韓国映画「アンティーク 西洋骨董洋菓子店」の感想(ネタバレ)

2010.08.06 Friday 韓国映画 レビュー

■韓国映画「アンティーク 西洋洋菓子店」の感想(ネタバレ)



■監督:ミン・ギュドン 
■出演者:チュ・ジフン キム・ジェウク アンディー・ジレ ユ・アイン

WOWOWで初放送していた韓国映画「アンティーク 西洋骨董洋菓子店」を見てみた。最近は、WOWOWでも韓国ドラマだけでなく、韓国映画も月に何本か新作を放送しているが、この「アンティーク 西洋骨董洋菓子店」も今月の韓国映画の新作のひとつ。もうひとつはソジソブ主演の「映画は映画だ!」。

韓国映画「アンティーク 西洋骨董洋菓子店」は、もともと、よしながふみによる漫画『西洋骨董洋菓子店』が原作。実は、日本でも2001年に滝沢秀明、椎名桔平、藤木直人、阿部寛)ら出演によって一度テレビドラマ化されている。※見てないけど

韓国映画「アンティーク 西洋骨董洋菓子店」のあらすじは、チュジフン演じるジニョクが甘いものが嫌いなのに女性客が多いという理由で、洋菓子店を開く。そして、そこに集まってきた、高校の同級生で、一流の腕を持つパティシエで”魔性のゲイ”と呼ばれる男ソヌ(キムジェウク)。さらに、ボクシングの元チャンピオンだったギボム(ユアイン)、ジニョクを若と慕う幼なじみスヨンなどが加わり、洋菓子店は繁盛するのだが、ソヌの修行時代のフランス人パティシエの元彼の登場や、誘拐事件などが絡み…。

シチュエーションコメディという感じで、西洋骨董洋菓子店「アンティーク」を舞台に集まった人たちのドタバタを描いている。特に誘拐事件以外にストーリーというものはないが、ゲイを公表するソヌの周りで巻き起きる、男の愛?と友情が、イケメン俳優をそろえているのに男女の恋愛模様を描かないところにこの映画の斬新さが覗える。

ゲイ役を演じているキムジェウクの”魔性のゲイ”という演技は、体を張った男同士のキスを伴って、かなりリアル。ただ自分は男のなので、男同士のキスを見てると気分が悪くなる。しかし、もともとキムジェウク本人もゲイじゃないかと思うほどの”魔性”の魅力を感じるほど、ゲイ役が板についている。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(かなり内容はドタバタしているが、ジニョクの過去の誘拐事件も含め、ストーリーがこんがらがずよくまとまっている。頭をからっぽにして、気軽に観るのに良い映画。韓国ドラマ「結婚できない男」に出演していたユアインが元ボクサー役で出演しているのも「結婚できない男」のファンにとっては見逃せない)

アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜 【DVD】

※その他の映画レビューを見たい方は、以下のブログ村でも見れます。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:韓国映画全般
 

スポンサーサイト

2019.12.09 Monday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品