映画「デビル」の感想(ネタバレ)

2012.07.02 Monday 洋画 ホラー/スリラー

■映画「デビル」の感想(ネタバレ)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

■監督:ジョン・エリック・ドゥードル
■出演者:クリス・メッシーナ ローガン・マーシャル=グリーン ジェフリー・エアンド ボヤナ・ノヴァコヴィッチ ジェニー・オハラ ボキーム・ウッドバイン

WOWOWで放送していた映画「デビル」を鑑賞。

【映画「デビル」のあらすじ】

高層ビルから男が転落死した。事件に不審なものを感じて捜査を進めていたボーデン刑事は、同じビルで今度は5人の男女がエレベーターに閉じ込められたことを知る。警備室の監視モニターで内部の様子はうかがえ、声を送ることはできるが、向こうの声は聞こえない。そんな中、エレベーター内の照明が消え、暗闇の中で若い女性サラが背中を切り裂かれる。明かりが戻ると5人は互いを疑い始め、再び照明が消えるとさらなる惨劇が……。

※WOWOWから引用

【映画「デビル」の感想(ネタバレ)】


「シックス・センス」のM・ナイト・シャマラン監督が原案と製作を担当し、「REC:レック/ザ・クアランティン」のジョン・エリック・ドゥードル監督が映画化したホラー。

物語は、エレベータに閉じ込められてしまった男女5人とその事故に関わる人たちに降りかかる恐怖を描いた話。

Mナイトシャマラン監督がプロデュースした作品ということでチェックしたが、映画冒頭の上下反転した都会の映像のインパクトもさることながら、81分という収録時間の短さ以上に最初から最後まであっという間に見終わった映画。

ストーリーは、悪魔降臨の話でシャマランらしく宗教が絡んでいるが、エレベーターに閉じ込められた男女5人とそこに集められた人たちの話は意外と凝っていて、密室劇の演出も上手く、終始緊張感がある。

出演者も顔が売れている有名キャストでなく曲者俳優ばかりでやりとりはイライラするが、誰が生き残るのか予想しずらいのも良い。


評価 ★★★☆☆ (星3.5)

(ホラー映画というわりにはそれほど怖くはないが、「何々、どうして?」と謎もあって画面への吸引力がかなり高い作品。音響は派手なので、5.1chなどサラウンドを聞かせて部屋を暗くしてみれば、かなり驚くと思う。お決まりの道徳観(すべては自分に責任がある)で特に新しさというものはないが、メッセージ性はある。ただ難しいものではないので、何も考えずに見れる作品でしょう。)


乗客の中の一人が

悪魔だ


-?

自分を偽るウソが

悪魔を呼ぶんだ


-?


心配しなくて良い

もし悪魔がいるなら

神様もいるから


-?


>>デビル [ クリス・メッシーナ ]


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


 
JUGEMテーマ:Horror

スポンサーサイト

2019.09.03 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links