映画「BECK」の感想(ネタバレ)

2013.05.17 Friday 邦画 音楽モノ

■映画「BECK」の感想(ネタバレ)




■監督:堤 幸彦
■出演者:水嶋ヒロ 佐藤健 桐谷健太 忽那汐里 中村蒼 向井理

WOWOWで放送していた映画「BECK」を鑑賞。

【映画「BECK」のあらすじ】

先の人生に半ば諦めを抱いていた平凡な高校生・コユキは、偶然飼い犬を助けたことから、ニューヨーク帰りの天才ギタリスト・竜介と出会い、古いギターを譲り受けた。ギターマニアの斎藤に弾き方を学び始めたコユキは、次第に音楽にのめり込んでいく。一方、最高のバンドを作ろうとしていた竜介は、コユキのギターの上達ぶりと、なによりその歌声に秘められた才能を見抜き、彼を新結成したバンド《BECK》の一員に抜擢する。

※WOWOWから引用

【映画「BECK」の感想(ネタバレ)】


ハロルド作石の大ヒットコミックを「20世紀少年」3部作の堤幸彦監督水嶋ヒロ、佐藤健らの若手俳優共演で映画化した作品。

物語は、パシりをやらされている冴えない男子高生が、ひょんなことから天才ギタリストと知り合い、ギター(音楽)に目覚めるという話。

上映自体は数年前の作品だが、ようやくWOWOWで初放送したのでチェック。

原作コミックは読んでいないが、視点がコユキのいじめられっ子目線(自信がない人)なので感情移入しやすく、入りこめる。やっぱ主人公はこうじゃないとね。

お決まりのサクセス(主人公の才能開花)も入っていて二時間半近くある長尺映画だが、その長さも全然気にならない作り。

音楽的には、挿入曲で使われているレッド・ホット・チリ・ペッパーズからもわかるとおり、メタルまでは行かず、ロックテイストの激しいサウンド。

特にBECKが演奏するレボリューションという曲は、思いっきり、レイジアゲインストザマシーンなどの影響を強く感じるが、楽曲としては、すごく盛り上がるナイスな曲。ギターソロも頻繁に弾かれていてエレキギターの魅力はかなり出ている。

ただ、ある程度ギターを弾ける人からすると、俳優の当てフリがもの凄く気になってしまう。弾いていない(弾けていない)のがまるわかりでちょっと残念。せっかく音楽がかっこいいのにと思ってしまう。
ここは音楽作品でテクニックを求めたときの仕方ない部分だけど。

ただ水嶋ヒロ忽那汐里の二人の会話での英語力(発音)は、かなり世界観を盛り上げている。英語が出来るってかっこいい。水嶋ヒロはそれ以外にもサッカーも上手いってどれだけ才能集まってるんだよ(笑)

あとは、みんなが心底惚れるコユキの歌が最後まで聞けないのが物凄く残念。あえて歌を聞かせない演出で、歌の凄さを出す演出をしているが、最後位は、吹き替えでもいいので実声が欲しい。歌を聞かせない演出が度々出てくるので、まるでこの部分だけコントのように見えなくもない。


評価 ★★★★☆ (星4.3)

(ベタに熱くなれるギター音楽作品。展開はベタベタの連続だが、その王道感が潔い。本物の音楽ステージに出場させたりして撮る演出は、スケールがでかくていい。あと、ヒロインの忽那汐里がすごくいい。上戸彩の所属事務所はいい同じラインの子見つけて所有してるよね。ちなみに水嶋ヒロは、カラス?(鳥)の声だかもやってるが、エンドロールで見つけるまで全く気づかなかった。)



なんだこのボーカル

-有吉


奇跡としかいいようもない

出会いによって出来てるバンドがある

誰でもいいんじゃない

そいつらしかいないんだ


-竜介



あれは間違いなく

啓示だと思う

-竜介


だからオレはそのイメージを

見てねえんだよ


-千葉



水嶋ヒロ/BECK



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:邦画
 

スポンサーサイト

2018.05.20 Sunday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links