映画「合葬」の感想(ネタバレ)

2017.04.17 Monday 邦画 歴史モノ

■映画「合葬」の感想(ネタバレ)



■監督:小林達夫
■出演者:柳楽優弥 瀬戸康史 岡山天音 門脇麦 桜井美南 オダギリジョー カヒミ・カリィ

WOWOWで放送していた映画「合葬」を鑑賞。

【映画「合葬」のあらすじ】

慶応4(1868)年、第15代将軍・徳川慶喜が江戸城を明け渡し、300年にわたる徳川の世が終わりを告げた。幕府の解体に伴い、有志によって将軍の警護と治安維持を目的に結成された彰義隊もまた、反政府的な立場へと追いやられていく。そんな中、あくまでも将軍に忠誠を誓う極、養子先を追い出されて行く当てもなく隊に参加した柾之助、幼なじみの極を案じて加わった悌二郎、3人の隊士も時代の荒波にのみ込まれていく。

WOWOWから引用

【映画「合葬」の感想(ネタバレ)】

日本漫画家協会賞で優秀賞を受賞した同名漫画を「少年と町」で京都国際学生映画祭グランプリを受賞した小林達夫監督が柳楽優弥らを迎えて映画化した人間ドラマ。

柳楽優弥が出演してたので見てみた。

内容は、江戸から明治へと時代が代わる中で、敗者となってしまった幕府側についていた武士らの話で、大きなテーマとしては、新撰組と同じく(といっても新撰組よく知らないけど)、幕府側として最後まで共にしようとする武士の忠誠とその苦悩という、その時代に生きてしまった若者話ではあるが、なんか描き方が、そのストレートな武士のテーマのみで突き進むのかと思いきや、そうでもなく、なんか途中に時代劇怖い話みたいな横道演出があったり、また、そんな武士との一夜の浮気(不倫?)話が入ってきたりと、なんかいろいろ盛り込みすぎな感じ。

あと、落語調の妙な語り(ナレーション)でストーリーを引っ張ったりするのもこの時代的(世界観)と言えば、そう納得できなくもないが、といってもイマイチその世界観に入り込めない。また幕末なのに、劇中の歌に洋楽を使っていたりして、世界観をどこに向けているのかよくわからない部分もある。この時代でも青春してますということか。

それぞれの登場人物の置かれてる立場や状況には、理解でき共感しなくもないが、感情移入したまま最後まで突き進めるかという、ラストが急に女の視点になり、よくわからない終わり方。この時代に生きた若者を一切持ち上げずに、そのまま描いたといえば、聞こえは良いが、映画としては、エンタメ感は薄く微妙な出来。



評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

(まとめ:テーマ(言わんとしたいこと)はわかるが、映画としてまとめるとよくわからない若者群像時代劇。新撰組がアベンジャーズだとすれば、これは、ヒーローが出てこない幕末の地味な若者話。個人的に妙に怖い話っぽい世界観(演出)を度々入れてくるのは、果たして必要だったのだろうかと思う。それが効果的に作用してる感じはあまりない。)



月に誘われた

月と笛に

誰かが吹いていた


-?


>>合葬(DVD)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:邦画

映画「予告犯」の感想(ネタバレ)

2017.04.12 Wednesday 邦画 サスペンス/ミステリー/スリラー

■映画「予告犯」の感想(ネタバレ)



■監督:中村義洋
■出演者:生田斗真/戸田恵梨香/鈴木亮平/濱田岳/荒川良々/小松菜奈/本田博太郎/小日向文世

WOWOWで放送していた映画「予告犯」を鑑賞。

【映画「予告犯」のあらすじ】

新聞紙を被った男がネットの動画サイトで、ある食品加工会社に対する制裁を予告し、実際にそれが実行される事件が起きる。そんな“予告犯”はその後も法が裁かない不正に対する制裁の予告とその実行を繰り返し、マスコミを巻き込ながら社会現象を生んでいく。警視庁サイバー犯罪対策課の吉野刑事は“シンブンシ”と呼ばれるこの予告犯を追い詰めるべく懸命の捜査を続ける。やがて“シンブンシ”が複数犯である可能性が浮上し……。

WOWOWから引用

【映画「予告犯」の感想(ネタバレ)】

筒井哲也の同名コミックを「白ゆき姫殺人事件」の中村義洋監督が生田斗真、戸田恵梨香らの共演で映画化したサスペンス。


大分前に放送してたけど、まだ見てなかったので見てみた。

原作コミックも読んでない、予告編等も覚えておらず、内容もほとんど知らない状態で見たが、これはなかなかの拾い物で面白い。

よくある警察(制度)に頼らずに自らの手で正義の裁き(制裁)を加える犯人の話だが、そこに至る過程は、感情的であり、やり方は計画的であり、この主人公(犯人)に対して、いちいち共感が堪えない。

しかも、制裁を与える人間(標的)の選び方が、丁度良い目立ちたがり屋の腹立つお騒がせ男(人間)たちを選んでいるのも、ギャグなのかわからないが、共感度の目線が丁度良い。

こういう映画は、結局、なんだかんだで最後は、警察側(社会に配慮して)の正義を強調して無難に終わるのが、よくあるパターンだが、これは、犯人が死を覚悟してるためか、最後まで行き切っていて(やり遂げていて)、見終わった後も感動するし、気持ちが良い。

やってること自体は、社会を無視した自己中的な犯人:いわゆる中二病と呼ばれるモノに該当していて、映画の中でもそういう指摘や批判が書き込まれているが、実際の犯人の意図は、全くそこの反応は無視していて(ただのツールで使ってるだけ)、本質(目的)は、しっかりと、別にあって、そこに集まってくる同類のネット民を全く相手にしていないところも良い。

ときおり語られる主人公のセリフからも、その人間の生き様がよく反映されていると思う。

監督は、「白ゆき姫殺人事件」の中村義洋監督だが、この監督は、シリアスの中でのコメディ(笑い)の入れ方(演出)が、嫌味がなくホント上手いと思う。笑いは狙いすぎる(やりすぎる)と、メインのストーリー(作品自体)が破綻するが、ちょうど良いところで上手く遊んでいる。

最後の海での寿司を食うシーンは、俳優のフリー演技だと思うが、会話が自然で面白い。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(まとめ:タイムリーなテーマで遊んでいる良作サスペンス。「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」でこけてた生田斗真もこの映画では、取り返したと思う。俳優を生かすも殺すも、監督次第なのかな。やっぱり監督って、当たり前だが大事なのかもしれない。)


がんばれるだけ

幸せだったんですよ

あなたは


-?


それが誰かのためになるなら

どんな小さなことでも

人は動く


-?


(回ってない寿司で)ワサビと別のやつって

あるか

オレみたことねえよ


-?


>>[Blu-ray] 映画「予告犯」【通常版】Blu-ray


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

映画「ピンクとグレー」の感想(ネタバレ)

2017.04.10 Monday 邦画 サスペンス/ミステリー/スリラー

■映画「ピンクとグレー」の感想(ネタバレ)



■監督:行定勲
■出演者:中島裕翔 菅田将暉 夏帆 小林涼子 岸井ゆきの 宮崎美子 柳楽優弥

WOWOWで放送していた映画「ピンクとグレー」を鑑賞。

【映画「ピンクとグレー」のあらすじ】

関西から関東に引っ越してきた小学生の大貴は、同級生の真吾とサリーに出会い、親友となった。やがて高校生になった大貴と真吾は、芸能界での成功を夢見て上京、同じ部屋に暮らしながらオーディションを受ける日々を過ごす。そんな中、真吾がいち早くチャンスをつかみ、新進俳優“白木蓮吾”としてスターダムにのし上がる。一方、なかなか芽の出ない大貴はいらだちを強め、いつしか2人は同居も解消して別の道を歩み出すが……。

WOWOWから引用

【映画「ピンクとグレー」の感想(ネタバレ)】


ジャニーズのNEWSの加藤シゲアキによるデビュー小説を「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が映画化したサスペンス。

ジャニーズメンバーが書いた小説を映画化した作品というので見てみた。※WOWOWで放送してたのは去年だけど。

見終わった後で番組情報で知ったが、原作とは異なるアレンジをされているということらしいので、原作と映画でどれ位違いがあるかについては、原作を読んでないのでわからないが、一応この映画について=原作の延長、という感想で書くと、ジャニーズのメンバーが書いた作品(小説)という偏見を持って見始めたが、最後には、そのことを忘れてしまう位、よく出来ている(普通に見れる)映画だと思う。

特にどんでん返し(ここは映画版のアレンジ)の後は、急に先が読めなくなり、どこに落ち着くのか、興味が尽きない。また良かれと思って作品を生み出しことによる想定外の批判を受けて思い出が傷つく悲しさなど、意外と深いとこまで描かれている。

ただ、細かいことを言うと、ここからネタバレになるが、最後の大貴(主人公)と真吾との対話は、真吾はあの時点ではすでに死んでいるので、あの部分で真吾が語ってる内容は、大貴の中での勝手な解釈(妄想)だと思うので、実際、真吾が本当に何を思っていたのかは、ずっと不明のままだと思われる。あそこで、真吾はそんな風に思っていたのかと納得するには、ちょっと違うだろう。

事実としてあるのは、真吾は、実の姉とよからぬ関係になっていたということまで。

また、親友だからと言って、その親友のすべてを理解できているかどうかという問いは、まさにその通りだが、しかし、付き合いの程度で、ある程度、何か隠してる部分があるというところ(不信感)は気付くだろうと思う。

あと、もう少し突っ込むと、自分の子供(息子と娘)が、近親相姦的な状態になっていたことを、実の母親が息子の友達とは言え、それが思い切りわかる(匂わす)ような情報(ビデオテープ)を提供するかという部分で、そんなこと普通の親はしない(ひた隠しにしておきたい)だろうと思ってしまう。※ここがあきらかにならないと話が進まないけど

これ死んだ息子の部屋に合った遺品ですと無記名のDVDを渡されて、それがエロDVDだった時よりも、ここの衝撃度のランクは上だと思う。

後者は、母親のおちゃめなギャグとして最悪理解できなくも無いが、前者は、もうマジだからね。いろいろ怖いです。このお母さんもだし、親友もというか、この家族全員やばい。

それと、菅田将暉が演じていた俳優役の実際の男は、最後の方はちょっと演出がやりすぎですね。いくら大貴を芸能界から追放したいと思ってたにしても、執着が過剰というか、なぜそこまで固執するに至っているのか、原因と結果がよく見えない。ただ、品川庄司の品川見たいな人なんだなというところまではわかったけど。

ちなみにこの映画のタイトルにある、ピンクとグレーというのは、ピンクがサリー(幼馴染の女)で、グレーがごっち(幼馴染の男)という解釈だろうと思う。



評価 ★★★☆☆ (星3.8)

(まとめ:ジャニーズメンバーが書いた…というのは関係なく、普通に楽しめる青春サスペンス。セリフの中や物語の展開に多少の中二病感は無いとは言えないが、ところどころにあるギャグはベタで意外と面白い。あと、女優の夏帆が清純な子と魔性の女の二役を演じているが、魔性の方はエロい。細身なのにエロい。この映画は、構成上二役を演じる必要が出ているが、俳優の演技力がかなり必要な作品で、それがしかも上手く回っている。)


やることはね

なるべくすべてやるの

やりたいことじゃないよ

やれること

私は、そうするから


-?


>>ピンクとグレー スタンダード・エディション 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:邦画

映画「テラフォーマーズ」の感想(ネタバレ)

2017.04.09 Sunday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「テラフォーマーズ」の感想(ネタバレ)



■監督:三池崇史
■出演者:伊藤英明/武井咲/山下智久/山田孝之/小栗旬/ケイン・コスギ/菊地凛子/加藤雅也

WOWOWで放送していた映画「テラフォーマーズ」を鑑賞。

【映画「テラフォーマーズ」のあらすじ】

将来の移住のため、火星環境の地球化(テラフォーミング)が開始されてから約5世紀。小吉たちワケありの男女15人の調査隊が火星へと降り立った。だが彼らを待ち受けていたのは、凶暴な人型の巨大生物。それこそは、かつて火星に移植されたゴキブリが異常進化を遂げた姿=テラフォーマーだった。やがて調査隊の真の目的がこの生物の駆除であり、そのため彼らには昆虫のDNAによる特殊能力が与えられていたことが判明する。

WOWOWから引用

【映画「テラフォーマーズ」の感想(ネタバレ)】


作・貴家悠、画・橘賢一による同名コミックを三池崇史監督が、伊藤英明、武井咲ら豪華俳優陣を迎えて実写映画化したSFアクション大作。

2015年の邦画の話題作が少し前にWOWOWで解禁(初放送)されたので見てみた。

実は、意外と最近まで日テレの深夜番組のCMでDVDの宣伝が結構流れていて、なんとなくまだCM打つかと、古い映画なのに違和感を覚えていたのだが、その理由が今回見てはっきりとわかった。

このテラフォーマーズ…、最近では類を見ない地雷映画だったということです。絶対に素人は手を出してはいけない!

ましてや映画館で見ようなどと決して思ってはいけない。今もう劇場ではやってないけど。

これだけの豪華キャストを揃え、CGもそれなりにふんだんに使い、スケールのでかさこそあれど、演出がただただひどい。学芸会という比喩はこういうことを言うのかもしれない。ストーリーもなんか陳腐。

一応コミックからの映画化ということだが、最近見たストレイヤーズクロニクルの方が全然マシに思えてくるほどの、比較すること自体失礼なひどい出来。俳優がほぼ大根役者化している。

なんといっても見終わって、内容をほとんど覚えていない。

ゴキブリがたくさん出てきて、そいつらと戦って、あっさりとテラフォーメンバー(仲間)が死んでいって、最後数人が生き残る。

全く感情移入も何もない。現実離れしすぎていて。

一応、三池崇史監督作品のようだが、この監督は、当たりと外れの差が激しい。

っというか、最近は、自分が見てる映画は、特に外してばかりだと思う。

どうも高予算を使った、または映画自体に力が入ってるような企画の映画を監督すると、あがってしまうのか、大抵う○こみたいな映画を量産してしまうクセがあるらしい(笑)

ゼブラーマンとか、悪の教典みたいな地に足がついてる感じの映画は良いが、1作目が当たった後の「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-」とか「ヤッターマン」とかになるともうダメ。少し前の「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」もひどかった。

ちなみになんで、当たり外れの差がこんなに大きいのか、理由はわからない。普通実力がある監督なら、そうそう大きく外しはしないはずだと思うのだが、自分の管理力を越えるキャスト、または、スポンサーが口を出してきたりすると、何も言えなくなってしまうんじゃないかと思う(笑)

 

そうではないと、このダメさは考えられない。


評価 ☆☆☆☆☆ (星0)

(まとめ:2015年の邦画のラズベリー賞(最低映画)があれば間違いなくトップ受賞のSFコメディアクション。こんな風に書いてしまうと、逆に見たくなってしまうが、絶対に見ないほうが良い。もし自分が俳優だったら、所属事務所のプロフィール欄の主な活動にテラフォーマーズ出演はすぐに削除しておきたい。)



なんだコイツは

他のゴキブリより素早い


-?



いや動きが人間に近い

-?



【初回仕様】 テラフォーマーズ 【BLU-RAY DISC】



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:アクション映画全般

映画「リメイニング」の感想(ネタバレ)

2017.04.08 Saturday 洋画 ホラー/スリラー

■映画「リメイニング」の感想(ネタバレ)



■監督:ケイシー・ラ・スカラ
■出演者:アレクサ・ヴェガ ショーン・サイポス ジョニー・ペイカー イタリア・リッチ ブライアン・デチャート リズ・E・モーガン

WOWOWで放送していた映画「リメイニング」を鑑賞。

【映画「リメイニング」のあらすじ】

ダンとスカイラーの結婚パーティーが催され、2人を祝福しようと多くの友人、知人が集まっていた。そんな時、出席者が次々と倒れ、魂を抜かれたように死んでしまう。パニックに陥る会場に、今度は爆音が轟く。何事かと外に出たダンたちは、旅客機がバラバラになって墜落するさまを目撃する。やがて地面が揺れ、雷鳴が響き、大粒の氷塊が降り注ぐ。ダンたちは世界の終わりのような光景の中、必死に安全な場所を求めるが……。

WOWOWから引用

【映画「リメイニング」の感想(ネタバレ)】

「ドニー・ダーコ」や「カンパニー・マン」の製作を務めたケイシー・ラ・スカラが製作・脚本・監督・原案を手掛けたというスペクタクルパニックホラー。

新約聖書の最後の審判をテーマに描いたというので見てみた。 ちなみに、最後の審判とは、キリスト教で、神に救済されるものと、そうでないもの(永遠の死)をより分ける出来事のこと。

内容の方は、神に救済されず、地上に残ってしまった人たちを描き、信仰についてもう一度考えるというものだが、この作品は、キリスト教の意外と深い?ところまで描いており(予定説)、キリスト教を理解するには、良い素材だと思う。

キリスト教とは、外面的な行動を一切問わない、内面(信仰心)のみの宗教であり、神に救済されるかどうか(選ばれるかどうか)は、地球が誕生する以前に神によりあらかじめすでに決められていて(予定説)、選ばれるためには、そこに生きる人間の意志や行動には一切関係が無く、教会に通おうと、正しい行いをしようと、救いとは一切関係がない。本来はそういう宗教。

ただ、すべての人間に救いの手が伸びている。※ちなみにこの救済の手も今生きる現代人にまで伸びているかどうかは、実は微妙という話もある。パウロのローマ人への手紙で、ローマにいる信仰心を持つ人は、対象となっているようだが、それ以外に対しては、何も書かれていないらしい。

ちなみにこの映画の中でも、子供の時から教会に通っている人間が救われていなかったり、説教をする神父ですら地上に残されている状況がしっかりと起きている。キリスト教にとって一番大事なものは、行動ではなく、内面的信仰心。外面的行動は一切関係ない。

また、この内面的信仰も、キリスト教を誰かから教えられたから、信仰を手に入れるというのでもなく(努力したから得る訳でもなく)、ある時急に啓示のように天から舞い降りてきて、信仰心をまとわされるという感じで、信仰心を手に入れるというものらしい。※キリスト者の告白によれば。

信仰を持った人にとっては、信仰心は持ちたくない(断りたい)と思っても、信仰心を持ってしまった以上(持たされた以上)、キリスト者(神に使えるもの)として、それに伴った行動を取らされるというらしい。決して、そこに神に選ばれたものだからといって、人間としての迷い(煩悩)がすべてなくなるという訳でもない。引用するなら旧約聖書の預言者エレミヤと同じように。

ちなみにこの映画では、そこまでは描かれていないが、とりあえず、啓示(信仰心)が舞い降りるという感覚は、描かれている。ただ、一度最後の審判で、弾かれてしまった人が、その後に信仰心が降りてきたからといって、救済されるかどうかは、謎です。

この映画は、中盤まではなかなか良いが、途中から安易にホラーテイストを入れてしまった部分は、個人的に単なるB級ホラー映画に落ちてしまったかなと思う。この作品は手持ちカメラ撮影(主観)を使ったり、普通に客観撮影したりで安い映画なのか、ちゃんとした映画なのかスケールがよくわからない。

あと、キリスト教は、悪魔が実在として全面に出てくると、なんか宗教の本筋からズレて話がこじれてくるように思う。


評価 ★★☆☆☆ (星2.8)

(まとめ:最後の審判をテーマにしたパラノーマルアクティビティ風B級ホラー。キリスト教の世界観に興味がなければ、スルーでいいかも。とりあえず、聖書をあまり知らない日本人と聖書の世界観で生きてる欧米人では、この映画のとらえ方(見方)は全く違ってくると思う。最近思うのは、日本人と欧米人では、生きてる背景(前提)が全然違うんだなということ。)


失いそうになって

気付くのは愛じゃない


-?


自分は信仰のある人間だと

言い聞かせて満足してた

当然それではダメだった


-?


>>リメイニング [DVD]


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:Horror

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links