映画「エンジェル ウォーズ」の感想(ネタバレ)

2012.04.24 Tuesday 洋画 アクション/SF

■映画「エンジェル ウォーズ」の感想(ネタバレ)





■監督:ザック・スナイダー
■出演者:エミリー・ブラウニング アビー・コーニッシュ ジェナ・マローン ヴァネッサ・ハジェンズ ジョン・ハム スコット・グレン ジェイミー・チャン

WOWOWで放送していた映画「エンジェル ウォーズ」を鑑賞。

【映画「エンジェル ウォーズ」のあらすじ】

継父の陰謀で家族を奪われ、心を病んだ患者の施設に送られた少女ベイビードール。ロボトミー手術を受けさせられることになった彼女は、同じ境遇にある同性で同世代の患者たち、ロケット、ブロンディ、アンバー、スイートピーの4人に一緒に抵抗しようと呼びかけるが、4人はベイビードールの計画にためらう。ついに絶体絶命の窮地に立ったベイビードールは自身の心が自由になれる空想の世界で自分や4人の仲間を抑圧する悪と戦う。

※WOWOWから引用

【映画「エンジェル ウォーズ」の感想(ネタバレ)】


「300〈スリーハンドレッド〉」「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督によるファンタジー・アクション。

物語は、継ぎ父の陰謀で精神病院に収容されることになった少女が、施設の仲間たちと協力して脱走を企てる話。

個人的に過去に★10をつけた映画「ウォッチメン」のザックスナイダー監督作品ということで期待して見始めたが、今回はヴィジュアル重視でプロモーションビデオのように映像主導で進んでいくので感情移入できず途中挫折しかけたが、話が進むごとに、ヒロインのベイビードールのダンスシーンから空想世界突入というパターンがわかってからは、アクションも意外と楽しめた。

ラストには、「ウォッチメン」の監督ならではというか、しっかりメッセージも込められており、序盤の減点を回収するかのようにすべて取り返し、平均点超えになった。序盤は軽すぎてどうなることかと思ったが、すべてラストへの伏線となっていて、最後は、序盤の軽いノリを踏み台にするかのようにシリアスモードになり、結末にはドキドキさせてくれる。

この映画は、”天使の存在”を肯定する話で、簡単にまとめると様々な人間に姿を変えて助けてくれる天使の力を借りながら(気づいて)、目の前の悪(何か)と戦えというような話である。

そして、天使は直接、悪とは戦ってくれないという注釈つきだということ。ここの間接的なところが面白い。結局人間が主役なのだ。

ちなみに物語としてはベイビードールの精神世界(情報空間)の話と現実(物理空間)の話がかなり込み合っていて、実際一度見ただけでは理解に苦しむ編集になっている。この作品もザックスナイダーならではの比喩や深さがある作品のようだが、実際は”誰が物語の主役だったのか”すらわかりにくい。

よくわからなかった人はこちらのブログで、かなり内容を整理しているので、モヤモヤが晴れずよくわからないひとは参考にしてみよう。そういうことだったのか!とかなり理解できる。

※2012/4.25追記

ラストのモヤモヤを解消しようとはじめからざっと見回してみたが、二回目になると、またこの映画の印象が代わる。伏線だらけだ。これも内容は意外と傑作かも。ただ、アクションシーンが吸引力があるだけに、テーマの邪魔してる。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(「ウォッチメン」と比べると客観理解に苦しむため完成度は劣ってしまうが、世界観はスケール感豊かで悪くない。※ちょっとゲームっぽいところは頂けないが。若い女性や一部の萌えファンには受けはよさそうだ。ヒロインがダンスを踊り始めると(踊るシーンは見せない)とシーンが空想世界に飛ぶというアイデアでヴィジュアル世界をやりたい放題するのは意外と斬新。すぐさまパロディに出来そうだが。音楽は「ウォッチメン」同様効果的に使われていて、相変わらず選曲の上手さを感じる。主役のヒロイン:エミリーブラウニングは映画「ゲスト」でも見たが、以前と変わらず幼い感じで20歳を超えても、完全にロリータ。)


天使なんているはずない

そう自分に言い聞かせても

天使は現れる

予期せぬ場所に予期せぬ時に

様々な姿で

私たちに語りかける

時には悪魔となって

けしかける

さあ戦えと


-スイートピー


信念を守らねば

いつまでも負け犬のままだ

-?


戦うものの人生は

戦わぬものの人生より

はるかに美しい


-?


守れもしない

空約束はするなよ


-?


最後はこの疑問に

たどりつく

誰が物語の主役なのか

誰が幕を引くのか

誰が振り付けを決める

正気を失わせる

誰が私たちを苦しめ

成功を称えてくれる

誰が…そうするのか

誰が愛する人に名誉を与えるのか

誰が私たちを試し

同時に生きる力をくれるのか

誰が真実とウソの区別を教えてくれる

誰が守るための犠牲を払うのか

誰が私たちを縛り

自由へのカギを握っているのか

…それはあなた

武器はそろってる

さあ戦って


-スイートピー


エンジェル ウォーズ 【BLU-RAY DISC】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:アクション映画全般
 

スポンサーサイト

2019.11.20 Wednesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品