映画「BLEACH」の感想(ネタバレ)

2020.02.13 Thursday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「BLEACH」の感想(ネタバレ)


■監督:佐藤信介
■出演:福士蒼汰 杉咲花 吉沢亮 真野恵里菜 小柳友 田辺誠一 早乙女太一 MIYAVI 長澤まさみ 江口洋介


【映画「BLEACH」のあらすじ】

幼いころに母を亡くし、父と2人の妹と暮らしていた高校生・一護。幽霊が見える以外は普通の少年だったはずの彼だが、ある日“死神”と名乗る少女ルキアが現われたことで運命が大きく動き始める。“虚(ホロウ)”と呼ばれる悪霊が一護の家族を襲った上、助けに入ったルキアも瀕死の重傷を負い、彼女は最後の手段として本来人間に譲ってはいけない死神の力を一護に与えたのだ。一護は家族を守るため虚に立ち向かうのだが……。

WOWOWから引用

【映画「BLEACH」の感想(ネタバレ)】 

 

久保帯人の人気漫画「BLEACH」を「キングダム(2019)」を担当した佐藤信介監督が福士蒼汰を主演に実写映画化したアクション。

 

キングダムに続いて、マンガ原作モノ映画を選んでみた。

 

こちらのコミックも一応名前は聞いたことがあるが、未読なので、原作との比較はできないが、この作品も見るからにかなりダメダメな印象だ。

 

キングダムと同じ監督だが、キングダム以上にこちらは、よりひどいなと思う。

 

出演者は、豪華でのちに映画化されるキングダムとキャストが被る部分(吉沢亮、長澤まさみ)も多いのだが、ほぼほぼ登場人物に感情移入できるような作りになってなく、終始、主観(主人公目線)に入れず、他人事感は否めない。

 

基本的に、学芸会と評価されても仕方ない内容で、死神役で、主人公をサポートする杉咲花に至っては、ただのウザキャラだ。

 

最近は、ほぼほぼ映画は、早送り(1.5倍速)で見てることで、なんとか、ひどい映画でも最後まで我慢して内容を確認するに至ってるが、通常再生だったらこの作品も途中で諦めていたことだろう。

 

 

評価 ★☆☆☆☆ (星1つ)

 

(まとめ:CGとアクションでなんとか誤魔化してるだけで内容がほとんど無いマンガ原作の典型的な駄作作品。佐藤信介監督は、「ガンツ」や「図書館戦争」「いぬやしき」「デスノート」「アイアムアヒーロー」など個人的に見れる作品は多かったと記憶してるが、ここ最近のキングダムとブリーチに関して、アクション過多で内容が無い商業作品と化している。急に才能が無くなったのかなと思うほどのひどさだ。)

 

 

>>BLEACH(通常版) [Blu-ray]

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

JUGEMテーマ:邦画

映画「キングダム(2019)」の感想(ネタバレ)

2020.02.12 Wednesday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「キングダム(2019)」の感想(ネタバレ)


■監督:佐藤信介
■出演:山崎賢人 吉沢亮 長澤まさみ 橋本環奈 本郷奏多 満島真之介 大沢たかお 宇梶剛士 加藤雅也 石橋蓮司


【映画「キングダム(2019)」のあらすじ】

春秋戦国時代の中国。戦災孤児の信と漂は、大将軍に成り上がることを夢見て剣術の鍛練に励んでいた。そんなある日、漂が王宮に召し上げられることになり、信は漂に追いつくことを新たな目標として修業を続ける。だが、ほどなく深い傷を負った漂が信の前に現われ地図を託して絶命する。地図の示す場所へ向かった信を待っていたのは、なんと漂に生き写しの青年。彼は弟の謀反で玉座を追われた秦の若き王・エイ政(えいせい)だった。

WOWOWから引用

【映画「キングダム(2019)」の感想(ネタバレ)】 

 

 

原泰久の同名コミックを「GANTZ」「図書館戦争」シリーズの佐藤信介監督が山崎賢人、吉沢亮ら豪華キャスト共演で実写映画化した大作アクション。

 

昨年の話題作がWOWOWで初放送してたので見てみた。

 

原作は、未読なのでコミックとの比較はできないが、豪華キャスト出演という邦画のダメさが散見する。

 

序盤は、一時まだ見れる作品かと思っていたが、30分ほど見たらほぼ先が読めるし、この作品が描く世界観の狭さに慣れてくると、飽きもくる。

 

個人的にいろいろと原因はあるが、ワイヤーアクションと、時代とあってない現代的なツッコミセリフ等のセリフ回しは、個人的に気になってしまって、まったく許容できない。マンガ原作だから演出が強めになるのは、しょうがないという部分もあるが、実写を無理やりマンガの世界に合わせようとすると、必ず無理が生じてくる。

 

実写は、実写として、マンガとは切り離して別の世界観を構築する必要があると思う。

 

ワイヤーアクションにしてもそうで、補助的に少し使うならまだ良いが、明らかに空飛んだりするような使い方をされると、急激に見てて冷めてくる。急にただのバカ映画に見えてくる。マンガの軽いノリは極力抑えるべきだろう。

 

せっかく、衣装や世界観を当時に合わせに言って、セリフや演技も気を付けて、地に着いた世界観を構築しようとしてるのに、動き出すと、人間離れした動きだと、結局、ただのファンタジーかって思う。

 

また、セリフにしてもそうで、あまりにも現代の高校生が話すような、砕けたセリフを言うと、もう時代背景もへったくれもない。

 

ある部分では、日本人俳優を使っていながら、三国志的な世界観(見た目)を上手く演出できている部分があっただけに惜しい。

 

 

 

評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

 

(まとめ:ちゃんと見てしまうとよくあるダメダメなマンガ原作の大作アクション。橋本環奈の役は、もっとどうにかならんもんかと思う。学生服が鎧に変わっただけとしか見えない。長澤まさみも気合の入ったセリフ回しとは裏腹にただコスプレしてるだけにしか見えないし。実写版、三国無双をやってる場合じゃない(笑)。吉沢亮は意外と溶け込んでた。””あのコの、トリコ”の時よりは良かった。結局、二時間ちょいの作品で、長澤まさみのエロさ位しか印象に残らない。)

 

 

>>キングダム プレミアム・エディション (初回限定) 【Blu-ray】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

映画「亜人」の感想(ネタバレ)

2019.12.01 Sunday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「亜人」の感想(ネタバレ)


■監督:本広克行
■出演:佐藤健 綾野剛 玉山鉄二 城田優 千葉雄大 川栄李奈 浜辺美波 山田裕貴


【映画「亜人」のあらすじ】

病気の妹を救おうと研修医になった圭はトラックにひかれるが生き返り、国内3例目の“亜人”だと判明するが、そんな“亜人”に対して対策を進める厚生労働省の担当部署により非人道的な実験の対象にされてしまう。そんな圭の前に、国家に対してテロを繰り返す最強の“亜人”佐藤が現われ、圭に対して仲間にならないかと誘う。だが圭は佐藤と同意せず、佐藤やその仲間たちの思想にも共鳴できず、彼らと死闘を繰り広げることを選ぶ。

WOWOWから引用

【映画「亜人」の感想(ネタバレ)】 

 

 

桜井画門の同名コミックを「踊る大捜査線」の本広克行監督が佐藤健、綾野剛らで映画化したアクション。

 

少し前に話題になっていたマンガ原作作品を見てみた。

 

死んでも何度でも生き返る(死なない)という”亜人”という人間の進化版の生物がテーマの話だが(原作は読んでない)、この一度死ぬと完全体として生き返るという設定は、意外とありそうでなかった設定で、これがなかなか上手く機能している。

 

負傷して動けなくなると、本人自ら命を絶つことで、身体がリセットされ、健康状態として完全復活する。

 

”亜人”を捕獲するには、薬で眠らせるか、死なない程度に負傷させ続けて動きを止める(生き返ったらすぐに外傷を与え続ける)しかない。

 

その他、幽霊みたいな自分の分身を出せたり、死んでリセットする機能を用いたテレポートなど、細かい設定も随時用意されていて、リセット機能だけではない、広がりがある。

 

全編ほとんどアクション映画といって良いと思うほどアクションに力が入っているが、このアクションシーンも洋画と比べてもそう劣らず迫力と見ごたえがある。邦画だけどかなり頑張っている。

 

主演は、佐藤健だが、”るろうに剣心”しかり、”いぬやしき”しかり意外と佐藤健が出演したマンガ原作作品は、外れが少ないと思う。(自分が今まで見た作品の範囲だけど)

 

ちなみにまたこの作品にも川栄が脇役で出ていたが、相変わらず、存在感を残している。髪形変だけど。あと少し太った?

 

それと「センセイ君主」の浜辺美波が妹役で出演してるが、こっちの方が断然よかった。

 

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.8)

 

(まとめ:佐藤健主演の安定のマンガ原作の娯楽アクション作品。ストーリーもわかりやすく、飽きずにテンポ良く見れたので、★4でも良かったが、ラストシーンがあっさりしすぎと言うか、結局、両方とも生きてたら、意味ないじゃんという気がしたので、この評価としました。佐藤健(永井)が生きてるのは良いとして綾野剛(佐藤)も生きてたというあの1カット(帽子を拾う)はこの作品の中ではいらないでしょう。続編が作りたいなら、その時に実はあの時、生きてましたってすれば良い。でないとこの作品は話が途中のまま急に終わったのと変わらない。佐藤が生きてたら、まだ政府の計画は続いてるわけだし(死んだけど生き返るのはこの作品の中では普通のことだから)。あの場から永井が政府を恐れて逃げる必要がない。またすぐに呼び戻されるだけだし。まだ佐藤が生きてるみたいだから帰って来なさいって!)

 

 

あんたが嫌いなんだよ

 

-?

 

 

 

>>亜人 豪華版 【Blu-ray】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

映画「シン・ゴジラ」の感想(ネタバレ)

2019.11.22 Friday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「シン・ゴジラ」の感想(ネタバレ)


■監督:庵野秀明 樋口真嗣
■出演:長谷川博己 竹野内豊 石原さとみ 高良健吾 松尾諭 市川実日子 余貴美子 國村隼 平泉成 柄本明 大杉漣 斎藤工


【映画「シン・ゴジラ」のあらすじ】

東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出する事態が発生し、内閣官房副長官の矢口がネットに飛び交う情報から巨大生物が出現したと推測する一方、実際に巨大生物が出現して政府は対応に追われる。巨大生物は東京湾から大田区の河川に沿って上陸し、莫大な被害を出した後、東京湾に消える。政府は矢口を事務局長とする巨大不明生物特設災害対策本部を設置するが、巨大生物=ゴジラは新たに鎌倉市に上陸すると東京に向かって前進を始める。

WOWOWから引用

【映画「シン・ゴジラ」の感想(ネタバレ)】 

 

 

「ヱヴァンゲリヲン」の庵野秀明監督と実写版「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の樋口真嗣監督がゴジラを映画化して2016年の年間興行収入第2位(国内のみ、洋画含み3位)&日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞したSFアクション大作。

 

大分前に放送して野放しになっていたが、最近WOWOWで再放送してたので見てみた。

 

かなり話題になっていた作品ということで、結構期待してしまったが、内容的には、悪くはないが、めちゃめちゃ良かったというほどでもない。

 

この作品の評価ポイントは、日本政府の危機管理時における指揮系統の内幕をリアルに描こうとしてる部分だが(実際はどの程度本当かわからないがが、大体こんな感じなのでしょう)、映画として、エンタメとしてこの作品を見ると、その作業がやや堅苦しく、指揮系統の構図を追うだけで、最初は新鮮でいいが、しばらく見ていくと、ただただ堅苦しくて、見てて飽きがきてしまう。

 

危機管理チームや政府中枢で働く関係者は、そうそうこんな感じだとか、全然違うとか、いろいろ見るポイントがあると思うが、素人には、そうなんだということ位しか感想が出てこない。この国の問題点はいろいろわかるが。

 

もちろん途中にゴジラとのアクションがあって、エンタメとしての迫力や見どころは日本映画としては申し分は無いのだが、イマイチ盛り上がりきれないのは、撮り方がほとんど客観的に収まってしまっているところだろう。

 

常に冷静というか、事実情報を並べられただけで、妙にかっちりし過ぎてて、話に面白みが見出せない。

 

学校の授業で言えば、一日中、教室で、国語、数学、英語、社会とか5教科を延々勉強させられてる上に、放課後には塾が入ってるような一日の感じかな。見ててただ疲れる。

 

唯一、石原さとみがかっちししてないキャラ(ミスキャスト)ではあるのだが、この映画の中では、変な役どころに変な存在感を出していて、この映画のかっちりして、まとまった雰囲気にはどこか存在が一人浮いていて、あってない。

 

アメリカ側の人間として得意?の英語で話したりするんだけど、別に日本人同士なんだから日本語で良くない?って思う。

 

無駄にその部分だけ急に字幕になるし、そこの違和感に字幕の内容が全然入ってこない。

 

そもそもセリフが基本堅苦しいのに、字幕でも堅苦しい文章を読まされて、さらにうんざりしてくる(笑)

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.4)

 

(まとめ:ゴジラよりも石原さとみの存在感の方が迷惑なギャグ映画。こういう大事な作品に石原さとみは入れて欲しくないと思う。基本どんな役やっても毎回石原さとみだし(笑)。石原さとみが嫌いじゃないんだけど(高飛車な演技が嫌いなのかも)、彼女の出演作で、良かったと思うのが無いな。何かあったっけな。思い出せない。)

 

 

政治家に必要なのは

 

策略と強運だ

 

-?

 

>>東宝 シン・ゴジラ Blu-ray 特別版3枚組 【ブルーレイ ソフト】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

JUGEMテーマ:邦画

映画「OVER DRIVE」の感想(ネタバレ)

2019.05.26 Sunday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「OVER DRIVE」の感想(ネタバレ)


■監督:羽住英一郎
■出演者:東出昌大 新田真剣佑 森川葵 北村匠海 町田啓太 要潤 吉田鋼太郎


【映画「OVER DRIVE」のあらすじ】

国内最高のラリー選手権SCRSを戦うスピカレーシングファクトリー。そこに所属する檜山兄弟は、兄の篤洋が信望も厚い生真面目なメカニック、弟の直純が天才肌だが時に無鉄砲なレーサーという対照的な2人。幼い頃は仲の良い兄弟だった2人は、思春期に起きたある事件を機に、今ではろくに口も利かない険悪な関係となっていた。そんな中、直純の新たなエージェントとしてラリーのことを何も知らないひかるがやって来て……。

WOWOWから引用

【映画「OVER DRIVE」の感想(ネタバレ)】 

 

 

「海猿」シリーズの羽住英一郎監督が東出昌大、新田真剣佑らを迎えて描いたスポーツカーアクション。

 

邦画のカーアクション作品を見つけたので見てみた。


特に今ラリーブームが来てる感じはないところに(※どちらかというと、テニスや将棋がブーム)一応、最近ではメジャー俳優になってきた東出昌大を主演に迎えているやや期待を感じる映画ですが、特に何かの原作マンガからの映画化という訳でもないらしい。ただラリー映画がやりたかった。

 

そんな作品だからなのか、熱さはあるものの、ストーリーの流れが悪い。

 

まず、一番の見せ場と思えるカーアクションシーンだが、各地域でのレースがほぼダイジェスト映像のような感じの紹介に留まっていて、レースとストーリーにどこか別撮り感がある。またストーリーが盛り上がってきて、いざ、レースになるのはいいが、二台の車で前へ後ろへデッドヒートしないので、あまり対決してるハラハラ感が無い。

 

これはラリーというタイムアタックルール(いかに早く回るか)なのが原因だと思うが、思っていた感じのレースの盛り上がりと違う。

 

ちなみにレース映像(各地域のレース)が変な理由は、番組情報でも書いてあるが、その部分のみCG映像で作ってるためらしい。(※全部ではないが)この部分はほぼ実写映像と見間違うほどクオリティは高く、CGだと言われるまで気づかないが、その反面、何か妙な違和感があったのも事実だ。

 

さすがに、トヨタを始めとする有名企業がスポンサーについてはいるが、各外国でのレース映像を全部あのクオリティで撮影できるほどの予算があるとは思えない。あのレベルで各レースまで現地で実写撮影して世界観を構築するなら、007とかミッションインポッシブルクラスのハリウッド予算が必要になるだろう。

 

この部分の予算の違いが、どうもこの映画の最終的な作品としての生感覚が無い仕上がりの悪さにつながっているように思う。

 

しいていうなら、この映画は、野球映画で言えば、野球シーンをあまり描かず、ベンチ映像や試合をする過程までの選手やコ−チの準備や生活の方ばかりを描いている映画といえなくもない。

 

いや、こっちはずっと野球が見たいんだ。が本音だ。

 

ちなみに、その選手側のストーリーも熱い思いはわかるのだが、いかんせん登場人物に好感度が無い。

 

東出昌大(兄)は好感度がある設定になっているが、レーサー役の新田真剣佑(弟)が才能はあっても、わがまま放題で周りに迷惑ばかり掛けていて、感情移入できない。のちのち理由があきらかになるが、それを知ってもプラマイゼロ位にしかならない。周りに当たり散らすのとは別だろう。

 

また結構大事な森川葵演じるヒロインのマネージャーも人格設定が悪く、ずっと不満ばかり言っているようにしか見えず魅力が無い。

 

ラリーに携わることで、それぞれが次第に成長する姿を同時に描きたいのはわかるが、連続ドラマで10話とか時間を掛けて描くなら次第に良さが出てくるとは思うが、映画の2時間で描くなら、何かもっと最初から好感度が持ちやすい設定にしておく必要があると思う。特に原作があってそこに縛られてる訳ではないなら。

 

ヒロインと、レーサーの弟が両方好感度が無いので、メインの2/3は、好感度が無いので、さすがにキツイ。そういう意味では、登場人物目線で物語に寄り添えないところが、この映画の大きなマイナス点です。

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

 

(まとめ:結局、音楽と海猿的な熱い演出で強引に感動話に仕上げたよくあるフジテレビ系の準カーアクション映画。幼い頃のエピソードなどは各部分は良いんだが、大人になったときの人物性格の第一印象が悪すぎる。そもそも性格の悪い弟でも弟目線でその気持ちが自然に理解できるようにちゃんと描けば、そこの気持ちに感情移入できるようになるとは思うが、兄目線や客観視点ばかりで弟を見せているので、弟がただのわがままで扱いにくいヤツにしか見えてこない。これはヒロインも同じ。ヒロインの仕事に対する動機が客観的にしか語られてないので、ただの不満ばかり言ってる、存在が煙たいヤツにしか見えない。)

 

 

直せないものは…

 

直せねんだよ

 

-?

 

 

 

>>OVER DRIVE 豪華版 【Blu-ray】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:邦画

映画「鋼の錬金術師」の感想(ネタバレ)

2019.04.30 Tuesday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「鋼の錬金術師」の感想(ネタバレ)


■監督:曽利文彦
■出演者:山田涼介 本田翼 ディーン・フジオカ 蓮佛美沙子 大泉洋 佐藤隆太 小日向文世 松雪泰子


【映画「鋼の錬金術師」のあらすじ】

亡くなった母親をよみがえらせるため、錬金術の禁断の技である人体錬成に挑んだ兄エドと弟アルのエルリック兄弟。だが術は失敗、代償としてエドは右腕と左脚を失い、アルは全身の肉体を失って魂だけがよろいに定着する存在となった。エドは自らの才能を過信して弟を巻き込んでしまったことに責任を感じ、国家錬金術師として各地を旅しながら、アルの肉体を取り戻すために必要な伝説の魔法石“賢者の石”を探していたのだが……。

WOWOWから引用

【映画「鋼の錬金術師」の感想(ネタバレ)】 

 

 

荒川弘の人気コミックを「ピンポン」の曽利文彦監督が山田涼介×本田翼らで実写映画化したアクション。

 

本田翼が出ていたので見てみた。

 

原作コミックは読んだことが無いので、そちらのとの比較はできないが、マンガの世界観がどうも中世ヨーロッパの雰囲気で描かれているようで、一応ヨーロッパロケなどもしているのだが、そもそも前提として金髪系のキャラを日本人キャストが演じていることにかなりの違和感を感じてしまう。

 

コスプレの域を出ないというか、ほとんどマンガのキャラクターに演者が成りきれていない人が大半で、ただ有名俳優が顔を揃えてドラマのような感じで演じていますというところから出ない。学芸会と言ってしまえば、それまでだが。

 

ただ、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子、夏菜あたりは、軍人的な世界観に多少入り込めてる感じはある。※存在が締まる。

 

佐藤隆太は、もういつも他のドラマで見てる優しい佐藤隆太だし、大泉洋も多少最後に変化はあるけどやっぱ大泉洋だし。

 

目当ての本田翼に関しては、「今夜、ロマンス劇場」よりはかなり出番が多く、可愛さ目当てで見れば、そっちの方の魅力は十分出ていて、満足度は高いが、演技に関しては、やはり下手なのか、存在が役名には見えず、ずっと本田翼です。

 

「鋼の錬金術師」の世界観に本田翼が入ってしまっている感じ。おてんば的なキャピキャピ感の演技は上手いけど、シリアスなシーンになると何か足りない。あとこの役の可愛さを求めるなら、やや背がでか過ぎの印象がある。個人的には160cm位のイメージだろうか。

 

本田翼は、166cmのモデル体型ながら、意外と骨が細すぎず、骨格ががっしりしていて、顔や雰囲気の印象に引っ張られてるけど、体格だけ見ると、か弱さや体型の可愛さは、そんなに無い。これはたぶんみんな騙されている。山田涼介が164cmで、細身で背が小さめだからか、本田翼でかいなって思う(笑)

 

163cmの蓮佛美沙子と比べても、蓮佛美沙子は細身だから小さく見える。

 

話が飛んでしまったけど、とにかくこういった現実離れした世界観のマンガ、進撃の巨人の時もそうですが、実写映画にすると、かなり無理がありますね。やっぱりCGアニメが作品を壊さない限界じゃないだろうか。

 

どうしても実写は、コスプレ感というところから出ませんね。

 

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.4)

 

(まとめ:本田翼目当てで見るならおすすめのマンガ実写映画。「鋼の錬金術師」の作品について言えば、兄が失われた弟の体を探すという、兄弟の絆設定の動機は、素晴らしく、ほぼそれだけで見れる。この根幹がしっかりしてるので、多少世界観がよくわからなくてもキャラクターに共感はしやすい。音楽の使い方が上手く、演技が下手でも、一応音楽に乗せて泣ける感じには仕上がっている。でも、やはりツッコミどころも多く、シリアスなシーンでも見てて笑っちゃうところが結構ある。特に”マスタング大佐”って名前もどうなんだとか、原作のイメージがないので、その辺を考え始めるとかキリがない。あと、ヒューズが撃たれた時に、名前を何度も叫ぶシーンとかもね。今、セリフを置きに言ってるなって、思っちゃうと笑っちゃうね。普段、そんな状態になっても絶対そんな言い方しないのに、ドラマや映画だとなぜかセリフを置きにいってしまう。)

 

 

 

ヒューズ……、ヒューズ!

 

-?

 

 

>>鋼の錬金術師 [Blu-ray]

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:邦画

映画「いぬやしき」の感想(ネタバレ)

2019.04.01 Monday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「いぬやしき」の感想(ネタバレ)


■監督:佐藤信介
■出演者:木梨憲武 佐藤健 本郷奏多 二階堂ふみ 三吉彩花 濱田マリ 斉藤由貴 伊勢谷友介


【映画「いぬやしき」のあらすじ】

定年を間近に控える、冴えない初老のサラリーマン壱郎には、妻や子ども2人という家族がいるが、ある日突然、がんが理由の余命宣告を受け、虚しい気持ちに襲われる。そんな中、宇宙から落ちてきた物体の墜落事故に遭遇するが、それ以来、壱郎の肉体の一部は機械となり、他者の命を救えるようにもなる。一方、同じ事故に遭遇した高校生の皓も未知のパワーを手に入れるが、そんな壱郎と皓は新宿の街を舞台に、全面対決に臨んでいく。

WOWOWから引用

【映画「いぬやしき」の感想(ネタバレ)】 

 

 

「GANTZ」の奥浩哉によるコミックを「GANTZ」「図書館戦争シリーズ」の佐藤信介監督が木梨憲武、佐藤健らを迎えて映画化したSFアクション。

 

とんねるずの憲さんが映画主演してたので見てみた。ちなみに原作コミックは未読なので、そちらとの比較はわかりません。

 

内容は、宇宙からの飛来物によって、急に機械生命体化した中年サラリーマン(善)と高校生(悪)の二人が、それぞれの思惑によって社会(街)を巻き込んで次第に対決していくという話。

 

空を飛んだり、街を破壊したりと邦画にしては、かなりSFアクション(CG)に力が入った作品ではあるが、アクション一辺倒にならず、ちゃんと登場人物に感情移入できる。

 

主役がわかりやすく冴えないサラリーマンでさらにわかりやすい善人設定(人助けする)なのもあると思うが、シーンの心情の描き方(伝え方)もよく出来ている。

 

個人的に邦画のSFアクションモノは、ゼブラーマンや寄生獣など、スタイリッシュではないどこか泥臭い日本的な世界観をベースに描くSF作品は、比較的面白く、成功しやすいのかなと思う。

 

一方、テラフォーマーズみたいな、ハリウッドチックな見た目豪華な商業作品は苦手で、そちらを目指そうとすると途端に内容が無くなって、わかりやすく駄作に陥るような気がする。

 

ただ、だからと言って、この「いぬやしき」やゼブラーマンや寄生獣などが、海外のアクション映画と対等に勝負できるレベルかというと、そこは、規模がまだ日本レベルで、完全日本向けに作られた作品から出ず、外に出すにはどこか恥ずかしさがある。この作品が海外で話題になっていても、逆に恥ずかしい。

 

邦画でも単純な人間ドラマならその辺、気にならないんだけど、邦画のアクション映画は、ところどころなんかダサイんだよね。

 

邦画のアクション映画に限って言うと、ずっとこの葛藤がある。自分が面白いと思う作品は海外でも支持してもらいたいと思うけど、ハリウッド基準に照らすと途端に恥ずい。

 

 

評価 ★★★★☆ (星4つ)

 

(まとめ:ちゃんと感情移入できる良作邦画SFアクション。珍しく映画を途中で一度も離脱することなく(通常、途中で飽きて何回かに分けて見てるが)、通しで見終えた。それだけでも結構すごい。ただ内容があるかというと、機械生命体となった2人が、善と悪に分かれて争ってるだけなので、どこかマッチポンプ感は否めない。ここに新たに、別の宇宙人の侵略者が加わってこれば、もう少し話に広がりが出たかもしれない。もし”いぬやしき2”があれば、そんな感じになるのかな。

最後に、佐藤健(皓)がスーパーパワーを得て、その力である一家を殺したとき、親友が彼との付き合いに距離を置こうとするが、”別にお前の知らない奴だし、世界のどこかで誰かが死んでも別に悲しんだりしてないだろという論調で、親友を言いくるめようとするシーンがあるのだが、それに対して親友側は、ほとんど何も反論できていなかったが、個人的に、世界のどこかで自分が知らない誰かが死んだりすることにいちいち悲しんだりしないのはそうかもしれないけど、それよりも自分が知ってるヤツが急に人殺しになってた方が、ショックがでかくて、悲しいと言い返したい(笑))

 

 

でもちゃんと

 

学校に行けよ

 

-?

 

 

>>いぬやしき スタンダード・エディション(Blu−ray Disc)

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

映画「忍びの国」の感想(ネタバレ)

2018.06.06 Wednesday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「忍びの国」の感想(ネタバレ)


■監督:中村義洋
■出演者:大野智 石原さとみ 伊勢谷友介 鈴木亮平 國村隼 立川談春 知念侑李 マキタスポーツ でんでん

WOWOWで放送していた映画「忍びの国」を鑑賞。

【映画「忍びの国」のあらすじ】

織田信長が天下統一に向かって突き進む中、信長の次男・信雄は伊勢国を掌握し、その隣国・伊賀国も支配しようとしていた。だが伊賀国に住んでいたのは外部の常識が通用せず、独自のルールに従って生きている“忍び”の面々で、お国という美しい妻がいながら非情かつマイペースで生きる忍者・無門もそんなひとり。そんなある日、信長の軍が伊賀国に本気で攻め込んできて、無門ら“忍び”の面々は全力をもって敵軍を迎え討つが……。

WOWOWから引用

【映画「忍びの国」の感想(ネタバレ)】 

 

「予告犯」の中村義洋監督が和田竜の歴史小説を“嵐”の大野智、石原さとみ共演で映画化した戦国時代劇。

 

少し前にCMで流れていて一応気になっていた邦画話題作がWOWOWで初放送したので見てみた。

 

主演が嵐(ジャニーズ)の大野智で時代劇アクションということで話題性こそあるが、内容的に大丈夫かと心配しつつ見始めたが、見終わってみると案の定、特に中身は薄い映画だった。

 

監督は、「予告犯」「ゴールデンスランバー」「白ゆき姫殺人事件」の中村義洋監督で個人的に結構好きな監督だが、この「忍びの国」は、それらの作品と比べると完全に駄作の部類に入る要注意映画。125分という長さだが、ガリガリ削って90分位(せめて100分)にまとめて欲しい位。

 

アクションは、今までの戦国アクションとは違う斬新な演出で挑戦的だが、一番大事な登場人物への感情移入部分が弱い。

 

普通に描けば、もともと好感度があるはずの大野智なので、それなりに感情移入できると思うが、この作品に関しては、めちゃくちゃ強くて精神的にも弱さがないので、ほとんど共感するところがない。

 

ラストで恋人(嫁?)の石原さとみが忍者仲間に殺されて死に、初めて悲しむ場面があるが、石原さとみの役柄がウザキャラで好感度が無いので最後に死んだところで、特に何も思わない。鈴木亮平が死んだところがこの映画の一番のピーク、その後は、以下同文的お涙頂戴展開でもうだるいです。

 

この映画、石原さとみの役(存在)は必要かどうかも疑問が沸く。自分で炊きつけておいて、心配したり、わがまま放題で、最後は、いい感じに死んで出番としては目立ってはいるが。

 

実写版「進撃の巨人」の時にも思ったが、石原さとみの役(存在)は、毎回映画を破壊しているように思う。作品を食ってるというか。今のところ石原さとみが合ってるなと思う出演映画が思い浮かばない。石原さとみ自体は別に嫌いじゃないんだけど、自信満々で熱演してるあの演技が少しも好きになれない(笑)

 

 

 

評価 ★☆☆☆☆ (星1つ)

 

(まとめ:主役に共感できない中途半端な時代劇アクション。石原さとみのダメさに目が行ってしまうが、時代劇という演技(世界観)という部分に関して、脇役の俳優がやや軽い。戦国時代劇特有の演技の重厚さを求めると、大野智のライバル(敵役)に伊勢谷友介のみではかなり荷が重い。一人、個性派で頑張ってはいるが、もっと他の脇役もがっちり固めてくれないと、伊勢谷友介という個の良さが出てこない。それと鈴木亮平も熱演してるが、変態仮面の映画を見てからは、もうどの演技も変態仮面のフリにしか見えない。何時、鎧を脱ぎ捨てて、変態になるのかとそっちばからが気になってくる。俳優は、話題作を選ぶのはいいけど、のちのちのことを考えて作品は選ぶべきだよね。)

 

 

 

無門殿

 

ご無事で

 

決して死んではなりませぬぞ

 

-?

 

 

己等は

 

人間ではない

 

-?

 

 

わしは人として死ねる

 

-?

 

 

 

>>忍びの国 (初回限定) 【Blu-ray】

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:邦画

映画「真田十勇士」の感想(ネタバレ)

2017.09.18 Monday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「真田十勇士」の感想(ネタバレ)



■監督:堤幸彦
■出演者:中村勘九郎/松坂桃李/大島優子/永山絢斗/高橋光臣/松平健/加藤雅也/大竹しのぶ

WOWOWで放送していた映画「真田十勇士」を鑑賞。

【映画「真田十勇士」のあらすじ】

関ヶ原の戦いから14年。戦国の世は天下統一を目前にした徳川と復権を狙う豊臣方の対立が深まっていた。真田幸村は名将として世間から尊敬を集めていたが、実は男前な風貌と恵まれた幸運の連続で勝ちを収めてきただけの気弱な腰抜けだった。実際の自分と虚像との差に悩む中、彼は猿飛佐助と出会う。忍者の里から飛び出し、大きなことを仕掛けようとしていた佐助は、幸村を本物の英雄にすべく、仲間を集めて十勇士を結成する。

WOWOWから引用

【映画「真田十勇士」の感想(ネタバレ)】  


マキノノゾミと鈴木哲也の脚本を中村勘九郎、松坂桃李らを迎えて劇場版「SPEC」シリーズの堤幸彦監督が映画化した時代劇アクション。

最近、自分の中で遅咲きの戦国時代ブームが来ていて、横山光輝の戦国時代マンガを結構読んでいる。今のところ織田信長から豊臣秀吉、徳川家康、伊達政宗、武田信玄、武田勝頼、松平忠輝まで読み終えた。そんな折、真田のタイトルがついたこの映画を見つけたので期待して見てみた。

ただ、すごい期待していたわりに、見てみると、中身はなんだこれという内容。

いきなり率直な感想を言ってしまうが、この「真田十勇士」相当やばい(ひどい)。

自分が今まで戦国時代のドラマや映画にあまり触れていなかったから、他との比較対象があまりないから、そう思ってしまうからはわからないが、この映画、大分迷走してます。

もともとマンガや小説などで元ネタとなる原作があるのかわかりませんが、なぜか開始早々、実写映画なのにアニメーションで描かれており、それが10分ほど流れる。

番組情報では、監督の遊び心という説明があるが、この遊び心は個人的にいらない(笑)

個人的に歴史モノは、ただただ真面目にその時代を反映して落ち着いて描いて欲しいものだが、この作品は、全体的に妙な現代的な軽さ(ノリ)がある。戦国時代のかたくるしさが苦手な現代の人(若者向け)に合わせた演出(アレンジ)といってしまえばそれまでだが、ノリが現代ドラマの延長なのだ。

俳優がただカツラと鎧を着ているだけと言っても言いすぎでない。当時の戦国武将にまるでなりきれていない。※特に真田十勇士のメンバーは若手が多いからか大分ひどい。ただ、徳川家康役の松平健、あと淀君役の大竹しのぶはさすが。松坂桃李は、がんばってる方かな。

また少しばかり恋愛要素も入ってるが、この恋愛も現代風の薄いやりとりに終始していて、なんだかなあという感じ。その恋愛部分の片棒を担っているのが、元AKBの大島優子の女忍者役だが、彼女が大分ひどい。映画を一人でぶち壊してる(水準を下げている)感じすらある。

戦国時代の話だけど、もうただ衣装が忍者の格好をしているだけの現代恋愛ドラマとしてしか見れない。

しかし、戦闘シーンは、真田丸のセット作り、人材も集め、かなりお金が掛かっていてスケールこそでかいが、いかんせん迫力(躍動感)が弱いというか熱量がない。そこと比べるものではないが、2000年公開のグラディエーターの方がよっほど良いし、熱さある。

戦国時代というか戦モノ作品は、生死に直結した人間の熱さみたいなものが、描けてこそ説得力が生まれてくると思うが、この映画は、そういった熱さを感じない。

物語としては、史実の捉え方を変えた発想(すべては淀君の策だった)はあって意外性はあるが、周りを固める俳優や演出、構成に説得力がないので、どうも乗り切れない。まーとにかくひどいです。


評価 ★☆☆☆☆ (星1つ)

(まとめ:舞台演技のようなクセがある変な戦国映画の大失敗作。マンガだけど読んで戦国時代に触れた人間としては、この映画の内容で満足はしたくないですね。一般の人はどうかしらないけど。戦国時代好きには、要注意映画です。真田雪村の話だったら、PS3の戦国無双の方が泣けます。)



ウソってのは

バレちまめば

ただのウソだけどよ

とことんまで突き通しちまえば

そいつは本当と同じだ

偽者が本物に変わるんだ


-?



>>映画 真田十勇士 スペシャル・エディション


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:邦画

映画「アベンジャーズ」の感想(ネタバレ)

2017.07.06 Thursday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「アベンジャーズ」の感想(ネタバレ)



■監督:ジョス・ウェドン
■出演者:ロバート・ダウニー・ジュニア/スカーレット・ヨハンソン/ジェレミー・レナー/クリス・エヴァンス/マーク・ラファロ/クリス・ヘムズワース/サミュエル・L・ジャクソン/トム・ヒドルストン/

WOWOWで放送していた映画「アベンジャーズ」を鑑賞。

【映画「アベンジャーズ」のあらすじ】

神々の国アスガルドから逃亡した邪神ロキが、地球の秘密諜報機関“シールド”が保管している四次元キューブを奪い去る事件が発生。ロキの狙いは地球を支配すべく、キューブを使って異次元から危険なエイリアンの種族、チタウリを呼ぶことだった。“シールド”の長官フューリーに依頼され、“アベンジャーズ”となって手を組むことにしたヒーローたち、アイアンマンらだが、異なる価値観や個性を持つためになかなか結束できず……。

WOWOWから引用

【映画「アベンジャーズ」の感想(ネタバレ)】

2012年に公開され、映画史上第3位となる大ヒットを記録したというSFアクション大作。

少し前にキャプテンアメリカ(パート1)も見終わり、すでに見る下地は整っていたが、なぜか滞っていたこの「アベンジャーズ」をようやく消化。

アイアンマンやマイティーソー、キャプテンアメリカ、ハルクなどマーベルヒーローが大集結した超大作映画で、公開前、公開後も話題性は抜群だが、ただ、ヒーローごっちゃ混ぜの内容から下手すると、駄作の可能性も無きにしもあらずの不安もあったが、実際見てみると、意外と悪くないというか、普通に面白い。

この映画「アベンジャーズ」の肝は、やはりそれぞれ個性の強い、または戦闘力が異なるヒーロー同士の人間関係(連携)とアクション、またストーリーでの役割配分だと思うが、意外と上手く采配され、全体としてもまとまっていたというか、個性が全く生かされず、埋まってしまった(出番が少ない)というキャラクターも出ず、それぞれ活躍場所が用意されていて、登場シーンや見せ場など、これぞヒーロー映画といわんばかりの、ベタベタ演出で、かなり胸が踊った。

特にマイティーソーのハンマーにキャプテンアメリカの盾で防ぐ(げる)などは、それぞれの個性を発揮したシーンだと思う。

そもそも、戦闘力で言えば、地球を守っている神々のひとり(たしか)のマイティーソーが一番強いと思うが、それが物理的にはヒーローの中で一番弱い(劣っている、空も飛べず、パラシュートを背負わなければならい)であろう、キャプテンアメリカのこの世で一つしかないらしい物質(たしか)のあの特殊な盾で、防御できてしまうなどは、よく考えてるなと思う。

またそれぞれのヒーローが危機に陥った時に助けるヒーロー映画ならではの演出も憎い。ハルクに襲われたナターシャ(スカーレットヨハンソン)をソーが助ける、核爆弾を捨てに行って宇宙(空)から落っこちてきた瀕死のアイアンマンをハルクが助ける最後など、ヒーロー同士の粋な友情シーンが格好良い。

スト−リーは、インディペンデンスデイ(トランスフォーマー)みたいなありふれた宇宙人(異星人)との侵略されバトルだが、ソーの弟のロキを悪役に使ったり、序盤から過去の物語との関連性があったりして、キャラの使い方も上手い。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(まとめ:これはこれでありのマーベルヒーロー大集結映画。好き嫌いはあるかもしれないが、失敗作ではない。唯一、残念な部分を言うと、ハルク役がもともとは、エドワードノートンかエリックバナだったと思うが、なぜか、アベンジャーズでは、マーク・ラファロという全然関係ない俳優が演じていたこと。これは他のヒーローは、しっかり俳優が固定されてたのにもったいない。あと、怪物になると感情のコントロールが出来ないはず(味方も攻撃しちゃう)のハルクが、後の方では、特に特別変化するような兆しもなく、普通に克服したのか他のヒーローと協力していたのは気になる。なんか予兆と言うか克服したようなストーリーはなかった気がするけどね。ちなみに宇宙人との大バトル(空中戦)のスケール感と爽快感は、比べるもんじゃないが残念ながらスターウォーズには及んでいない。結構意識した作り方していただけに気になった。スターウォーズはやはりSFアクション映画として偉大。)



自由とは大いなる嘘

-?



ビクビクせず豪快に生きろ

-?


>>アベンジャーズ MovieNEX(Blu-ray)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:アクション映画全般

WOWOWのおすすめ番組!    

Search

管理人の最近のおすすめ作品

齋藤飛鳥の良さ出てる!
浜辺美波の良さ出てる!
織田裕二の良さ出てる!