映画「トライアングル」の感想(ネタバレ)

2013.03.04 Monday 邦画 サスペンス/ミステリー/スリラー

■映画「トライアングル」の感想(ネタバレ)




■監督:クリストファー・スミス
■出演者:メリッサ・ジョージ マイケル・ドーマン レイチェル・カーパニ ヘンリー・ニクソン エマ・ラング

WOWOWで放送していた映画「トライアングル」を鑑賞。

【映画「トライアングル」のあらすじ】

子どもの世話に疲れていたシングルマザーのジェスは、友人に誘われて気分転換のヨットクルーズに出かけることになった。天気は快晴、気持ちのいい航海になるかと思われたが、突然の大嵐に巻き込まれ、船が転覆してしまう。そんなとき、運良く大型客船が通りがかり、ジェスたちは命からがら乗り移ることに。だが、なぜか豪華な船内には人の気配がない。不審なものを感じだした彼らの前に、やがて覆面の殺人者が現われて……。

※WOWOWから引用

【映画「トライアングル」の感想(ネタバレ)】


「0:34 レイジ 34 フン」のクリストファー・スミス監督のサスペンススリラー。

物語は、友人のヨットクルーズに乗船したシングルマザーの女性に降りかかる話。

ヨットを舞台にした男女6人のよくありがちなサスペンス映画の一つかなと思って選んでみた。

しかし、何も予備知識なし、ハードル下げて見たのが幸いしたのか、とんでもない映画だった。

以前、個人的に10点をつけた映画「ウォッチメン」を見たときに感じた衝撃度に近い感覚を、この映画で再び味わった。鳥肌出た。もちろん「ウォッチメン」と作品のジャンルや内容は全く違うが、作品の完成度(整合性や話の展開)という部分では、ほんとに文句のつけようがない作品だ。

時間が経過するごとに変わる話の世界観の変化がすごいし、またこちらが想像する予想を裏切りつつ、最後は予想通りの展開にしっかり収まる上手さ。

海外ドラマ「LOST」をぎゅっと凝縮したような新たな情報による衝撃度の連続。サスペンス好きには堪らない頭の中をぐるぐるとかき混ぜられる面白さを味わえる。


評価 ★★★★★ (星5つ)

(サスペンス映画として個人的に満点の完璧作品。映画を見てると極たまに物凄い映画に出会うが、そのひとつに認定したい映画。自分がもし映画監督だったらこういう作品を撮りたいと思うほど、素人ながら物語の整合性の完璧具合に嫉妬を覚える。一度見終わったあとに、もう一度見たときの方が新たに「うわっ、なんだこれ!」と衝撃度があるという作り手の上手さがある。ネタバレになるが、なんだかんだで主人公は一度も死んでいないところの監督のきっちりさは、すごい。そして自らこの脚本書いてるし。「インセプション」のクリストファーノーラン監督は「メメント」の時にすごいと思ったが、このクリストファースミスも今後要注目だな。)



今のは現実じゃない

-ジェス




トライアングル 【DVD】



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ




JUGEMテーマ:洋画
 

スポンサーサイト

2019.10.12 Saturday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links