映画「スペシャル・フォース」の感想(ネタバレ)

2012.11.14 Wednesday フランス映画 レビュー

■映画「スペシャル・フォース」の感想(ネタバレ)




■監督:ステファン・リュボジャ
■出演者:ダイアン・クルーガー ジャイモン・ハンスウ ブノワ・マジメル ドゥニ・メノーシェ ラファエル・ペルソナーズ アラン・フィグラルツ

WOWOWで放送していた映画「スペシャル・フォース」を鑑賞。

【映画「スペシャル・フォース」のあらすじ】

中東アフガニスタン。フランス人女性ジャーナリストのエルサは、この地に根強く残る女性抑圧を告発する記事を書くため取材を続けていた。だが、そんな彼女の行動はタリバン組織の不興を買い、罠にはめられ拉致されてしまう。組織は、エルサの現地随行員を殺害したビデオを公開し、アフガン派兵を続けるフランス政府を脅迫する。事態を重く見た仏政府は、コバックス隊長率いる特殊部隊スペシャル・フォースの投入を決定する。

※WOWOWから引用

【映画「スペシャル・フォース」の感想(ネタバレ)】


すべて彼女のために」「アンノウン」のダイアンクルーガー主演のミリタリーアクション。

物語は、タリバン組織の人質になってしまった女性記者らを救出するべく現地に投入された特殊部隊の活躍を描いた話。

最近外れがないダイアンクルーガー出演作品ということでチェック。

フランス産の救出ミリタリーアクションだが、救出に時間が掛かるパターンではなく、開始30分ほどで救出に成功するが、執拗な追っ手から国境ラインまで逃げるという特殊部隊+人質の逃亡劇が主のアクション。

逃亡モノに不発はないと言わんばかりに、この作品も追っ手からの緊張感がありつつ、銃撃戦はゲーム世代には見ていて楽しい。まるでコールオブデューティメダルオブオナーのゲームにありそうな舞台である。

しかし、そういった能天気な銃撃アクション作品かと思いきや、終盤は、ロードオブザリングばりのカメラワークで壮大な雪山をサバイバルしながら生き残りを掛けた過酷で重たい話にシフトチェンジ。こんな展開になるとは全く予想できず。

仲間も思っていた以上に犠牲になるが、ラストシーンは、感動的だ。



評価 ★★★★☆ (星4.2)

(ダイアンクルーガー作品にやっぱり外れはないと再認識したアクション作品。アクションサバイバルが主で中身はそれほどないが、イスラム教の教えや文化、アフガニスタン、パキスタンの地形や気候もわかる作りで勉強になる。逃亡サバイバルで高山移動はキツイ。特殊部隊ならではの友情は結構目頭を熱くさせる。映画を見た後に邦題タイトルを見ると、かなり損をしている。もっと良いタイトルあったでしょう、子供向けの戦隊ヒーローじゃないんだから。)



お前は神を信じているか?

-?


苦労せずして栄光はない

-?

我々は敵でも

もてなす


-?

スペシャル・フォース 【DVD】



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:フランス映画
 

スポンサーサイト

2018.10.23 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links