映画「わらの犬[2011年版]」の感想(ネタバレ)

2012.11.27 Tuesday 洋画 サスペンス/ミステリー

■映画「わらの犬[2011年版]」の感想(ネタバレ)




■監督:ロッド・ルーリー
■出演者:ジェームズ・マースデン ケイト・ボスワース アレキサンダー・スカルスガルド ドミニク・パーセル ジェームズ・ウッズ

WOWOWで放送していた映画「わらの犬[2011年版]」を鑑賞。

【映画「わらの犬[2011年版]」のあらすじ】

ロサンジェルスに住む脚本家のデビッドは、女優である妻エイミーと静かな環境を求め、ミシシッピの地方の町にある彼女の生家に引っ越す。裕福なデビッドや美しく華やかなエイミーに対し、エイミーの元恋人チャーリーら地元の一部の男性はからかったり挑発する態度を取り、それは次第に暴力性を帯びてくる。エイミーがチャーリーの仲間にレイプされたのに続き、ある事件が発生。それを機にチャーリーたちはデビッドたちの家を襲う。

※WOWOWから引用

【映画「わらの犬[2011年版]」の感想(ネタバレ)】


1971年製作の同名映画を「X‐MEN」シリーズのジェームズマースデン×「ブルークラッシュ」のケイトボズワースでリメイクした作品。

物語は、妻の故郷に一緒にやってきた脚本家の夫がその二人をよく思わない野蛮な地元の男たちとのいざこざに巻き込まれてしまう話。

暴力で復讐するというわかりやすい番組あらすじを読んで選んでみた。

最終的に復讐するらしいというラストのスカッとさを求めて、見始めたが、冒頭から妻が帰った故郷の妻の元彼氏含む地元の男たちの態度が不快感極まりなく、あからさまなムカツクやつばかり(何かにつけて絡んでくるめんどくさいヤツを)よせ集めていて、30分ほどで見てるのが嫌になってきたが、とりあえず我慢して最後まで見た。

復讐するにはさすがにそれなりの理由がないといけないわけだが、表立ったものとしては、不法侵入+猫殺しの疑惑と彼らの嘘情報による密漁未遂?位、妻がレイプされた事実(ここのシーンはエロい)は復讐にはもってこいだが、夫には話さないので、部品が揃わずどう復讐に繋がるのか気になってくるが、ラストは、別事件の犯人をたまたまかくまったことで、彼らが暴徒化し家を襲撃してきたことによる正当防衛の末に皆殺しというパターン。

主人公の夫の性格が争いを嫌うメガネ君キャラで、メルギブソンみたいな男勝りなヤツじゃないところが、この作品のイライラする部分でもあり、逆に共感できるところでもあるが、こういう状況(多勢に無勢)に嵌るとほんとめんどくさい。※自分ならすぐ引っ越しちゃうな。好戦的な相手のために関係修復したりする努力や時間がもったいない。

あと、男だけじゃなくこの夫の妻も問題を広げていて、ノーブラで外をうろうろしてるのに、他の男がいやらしい目で見てくるのをなんとかしてくれ!と夫に詰め寄るのは、自分勝手すぎてどうかと思ってしまう。部屋の中と外じゃあ話が違う。問題はお前の行動なのに、この妻アホなのかなと。

また夫が何も言ってくれないとわかると、男らを見返すために裸をチラつかせておちょくったりしていて、無闇に相手の感情を揺さぶっていて、この妻ほんとアホなのかなと。×2

どういう復讐パターンになるのかと思ったが、結局、流れに身を任せた果ての復讐だった。


評価 ★★★☆☆ (星3.2)

(復讐ものとしては、あからさまな悪いやつが登場する作品。過去に不良に絡まれたことがある、またはそういう状況に同席してしまったことがあると、嫌な思い出を思い出す内容でもある。熊用の”踏むとカシャン”を頭にかぶせるラストは、斬新で爽快だ。ちなみに教会や聖書の話も少し出てくるが、アメリカの場合は、不良なのに信仰心があったりと、二重にめんどくさい状況で無神論者にとってはアメリカの地方は相当居心地が良くない場所だなと思った。あと、プリズンブレイクの兄役でお馴染みのドミニクパーセルも出演してるが、ラストに手助けとか何かしら見せ場があるのかと思ったら、何もせず全然良いところ無し。)



”わらの犬だ”

中国の祭りで使われた神への捧げ物さ

儀式中は崇められる

だが必要なくなれば

無用のものとして捨てられる


-デビット




隣人の妻を欲するな

-デビット


無神論の国を救う謎さ

-?


神の業は謎さ

-?


この世は残酷だ

-チャーリー



あなたも私も臆病者

-エイミー


全員片付けた

-デビット



わらの犬



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ




JUGEMテーマ:洋画
 

スポンサーサイト

2019.12.09 Monday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    • 復讐のはなしではなくて、人の本能を描いてる映画。やらないと、やられる。最初のシーンと最後のシーンは、コントラストが効いていていい映画。リメイクだけど
    • シエスタ | 2013/05/27 12:05 AM
    • シエスタさん

      復讐の話かというと表現が不適切でした。正当防衛での果ての結果ですもんね。

    • 管理人 | 2013/05/27 6:22 PM

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品