映画「革命戦士ゲバラ!」の感想(ネタバレ)

2010.08.21 Saturday 映画レビュー

■映画「革命戦士ゲバラ!」の感想(ネタバレ)



■監督:リチャード・フライシャー 
■出演者:オマー・シャリフ ジャック・パランス

かなり前にWOWOWで録画しておいた1969年に製作されたキューバの革命家チェゲバラの伝記映画「革命戦士ゲバラ!」を見てみました。WOWOWでは、”革命戦士”は付かず「ゲバラ!」と題されています。

少し前に公開して話題になっていたスティーヴン・ソダーバーグ監督、ベニチオデルトロ主演の2部作の映画「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳 別れの手紙」がありますが、同じチェゲバラの作品ですが、描き方がかなり異なります。

こちらの映画「革命戦士ゲバラ!」の方が、ゲバラの農村への略奪、規律を守るための銃殺処刑などゲバラのダークな面も普通に描かれており、単純に良い面をクローズアップしていた二部作のチェ作品とは、見た後に感じるゲバラへの印象が違います。またカストロを始めアメリカ、ソ連、中南米など世界情勢との関係もこちらの方が、断然わかりやすい。

映画「革命戦士ゲバラ」のあらすじは、ゲバラが死体となって輸送されていくのと同時に、キューバ革命をめざすカストロが、ゲリラ部隊を率いてキューバの南東の地にヨットで上陸するところから始まります。※途中、途中ににゲバラを知る関係者がカメラの前でゲバラについて語っています。

カストロの下で医師として参戦していたゲバラは、ある戦闘に巻き込まれた時に、仲間の弾薬を持ってきてくれという声で、医療道具を捨て、弾薬を運んだことで、医師から次第に戦士として変わっていきます。弾薬が底をつき、敵の武器庫を襲うことになったときには、先頭を切って鎮圧に乗り込んだことで、カストロに認められ始めます。

その後、支援してくれる協力者が現れた時、カストロが集中力が切れて煙たげに追い払おうとする中、ゲバラは、協力者との友好関係を保つための間を持ちます。これ以降、ゲバラはある部隊の隊長に任命されます。そして、キューバを二分することが出来る、キューバのちょうど真ん中に位置するサンタクララを制圧することを一番に考えたのもゲバラでした。

カストロがリーダではあったが、ほぼすべての作戦はゲバラが立てており、ゲバラの話した内容をカストロがメンバーに伝えていた。キューバ革命が成功し、カストロが首相につくと、ゲバラは帝国主義のアメリカを意識し始めます。

共産主義を掲げるキューバに対し、じきにアメリカが介入してくるだろうと思ったゲバラは、核武装をさえすれば、対等にアメリカと渡りあえることを思い立ち、アメリカと冷戦状態にあり、同じく共産主義を掲げるソ連の軍隊をキューバに引き込もうとします。

中南米に位置するキューバにソ連の軍事基地があれば、アメリカの主要都市への攻撃が容易になるため、ソ連もその話に乗ります。しかし、アメリカのケネディ大統領が、キューバーからアメリカに関わらず他国への攻撃が行われた場合、アメリカへの宣戦布告するという内容の文を発表すると、ソ連は戦争はしたいわけじゃないとその脅しに引いてしまいます。

またカストロもアメリカの宣戦布告に意気消沈し、それとともに誰かが言っていたゲバラの夢想という言葉に惑わされます。ゲバラは、自分の言葉に耳を貸さなくなったカストロやキューバに対して、不信感を覚え、同じ中南米で拠点となるボリビアへの革命に参加をすることを決めます。

しかし、ボリビアにとってはゲバラという外国人が革命を起こすことにどこか消極的であり、またゲバラの決断もキューバで行われていたものとは変わり始め、次第に部隊の士気は落ちていきます。結局、物資に困り、略奪しに入った村の村人に密告され、ゲバラは捕まってしまう。

村人を自由にするために革命を起こそうとするゲバラに対し、その村人は、ボリビア軍やあなた(ゲバラ部隊)に、生活を邪魔されたくないと言います。その言葉にゲバラは、革命の意味を失い、自ら処刑室に入る。

評価 ★★★★☆ (星4つ)

(1969年製作というかなり古い作品で、始めは映像の古さに抵抗があったが、見始めると面白く、チェ2部作よりも全然良かった。特にカストロとの関係やキューバーと諸外国との関係などはわかりやすい。革命は市民の心と支援があって初めて成功する。革命とゲリラ戦争についてゲバラ本人が書いたゲバラ戦争という本があるらしいが、かなり気になります。)

新訳ゲリラ戦争

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:「実在する人物や実際にあった話」を元にした映画全般
 

スポンサーサイト

2018.04.19 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    • はじめまして
      僕もそのゲバラの映画観ましたw
      昔の映画って感じでしたが最近のデトロトが出演している映画よりはこちの方が好きです。。w
      ゲバラの顔がこっちの俳優さんの方が似てますよねwwwあとカストロ役はかなりウケましたw謎の解説しているオッサンも面白いですね。多分あの人はレジス・ドブレなんだろうと思いますが
      僕はゲバラとカストロについてブログを書いているので興味があれば観に来てください。
      コメント待ってます!
    • Venceremos | 2010/08/23 2:16 PM
    • Venceremosさん


      はじめまして!

      コメントありがとうございます^^

      >昔の映画って感じでしたが最近のデトロトが出演している映画よりはこちの方が好きです。。w

      私も、実は始めの数分だけ見て、あまりの映像の古さに一度観るのをやめてしまいましたが、時間を置いて再度見始めてみたら、グイグイ引き込まれれて最後まで見てしまいました。

      ゲバラは、興味深い人物ですね^^
    • 管理人 | 2010/08/27 11:56 PM

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links