映画「最高の人生のはじめ方」の感想(ネタバレ)

2013.09.15 Sunday 洋画 人間ドラマ/ヒューマンドラマ レビュー

■映画「最高の人生のはじめ方」の感想(ネタバレ)




■監督:ロブ・ライナー
■出演者:モーガン・フリーマン ヴァージニア・マドセン キーナン・トンプソン マデリン・キャロル エマ・フールマン 


WOWOWで放送していた映画「最高の人生のはじめ方」を鑑賞。

【映画「最高の人生のはじめ方」のあらすじ】

かつて数々のウエスタンノベルで人気を博した老作家のモンテ。しかし愛する妻に先立たれた後は、創作意欲をすっかり失い、いまやアルコールに溺れて孤独で失意の日々を漫然と過ごしていた。そんな彼に立ち直りのきっかけを与えるべく、甥のヘンリーは、渋るモンテを無理やりせきたてて新たな避暑地へと送り出す。その地でモンテは、魅力的なシングルマザーのシャーロットとその3人の娘たちと出会い、付き合ううちに…。

※WOWOWから引用

【映画「最高の人生のはじめ方」の感想(ネタバレ)】


「最高の人生の見つけ方」のロブライナー監督が再び、モーガンフリーマンを起用しタッグを組んだ人間ドラマ。

物語は、過去にヒット作を出すも、妻を亡くし創作意欲を失ってしまっ老作家が、甥の提案で夏の間、避暑地に身をおくが、そこで隣人のシングルマザーの家族と出会い…という話。

何となく感動作というか癒し系の映画をみたいと思いチョイス。

前作(実際はシリーズではないけど)のジャックニコルソンとの「最高の人生の見つけ方」も良かったが、この作品も押し付けがましくない感動が涙を誘う作りで好感がもてる。

主人公が作家ということもあるが、ストーリーの語り方が上手く、会話が引き込まれる。

特に隣人の子供に教える、モンテの創作の作り方の講義は、なかなか興味深い。

これといって語ることはないが、気持ちが疲れてる人にはおすすめ。



評価 ★★★★☆ (星4.3)

(人間ドラマ作品でのモーガンフリーマンの安定感が光る感動映画。最近は大作映画や緊張感のあるサスペンス映画より、こういうのほほんとした中での感動する人間ドラマが良い。最近は、サスペンス映画とかアクション映画は、よっこらせと気持ちを最初に入れる必要があって、好きだけど見てて結構疲れる(笑) 肉体よりも精神的に消費している感がある。こういう癒し系ムービーが今はちょうどいい。)



瓶から直接飲むようになったら

人生にわずかに残った礼節を

放棄することになる

そして自分をダメな人間とみなし始める


-モンテ


電話はうるさくて

何の役にも立たん

携帯を使う人を

銃で撃ちたいね


-モンテ


創作は不可能な作業だし

人生に保証はない


-モンテ


そこにないものを探し続けろ

-モンテ



[DVD] 最高の人生のはじめ方



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:洋画


 

スポンサーサイト

2018.10.22 Monday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links