韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第6話の感想(ネタバレ)

2010.08.05 Thursday 韓国ドラマ 太陽をのみ込め あらすじ(ネタバレ)

■韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第6話の感想(ネタバレ)



■ 監督: ユ・チョルヨン
■ 出演 :チ・ソン、ソン・ユリ、イ・ワン

もうすっかり嵌ってしまったWOWOWの韓国ドラマ「太陽をのみ込め」ですが、続けて「太陽をのみ込め」第6話も鑑賞。6話になって気づいたが、このドラマのタイトルは「太陽を飲み込め」ではなく、「太陽をのみ込め」と”飲み”→”のみ”がひらがな表記だった。※まあどっちでもいいですけど。

さて、その「太陽をのみ込め」第6話のあらすじは、キムジョンウ(チソン)の父親(キムイルファン)の情報を唯一握る、国土建設団の軍人(責任者)のイスチャンと刑務所で対面する。しかし、どこか頑ななスチャンは、ジョンウの父についての情報は何も教えてくれない。

一方ジャクソンの殺しをチャン会長に依頼していたムン会長は、彼が生きていることを知ると、チャン会長への150億ウォンの融資話を凍結する。それによりチャン会長の計画は危機的状況に陥る。ジョンウの面会に訪れたテヒョク(イワン)は、ジョンウのことを気にかけるが、帰り際にスヒョン(ソンユリ)の誕生日のことを教えられると、渡米を決意する。

チャン会長には、ホテルの経営を学ぶためと言う理由で留学を決めたテヒョクは、その間のジョンウの世話を会長に任せるが、チャン会長からは、「お前が(オレの道を行くことを)決意させるために雇った、もう決めたのならあいつはもう用無しだ」といわれる。

スヒョンと同じ大学に入学したテヒョクは、早速スヒョンに会いに行く。留学先で友達も少ないスヒョンは、同じような志を持ち、お金持ちで良い思いをさせてくれる、テヒョクと良い関係を保つ。

スヒョンは自殺騒動を起こした近所に住むジャクソンリーの彼女のジョンヘに声を掛けると、ある日夕食に呼ばれる。話を聞くとジョンヘの職業は、ストリッパーだった。

自分の誕生日にルームメイトが男と部屋にいるところを見たスヒョンは、帰るところが無く今日だけといって、一人で念願のシルクドソレイユのショーを観に行く。ショーに心を奪われたスヒョンは、「私の夢はこれだ」と言ってシルクドソレイユの舞台演出家を心指すようになる。

刑務所内で執拗にキムイルファンのことを聞こうとするジョンウにスチャンは理由を尋ねると、ジョンウはイルファンの息子だと伝える。それを聞いたスチャンはようやく重い口を開く。しかし、仮釈放を前にスチャンは「出所したらイルファンに復讐する」と言う言葉を残して立ち去る。

ようやく1年の刑期を終え出所することになったジョンウは、友人達との再会に浸ることなくすぐさま「もうお前は私の部下だ」と言っていたチャン会長のもとに挨拶に訪れるが、「今は会うことができない」と室長(秘書)に門前払いされてしまう。違和感を感じながらもジョンウは、豪邸を後にする。…7話へ続く。

評価 ★★★★☆ (星4つ)

(6話はチャン会長が汚い仕事を進んで請け負ったジョンウをあっさり切るという、情のない行動を取リ始めたことで、今後ジョンウとチャン会長は敵対関係になる予感が漂い始め、物語がさらに面白くなってきた。もう完全にこのドラマに嵌ってしまった。次が見たくてしょうがない…。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村


JUGEMテーマ:韓国ドラマ
 

スポンサーサイト

2019.10.12 Saturday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links