映画「舞妓Haaaan!」の感想(ネタバレ)

2010.08.14 Saturday 邦画レビュー

■映画「舞妓Haaaan!」の感想(ネタバレ)



■監督:水田伸生 
■出演者:阿部サダヲ 堤真一 柴咲コウ 小出早織 京野ことみ 酒井若菜 キムラ緑子

少し前にWOWOWで放送していた宮藤官九郎脚本の話題の邦画「舞妓Haaaan!」を見てみました。

映画「舞妓Haaaan!」(舞妓はーん)のあらすじは、東京で中小の食品会社に勤める鬼塚(阿部サダヲ)は、修学旅行で訪れた京都で迷子になったときに、舞妓に親切にしてもらって以降、「京都で舞妓はんと野球拳をしたい」という夢を持っていた。その青年の物語。

本筋は、鬼塚が”舞妓との野球拳”を求め、自社のカップラーメンの開発に始まり、プロ野球チームの新設、プロ野球選手、俳優、プロレスラー、選挙出馬など、出世+ライバル視するお座敷荒らしと呼ばれる内藤貴一郎(堤真一)とのバトルがある。

後半からは、鬼塚が気に入った舞妓の娘の出生の秘密や、”一見さんお断り”の廃止案の有無なども交え、ハイテンションなコメディからミュージカル、意外と深い人情ドラマなどがある。

評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

(主役の鬼塚の基本ハイテンションなキャラクターが、実写版おぼっちゃま君のようで、映画のテンションは凄い。ただ、見終わった後、コメディ部分が本当に面白かったかというと???が並び、映像の勢いに押された感は否めない。ここは個人の笑いの好みの問題になりますが…。(押せ押せの笑いは苦手)しかし、柴崎コウの舞妓姿は似合っていて良い。またラストの柴崎コウとグループ魂の主題歌「お・ま・えローテンションガール」は、完全に悪ふざけの歌ですが、完成度は高い。)

舞妓Haaaan!!!『お·ま·え ローテンションガール』(耳コピー歌詞)唄:阿部サダヲ 柴咲コウ



舞妓Haaaan!!!

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村


JUGEMテーマ:邦画
 

スポンサーサイト

2019.09.03 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links