映画「真田十勇士」の感想(ネタバレ)

2017.09.18 Monday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「真田十勇士」の感想(ネタバレ)



■監督:堤幸彦
■出演者:中村勘九郎/松坂桃李/大島優子/永山絢斗/高橋光臣/松平健/加藤雅也/大竹しのぶ

WOWOWで放送していた映画「真田十勇士」を鑑賞。

【映画「真田十勇士」のあらすじ】

関ヶ原の戦いから14年。戦国の世は天下統一を目前にした徳川と復権を狙う豊臣方の対立が深まっていた。真田幸村は名将として世間から尊敬を集めていたが、実は男前な風貌と恵まれた幸運の連続で勝ちを収めてきただけの気弱な腰抜けだった。実際の自分と虚像との差に悩む中、彼は猿飛佐助と出会う。忍者の里から飛び出し、大きなことを仕掛けようとしていた佐助は、幸村を本物の英雄にすべく、仲間を集めて十勇士を結成する。

WOWOWから引用

【映画「真田十勇士」の感想(ネタバレ)】  


マキノノゾミと鈴木哲也の脚本を中村勘九郎、松坂桃李らを迎えて劇場版「SPEC」シリーズの堤幸彦監督が映画化した時代劇アクション。

最近、自分の中で遅咲きの戦国時代ブームが来ていて、横山光輝の戦国時代マンガを結構読んでいる。今のところ織田信長から豊臣秀吉、徳川家康、伊達政宗、武田信玄、武田勝頼、松平忠輝まで読み終えた。そんな折、真田のタイトルがついたこの映画を見つけたので期待して見てみた。

ただ、すごい期待していたわりに、見てみると、中身はなんだこれという内容。

いきなり率直な感想を言ってしまうが、この「真田十勇士」相当やばい(ひどい)。

自分が今まで戦国時代のドラマや映画にあまり触れていなかったから、他との比較対象があまりないから、そう思ってしまうからはわからないが、この映画、大分迷走してます。

もともとマンガや小説などで元ネタとなる原作があるのかわかりませんが、なぜか開始早々、実写映画なのにアニメーションで描かれており、それが10分ほど流れる。

番組情報では、監督の遊び心という説明があるが、この遊び心は個人的にいらない(笑)

個人的に歴史モノは、ただただ真面目にその時代を反映して落ち着いて描いて欲しいものだが、この作品は、全体的に妙な現代的な軽さ(ノリ)がある。戦国時代のかたくるしさが苦手な現代の人(若者向け)に合わせた演出(アレンジ)といってしまえばそれまでだが、ノリが現代ドラマの延長なのだ。

俳優がただカツラと鎧を着ているだけと言っても言いすぎでない。当時の戦国武将にまるでなりきれていない。※特に真田十勇士のメンバーは若手が多いからか大分ひどい。ただ、徳川家康役の松平健、あと淀君役の大竹しのぶはさすが。松坂桃李は、がんばってる方かな。

また少しばかり恋愛要素も入ってるが、この恋愛も現代風の薄いやりとりに終始していて、なんだかなあという感じ。その恋愛部分の片棒を担っているのが、元AKBの大島優子の女忍者役だが、彼女が大分ひどい。映画を一人でぶち壊してる(水準を下げている)感じすらある。

戦国時代の話だけど、もうただ衣装が忍者の格好をしているだけの現代恋愛ドラマとしてしか見れない。

しかし、戦闘シーンは、真田丸のセット作り、人材も集め、かなりお金が掛かっていてスケールこそでかいが、いかんせん迫力(躍動感)が弱いというか熱量がない。そこと比べるものではないが、2000年公開のグラディエーターの方がよっほど良いし、熱さある。

戦国時代というか戦モノ作品は、生死に直結した人間の熱さみたいなものが、描けてこそ説得力が生まれてくると思うが、この映画は、そういった熱さを感じない。

物語としては、史実の捉え方を変えた発想(すべては淀君の策だった)はあって意外性はあるが、周りを固める俳優や演出、構成に説得力がないので、どうも乗り切れない。まーとにかくひどいです。


評価 ★☆☆☆☆ (星1つ)

(まとめ:舞台演技のようなクセがある変な戦国映画の大失敗作。マンガだけど読んで戦国時代に触れた人間としては、この映画の内容で満足はしたくないですね。一般の人はどうかしらないけど。戦国時代好きには、要注意映画です。真田雪村の話だったら、PS3の戦国無双の方が泣けます。)



ウソってのは

バレちまめば

ただのウソだけどよ

とことんまで突き通しちまえば

そいつは本当と同じだ

偽者が本物に変わるんだ


-?



>>映画 真田十勇士 スペシャル・エディション


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:邦画

映画「クライム・スピード」の感想(ネタバレ)

2017.09.09 Saturday 洋画 サスペンス/ミステリー

■映画「クライム・スピード」の感想(ネタバレ)



■監督:サリク・アンドレアシアン
■出演者:ヘイデン・クリステンセン/エイドリアン・ブロディ/ジョーダナ・ブリュースター/トリー・キトルズ/アリウネ・“エイコン”・チアム

WOWOWで放送していた映画「クライム・スピード」を鑑賞。

【映画「クライム・スピード」のあらすじ】

過去に犯した罪を悔い改め、自動車修理工として真っ当な人生を歩み始めたジェームズ。かつての恋人エミリーとも再会し、ようやくよりを戻しかけた矢先、彼を悪の道に引きずり込んだ兄のフランキーが、10年間の服役を終えてジェームズの前に再び姿を見せる。兄との関係を断とうとするジェームズだったが、フランキーは刑務所内で知り合った連中と銀行強盗の犯罪計画を練り、ジェームズもやむなくその片棒を担ぐはめとなる。

WOWOWから引用

【映画「クライム・スピード」の感想(ネタバレ)】  

スティーヴ・マックィーンの映画「セントルイス銀行強盗」(1959)を、「スター・ウォーズ エピソード2」のヘイデン・クリステンセンと「戦場のピアニスト」のエイドリアン・ブロディ共演で再映画化したというクライムアクション。

最近見なかったアナキン役のヘイデン・クリステンセンが出演してたので見てみた。

もともとの原作?映画は知らずに見始めたが、内容は、銀行強盗モノで出所してきた悪い兄に誘われ、知らずに犯罪計画へと巻き込まれていく弟の話。

これ普通に見たらそんなに悪くない犯罪アクション作品だと思うが、やや過剰な兄弟愛演出設定により、う〜ん…という感じがしなくもない。

その原因は、ヘイデン・クリステンセンとエイドリアン・ブロディという二枚看板だろう。

弟のヘイデンクリステンセンは良いとして、その兄役を演じてるのが、クセのある演技派?のエイドリアンブロディ。

ちなみにエイドリアンブロディに普通のよくあるような役柄を演じさせては、あまり意味がないと思ったのかはわからないが、普通の正統派の悪役兄貴キャラでなく、ダメすぎる弟想いの兄(ケツ穴歯磨き粉兄貴)というちょっとややこしい(ふざけた)人間味のある設定が乗っかっている。※原作映画との比較や忠実度は見てないのでわからないが。

このダメ過ぎる兄という設定が、エイドリアンブロディに妙な熱演?をさせている。あえて熱演をさせていると言いたい。

なんというかこのタイプの映画で、そこまで兄弟愛、または熱演は必要ないな…とそういう気がしてしまう。

これは完全に自分が求めるこの映画に対するこうあって欲しいと期待するラストと、製作者が見せたい部分(やりたいところ)の不一致がそう感じさせているのだろうけど。

個人的にはとにかく、このエイドリアンブロディの兄貴が最後、足を引っ張っていてただただ邪魔でしかない(笑)

見ていてイライラするのだ。

この映画、このダメな兄貴が最後に足を引っ張る兄弟愛(そして弟のために死ぬ部分)が、この映画の見せ場としてるのだが、こちらとしては、そういうのは特に期待していない。ただ単純に兄弟が銀行から無事に脱出し、上手いことハッピーエンドであればそれでいい。その類(レベル)の映画で全然良い内容なのだ。

ちなみに最後は、兄貴が身を捨てることで、弟は警察の包囲網から一人脱出に成功し、ハッピーエンド?となるが、これも後でしっかり調べれば(人質に聞き込みすれば)すぐに彼が実行犯の一人だったとわかるだろうし、そうなれば顔が指名手配されてのちのち捕まるだろう。そう考えると全然ハッピーエンドでもなんでもないラストなのだ。疑惑が解けるということも無いし。

そもそもこの弟、最初こそ兄貴に巻き込まれた形で共犯になってしまっているが、それ以降は、ほぼ実行犯の一人として普通に活動している。自分の居場所を受け入れてからは、普通に盗難車に乗ってたりするし。

こういう類の映画は、主人公の弟は、ほぼ法的に無実である、または誤解の範囲(犯罪を犯してはいるが、もっと大きな正義(善)のためのしょうがない行動)で、客観的に後で取り返しが効くような感じでなくてはいけないと思う。

その最低限の倫理姿勢が弱いからか、最後のラストもただ、犯罪者が一人逃げただけのような、あまり共感ができない終わり方に見えてしまう。逃げるためとは言え、救急隊員を殴ったらダメでしょ。

クライムスピード(犯罪に走る、犯罪が加速する?)というタイトルが狙いなのなら、それはそういうことなのかもしれないが、見終わって、ほとんど共感ができなくなるのはどうなんだろう。



評価 ★★★☆☆ (星3.2)

(まとめ:エイドリアン・ブロディが必要以上に熱演してしまったクライムアクション。ちなみにこの映画唯一の見どころが、理想の高い?強盗計画の黒人リーダーで、ちょいちょい興味深いセリフを言って、こちらに期待をもたせてくれるのだが、いざ現場で活動すると大して見せ場なく、あっさり銃殺されてしまう。なんなんだろこれ。この映画は、どっちにしても微妙な話ですね。)


トマスジェファソン

彼は今の状況を予期して

銀行と闘った

ケネディは闘って殺された


-?


ジェファソンは

”銀行は軍より危険”と

”どの世代も革命を必要とする”とも


-?



>>クライム・スピード(Blu−ray Disc)



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

映画「二ツ星の料理人 」の感想(ネタバレ)

2017.09.03 Sunday 洋画 人間ドラマ/ヒューマンドラマ レビュー

■映画「二ツ星の料理人 」の感想(ネタバレ)



■監督:ジョン・ウェルズ
■出演者:ブラッドリー・クーパー/シエナ・ミラー/オマール・シー/ダニエル・ブリュール/ユマ・サーマン/エマ・トンプソン/

WOWOWで放送していた映画「二ツ星の料理人 」を鑑賞。

【映画「二ツ星の料理人 」のあらすじ】

パリの一流レストランで二ツ星の評価と名声を得た伝説のシェフ、アダム。けれども人間的には何かと欠陥を抱えた彼は、ある時、問題を起こして突如パリから姿を消し、店をつぶしてしまう。それから3年後、かつてのオーナーの息子トニーがロンドンに開いていた店に姿を現わし、強引にシェフの座に就いたアダムは、かつての同僚やシングルマザーのエレーヌら、一流の腕前の料理人たちをスカウトすると、三ツ星を目指して奮闘する。

WOWOWから引用

【映画「二ツ星の料理人 」の感想(ネタバレ)】  


「アメリカン・スナイパー」のブラッドリークーパーが主演した人間ドラマ。

久々に料理モノ映画に惹かれて見てみた。

料理の腕はあるが、性格や素行にやや難がある2つ星のシェフが3つ星を狙うべく新たにお店を開き…という話。

料理や人間関係で挫折しつつも最終的に成功する(目的達成する)というよくあるサクセスストーリーのグルメモノなのだが、主人公の性格がプライドが高くあまり弱さが見えないため、人物に対する感情移入はやや弱い。

また、ストーリー構成もわかりやすいサクセスストーリーで進むのかと思いきや、始まりがごちゃごちゃしている感があってシンプルでない。

その理由として、物語の始まり方が、主人公が数年前にお店を辞めて挫折し、放浪修行を終えた後、再起する部分(再び店を始めるところ)から急に始まっているのが原因だと思われる。

再び店を始めるというシェフが店を持ちたいという一番大事な主人公の動機やそこに対する思い(熱意)が視聴者にはほとんど伝わらないまま、いきなり始まっており、そこの大事な理由(動機)も物語が進むと後出しのようにポロポロと出されてくるので、主人公と感情とイマイチ同期できない。

また新たに店を始める(選ぶ)部分も、腕がいいからだと思うが、特に努力することもなく以前辞めたオーナー(息子)の店でもう一度シェフになって(おんぶに抱っこで)、店を出す部分でのそこの苦労がほとんどみられない。

普通、こういうグルメものは、お店を出す時は、新たにイチから出店地域からお店の内装等選んで、やるのかと思いきや、そういうことでもないらしい。そこの楽しみがない。人材確保はあるけど。

結局、この映画の一番の盛り上がりは、独りよがりで仕事に取り組んでいた主人公が、従業員の裏切りに合い、挫折を経たのち、成長し、従業員の力を信じて三ツ星に望む部分だろう。



評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(まとめ:ブラッドリークーパー主演のやや微妙なサクセスグルメモノ。出てくる料理はおいしそうだが、ストーリーは、それほどおいしくない。脇役にユマサーマンが出ていたらしいが、見終わってキャストを見るまで、気付かなかった。いろいろ書いたが、退屈するほど悪くは無いので、三ツ星はあげて置こう。5点満点だけど。)



強いから人に頼れるの

弱いからじゃない


-?



でも生きてるわ

-?


>>二ツ星の料理人


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:洋画

映画「ズートピア」の感想(ネタバレ)

2017.08.27 Sunday アニメ/CGアニメ レビュー

■映画「ズートピア」の感想(ネタバレ)



■監督:バイロン・ハワード
■出演者(声優):上戸彩/森川智之/三宅健太/高橋茂雄/玄田哲章/Dream Ami

WOWOWで放送していた映画「ズートピア」を鑑賞。

【映画「ズートピア」のあらすじ】

地方で生まれ育った女子ウサギのジュディは警察学校を首席で卒業し、ウサギ初の警官として多彩な動物が共存共栄する大都市“ズートピア”の警察官となるが、駐車違反の取り締まりという平凡な任務を与えられたことを不満に思う。そんなジュディは詐欺師のキツネ、ニックと出会った後、カワウソが失踪した事件の捜査を担当することに。それは実は“ズートピア”全体を揺るがしかねない巨大な陰謀につながる可能性がある事件だった。

WOWOWから引用

【映画「ズートピア」の感想(ネタバレ)】

全世界合計興行収入が10億ドルを突破したという2016年のディズニーアニメーション。

新作のCGアニメを見つけたので見てみた。

内容は、なんでも夢が叶うという様々な動物が暮らすズートピアで、警察官になったウサギがある事件を担当し…という話。

興行的に大ヒットしたアニメ作品らしいが、実際に見てみると内容は意外と普通でよくありそうな事件解決の冒険モノ。

ちなみに日本語吹き替え版で見たが(CGアニメは基本吹き替えで見ます)、ヒロインのウサギの吹き替えは上戸彩が担当してるが、相性は抜群。

もともとウサギが原型のはずだが、上戸彩の吹き替えによって、もうウサギ(のしぐさや動きまで)が上戸彩にしか見えなくなってくるほどだ。いや、上戸彩がそもそもウサギになってるのかもしれない。それ位、声や雰囲気は同化するほどドンピシャで合っている。

ちなみにこの映画に関しては、この吹き替えの上戸彩とナマケモノのシーン位しか印象がない。※あと、バッファロー?にたかるハエもあったか。

ナマケモノについては、たぶんこの作品を作るにあたり、製作者が一番やりたかったような感じすらする(かなり時間取ってるし)。


評価 ★★★☆☆ (星3.4)

(まとめ:吹き替えの上戸彩が抜群のディズニーのファミリー向けCGアニメ。キャラクター(ウサギ、キツネ)の成長は、しっかり描かれているが号泣するような感動作ではない(それほど来なかった)ので評価は、やや低めです。でも内容は、ディズニーアニメで安定してるので、子供と一緒に見るには、ちょうど良い作品です。あと上戸彩ファンにはおすすめです。)



一番怖いのは理由もなく

怖がること


-?



私に何が出来て

何が出来ないかは

私の問題よ


-?


>>[Blu-ray] ズートピア MovieNEX


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:アニメ映画全般

映画「高台家の人々 」の感想(ネタバレ)

2017.08.26 Saturday 邦画 ラブストーリー/恋愛モノ/青春

■映画「高台家の人々 」の感想(ネタバレ)



■監督:土方政人
■出演者:綾瀬はるか/斎藤工/水原希子/間宮祥太朗/坂口健太郎/市村正親/大地真央/シャーロット・ケイト・フォックス//塚地武雅

WOWOWで放送していた映画「高台家の人々 」を鑑賞。

【映画「高台家の人々 」のあらすじ】

妄想が趣味の口下手で不器用な木絵が勤める会社に、名家“高台家”の長男・光正が転勤してくる。イギリス人の血を引くクオーターで東大卒、さらにはオックスフォードにも留学経験のある長身イケメンの光正。そんな彼と木絵に接点があるとは思えなかったが、木絵が落としたコピーを光正が拾ったことから2人は顔を合わせるようになる。ある日、光正が木絵をいきなり食事に誘ったことをきっかけに、2人の距離は近くなり……。

WOWOWから引用

【映画「高台家の人々 」の感想(ネタバレ)】

森本梢子の人気コミックを「映画 謎解きはディナーのあとで」の土方政人監督が綾瀬はるかと斎藤工共演で映画化したロマンティックラブコメディ。

綾瀬はるかが出てたので見てみた。

この作品は、あらすじから分かるとおり、人の心(考え)が読めるという男(ある一家(高台家))と妄想好きの女性の恋愛映画。人の心が読めるという設定は、特に新しいわけでは無いが、その特徴を逆手に取った、女性側のアプローチ(対処法)は、なかなか斬新で、見ながらヤラレたと思った。今までにないかな。

大抵、相手の心が読める設定モノは、読める側のアプローチにのみ特化するものだが、この作品は、ヒロインを天然妄想キャラにすることで、そこの部分で読む側のツッコミを取り入れ、上手く笑いにしている。

ちなみに心を読まれる部分での遊び方にしても、策略的に笑いを取りに行こうとしたら、逆に面白くなくなってしまうと思うが、ヒロインを不思議系女優の綾瀬はるかにして、ふわっとするような笑いで収めてるところで、彼女の空気感を含め、嫌味が無い笑いを取っている。全体の内容は別にして、コメディのバランスが良い。



評価 ★★★★☆ (星4つ)

(まとめ:心が読める設定を使った斬新なラブコメディ。コメディがめちゃくちゃ面白いというものではないが、クスクス系の外した笑いがあり、意外と心地よい。特にヒロイン(綾瀬はるか)が心を無にしたときの環境ビデオのような挿入映像は、一度きりでなく、ときおり天丼のように何度か挟まれると笑えてくる。真面目な映画の途中で、テレビが壊れた?というような事故映像のようなふざけた挿入映像が入ってくる。個人的に笑いのツボがあっているからか、ヒロインの性格の良さに感情移入し、結構泣けた。)



名前は平野

平凡の平に野グソの野で

平野ですよ


-?


>>高台家の人々 DVDスタンダード・エディション [ 綾瀬はるか ]


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:恋愛映画 一般

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links