映画「運命を分けたザイル2」の感想(ネタバレ)

2012.02.24 Friday ドキュメンタリー映画レビュー

■映画「運命を分けたザイル2」の感想(ネタバレ)



■監督:ルイーズ・オズモンド
■出演者:ジョー・シンプソン ロジェ・シャーリ シモン・アンターマッテン アンドレアス・アベグレン シリル・ベルト

WOWOWで放送していた映画「運命を分けたザイル2」を鑑賞。

【映画「運命を分けたザイル2」のあらすじ】

かつて南米アンデス山脈の6400mもの高山で遭難し、死線をさまよった末、奇跡の生還を果たしたイギリスの登山家J・シンプソン。その後、自身の体験をつづった著書「死のクレバス アンデス氷壁の遭難」を刊行し、それを映画化した「運命を分けたザイル」も大きな話題を呼んだ彼が、今回は、1936年にアイガー北壁で起き、歴史的にも広く知られた悲劇的事件を、自身の臨死体験と重ね合わせながら、逐一詳細に物語っていく。

※WOWOWから引用

【映画「運命を分けたザイル2」の感想(ネタバレ)】


運命を分けたザイル」で自身の瀕死体験を再現、解説したジョーシンプソンが尊敬する登山家トムクルツのアイガー北壁登頂での事故を当時の再現映像とジョー自身が実際に現場に登り解説する続編的パート2。

今度の主役は、トムクルツという若き登山家。1936年にアイガー北壁という人類未登頂?の山(北壁側からはまだ誰も登ったことがない)に挑むトムクルツらパーティ4人に降りかかった事故に迫った物語だ。

今回は、前回と違い生還者の本人が解説しているわけではないので、登山の結果は全く不明で話が進む。

ちなみに、前回の主役で足を骨折し、もう登山はできないと医者から通告されていたジョーは驚異的なリハビリの末、復帰していた。今回は自身もアイガー北壁に登り、現在の視点から過去のクルツの辿ったルートの解説をしている。

さすがにアイガー北壁は凄まじいのか、ヘリで解説スポットへ輸送してもらい、そこから撮影を行っている。

■さて、トムクルツの物語の方だが、これもなかなかの物語で、危険なルート選択に始まり、足場ザイルを解く判断ミスを境に、崩落による仲間の負傷、3分の2地点での負傷した仲間の体調悪化による急遽登頂断念からの引き返し。

足場ザイル解いてしまったことによる帰りルート通行不能により、危険な懸垂下降選択。残り60Mほど残したところで雪崩に巻き込まれ、パーティ滑落により全員死亡、トムクルツのみ宙吊りで生き残るが、悪天候により救出隊近寄れず、宙吊りのまま一夜を迎える。

翌朝、救助隊が救出に来るが、思ったより距離があるためクルツにザイルの確保を命じる。クルツは下で壁に激突して死んでいる仲間に繋がるザイルを切断し、ザイルを確保する。

体力がないながらも再びザイルを登り、宙吊り状態から一度解放される。上で二人の体重を支えたことで圧迫死している仲間を他所に再びザイルを確保する。救助隊も持っていたザイルが足らず、二本分を一本に結び繋げてクルツに渡す。

クルツは、手が凍傷で動かないなか、ザイルを結び直し、降りるための準備をする。五時間ほどかけようやくザイルの準備が出来るが、クルツは、すでに片手が凍傷により、使い物にならないため、降りるための安全策を講じザイルを体に通すスタイルで降りていくが、あと一歩のところで、二本のザイルを結んだコブの部分が鎖の中を通らず引っかかる。

これはザイルを体に通す安全策を選択をしたことが原因だった。

クルツは救助隊を目の前にし、再び宙吊り状態に。ザイルの長さが足りないため、救助隊は近くにいても励ますだけで何も手出しできない。他のルートや方法は皆無だからだ。

クルツは、固く結ばれたザイルのコブを解き、鎖の中を通さなければならないが、大吹雪の中を宙吊り状態で夜を明かしており、手と体力はすでに限界だった。クルツは結び目としばらく格闘するが、「終わりだ」と声を漏らすと、宙吊り状態でそのまま力尽きる。

パート1のジョーの物語はアライブしたが、パート2のクルツの物語は、デッドエンドだった。

パート1は忍耐がテーマだったが、こちらのクルツの物語も壮絶だ。クルツはすでに亡くなっているため本人視点はないので、すべてジョーの想像での解説だが、登山家の心理が浮き彫りになるほど、各状況がリアルに解説されている。



評価 ★★★★☆ (星4つ)

(宙吊り状態で最後は死ぬ姿が無念と後悔が入り混じった物凄い物語だ。登山家については、あまり良い印象がないが、登っている本人の心理状態を理解すると、第一級の心理サスペンスと言える位精神世界はドキドキで一杯だ。始めは協力者である仲間だが、負傷すれば、急遽お荷物になる、ルート選択やひとつの判断ミス、悪天候により、運命が変わってしまうなど、このパート2は登山家の心理の魅力をかなり伝えている作品だと思う。作業は山に登っているが、すべては自分との戦いだ。こんなにドキドキすることは他にないだろうなと登山家の気持ちが理解できる。ただ登りたいとは思わないが、アイガー北壁の絶壁ぶりはちょっと見たくなる。ちなみに名言も半端なく多い。)


最も偉大な山でも

美しい山でもない

最難関の山でもない

東稜 星陵 南稜からは

アイガーは普通の山に見える

伝説と言わしめる理由は

北壁だ


-ジョー


登山家は

可能性を試したいんだ

他人に理解など

されなくていい

無謀で無責任だといわれても

気にならない


-ジョー


何かを究めるには

没頭することも

必要なのだろう


-ジョー



楽しみを享受し

生きる喜びを味わう


-ジョー


世界の山々で

体験したことは

己を変える

自ら吸収することで

人生が豊かになり

向上していくんだ


-ジョー


若者というのは

自らの判断力や技術を

過信しているものだ

そうすることで

”自分は強い”と思える

だが実際は違う


-ジョー



登山は僕の人生すべてであり

情熱だ


-ジョー


運命は不安定だ

興奮と期待あふれる冒険が

一方にあり

もう一方に手に負えない

失敗がある


-ジョー


登山とは

リスクの高い賭けのようなものだ

運命を握るのは

自分とは限らない


-ジョー

7週間かけた本が

もし500部売れれば

幸せだと思った

新たな才能の発見だ


-ジョー


生き延びるためには

忍耐が必要だった

楽ではないが

それがすべてだ


-ジョー


他人には何の意味もないことだ

山頂でつかの間の

歓喜を味わい

下りればそれも消える

理屈では

全く説明がつかない

論理的な言葉では

決して語れない

だから登る


-ジョー


すべてを懸けるとは

苦痛や痛みを

耐えるだけではない

命を懸け夢を果たすべく

何もかも投げ打つ


-ジョー



運命を分けたザイル2 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ




JUGEMテーマ:最近みた映画
 

映画「運命を分けたザイル」の感想(ネタバレ)

2012.02.18 Saturday ドキュメンタリー映画レビュー

■映画「運命を分けたザイル」の感想(ネタバレ)




■監督:ケヴィン・マクドナルド
■出演者:ジョー・シンプソン サイモン・イェーツ リチャード・ホーキング ブレンダン・マッキー ニコラス・アーロン オーリー・ライアル

WOWOWで放送していた映画「運命を分けたザイル」を鑑賞。

【映画「運命を分けたザイル」のあらすじ】

1985年、英国の若き登山家2人、ジョーとサイモンは、標高が6600mもあり、前人未到の難所だったシウラ・グランデ峰の登頂に成功。だが下山途中にジョーが足を骨折してしまう。サイモンは、彼と自分の体をザイルで繋いで懸命に下山を試みるが、再び予期せぬアクシデントが発生し、ジョーは氷の絶壁に宙吊りになってしまう。生と死の瀬戸際に立つサイモンは、覚悟を決め、2人を繋ぐザイルをナイフで切断する決意をするが……。
※WOWOWから引用

【映画「運命を分けたザイル」の感想(ネタバレ)】


実際に南米アンデス山脈の雪山で遭難した登山家2人が奇跡の生還を果たすまでを描いたドキュメンタリー映画。

彼らが事故にあった雪山でロケしたという再現ドラマ映像に当事者本人らが解説と当時の状況を語るというスタイルの映画だが、再現映像は生生しく、ほぼ実際の事故状況を見ている感じだ。

時間的には一週間の物語だが、これほど気の遠くなるほど長く壮絶で濃密な一週間を感じたことがないほど、骨折し食料、水が尽きてもなお、足を引きずり、端ってでもキャンプに戻ろうとするジョーの精神とその道のりは凄まじい。

ちなみにタイトルにある「運命を分けたザイル」は、二人を繋ぐ命綱のロープ(ザイル)を自分が生き残るためにやむなく切ってしまうという殺人行為のことを現したタイトルだが、この行為についてはこの映画を観ている感じでは仕方ない。

※原題(原作)は、「Touching the Void」で、”無に触れた”というタイトルで、ザイルのことは一部の扱いだ。

雪山登山では、骨折=死 という位ほぼ骨折したら絶望的状況だが、ザイルや登山具を上手く使って下山していく二人の姿は、人間の知恵の凄さを感じる。

そして、この映画をみると彼らの登山具の使い方、ザイルの使い方を学びたくなる。ザイルの結び方一つでもなんかいろいろあるらしい。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(”生きる”ということが何か教えてくれるような作品。これだけの経験をすれば、現代社会で起きていることの大半はなんてことがないことがわかるような気がする。最近見たハンナモンタナザムービーで人生を登山に例えた「The Climb」という曲があり、物事は先にある結果や速さよりも今登っているかどうかが大事というメッセージに共感、心酔していたが、なんともタイムリーな曲だと思った。まさにこのジョーも下山しようとあきらめずに一歩一歩進んでいた。この映画の主題歌にもピッタリ。登山ではなく下山だというのが唯一惜しいところだが。)


山へ入ると一気に空間が広がる

世の中の煩わしさから

解放されて

自由の喜びに浸れる



-サイモン?


彼が”助けを呼ぶ”と言えば

僕も笑っただろう

…ムリだからだ


-ジョー



登山家は

常に冷静でなければならない

わめき散らすのは

登山家として失格だ


-ジョー


神などいないのだ

人は死んだらそれきりだ

あの世はない


-ジョー


たとえ間違っていても

決断せねばならない

イチかバチかだ


-ジョー



生き抜くために

進んだんじゃない

死ぬ時に

誰かにいてほしかった


-ジョー


”あの状況なら僕も切った”と

それが僕への

最初の言葉だった


-サイモン


[DVD] 運命を分けたザイル


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:最近みた映画
 

映画「180°SOUTH/ワンエイティ・サウス」の感想(ネタバレ)

2011.12.06 Tuesday ドキュメンタリー映画レビュー

■映画「180°SOUTH/ワンエイティ・サウス」の感想(ネタバレ)





■監督:クリス・マロイ
■出演者:イヴォン・シュイナード ダグ・トンプキンス ジェフ・ジョンソン キース・マロイ マコヘ ティミー・オニール

WOWOWで放送していた映画「180°SOUTH/ワンエイティ・サウス」を鑑賞。

【映画「180°SOUTH/ワンエイティ・サウス」のあらすじ】

1968年、登山道具などを作っていたイヴォンは、友人ダグから南米パタゴニアへの登山旅行に誘われる。16ミリカメラを抱えて未開の地だったパタゴニアを目指す彼らの旅は、後に伝説となった。およそ40年後、彼らの記録映像に衝撃を受けた青年ジェフは、追体験の旅を試みる。メキシコからパタゴニア行きの船に乗り込んだジェフだったが、途中マストが折れるトラブルに見舞われ、船が長期航行不能に陥ってしまい……。

※WOWOWから引用

【映画「180°SOUTH/ワンエイティ・サウス」の感想(ネタバレ)】


アウトドアの有名ブランド、パタゴニア(イヴォン)ザ・ノース・フェイス(ダグ)の二人の創業者が過去に旅した道筋を、現代の若者が追体験するというドキュメンタリー映画。

いわゆる”旅モノ”のドキュメンタリー作品だが、WOWOWでやたら番組紹介していたので、気になり録画してみた。

ある若者の約一年間の旅路を追ったものだが、開始早々乗り込んだ船のマストが折れるトラブルに遭ってしまったり幸先が悪い。

たまたま船から降り立ったのがモアイ像があるイースター島で大好きなサーフィンを楽しむが、イースター島では海岸に作られた工場が環境問題を悪化させていることを現地住民から聞かされる。

その後、船が修理され、旅の開始から約半年後に念願の山登りに着手するが、頂上から60M手前で上るのは危険と判断、無念の下山となる。

その後、イヴォンとタグを引き連れ彼らがまだ登ったことがないという別の山を登ることにチェンジして、無事頂上を制覇する。

物語的には、追体験する山を目指して登って降りるというシンプルなモノだが、その目標を達成するまでに現地の人との交流や海や山など自然との触れ合うことで、環境問題など多くの問題を知ることになる。


評価 ★★★☆☆ (星3.5)

(この映画は、目的は山登りだが、都市化による電力供給のためのダム建設など山(自然)と向き合うから、今まで軽視していた地域が抱える都市化による環境問題の深刻さを身近に感じられるようになる。”自然を破壊してまで便利になるのことは本当に良いのか?”などかなり考えさせられる。ちなみに、旅に関する格言名言もかなり多く、この作品自体が、名言のような作品だ。また、モアイ像を作ることを競い始めたイースター島の部族が森林伐採を繰り返し、のちに資源がなくなり争いにより部族が絶滅した歴史など、イースター島の歴史はなかなか興味深い。かなりゆるいペースの映画なので、眠いときに見るのはおすすめできない。)


想定外のことが起きたときこそ

冒険の始まりなのだ


人間は歴史から教訓を学べない

その事実が最も大切な教訓である


冒険で得る

経験こそが重要だ

-ジェフほか


ワンエイティ・サウス 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:最近みた映画
 
WOWOWのおすすめ番組!    

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品