映画「ガーディアン」の感想(ネタバレ)

2015.07.20 Monday 洋画 アクション/SF

■映画「ガーディアン」の感想(ネタバレ)



■監督:ティル・シュヴァイガー
■出演者:ティル・シュヴァイガー ルナ・シュヴァイガー モーリッツ・ブライブトロイ カロリーヌ・シュッヘ ハイナー・ラウターバッハ
 
WOWOWで放送していた映画「ガーディアン」を鑑賞。

【映画「ガーディアン」のあらすじ】

ベルリンの一流ホテルで働く恋人に連れられ、金持ちの客の泊まるスイートルームに戯れ気分でふと足を踏み入れたニナ。その部屋の宿泊人は悪徳実業家のバッカーで、武器密売に関する彼の機密情報を偶然目にした恋人を、バッカーの用心棒が非情にも殺害。その様子を間近で目撃していたニナは、以後、バッカーの手先に命を付け狙われることとなり、彼女の護衛役を請け負った元軍人のマックスは、必死にニナと逃避行を続ける。

WOWOWから引用

【映画「ガーディアン」の感想(ネタバレ)】 


「ドリヴン」「イングロリアス・バスターズ」のティル・シュヴァイガー が監督、脚本、製作、主演の4役を務めたドイツ産のアクション。

殺害現場を目撃してしまったことで悪者から執拗に追われるという少し前に見た「ミッドナイトチェイス」と同じような逃亡モノの話だったので、選んでみた。

基本的には、外れの少ない逃亡モノ(※こちらは元特殊部隊の兵士がサポートする)なので、安定感のあるストーリーに支えられて、派手なガンアクションもありで普通に楽しめるのだが、ただ、133分という収録時間の長さはちょっと長いです。

特に中身があって、ストーリー上どうしても描く必要があるシーンのための2時間越えならわかりますが、すでに90分ほどで作品が言いたいことはほぼ理解できるし(親子愛?話の中じゃ親子じゃないけど、兵士と証人の絆)、完成しているので、それ以降の話は、容量を増やした感じでしかなく、そんなに必要ないかなと思います。

たぶん、証人(ヒロイン)がインシュリンが必要のくだりは、無くていいかなと思う(笑) よくありがちな設定だけど、この設定がなければ、病院のくだりいらないし、30分はカットできる。

結局ラストも、殺人の疑いのある大物(主人公たちを狙うように仕向けている人物)を主人公たちの手で直接倒すこともなく(直接対決なしで)、第三者組織が勝手に手を下していて(車を爆破して)、今までの主人公たちの逃亡劇は一体なんだったのか、拍子抜けです。

というか大物側の話が途中からほとんど描かれてないので、全体での主人公たちが置かれている状況がイマイチよくわかりません。とにかく暗殺者ばかりは、狙ってくる。いいかげん、あんなにおおっぴろげに証人を狙ってたら、権力どうこうの前に、それはそれで問題だろと思うけどね。

また、こういう話の場合は、普通、保護した証人が裁判に出廷する日などがあり、最終的な目的(期限)に向かった、主人公たちのタイムリミット的な行動があるはずだが、どういうわけか、そういうタイム感の情報がないので、闇雲に逃げたまま、そのまま別の場所で話が勝手に解決し、主人公たちもハッピーエンドになるという。よくわからない、まとめ方になっています。

なんでしょう、これ。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(まとめ:二時間越えでちょっと終盤が凡長気味な逃亡ものアクション。見てるときには、それほどイライラはなかったはずだが、感想として改めて思い返すと、デメリット部分の出来は、なんかどうしようもない感じに思えます(笑) ただ、アクション作品としては、そんなに悪くないと思います。一応、気になるセリフも多少残ってますし。)


安全は水と同じだ

ないと生きられない


-?


足の水虫とは

おさらばだ


-?


過ちは犯すべきじゃない

-?

法廷に正義はない

-?


ティル・シュヴァイガー「ガーディアン」


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:アクション映画全般

スポンサーサイト

2019.10.12 Saturday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links