「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第1話の感想(ネタバレ)

2012.04.27 Friday アンダーカバー・ボス 社長潜入調査

■「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第1話の感想(ネタバレ)




■出演者:ラリー・オドネル ほか

WOWOWで放送していた「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第1話を鑑賞。

【「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第1話のあらすじ】

北米最大の廃棄物処理会社、ウェスト・マネジメント社の社長兼COO、ラリー・オドネルが複数の作業現場で働きながら、会社の改善に努める。最初に訪れたのは、ニューヨーク州にあるリサイクル施設。ベルトコンベアでゴミの分別作業に挑戦するが、まもなくラリーは現場の厳しさを目の当たりにして……。

※WOWOWから引用

【「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」第1話の感想(ネタバレ)】


社長が身分を隠し平社員として各現場で実際に仕事を体験するというアメリカの人気番組「アンダーカバー・ボス 社長潜入調査」。

以前WOWOWで放送していたのをチラっと見て面白く、再放送しないかなと思っていたら、今度第二シーズンが始まるらしく、第一シーズンの再放送があったので、ちょっと見始めてみた。

第一話は、「廃棄物処理 “ウェスト・マネジメント”」と題し、リサイクル会社の社長が、会社が管理する施設や工場など各現場の実体を知るため平社員として潜入していく。

この番組の面白いところは、社長が平社員やバイトとして働いたときの仕事力の有無と、社長と知らずに扱う社員、最後に「実は私は社長でした!」と社員にネタばらししての社員へのドッキリが結構好き。

ちなみに、今回は、リサイクル業界に潜入している。

ダンボールと一般ゴミを仕分けするレーンを担当することになった社長は、ダンボールを取り除く作業が遅くて、機械を詰まらせてしまう。

また、ゴミ工場の埋立地では風で散らばっているゴミをビニール袋へ拾う作業を行うが、全く上手くいかず、担当の上司から使えないとクビにされてしまう。

今回のリサイクル会社の社長だが、体を動かす労働はかなり不器用のようだ。特にゴミ拾い業務に関しては、全然動けてなくて、仕事の出来ないっぷりが面白い。たぶんこの人運動も音痴だと思う。こういう不器用な人はたまにみるが、長く現場にいると典型的ないじめられっこになりそうだ。

ちなみに、ゴミ収集車に乗って各家庭を回る業務では、社員がお客から感謝の手紙を読まれたり、好きな食べ物をもらったりと、お客との間に人間関係が構築されていて、そのやりとりには、なかなか感動させられる。


評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(第一話は、リサイクル業界の現場が出てくるが、遊園地の仮設トイレの汚物の回収作業の担当者は、ウ○コをバキュームで吸い込む作業を「ランディ行け行け〜」とゲーム感覚で楽しみながらやっているのが、良かった。ドッキリ後も社長からかなり評価されていたが、なぜか現在は別の職業に転職してしまったようで、ちょっと残念だ。あの人ならどんな仕事でも楽しんでやってそうだ。)


残念だが使えない

-?


仕事をクビになったのは

これまでの人生で初めてだよ


-社長


まさかゴミ収集車で回りながら

こんなふうに感動するとは

夢にも思わなかった


-社長


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:テレビ全般
 

スポンサーサイト

2018.05.20 Sunday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links