映画「パニック・トレイン」の感想(ネタバレ)

2015.01.24 Saturday 洋画 サスペンス/ミステリー

■映画「パニック・トレイン」の感想(ネタバレ)



■監督: オミッド・ノーシン
■出演者:ダグレイ・スコット カーラ・トイントン イド・ゴールドバーグ デヴィッド・スコフィールド リンゼイ・ダンカン ジョシュア・カイナマ

WOWOWで放送していた映画「パニック・トレイン」を鑑賞。

【映画「パニック・トレイン」のあらすじ】

シングルファーザーの医師ルイスは、息子とともにロンドン発の深夜列車で帰路を急いでいた。いつの間にか寝ていた彼は、ふと列車が止まらないことに気付き、インターフォンで運転室に連絡を取る。だが、運転室から回答はなく、逆に車内に残る乗客の数を尋ねられるだけだった。乗客はルイス親子を含め、魅力的な女性サラや怪しげな男カーマイケルなど計6名。やがて彼らは、この列車が何者かの操る暴走列車と化したことを知る。

WOWOWから引用

【映画「パニック・トレイン」の感想(ネタバレ)】 


イギリス産のノンストップサスペンス。

ネットで制作費を募って製作したというちょっと変わった作品ということで見てみた。

タイトルからも内容がある程度想像できるが、暴走した列車に取り残された人たちの話です。

内容的には、制作費の問題は抜きにして、一応アクション部分などちゃんとクオリティを持って作られているが、残念なことに、シナリオというか演出部分に大きなツッコミどころあり。

こういうノンストップサスペンスは、暴走した電車からどうしても脱出できないのが、常に見せ場なわけで、自分ならこのときこうするという行動を無視されたわけのわからない行動を主人公たちが取ってしまった時点で、ものすごく気持ちが冷めてしまう。

このパニックトレインでは、一度警察の作戦で、一時的にトンネル内で停止するのだが、なぜかドアが開かない(押し戸のため壁にぶつかる)から降りれないという状態で、せっかくの脱出チャンスをあきらめてしまう。

このとき誰もが、窓壊せよ!と思うのだが、誰も窓を壊そうとしない。

また、連結部分を外そうと試みる男に対して、危ないからやめろと止めた挙句、ま〜一杯やろうと、持ってた酒をみんなで分けて飲み始め談笑したりする。わざと遅らそうとした理由はある地点でスピードが落ちるからという理由だが、150〜160kmで走る暴走列車でのん気に酒を飲んでいる緊張感のなさには参る(笑)

主人公もなぜ連結を外す時に、捨てる側の車両に移動してしまうのか。アホとしかいいようがない。そして、もう一人は、ただの不注意で電車から落ちて死んだり、もうわけがわからない。

ちなみに、ラストも謎を残したまま勝手に終わってよくわからない。

WOWOWの紹介では、ヒッチコック的といい感じで書かれてるが、あれだけ騒いでいたので、犯人が誰なのか、結末はどうなのかはっきり描いてほしい。見返してみても、車掌は、誰かに殺され?、運転士は、酒に酔って、線路に下りて?戻ってこず、運転士の代わりに運転していた犯人は、最後のクラッシュ事故で死に?真相は闇のままでは、なんとも気持ち悪い。

そこが狙いだったとしてももう少しなんとかならないもんか。


評価 ★☆☆☆☆ (星1つ)

(演出とストーリーにあるツッコミどころが全体設定を揺るがす残念なサスペンス。ラストに気持ちよさ、すっきり感を欲しい人にはおすすめできないモヤモヤ作品です。一応要注意作品として、星1つにしておきます。)



インペリアルパープルよ

これは巻き貝の色なの

モロッコに生息する

岩壁を登る珍しい貝よ

アフリカでは

黄金と同じくらい

価値のある物だったわ

ローマ帝国の色でも合った

つまり永久不滅の色よ


-?


安心して救急車が来る

やっと病院に行けるわよ


-?


ダグレイ・スコット/パニック・トレイン


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

スポンサーサイト

2019.09.03 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links