映画「空飛ぶタイヤ」の感想(ネタバレ)

2019.06.28 Friday 邦画 人間ドラマ/ヒューマン

■映画「空飛ぶタイヤ」の感想(ネタバレ)


■監督:本木克英
■出演者:長瀬智也 ディーン・フジオカ 高橋一生 深田恭子 笹野高史 岸部一徳 寺脇康文 小池栄子


【映画「空飛ぶタイヤ」のあらすじ】

中堅運送会社、赤松運送のあるトレーラーが走行中に脱輪事故を起こし、外れたタイヤは幼い息子がいる母親に直撃。母親は命を落としてしまう。トレーラーを製造したホープ自動車は赤松運送の整備不良が原因だと決め付け、信用を失った赤松運送は経営危機に陥る。赤松社長は自社や家族を守ろうと懸命になるが、ホープの別のトレーラーも事故を起こしていたことを知り、独自に調査を開始。トレーラーそのものの欠陥を疑うように……。

WOWOWから引用

【映画「空飛ぶタイヤ」の感想(ネタバレ)】 

 

池井戸潤の小説を2009年のWOWOWドラマ化に続き、長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子らの新キャストで映画化した人間ドラマ。

 

2009年の仲村トオル主演のドラマ版を見たので、合わせて映画版も見てみた。

 

ドラマ版を見た前提で感想を言うと、キャストこそ今が旬な俳優に一新されてはいるが、内容はドラマ版の焼き直し。

 

もともと1話60分ほどで全5話の計5時間ほどあったドラマをぎゅぎゅっと2時間にまとめた総集編です。

 

ドラマ版を先に見てると、映画は、ほとんど筋だけがわかれば良い構成で、ストーリーとしてはあっさりしていて味気ない。

 

個人的には、「空飛ぶタイヤ」が2時間でわかるという以外に、ほとんどメリットを感じれない。

 

総評はあらゆる面でドラマ版から劣化している。

 

映画になったことで、大杉蓮が演じていた役が笹野高史に変わっているのは良いとして、性格設定まで変わってしまって、ドラマの時のどこまでも社長についていきます感(忠臣蔵)が弱まり、泣き所が減っている。

 

ドラマ版は、赤松の社員の社長(会社)に対する熱さが伝わってきたが、映画版は、皆がより現実重視の淡白な考えになってしまい会社内の人情が弱くなり、盛り上がりが弱い。この「空飛ぶタイヤ」は、この赤松という会社の丁寧な人情描写こそが、物語への感情移入を左右するところだと思うので、映画でのここの妙なあっさり感への変更はいらないと思う。

 

その他、ドラマ版では、女性キャストだった部分が、映画では男性キャストに代わっていたり、細かい変更点がある。この辺の微妙なキャスト変更も世界観が劣化している。

 

ドラマ版で田辺誠一の良き妻役として存在していた本上まなみが演じた役が居なくなって省かれているのも、映画版で田辺誠一役をディーンフジオカが演じてはいるが、最後に内部告発に至る過程の彼の心情描写が彼女がいない分、弱くなっている。

 

 

 

評価」 ★★☆☆☆ (星2つ)

 

(まとめ:キャストが変わって、内容も大きく劣化してしまったドラマ版の総集編みたいな映画。ドラマでは、ビジネスマンの話に見えていたが、長瀬智也、ディーン・フジオカらにメインキャストが変わったことで、黒い喪服を着たシーンが、ビシっと決まりすぎて、企業人というよりかは、どこかヤクザ映画の1シーンみたいに見えるときがある。キャストが全体的にスタイリッシュ過ぎる。長瀬智也の子持ちの妻役の深田恭子もちょっと無理があるし。このキャストでドラマと同じ5時間でしっかり再構築したらどうなったかわからないが、この映画だけの評価でいえば、旬なキャストで強引に商業化(金儲けに走った)ことで失敗した典型例のような作品です。もし空飛ぶタイヤをまだ見てないなら、迷わずドラマ版だけを見ることをおすすめします。映画版は申し訳ないですが、完成度高いドラマ版がすでに存在してる以上、時間の無駄です。)

 

 

>>空飛ぶタイヤ《通常版》 【Blu-ray】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

 

JUGEMテーマ:邦画

連続ドラマW「空飛ぶタイヤ」全5話の感想(ネタバレ)

2019.06.23 Sunday WOWOW ドラマ

■連続ドラマW「空飛ぶタイヤ」全5話の感想(ネタバレ)



■監督:麻生学、鈴木浩介
■出演者:仲村トオル 戸田菜穂 小清水一揮 柄本佑 大塚千弘 大島蓉子 長谷川朝晴 田辺誠一 本上まなみ 大西武志 袴田吉彦 相島一之 尾野真千子 國村隼 井田國彦 ミムラ 萩原聖人 斎藤洋介 山口もえ 甲本雅裕 佐藤詩音 西岡徳馬 水野美紀 遠藤憲一 大杉漣 


【連続ドラマW「空飛ぶタイヤ」全5話のあらすじ】

運送会社社長の赤松(仲村トオル)は、自社トレーラーのタイヤ脱輪による死傷事故が原因で警察から執拗な捜査を受ける。家族も周囲から孤立し、仕事も激減するが、社員の適切な整備を信じて事故の再調査を訴える。一方、ホープ自動車の沢田(田辺誠一)は赤松の依頼を機に、常務の狩野(國村隼)を筆頭とした、リコール隠しのための秘密会議(T会議)が社内に存在する事を知る。そして系列のホープ銀行では調査役の井崎(萩原聖人)がホープ自動車への甘い稟議を求められていたが、友人の記者・榎本(水野美紀)からホープ自動車内に疑念があることも知らされており、判断出来ずにいた。そんな時、赤松運送にまた一つ大手の取引先から取引停止の連絡が入り…。

WOWOWから引用

【連続ドラマW「空飛ぶタイヤ」全5話の感想(ネタバレ)】 

 

 

池井戸潤の原作小説をWOWOWで仲村トオル主演で連続ドラマ化したヒューマンサスペンス。

 

劇場版「空飛ぶタイヤ」のWOWOW初放送に合わせて過去のドラマ版が放送してたので見てみた。

 

内容は、自身が経営する運送会社で起きたトラックのタイヤ脱輪死亡事故の整備不良という調査結果に不信を感じた運送会社社長の奮闘を描いた話。

 

最近のドラマだと思って見始めたが、実際は、2009年に放送されたWOWOWドラマで、今から10年前の作品。

 

出演者がなんか妙に若いなというのが、第一印象だが、映像に多少の古さを感じつつも、それらがほとんど気にならないほど、ドラマは泣けるほど共感できるし、変に音楽や演出に凝らないので落ち着いて見れる。

 

ちなみに、WOWOWサイトによると、ドラマとして数々の賞を受賞しているようだが、それも頷ける完成度の高さ。

 

人が亡くなっている社会派ドラマ(設定は、フィクションだが、たぶん過去の実際の事故を参考にしている)なので、ちょっとイコールでは比較できないが、個人的に高評価と推す織田裕二主演のWOWOWドラマ「監査役 野崎修平」に負けず劣らずの登場人物の熱を思い切り感じる作品。(感情移入が深く見れる)

 

あまりにも良すぎるので逆に書くことが無いが、ただただ、こんな社長になりたい。(目指したい)

 

最近は、地味に正論を掲げて戦ってる人を見ると応援したくなる。とにかく財務省をなんとかしないと。

 

 

評価 ★★★★★ (星5つ)

 

(まとめ:良すぎてとにかく言うこと無しの良質の感涙正統派ドラマ。社長の周りの社員、また社長の妻子、内部告発する男性社員の妻などサブキャラの存在が、丁寧でいちいち共感してしまう。この社長にこの息子かという感じで泣きのツボを押してくる。そういった意味では、ほとんど無駄な登場人物がいない。 社長の補佐役の大杉漣がまた良い。大杉漣にこういう忠義なキャラをやらせると、右に出る人はいないんじゃないかと思うほど嵌っている。ホントに惜しい人を亡くした。)

 

 

あんたら警察は

 

いつだってそうだよ

 

道で捕まえんのは

 

原チャリばっかりで

 

ヤクザの改造車止めてるところなんか

 

見たことがないよ

 

-?

 

 

>>空飛ぶタイヤ DVD BOX 新品 マルチレンズクリーナー付き

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

 

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

映画「恋するシェフの最強レシピ」の感想(ネタバレ)

2019.06.19 Wednesday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「恋するシェフの最強レシピ」の感想(ネタバレ)


■監督:デレク・ホイ
■出演者:金城武 チョウ・ドンユイ リン・チーリン スン・イージョウ シー・ミン トニー・ヤン


【映画「恋するシェフの最強レシピ」のあらすじ】

上海。やり手の実業家ルー・ジンは、名門だが時代遅れのホテルを買収した。美食家の彼にとってこのホテルの料理は満足できるものではなかったが、その中に彼の興味を引く一皿があった。実はそれは、見習いシェフのションナンが担当したものだった。顔を出さず、ジンの出す難題に応えてその舌を満足させるションナンと、そうとは知らず彼女を無能な若手と見下すジン。料理を通じて、2人の距離は少しずつ縮まっていくのだが……。

WOWOWから引用

【映画「恋するシェフの最強レシピ」の感想(ネタバレ)】 

 

 

ドラマ「神様、もう少しだけ」の金城武と中国女優チョウ・ドンユイの共演のグルメラブコメディ。

 

最近EXLIEのAKIRAと結婚した台湾のリンチーリンが出演していたらしいので見てみた。録画したときは、金城武が出てたのでチェックしといたのだが、結婚報道を受け、前倒しで見てみた。

 

ちなみにリンチーリンが登場するのは、開始1時間以上過ぎてから。

 

本田翼じゃないが、キャストの並び順では三番目に堂々と名前が載っている割に出番が異常に少ないとかホントやめてもらいたい。出演時間で考えれば、たぶん5番手とか6番手とかその辺の位置が妥当だろう。この映画に関して言えば、ヒロインが飼ってる犬の方が出番が多いかもしれない。

 

さて、話は戻り、個人的にリンチーリン(の全盛期)は、見た目最強だと思っていたのだが、さすがに40も半ばになり、この映画ではさすがに衰えを隠せない。※といってもまだまだ全然綺麗だが。

 

最近は、日本の2000年代を引っ張ったメジャーな若手女優にしても、ほとんどが30代に入り、中堅女優化して、時の残酷さを痛感するばかりだ。ただ、深田恭子だけは、まだ異常な位維持してるのは謎だが。

 

めちゃくちゃ美人ってのは、少し衰えるだけで、受ける印象がかなり変わる。点数で言えば、98点から80点位になってる感覚だと思うが、それでも80点もあるなら客観的には全然いいと思うけど、印象というかデータとしての心理的ショックが、それ以上に下がってる風に思える。それと平行して、同じように質の良い若手がどんどん出てくるのもあるだろう。

 

そう思うと、60点位の子が40点位になってる方が、もともと外見に期待していない分、ほとんどショックがないように思えて、トータルで考えるとそっちの方が幸せなんじゃないかと思う。

 

これは顔がもともとシャープで整っている人ほど、崩れ始めた時に全体に与える印象の影響(ショック)が大きいともいえる。

 

そういうことなのかはわからないが、この映画のヒロイン(チョウ・ドンユイ)は、外見的な数値で比べれば、リンチーリンと比べるとまるで相手にならないのだが(顔のタイプが違うとも言う)、可愛さという魅力で言えば、終始圧倒している。

 

ストーリー上、チョウドンユイ寄りの話に仕上がってるから、その影響もあるだろうが、映画の中での人間的キラキラ感は、リンチーリンより数段上だ(演技が上手い)、なかなか映像からここまで魅力が出る女優も珍しい。最近の日本の若手女優でこんな感じの子がいるだろうかと思う。

 

さすが中国で”13億人の妹”と言われるだけある。※誰が言ってるのかは知らないが。

 

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.6)

 

(まとめ:チョウ・ドンユイ(ヒロイン)の魅力が全開のラブコメディ。結果、チョウ・ドンユイの魅力しか書いていないが、数々の料理も綺麗で、映像の撮り方もファンタジーっぽさもあり、全体的に非常に綺麗だ(ラストシーン(中盤含む)の夕焼けシーンも良い)。そういった意味では、癒し系作品でもある。)

 

 

 

下等な動物ほど群れで食する

 

-?

 

 

 

この世にいるのは

 

ブタを殺す者 買う者

 

そしてブタだ

 

-?

 

 

食欲とは

 

基本的本能である

 

左右されるのは

 

意志が弱い証拠だ

 

-?

 

 

 

嫌われれば孤独になり

 

他人の影響も受けない

 

-?

 

 

 

>>恋するシェフの最強レシピ [DVD]

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:恋愛映画 一般

映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の感想(ネタバレ)

2019.06.18 Tuesday 洋画 アクション/SF

■映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の感想(ネタバレ)


■監督:ライアン・ジョンソン
■出演者:マーク・ハミル キャリー・フィッシャー アダム・ドライヴァー デイジー・リドリー ジョン・ボイエガ オスカー・アイザック


【映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のあらすじ】

ハン・ソロとレイアの息子で、祖父ダース・ベイダーからダークサイドの魔力を受け継いだカイロ・レンら“ファースト・オーダー”は、“レジスタンス”から激しい抵抗を受けながらも反撃を目指し続ける。一方、かつてのジェダイのようにフォースを持つ若い女性戦士レイは、辺境の惑星に隠れていた伝説の戦士ルークを訪ね、彼の指導を受けてフォースを磨いていくが、ルークを説得してカイロ・レンをダークサイドから逃がそうと挑む。

WOWOWから引用

【映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の感想(ネタバレ)】 

 

 

人気SFシリーズ「スター・ウォーズ」の32年ぶりに新たに始まった新章シリーズ三部作の第二章に当たるエピソード8。

 

ずっと見てなかった大作スターウォーズのエピソード8を見てみた。

 

前作、エピソード7は、新たに始まったスターウォーズとして、ハリソンフォードを始めとする旧キャストが20〜30年ぶりに勢ぞろいしつつ、ファンの期待に応えてくれた感じで、個人的には作品の満足度は高かったと記憶している。

 

そんな多少期待があった、新章スターウォーズシリーズの第二部に当たるこの続編のエピソード8なのだが、なんでこうなったのか知らないが、見ながら眠気が襲ってくるほど、面白くない。ま〜正確には、面白くないというよりかは、全然内容が入ってこないといった方が合っている。

 

とりあえず、やたら騒がしく、適度にダラダラしており、がちゃがちゃしている。

 

ストーリーはあるんだけど、登場人物目線で追えるほどキャラクターが存在しない。感情移入が誰にも出来ない。

 

前作の記憶がほとんどなくなってたのもあるけど、だからと言って、これほど、感情置き去りと言うか、ずっと何をしてるのかよくわからない話もないだろう。

 

まとめると、レジスタンス軍(ジェダイ)とファーストオーダー(ダークベイダー派)の戦いを引き続き、ずっとやってるだけなんだけど、そこに多少の細かい事情があって、ジェダイ(レイ)の修行部分(ルークとレンの過去)と、軍同士の組織の戦艦対決が同時進行でやっている。あと、枝分かれで、カジノでのハッカー?探しか。

 

戦艦対決は、いつものSF戦闘アクションで、始まればそれなりに見れるのだが、ジェダイの修行部分が、基本、ダラダラしてて、見てられない。前作では、最後に満を持して的な登場をしたルークだが、今作では、終始悩みを抱えているせいで、うだつが上がらない。最後に命を張るけど、キャラクターとしてのマイナー感は否めない。

 

基本的に、ダークサイドに落ちる落ちないみたいな話をずっとやってるのだが、そこに共感するようなエピソードが無い。

 

女戦士のレイの過去も別に新たに今作で描かれるということもなく(説明程度の話は少し出てくるが)、表向きよくわからない修行や精神世界でのやりとりをやっている、一方、ダークサイドに落ちたカイロレンの方も、ルークに殺されそうになった(誤解した)という話があって、それがダークサイドに落ちる(傾いている)原因になってたようだが、そのエピソードも基本的に弱い。

 

アナキンスカイウォーカー(ダースベイダー)みたいに、愛する女性を失ったみたいなほどの話ではない。駄々っ子の延長でダークサイドに落ちないでほしい。

 

とにかく全体的に共感できるようなエピソードが薄いのだ。

 

また、今作から新たに、アジア人女性が一人加わっていて、誰の了解を得たのか知らないが(個人的にスターウォーズ好きのファンが勝手に撮影中のカメラの前に出てきてしまったと思っている)、結構活躍してるのだが、見た目の好感度の低さ+ふてぶてしさ全開で全く好感度が感じられない。

 

黒人パイロット?のフィンが、仲間を助けるために命を捨てる覚悟で、敵のレーザー砲撃艦に突撃したのを横から邪魔して止める。

 

そして、そこで自分を犠牲にして言う、この女のセリフが、またひどい。

 

敵を憎むより、愛する人を救う。

 

このセリフは、自己中過ぎてまるで共感できない。

 

決めセリフを言ったつもりになってるが(脚本家に対してだが)、全然何もいいこと無いし、意味不明だ。

 

今までの流れを見て無いのか。

 

彼がレーザー砲艦隊に特攻することで、射程に入っている他の仲間(唯一の生き残りレジスタンス軍)を救おうとしていた。そこにこの女が邪魔したことで、彼の命は助けたが、案の定レーザー照射が部隊を直撃している。通常で考えれば、このレーザーで生き残り軍はすべて消し飛んでるはずなのだが。※奇跡的にそこの被害はほぼ無いのだけど、なんでだよ(笑)

 

敵を憎むより、愛する人を救う。

 

何回聞いても意味がわからない、ここのシーンとこのセリフ。

 

せめて、フィンにぶつかって助けた後、自分のミサイルかなんかで、レーザー照射も止めていたら、それなら決めセリフを言っても良い。

 

結局、他の仲間を全員捨てて、愛する人だけを救ったという価値観を出しただけ。

 

人間だからその気持ちもわからなくはないが、あえてここでそんな価値観の放り込みはいらない。

 

物語の方向がぶれるから。

 

今はそれどころじゃない。レジスタンス軍の危機をみんなでどうなんとかするかで、まとまっている。みんながその想いを背負って犠牲になって死んでいってるところ。フィンもそう。お前だけ、一人で逆走している(笑)

 

散々、姉?の武勇伝を語ったり、裏切り者は許さないみたいなこと言ってて、最後のその行動ってどうなのよ。

 

そういう話をしたいなら、最初からもっと違うストーリーにしてないと、共感もへったくれもない。

 

ここのシーン見て感動できるヤツは、視界ゼロか。

 

 

評価 ★☆☆☆☆ (星1つ)

 

(まとめ:ちゃんと見れば見るほどとにかく眠くなるスターウォーズエピソード8。最初の方は、ながら見で適当に見てたのだが、やっぱりちゃんと見ようと思って、真面目に見始めたら急に眠気が襲ってきた。とにかくスターウォーズという期待が大きかっただけ、予想以上に内容がひどいので、星ひとつです。まさかここまでひどいとはね、ひどいというか”眠い”、そして、やたら長い。)

 

 

敵を憎むより

 

愛する人を救う

 

-?

 

 

>>スター・ウォーズ/最後のジェダイ MovieNEX(初回版) [Blu-ray]

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

映画「プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜」の感想(ネタバレ)

2019.06.15 Saturday 邦画 ラブストーリー/恋愛モノ/青春

■映画「プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜」の感想(ネタバレ)


■監督:篠原哲雄
■出演者:黒島結菜 小瀧望 高杉真宙 川栄李奈 谷村美月 白石美帆 森崎博之


【映画「プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜」のあらすじ】

糸真は東京の女子高で仲間外れにされ、逃げるように父親のいる北海道に引っ越す。転校初日、彼女はクールで上から目線だが友人思いの弦、少し病弱だが笑顔のまぶしい和央、最初に声を掛けてくれた晴歌と出会う。女子の間で“弦と和央はみんなのもの”というルールがあるにもかかわらず、糸真は2人と親しくなってしまう。そのことを快く思わない晴歌は糸真を仲間外れにしようとする。だが、糸真の真っすぐな気持ちが状況を変える。

WOWOWから引用

【映画「プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜」の感想(ネタバレ)】 

 

 

いくえみ綾の同名コミックを黒島結菜とジャニーズWESTの小瀧望で映画化した学園ラブストーリー。

 

恋愛映画を見つけたので見てみた。

 

この作品、少女マンガが原作ということなのだが、よくある、本命とは別のドSなイケメン男にぐいぐい迫られるようなことはなく、ヒロインが恋愛的に終始脇役っぽい位置にいる。イケメン男が二人でてくるが、友達にこそなっても、どちらからもアプローチされることがない。※こんなパターンもあるようだ。

 

ジャニーズの小瀧望演じる弦のキャラが神経質過ぎて、大分イタイ男に見えたり、オープニングロールのセンスが非常にダサかったり等あるのだが、物語自体は、ヒロインが仲間外れにされたり(いじめを受けたり)、恋愛面で孤独になることもあって、自然と感情移入はしやすい。

 

また、メインの黒島結菜とは別に糸真(黒島結菜)のクラスメートで友達役の川栄李奈演じる国重晴歌の恋愛(失恋)も意外と悲しく、そちらも共感出来る。個人的には、むしろこちらの晴歌の恋愛の方がこの映画の中で印象に残っている。

 

特に体育館での川栄演じる晴歌の失恋シーンは、何回か見返したくなるほど切ない。(※4〜5回は見た)

 

体育館で弦が一人でバスケをしてるところに晴歌がやってきて、落ちてたボールを手にとって一緒にバスケをしようとするが、弦はなぜか晴歌が来ると急にやめて一人ベンチに座ってしまう。それを見て晴歌もボールを置いて、弦の隣に並んで座る。

 

しばらく無言でベンチに座る二人。弦が急に晴歌の方に正座で向き合うと、突然別れ話を切り出す。晴歌は、少し会話した後、納得し、握手をしてから、「じゃあね」と言って体育館から出て行く。

 

このシーンは、名シーンと言ってもいいほど素晴らしい。

 

特にここでの川栄の演技が絶妙で、胸に突き刺さる。

 

晴歌が弦を体育館で見つけたとき、まさかこの後、別れるなんて微塵も思っていなかっただろうに、そんな別れの準備もなくただ会いたくて来たのに、その好奇心のせいで、急に恋愛が終わりを迎える。

 

もし、この時、晴歌が体育館に来なければ、ここで急に別れを切り出されることにはならなかっただろうにと、そう思うと、青春の残酷すぎる辛い一面を見た気がした。

 

たぶんだが、話があるから体育館に来いと事前に呼ばれて来た訳ではなかっただけに、余計に切ない。

 

仮に呼び出されてたら、まず先に、”話って何?”っという会話が先に出ると思うが、そういうことはないのでたまたま体育館に晴歌が遊びに来たのが濃厚だろう。また、もし、事前に呼ばれてたら、晴歌は一連の流れから別れ話だとすぐに悟り、会いに来ない可能性もある。そんなヤツだ。

 

全然メインと関係ない脇役の恋愛だが、そっちの方がシーンが良くて、感情移入してしまう。

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.5)

 

(まとめ:主役の恋愛より脇役の恋愛の方がなぜか印象に残る恋愛映画。巷では、元AKBの川栄の演技が上手い等話が出たりしてるが、イマイチそこまで上手いという印象を持ってなかったが、この映画を見ると、たしかにそうかもしれないと思った。個人的に本田翼より上手いような気がする。ま〜でも俳優の演技は、監督や演出の力で、上手く見えたり下手に見えたりするので、一概に言えないが、この映画、またこのシーンに限って言えば、めちゃくちゃ上手く嵌ってるといえる。そういった意味では、この作品は、川栄のおすすめ映画でもある。脇役だけど。少し話は変わるが、ヒロインに当てつけに紹介された第三の男(金やんという呼び名)がいるのだが、彼のキャスティングも絶妙。いい感じにオーラがないイケメンを揃えている(笑)一目見ただけで、彼との恋愛は絶対無いなとわかるほどの残念さ。決して不細工ではないんだけど、とにかくオーラ(華)が無い。それとこの映画のロケ地が北海道らしいが、街中のシーンで、龍が如く5を思い出した。実際の街並みをゲーム内で再現してるようだが本当にそう見えた。)

 

 

 

じゃあね

 

-?

 

 

>>映画 プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜《通常版》 【DVD】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:恋愛映画 一般

WOWOWのおすすめ番組!    

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links