映画「ビッグバグズパニック」の感想(ネタバレ)

2010.09.18 Saturday 映画レビュー

■映画「ビッグバグズパニック」の感想(ネタバレ)



■監督:カイル・ランキン 
■出演者:クリス・マークエット ブルック・ネヴィン レイ・ワイズ

WOWOWで放送していたモンスター(昆虫)パニックムービー映画「ビッグ・バグズ・パニック」を見てみました。

映画「ビッグバグズパニック」のあらすじは、連日の遅刻とお客に対する接客態度の悪さから、ついにクビを宣告されたダメ社員クーパー。だがその瞬間、強烈な音が鳴り響き、その場の全員が気絶してしまう。時が経ち、クーパーは繭(まゆ)のような糸に包まれた状態で目が覚めると、巨大な虫が床を這っていた。必死で外に這い出したところ、なんと街は巨大な虫に支配され、人々はみな繭にされていた。上司の娘サラやお天気キャスターのシンディ、耳の不自由なヒューゴら生き残りの男女と共に、決死のサバイバルを続けるクーパーだったが……。

「ビッグバグズパニック」といういかにもB級感漂うタイトルから特に期待していなかったこの作品ですが、巨大な昆虫のCGもリアルに描かれなかなかの拾い物でした。

同じ昆虫を題材にした10年くらい前の映画「スターシップトゥルーパーズ」のCGレベルは越えているように思います。さすがに1〜2mほどに巨大化しカサカサと動き回る昆虫達は、気持ち悪いの一言。実際にこのサイズだったら、怖すぎです。たぶんすぐ殺されてしまうでしょう。

製作費の関係もあるのか、虫の種類は、クモ、クワガタ、ハエ、ミミズ(女王虫)と数えるほどなのが残念。一応B級映画のお決まりともいえる、逃走するメンバーにセクシーなブロンド美人(お天気キャスター)が混ざっており、途中で主人公に言い寄りトップレスになるというサービスショットもある。その辺も含めやっぱりB級映画ですね。

評価 ★★★☆☆ (星3.5つ)

(かなりハードルを下げていたためか意外と楽しる。クーパーの父親が昆虫達にさらわれたサラを助けに行くのだが、昆虫達の巣の中で鉢合わせしたサラに、虫と勘違いされナイフで刺されてしまうというシーンは意外と笑えた。虫に種を植えられると急に足が8本?くらい生えクモに変化するゾンビ的なアプローチもある。クモになったときの人間部分の足を後ろに折り曲げた変な体勢も面白い。)

ビッグ・バグズ・パニック 特別版

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:Horror
 

スポンサーサイト

2018.04.19 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links