映画「バッド・ティーチャー」の感想(ネタバレ)

2013.03.18 Monday 洋画 コメディ/お笑い

■映画「バッド・ティーチャー」の感想(ネタバレ)




■監督:ジェイク・キャスダン
■出演者:キャメロン・ディアス ジャスティン・ティンバーレイク ジェーソン・シーゲル ルーシー・パンチ ジョン・マイケル・ヒギンズ

WOWOWで放送していた映画「バッド・ティーチャー」を鑑賞。

【映画「バッド・ティーチャー」のあらすじ】

中学校の英語教師エリザベスは玉の輿に乗る夢を果たし、意気揚々と寿退職する。だが、フィアンセの母親から金目当てであることを見破られ、あえなく破局してしまう。仕方なく学校に戻った彼女の前に、実家が金持ちだというイケメン代理教師のスコットが現われる。再び玉の輿に乗るために豊胸手術にこだわるエリザベスは、その費用を捻出するべく、あの手この手を使って金を稼ぐ。さらに思わぬ恋敵も現われ、彼女の大暴走が始まる。

※WOWOWから引用

【映画「バッド・ティーチャー」の感想(ネタバレ)】


キャメロン・ディアス主演のラブコメディ。

物語は、金目当で結婚を企んでいたが、素性がバレて破局になった欲に目がない女教師が、今度は転勤してきた同僚の金持ち男性に狙いを定め、あの手この手でアプローチを始める…という話。

キャメロンディアス主演の映画ということでチェックしてみた。

内容は、目的には手段を選ばない悪い教師だが、そのまっすぐさが功を奏し上手い具合に目標設定が切り変わることで、なぜか良い教師にもなっていくという微妙な変化具合を楽しむといった作品。

はじめはどこに向かって、どうまとめるのかと思ったが、意外と上手いことまとまった気がする。ハッピーエンドかな。

特に生徒に対して、真実(現実)をズバズバ言うところは、悪い教師ならではで、今の時代だからこそ、こんな破天荒な教師がいてもいい気がすると思った。※大麻を吸ってたらダメだけど


評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(キャメロンディアス目当てだけで見るにはもう厳しいが、内容は可もなく不可もなくといった作品。ストーリー傾向が元カレを取り戻すシャーリーズセロン主演の「ヤングアダルト」と被ってる気がしないでもないが、こちらの方がラストに主人公の更正が見えて明るい。この映画で共演してるキャメロンディアスとジャスティンティンバーレークは私生活でも元カップルだったようで、その情報を知ってみるとまた違った見方ができるかも。こういう共演は日本ではほぼないな。まさに体当たり(笑))


彼女といると僕は

僕を好きになれる

-?


同じパーカーを週に三回着る男は

29歳まで童貞でいる


-エリザベス


一人と話した後

別の一人と話す

また一人と話し

別の一人に触る

そして選ぶの鉄則よ


-エリザベス



ターミネーター同様

君を追い続ける


-ラッセル



中1じゃあんたの価値は

伝わらない


-エリザベス


キャメロン・ディアス/バッド・ティーチャー


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ




JUGEMテーマ:洋画
 

スポンサーサイト

2018.07.15 Sunday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links