志村けん一座第5回公演「志村魂」の感想(ネタバレ)

2010.09.03 Friday お笑いライブ レビュー

■志村けんのコントライブ「志村魂5」の感想(ネタバレ)





【出演】 志村けん、ダチョウ倶楽部(肥後克広・寺門ジモン・上島竜兵)、磯山さやか、小林恵美、みひろ、桑野信義ほか

2010年7月に天王洲の劇場で行われた志村けんのコントライブ「志村魂」がWOWOWで放送していたので見てみました。

「志村魂」のプログラムの内容は以下。

第1幕1場「バカ殿様」
第1幕2場「コントライブ」
第2幕1場「志村けん津軽三味線(作曲:上妻宏光 EMIミュージックジャパン)」
第2幕2場「初午(はつうま)の日に」―松竹新喜劇より―

第一幕は、ダチョウ倶楽部3人の前座から、テレビでお馴染みのバカ殿様で始まり、基本テレビで見ているいつものネタが展開。(ダチョウ倶楽部の熱々おでんや、付き人の女性達を連れ風呂に入ろうとするネタ、城に忍者が侵入したのをみんなで捕まえようとするスローモーション芸等)。

その後のコントライブは、志村けん演じるマッサージ師の瞳(ひとみ)ばあさん、桑野信義のトランペットネタ、じいさん(志村けん)と医者、大正琴の音楽ネタなどある。途中には、シルクドソレイユみたいな新体操の真面目なステージもみれる。

そして、前回も合った志村けんが演奏する津軽三味線のコーナーや、靴や棒などを使ってリズムを打つストンプ的なステージもある。

第2幕には、藤山寛美の世界を志村流に再現する?「初午の日に」という芝居がある。この芝居は、かなり真面目な物語で笑いは少なめだが、途中、途中に「アドリブはダメか…、台本通りにやらないとだめか」など志村けんのぶっこわしがあって、周りの共演者をヒヤヒヤさせる場面がある。また完全にセリフを聞き取れないような過度な演技をする志村けんも見られる。

そして、芝居の最後は、お馴染みの変なおじさんで終了。その後特典映像として、ダチョウ倶楽部を始め共演者の楽屋でのやりとりも少し流れる。なぜか座長志村けん本人の個人的な喋りなどは収録されていないが、舞台裏が少し覗ける。

評価 ★★★★☆ (星4つ)

(生ライブということだからなのか「じい布団敷け!」等の下ネタ?は、会場の笑いが少ないが、それらも含め、生ならではのハプニングが楽しい。ダチョウ倶楽部のいつものネタも面白い。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:バラエティ全般
 

スポンサーサイト

2018.10.23 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links