映画「アンダルシア 女神の報復」の感想(ネタバレ)

2012.05.10 Thursday 邦画 サスペンス/ミステリー/スリラー

■映画「アンダルシア 女神の報復」の感想(ネタバレ)




■監督:西谷弘
■出演者:織田裕二 黒木メイサ 戸田恵梨香 谷原章介 夏八木勲 福山雅治 伊藤英明

WOWOWで放送していた映画「アンダルシア 女神の報復」を鑑賞。

【映画「アンダルシア 女神の報復」のあらすじ】

スペイン北部に隣接する小国アンドラで日本人投資家、川島の遺体が見つかり、すぐに日本の外交官、黒田康作は現地へ。現地の警察は川島が金品目当ての強盗に殺されたと結論づけるが、黒田はどうもふに落ちない。続く捜査の過程で犠牲者の第一発見者であるビクトル銀行の行員、結花や、事件を担当するインターポール捜査官・神足と出会う黒田。何かを隠しているような結花たちに不審を抱いた黒田は、やがて巨大な陰謀に気付き……。

※WOWOWから引用

【映画「アンダルシア 女神の報復」の感想(ネタバレ)】


織田裕二主演の「アマルフィ 女神の報酬」の続編。

物語は、スペインのアンドラで日本人投資家の不可解な死亡事件が発生。その第一発見者の女性に疑いがかかるが、その事件の裏側では巨大な陰謀が渦巻いていて…という話。

「アマルフィ〜」シリーズの続編で、今回は、ヒロインが天海祐希から黒木メイサへと交代。

前作「アマルフィ 女神の報酬」は、それなりの作品だったが、今回は正常進化し、舞台はイタリアやスペインに移っているが最初から最後まで、程よく緊張感があり楽しめる。

またアクションシーンが思ったより良く出来ており、いい意味でハリウッドっぽいアクションになっていて、これまでの邦画のアクションの壁を越えた感じがする。

アクションシーンに関しては、個人的に韓国映画の方がハリウッドを意識していて、先行している気がしているが、この作品でようやく見劣りしない程度に並んだ感じがする。とはいってもエンドロールにはスタッフ、キャスト含め外国人が多く関与しているので、この作品を邦画作品といってよいかは、やや微妙だが。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(個人的に手放しで海外に出しても良い邦画の娯楽サスペンスアクション作品。織田裕二が格好良く描かれていて良い。日本の娯楽アクション作品で主演を張って決まるのは、今のところ織田裕二しかいないかなと思える良さ。踊るシリーズより断然こっちだ。作品としての安定感もあっておすすめ。ただ見終わった後に特に何も残らないので、中身はない。120分を何も考えず見たい人へ。)


人は金で操れる

-?


自分の居場所なんて

そう簡単に見つかるもんじゃない


-黒田


アンダルシア 女神の報復 スタンダード・エディション 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ





JUGEMテーマ:邦画

スポンサーサイト

2019.09.03 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    • -
    • 管理者の承認待ちトラックバックです。
    • - | 2012/05/11 8:35 AM
    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links