[復元版]」の感想(ネタバレ)




■監督:スタンリー・キューブリック
■出演者:カーク・ダグラス ローレンス・オリヴィエ ジーン・シモンズ トニー・カーティス チャールズ・ロートン ピーター・ユスティノフ ニナ・フィッチ ハーバート・ロム ジョン・ギャヴィン ジョン・ドール チャールズ・マッグロー ジョアンナ・バーンズ

WOWOWで放送していた映画「スパルタカス[復元版]」を鑑賞。

【映画「ザ・スナイパー」のあらすじ】

軍部と元老院が激しく対立する紀元前1世紀のローマ帝国。若い奴隷スパルタカスは、反抗的な態度で見せしめにされるが、闘志を見込まれて剣闘士養成所に送り込まれる。一方、帝国軍部の権力を掌握した将軍クラサスは、剣闘士たちに真剣での殺し合いを命じる。その仕打ちに反発した仲間が殺され、スパルタカスの怒りは爆発、騒ぎは暴動に発展する。スパルタカスは、脱走した奴隷同士で反乱軍を結成し、ローマ帝国軍と激突するが…。

※WOWOWから引用

【映画「スパルタカス[復元版]」の感想(ネタバレ)】


実在の歴史人物「スパルタカス」を主演&プロデューサーを務めるカークダグラスが撮影途中から代役監督してスタンリーキューブリックを指名し、この作品により一躍キューブリックの名が知れ渡ったとされるスペクタクル巨編映画。

物語は、いち奴隷で剣闘士であったスパルタカスの自由を求めローマ帝国に対し反乱を起こした半生を描いた物語。

スパルタカスという実在する歴史上の人物については、名前位で深く知らないが、自由を求める彼の姿はなかなか熱く、どころどころ演出に感動する。収録時間193分という久々の三時間越えの作品だが、ストーリーもわかりやすくそれほど長さは感じない。※昔の映画だからか途中に二分の休憩がある。

50年以上前のかなり古い作品だが、一万人近く使ったエキストラの戦闘シーンは、スペクタクルで迫力有り、特に遠景ショットで見せる軍隊の整列行動などは圧巻だ。ちなみにCG等一切使われていないので、火を用いた戦闘や高いところからの飛び降り、丸太に引かれるなど、今考えると結構な事故映像で危険度は高い。

ちなみに見れば観るほどリドリースコット監督+ラッセルクロウの「グラディエイター」を彷彿する内容で「グラディエイター」を先に知っている人にはビックリな内容だ。「グラディエイター」は「スパルタカス」の影響をめちゃめちゃ受けていたようだ。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(最後はキリスト同様磔(はりつけ)にされるというこの時代ならでは反逆者の最後でラストの爽快感はない。っというかこんな終わり方があるのかという位悲しい終わり方でエンドロールを迎える。全然ハッピーエンドじゃない。ただ、紀元前周辺のローマ時代の話が好きな人にはなかなかおすすめの熱い作品だ。スパルタカスと仲間の友情&絆が涙もの。)



動物じゃない

-スパルタカス


もう二度と売られることはない

もらわれたり

誰にも仕えることもない

誰にも強制されない


-スパルタカス&バリニア



戦いがすべてじゃない

詩も必要だ


-スパルタカス



すべては好みの問題だ

好みは欲望とも違う

つまり道徳とも関係ない


-クラサス



奴隷と自由の身では

失うものが違う

自由の身は生きる喜びを失う

奴隷は苦痛が消える

奴隷は死で自由を得る

だから死を恐れない

よって我々は勝つ


-スパルタカス


命ある限り自分に

正直であらねばならないこと


-スパルタカス


オレがスパルタだ

-スパルタカスの仲間たち



運命と秩序を

受け入れるよう説得し

神を信ぜよと導け


-?


たった一人の反抗が

ローマを揺るがした


-スパルタカス


生まれるのと同じだ

(死ぬのが怖いですか?の答え)

-スパルタカス



お前の勝ちだ

だが彼に続くものが

必ずいる


-スパルタカス


さようなら

あたしの愛しい人


-ロベリア


スパルタカス(Blu−ray Disc)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:アクション映画全般
 

スポンサーサイト

2017.11.16 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links