連続ドラマW「マークスの山」第4話の感想(ネタバレ)

2013.04.16 Tuesday WOWOW ドラマ

■連続ドラマW「マークスの山」第4話の感想(ネタバレ)




■監督:水谷俊之
■出演者:上川隆也 石黒賢 小西真奈美 高良健吾 鈴木杏樹 大杉漣 戸田菜穂 小日向文世 ほか 

WOWOWで放送していた連続ドラマW「マークスの山」第4話を鑑賞。

【連続ドラマW「マークスの山」第4話の感想(ネタバレ)のあらすじ】

林原(小日向文世)たち5人の名前の頭文字を取ってMARKS(マークス)。そしてマークスと名乗る人物は、彼らの過去の秘密を握り、それをネタに五人を脅迫していた…。ようやく事件の全貌を掴み始めた合田(上川隆也)の元に、看護師の真知子(戸田菜穂)が撃たれて重体との知らせが入る。一方、真知子への急襲に居合わせた水沢(高良健吾)は、そのまま行方をくらましてしまう・・・。

※WOWOWから引用

【連続ドラマW「マークスの山」第4話の感想(ネタバレ)】


作家・高村薫の同名ベストセラーを豪華キャストでドラマ化した全5話の第4話。

物語は、マークスを名乗る連続殺人犯の水沢の彼女(高木)が目の前で銃撃されたのを見ると、報復とばかりに山岳会のメンバーの一人木原を襲撃するが、そのまま行方をくらまし…。

最終話を前にあわただしく事件と真相が見えてきた。

水沢の母親は過去に林原を始めとする山岳会のメンバーに殺されており、その事実を医療刑務所で唯一の目撃者岩田から聞かされた水沢は、マークスと名乗りそれをゆすりのネタに使い、犯行に及んでいた。

林原ら山岳会のメンバーは、その水沢の母親の事件を闇に葬りつつ、さらに山岳会のメンバーであり二十年前に山で失踪し、白骨遺体で発見された山岳会のメンバーの事件についても闇に葬ろうと策略している。

この白骨遺体で発見されたメンバーについての真相は他殺らしいが、いまだ詳細は不明。


評価 ★★★☆☆ (星3.3)

(残るはあと一話。4話ラストに記者の根来のもとにマークスから連絡が入り、”告白”と書かれたある手紙についての存在を教える。いよいよすべての真相があきらかになると思われる。とりあえず作品としての評価は、最終話を見て決めよう。)


一旦山の魅力に魅せられた人間は

そう簡単に山から離れることはできない

もし自ら離れるとしたら

山で何かが起きた時

例えばそんな事故もしくは

何らかの事件が起きた時だと


-根来



こんなところで

愚痴をこぼしても

何にもならんな


-加納



[DVD] マークスの山 DVDコレクターズ・ボックス


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
 

スポンサーサイト

2018.04.19 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links