映画「プレイ‐獲物‐」の感想(ネタバレ)

2014.04.18 Friday フランス映画 レビュー

■映画「プレイ‐獲物‐」の感想(ネタバレ)




■監督:エリック・ヴァレット
■出演者:アルベール・デュポンテル アリス・タグリオーニ ステファーヌ・デバク セルジ・ロペス ナターシャ・レニエ カテリーナ・ムリーノ

WOWOWで放送していた映画「プレイ‐獲物‐」を鑑賞。

【映画「プレイ‐獲物‐」のあらすじ】

服役中の銀行強盗犯フランクは、出所を間近に控え、妻子と平穏な日々を過ごすことを夢見ていた。そんなある日、彼は同房となったモレルと親しくなる。えん罪が認められて釈放されることになったモレルに連絡先を渡し、妻への伝言を託すフランクだったが、その矢先、彼はモレルがえん罪ではなく本当に連続殺人鬼だと知る。妻子の身を案じたフランクは脱獄を決行、敏腕女性刑事クレールの猛追をかわしながら必死にモレルを追う。

※WOWOWから引用

【映画「プレイ‐獲物‐」の感想(ネタバレ)】


フランス産のサスペンスアクション。

先に出所した同房の男を信用したために、娘を誘拐され、いても立ってもいられず刑務所から脱獄して、警察から逃げながらも娘を誘拐した連続殺人鬼を追うという、ハリウッド映画でよくある逃亡解決型の王道ストーリー。

とにかく設定が良いので、緊張感があって最初から最後まで一気に楽しめる。

また最近では珍しいCGを一切使わないリアルアクションにこだわっているためか、逃亡劇が生々しく等身大のキャラクターを感じさせてくれる。

隠れてたのにすぐに見つかったり、すぐ警官に辺りを取り囲まれてしまうとか、プロではない際どい感じがいい。

ただ、最初から最後まで一気に突き抜けて見れるのはいいが、見終わった後に特に何か残るものはない(笑)



評価 ★★★☆☆ (星3.4)

(主人公の中年のおじさんがとにかくやたら走りまくっているアクションサスペンス。トムクルーズでは全くない速いのか遅いのかわからない彼の走りっぷりは見どころでしょう。あと、関係ないが、脇役が死に過ぎという問題がある。主人公に協力した元憲兵のおじさんは別に死ななくても良いし、狙われた16歳の少女もあのもったいぶった感じならギリギリ助かるパターンではないかなと思う。結構周辺のキャラの扱いが雑かな。っそしてなぜか途中から出てきた変な他のおじさんから最後撃たれる。あのおじさんの情報をもうちょっとください。)



どんな色を塗ろうと

ここは悪の巣だ


-?


生き残った者の使命は

見えない悪を暴くことだ


-?



プレイ-獲物-(DVD)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ




JUGEMテーマ:サスペンス映画全般


 

スポンサーサイト

2018.04.22 Sunday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links