韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第7話の感想(ネタバレ)

2010.08.06 Friday 韓国ドラマ 太陽をのみ込め あらすじ(ネタバレ)

■韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第7話の感想(ネタバレ)



■ 監督: ユ・チョルヨン
■ 出演 :チ・ソン、ソン・ユリ、イ・ワン

WOWOWで放送中の韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第7話。この「太陽を飲み込め」は面白い。

「太陽をのみ込め」第7話のあらすじは、ジョンウ(チソン)は出所後、「お前はもうオレの部下だ」と信頼してくれていたチャンミノ会長に、なぜか会うことができず豪邸を後にする。

スヒョン(ソンユリ)は、シルクドソレイユの面接に行くと最終審査の5人に残るが、テヒョク(イワン)からは、東洋人を取らないだろうという理由で、審査に落ちていることを告げられる。実際その通りになっていたが、あるとき、面接を担当していた男から直接連絡を受け、一緒に次の企画を演出しようと誘われる。面接は、その男がスヒョンを直接アシスタントとして引き抜きたいがためにあえて、不合格にしていた。

どっちにせよショーで働くことが決まったスヒョンは、テヒョクに会いその事実を告げる。テヒョクは悪かったと謝る。すでに学業を終え韓国に戻ることを決めていたテヒョクは、いつか一緒にお互いの夢を叶えようと言い残し、スヒョンのもとから去る。

ジョンウの父(キムイルファン)のことを唯一知る国土建設団の責任者だったイスチャンは、仮釈放になると、大富豪になっていたユンガンス会長、チャンミノ会長のもとを訪れる。イスチャンは二人が若い時に闇市でアヘンを売っていた時にそこで監視をしていた男で二人の過去を知る唯一の人物でもあった。

イスチャンの奇妙な行動に危機を感じたチャン会長は、ジャクソンリーの殺しの依頼を失敗し、ほぼ追放状態の身にしていたソクテを再び呼びよせる。

イスチャンと刑務所の外で再び会ったジョンウは、「キムイルファンについて私が言っていたことは忘れてくれ、私の勘違いかもしれない」と急に発言を撤回するようなイスチャンの言葉に戸惑う。

それから、まもなくして海で変死体が上がったと言う情報を受け、ヒョン班長が現場に駆けつけると、そこには変わり果てたイスチャンが無残に横たわっていた。遺留品からは、ジョンウの住所が記されたものが発見され、さらに二人が会っていたのを見ている目撃証言もあり、ジョンウが第一重要人物(容疑者)として名前が挙がっていた。

「オレは殺していない」というジョンウにヒョン班長はチェジュ島から出て行け、今後見たら容疑者として逮捕するからといって、ジョンウを逃走させる。

あきらかにおかしい事件の成り行きにチャン会長の別れ際に言っていた「お金でもなんでもたっぷり与えてやる」と言う最後の言葉がジョンウの頭を過ぎるが、何かあったら連絡してくれというジャクソンリーの協力を得て、仲間とともにジョンウはアメリカに逃げていた。…続く。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(完全に「オールイン」のイビョンホンが演じていたイナと同じ容疑を掛けられ、アメリカに逃走する展開はまさに、同じ脚本家のチェワンギュの作品と思える。オールインを見てる人は、この「太陽を飲み込め」は2倍楽しめるような気がする。)


※映画レビューブログを見たい方は、以下のブログ村でも見れます。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村


JUGEMテーマ:韓国ドラマ
 

スポンサーサイト

2019.12.09 Monday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品