映画「変態島」の感想(ネタバレ)

2010.07.26 Monday 映画レビュー

■映画「変態島」の感想(ネタバレ)



監督 ファブリス・ドゥ・ヴェルツ
出演 エマニュエル・ベアール/ルーファス・シーウェル/ジュリー・ドレフュス/ヨセ・デパウ

”変態島”という強烈な邦題タイトルに釣られてWOWOWで録画してしまった作品。

この変態島は、前作で話題になったベルギーの映画「変態村」(※こちらも変態がつく)の続編らしい。ちなみに「変態村」も同時にWOWOWで放送し録画済みなので、こちらも視聴次第「変態村」の感想も書こうと思います。

初回から”変態、変態”と書きまくってしまったが、この映画「変態島」の感想は、変態というタイトルがつく割には、意外と想像を超えず普通だったと思います。

個人的な”変態”行為の予想では、ホラー映画+変態ということもあり、人喰い族的な島を想像していたが、顔を白塗りしたような原住民の子供がたくさん出てきて異様ではあるが、それほど変態という感じるシーンは薄い。むしろ何が起こるのかわからない不気味さが際立つ。

しいて変態という言葉が当てはまるのは、エンドロール前のラストに、トムクルーズ主演の「ミッションイッポシブル」にも出演していた、主演のエマニュエルベアールが、全裸?で原住民の大勢の子供に取り囲まれて、全身を触られまくるというのが、一番の”変態”という言葉に当たると思います。

この部分が”変態島”の変態オチといえそうです。

息子が津波で行方不明になったが、ある映像に息子らしき姿を見て、現地に向かったが、結局何も見つからず、息子と同じ年代の原住民の少年らに痴漢のごとく体を触られまくるという、一体この女性(夫婦)は何しに島にいったんだと思うような映画ですね。

そして、なぜか現地を案内するガイドが日本の佐野元春に激似でビックリ。白髪の感じとか。


評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(ホラー映画としては、閉ざされた島で何がおこるかわからない緊張感が常にあって良かったが、原住民の少年らに取り囲まれると、意外と反撃することもなく、あっさり刺されて死んでしまう夫が残念。ハリウッド的な原住民に戦いを挑むアクションも少し欲しかった。)


変態島


JUGEMテーマ:Horror

映画「ニュームーン トワイライトサーガ」の感想(ネタバレ)

2010.07.26 Monday 映画レビュー

■映画「ニュームーン トワイライトサーガ」の感想(ネタバレ)



■監督:クリス・ワイツ 
■出演者:クリステン・スチュワート ロバート・パティンソン テイラー・ロートナー アシュリー・グリーン レイチェル・レフィブレ

ステファニーメイヤーの原作「トワイライト」を映画化し興行収入が2億ドル近い大ヒットになった「トワイライト 初恋」の続編に当たる「ニュームーン トワイライトサーガ」が早くもWOWOWで初放送していたので早速録画してみました。

トワイライト(上)

トワイライト(上)

価格:735円(税込、送料別)



前作は、女子高生のベラが、クラスメートのエドワードがヴァンパイヤだと知りつつも、一途に恋に突き進み、ベラの血を狙う他のヴァンパイアとの死闘などもあり、かなり見ごたえがあったように記憶していますが、この「ニュームーン トワイライトサーガ」はハッピーエンドを迎えたベラとエドワードのその後を描いている。

始まってまもなく、エドワードが普通の生活をして欲しいとベラの元から消えてしまい、しばらくエドワードは出てこなくなる。ただただ失恋に沈み、抜け殻のようになってしまったベラに、序盤からストーリーは急に重くなる。

いきなりの重い展開にかなり肩透かしを食らって、気持ちが入り込めずにいたが、近くに住む先住民の少年ジェイコブの登場によって再び話が面白くなる。このジェイコブは狼に変身できる。※ファイヤーエンブレムで言うところのラグズ(半獣)ですね。

エドワードとの失恋の気持ちを埋めるようにジェイコブとの時間を作るベラだが、エドワードを忘れられずにジェイコブとの間で気持ちが揺れ動く。

ベラに好意を寄せるジェイコブだが、あと一歩のところでベラは振り向かず、エドワードの影が邪魔をする。結局ジェイコブは、エドワードがいない間何度もベラを助けるが、気持ちの部分ではベラに何度も振られ、その都度心に傷を負う。

ここのベラ、エドワード(影)、ジェイコブの三角関係は面白く、ベラのジェイコブに対する優柔不断な態度(行動)は、主人公なのに共感できず腹が立ってしまうほど。ジェイコブの役回りは可哀想です。そんな共感できない三角関係があるが、なぜかハラハラしながら最後まで見てしまう映画。

この映画の魅力は純愛(人間ドラマ(ヴァンパイヤだけど))に重きを置いていて、アクション部分は、その中のひとつの要素に過ぎないので、予告編にあるようなアンダワールドやヴァンヘルシングなどヴァンパイヤアクションが観たいと思って、観るととかなり損をする。

っということでヴァンパイヤや半獣が出てくるが、カテゴリはヴァンパイヤ映画ではなく、恋愛映画として見るのがおすすめ。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(よくわからない魅力がある映画。今までのヴァンパイア映画とは一味も二味も違う。ヴァンパイア界の掟(伏線)などもあり、今後の次回作(続編)も楽しみです。この映画には、ゲスト?として「宇宙戦争」や「アイアムサム」でお馴染みの子役のダコタファニングが最後に特殊能力を持つヴァンパイヤとして出演している。知らないうちに子役と言われたダコタファニングも実年齢は16歳になっており、もう子役ではないが、きれいに育っている)


ニュームーン/トワイライト・サーガ プレミアムBOX


JUGEMテーマ:トワイライト ステファニー・メイヤー

ドイツ映画「ノッキンオンヘブンズドア」の感想(ネタバレ)

2010.07.19 Monday 映画レビュー

■ドイツ映画「ノッキンオンヘブンズドア」の感想(ネタバレ)



■監督:トーマス・ヤーン 
■出演者:ティル・シュバイガー ヤン・ヨーゼフ・リーファース ティエリー・ファン・ヴェルフェーケ 

昨年(2009年)、TOKIOの長瀬智也、福田麻由子出演でリメイクされた映画「ヘブンズドア」のもとになったドイツ映画「ノッキンオンヘブンズドア」がWOWOWで放送していたので録画してみました。

がんや骨肉種で余命あと少しの男二人が一度も見たことがない海を目指して、入院していた病院から抜け出して海を目指すというロードムービー。本国のドイツでは350万人を動員した大ヒット作らしい。

ラストの海にたどり着いたシーンは、ようやくといった感じで感動的ではあるが、なぜかあまり泣けなかった。

銀行強盗した金や盗んだ車に積んであったマフィアの大金で、母親が欲しがっていた車(キャデラック?)をプレゼントしたり、いろんな人に盗んだ金を配ったり、男なら一度はやってみたい数人の娼婦と寝たり…と、死ぬ前にやっておきたいことを挙げてすべてやっていく。

内容的には、悪くない作品だと思いますが、微妙にコメディタッチ(笑いを取ろうとする部分がある)だからなのか、死へのリアリティに欠ける感じがしてしまう。100万ドルという大金を二人の男に使われたマフィアのボスも、最後に「死ぬ前に海に行きたい」と二人から聞くと意外とあっさり解放してくれる。

ボスの行動は、とても粋ではあるが、なんとなくラストが読めてしまって残念。ボスのここでの選択は大事です。もうひと波乱あっても良いかな。

個人的には最後は海にギリギリでたどり着けないオチだった方が、好きですね。


評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

ヤフーレビューで4.5点以上の高評価の作品ですが、自分にはなぜかあまり嵌らなかった。個人的にこの映画の一番の良さは、音楽にあると思います。挿入曲のセンスが良い)

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア

JUGEMテーマ:ヨーロッパの映画監督

映画「ゲットスマート」の感想(ネタバレ)

2010.07.10 Saturday 映画レビュー

■映画「ゲットスマート」の感想(ネタバレ)



■監督:ピーター・シーガル 
■出演者:スティーブ・カレル アン・ハサウェイ ネイト・トレンス マシ・オカ アラン・アーキン ザ・ロック(ドゥエイン ジョンソン)

「40歳の童貞男」「エバンオールマイティ」のスティーブカレルと「プラダを着た悪魔」「パッセンジャ−ズ」のアンハサフェイが共演し、アメリカで興行収入1億ドル以上の大ヒットとなったスパイアクションコメディ「ゲットスマート」がWOWOWで再放送していたので録画してみました。

始めの10分位で、アメリカのいかにもなコメディの雰囲気について行けず、かなり挫折気味で見始めたが、ラストにいくほどカーアクションなどスパイ的な盛り上がりを見せ、見終わったらそれなりに楽しめた。

アンハサウェイの髪の毛がスティーブカレルの顔に半分以上被っているというベタなDVDのジャケット画像からもわかるとおり、この映画は、デブネタ、ゲイネタを始め見た目にもわかりやすいギャグが連発しています。

このギャグは完全に笑いの好みがわかれるところですが、スティーブカレルとアンハサウェイの凸凹コンビは意外と良いように思います。中盤あたりで、悲しい曲をバックにアンハサウェイがスティーブカレルとのこれまでの思い出を思い返すシーンがありますが、ここは個人的に一番好きですね。

スティーブカレルが全然格好良くないし、よく見れば単なるおっさんのイメージビデオですからね。そして、悲しさに全然共感できない(笑

この映画は、個人的にアンハサウェイが見たくて、最後まで見たというのが正解ですが、そのアンハサウェイの見どころがファッションですね。「プラダを着た悪魔」ではないですが、DVDのジャケット画像で着ている白いコートを始め、黒のドレス、スパンコール?のドレスなど衣装の着こなしが、毎回ファッションショーのように様になる。

この人の何を着ても様になるファッションセンスは凄い。


評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(ある部分でギャグがマイナス採点になりますが(※俺たちチアリーダーに比べれば全然良い)、アンハサウェイのファッション(セクシーさ)で平均点以上を獲得といったところです。あと、最近気になったのが、この映画にも出ている、ザ・ロックが知らないうちに、名称表記をドゥエイン・ジョンソンという本名?に戻していた。本名を知らなかった自分は、ずっとドゥエイン・ジョンソンのことをザ・ロックに似ている新人が出てきたとずっと勘違いしていた。えらい恥ずかしい。)


ゲット スマート 特別版

JUGEMテーマ:コメディ映画全般

映画「グロリア」の感想(ネタバレ)

2010.07.06 Tuesday 映画レビュー

■映画「グロリア」の感想(ネタバレ)



■監督:シドニー・ルメット 
■出演者:シャロン・ストーン ジェレミー・ノーザム ジョージ・C・スコット

1980年?に公開された同名タイトル(グロリア)をシドニールメット監督がシャローンストーン主演に迎えてリメイクした映画「グロリア」がWOWOWで放送していたので録画してみました。

グロリア

グロリア

価格:1,578円(税込、送料別)



この映画「グロリア」のあらすじは、警察とマフィアの汚職の証拠が入ったフロッピーディスクが原因でマフィアに家族を殺されてしまった少年と刑務所帰りのマフィアのボスの女(シャロンストーン)の逃避行を描く。

原版は見たことがないが、ひょんなことから少年を助けたことでマフィアから逃げるはめになった女(グロリア)という部分では、巻き込まれた人間の追うものと追われるものという一定の緊張感があり、興味を惹かれる内容だが、実際に見てみると、女と少年にとってのフロッピーディスクの役割、重要性がイマイチのような気がする。

マフィアにとっては、人を殺してまでフロッピーは欲しいものだが、少年や女にとっては、それを使って悪事を暴くというところまでは、特に考えていない。むしろ、少年の命の保証の切り札。

少年の父親は、フロッピーを使い、何かを暴こうとしていたが、その息子の少年は、それほどその任務を受け継いでいるわけではない。

そのためかフロッピーについては、捕らえられてしまった少年と引き換えに使って、データを使って悪事を暴くことなく終わってしまった。

ラストは、孤独な少年を学校(施設)に預けるか、自分で引き取るか女は悩んだ挙句、自分で育てることを誓うという、少年と女の交流があり、ラストは感動的な話になっている。

逃亡者的なサスペンス映画としてみると、カーアクションこそ途中にあるが、女(グロリア)にとっては追ってのマフィアは元々知り合いということもあってか、殺されるという緊張感は意外と少ないように思う。

派手な銃撃戦があるわけでもなく、エンターテーメントなアクションはあまりない。

むしろ少年と女の交流に追加でサスペンス+アクションという方が収まりが良い。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(さすがにこの頃のシャロンストーンは、まだまだ美人で見れる。(といっても99年作品なので年齢的には41歳だが)黒いミニスカートから出る、引き締まった脚がセクシー。ストーリーは、どうであれ、シャロンストーンファンなら、見ておいて損はない。脱がないけどね。男は脱ぐけど。)

グロリア


JUGEMテーマ:最近みた映画
 

映画「ブラックウォーター」の感想(ネタバレ)

2010.07.04 Sunday 映画レビュー

■映画「ブラックウォーター」の感想(ネタバレ)



■監督:アンドリュー・トラウキ デヴィッド・ネルリッヒ 
■出演者:ダイアナ・グレン メイヴ・ダーモディ アンディー・ロドレーダ 

バカンスでリバーフィッシングを楽しむ男女に人喰いクロコダイルが襲うというオーストラリアで実際に起きた実話をもとに作られたモンスターパニック映画「ブラックウォーター」がWOWOWで再放送していたので見てみました。

この映画は、○○ウォーターという付けられたタイトルからも、数年前に公開され、人食いサメに襲われる男女の実話を映画化した話題作「オープンウォーター」と同じシリーズと思われます。※直接の関係はなさそうですが、実話を映画化したモンスタパニックという部分で共通点があります。

オープン・ウォーター

オープン・ウォーター

価格:2,363円(税込、送料別)


この前作?「オープンウォーター」を見ている方なら、お分かりのとおり、この映画の結末は、生存率ゼロというかなり残念なエンディングになっています。パニック映画といえど基本にハッピーエンドがあるハリウッド作品とは違って、こちらは、見た後に、ただただ”しこり”だけが残る嫌なホラー作品といえます。

さて、今回の「ブラックウォーター」ですが、こちらも前作?を意識するものになっており、最初の助かる希望のある感じとは裏腹に、話が進むにつれ、一人またひとりとクロコダイルの餌食になっていきます。

しかし、さすがにクロコダイルが濁った水中をウロウロしていると思うだけで、常に緊張感があり、ボートが転覆→近くの木に登る→木の上からボートに繋がれたロープを発見する→水中のロープをどうにか手繰り寄せる→ロープを引っ張ってみる→結局ワニがいる水中に戻りボートを起こす。

これらのひとつの希望に向かって助かるために少しずつ行動を起こしていくだけなのに、ワニが水中に隠れていると思うとだけで単純にドキドキ感はすごい。

へたな幽霊物、殺戮物(ジェイソン系)のホラー映画よりもこの映画の緊張感はある。

なんとなく対人間なら謝れば(お願いすれば)なんとかなりそうな気がしないでもないが、相手は食うか喰われるかの生きることを目的にしている自然の動物(ワニ)なだけに、そんな甘い考えは通用しない。人間にとってコミュニケーションが取れない相手(動物)への恐怖がありますね。

この映画は、水中から顔だけ出して好機を覗うクロコダイルのギラギラした目が印象的です。

★★★☆☆ (評価 星3つ)

(常に緊張感があり、木に登っていても、動物園で釣りえさでワニに肉を与えるように、水中からワニが1〜2メートル位ジャンピングして飛んできて、木にいても全然安全じゃない。動物園の日常のシーンを逆に恐怖として描かれていたりと、なかなかのアイデアがある。ただ、ワニに腹を喰われたはずなのに、意外と軽症で済んだりとよくわからない部分もある。先に喰われたガイド(人間)の腕をもぎ取って、わざとワニのえさとして引きつける道具として使うシーンは、なぜかシュールで笑ってしまう。)


ブラック・ウォーター


JUGEMテーマ:Horror

映画「俺たちチアリーダー」の感想(ネタバレ)

2010.06.30 Wednesday 映画レビュー

■映画「俺たちチアリーダー」の感想(ネタバレ)



■監督:ウィル・グラック 
■出演者:ニコラス・ダゴスト エリック・クリスチャン・オルセン サラ・ローマー モリー・シムズ 

ウィル・フェレル、ジョン・ヘダー出演の下ネタ満載のコメディ映画「俺たちフィギュアスケーター」の続編?のチアリーダー版とも取れる映画「俺たちチアリーダー!」がWOWOWで放送していたので試しに見てみました。

「俺たちフィギュアスケーター」では、男女コンビで行うフィギュアスケートをひょんなことからライバル関係にあった選手が男同士でダブルスを演じることになり、協力してメダル獲得に奮起する。

普通は男女で行うフィギュアスケートのダブルスを男同士のコンビで行った時のゲイネタ満載の笑いが気持ち悪く、それが意外と面白かった前作だが、今回の「俺たちチアリーダー」は、その辺の動きの下品さは前作に比べると少なめ。主役が、元々コメディアンのウィルフェレルではないところも大きいでしょう。

アメフトの合宿に出たくないから、女がうじゃうじゃいるチアリーダーの合宿に出るという女遊びが好きな兄弟の単純明快な行動から物語はスタートするが、コメディ部分は、アメリカのいわゆるコメディ(汚い言葉(FU×K)、ゲイネタ等)があるだけで、個人的にこれと言って、新しさやお笑い的な面白さはない。

最後は、毎年ビリだったチアリーディングチームのタイガースが兄弟を加えて、意外と真面目に演技をして、それなりのウルトラCの演技を見せる。

物語の中盤では、キルスティンダンスト主演のチアリーディング映画のヒット作「チアーズ」も使ったジョークもあり、なんとなく意識しているのか?というところも覗える。



★★☆☆☆ (評価 星 2つ)

(この映画は、「ディスタービア」や「HACHI 約束の犬」に出演していたサラローマーがヒロインとして出演しているのが、唯一の見どころでしょう。(※星2つ)なぜこんな微妙な映画に出ているのか、気になります。この人は金髪+ケイトハドソンと同系の顔立ちで、角度によっては一瞬見間違えますね。)


俺たちチアリーダー!


JUGEMテーマ:最近みた映画
 

映画「パッセンジャーズ」の感想(ネタバレ)

2010.06.24 Thursday 映画レビュー

■映画「パッセンジャーズ」の感想(ネタバレ)



■監督:ロドリゴ・ガルシア 
■出演者:アン・ハサウェイ パトリック・ウィルソン デヴィッド・モース ダイアン・ウィースト クレア・デュヴァル アンドレ・ブラウアー

「プラダを着た悪魔」でお馴染みのアンハサフェイ主演のサスペンス映画「パッセンジャーズ」を見てみました。※この映画は大オチがあり、ネタバレ満載のため未視聴の方はご注意ください。

この映画「パッセンジャーズ」のあらすじは、ある飛行機事故で生還した5人の被害者のカウンセリングを担当することになったセラピストの女(アンハサフェイ)が、被害者の話を聞いていくうちに、事故に対する航空会社の説明とは異なる点を発見する。

また、彼女のカウンセリングを受けた被害者は、いつからか謎の失踪を遂げていく…。

飛行機事故のミスを被害者に隠した航空会社の陰謀なのか?という、サスペンス映画かと思いきや、ラストは、なんとシックスセンス、アザーズ的な、主人公だけが、事実を知らされずにジタバタしていたというオチだった。

まさか、この映画からそんな急カーブするようなオチが用意されているとは知らず、自分は適当に映画を流しながら見ていたため、ラストを見終わってもなんとなくの”大オチ”は理解できたが、細部の部分で結構な”?”が残った。

この映画を、理解するには始めから逃さずしっかりとシーンを注意して見る必要があります。たぶん、真面目に見ていたとしても一度では、すべてを理解しにくいところがある。

この映画「パッセンジャー」の大きなオチは、飛行機事故の被害者5人のカウンセリングを担当していた主人公の女(アンハサウェイ)も、どういうわけか事故に合った機体に乗っていたという衝撃的なラストが最後に語られる。

そして、飛行機事故の被害者5人が徐々に失踪していたというのは、実は”死”への旅立ちだった。

この部分までは、なんとか適当に見た自分のなかでも理解することが出来たが、なぜ5人だけという部分で、実は主人公を含めた6人だけが生存していたのではなく、すでに死んでいたということになるのか…。この辺は、よく思い出せないのでまた改めて見直さなければならない。


★★★☆☆ (評価 星3つ)

(この映画のポイントとしては、”死”についての旅立ちと別れという人間ドラマがこの映画にはあるが、サスペンス色が強く、謎を残しながらストーリーが語られているため、大どんでん返しで、そこに落ち着いても、正直あまりピンとこなかった。一番は、こんな大オチが隠されているのを知らずに、自分が結構適当に見てしまったのが一番悔やまれるところです。ストーリーとは関係ないところですが、この映画のアンハサウェイは良いですね。)

パッセンジャーズ



JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

ヴィンディーゼル主演の映画「バビロンA.D 特別編」の感想(ネタバレ)

2010.06.10 Thursday 映画レビュー

■ヴィンディーゼル主演の映画「バビロンA.D 」の感想(ネタバレ)



■監督:マチュー・カソヴィッツ 
■出演者:ヴィン・ディーゼル ミシェル・ヨー メラニー・ティエリー ランベール・ウィルソン ジェラール・ドパルデュー

トリプルX、ワイルドスピードのアクション映画でお馴染みのヴィンディーゼル主演の映画「バビロンAD」がWOWOWで初放送していたので、早速録画して観ました。

映画番宣用の予告編を見る限りいつものヴィンディーゼルの派手なアクション映画のひとつかなという感じがしていましたが、実際は、近未来を舞台にした宗教、政治、科学、愛とかが織り交ざった結構深い?内容の映画だった。

ストーリーは、軍に所属していたヴィンディーゼルがある女性(メラニーティエリ)をある場所まで運ぶという依頼を嫌々ながら請け負うところから始まる。

運び屋というところでなんとなくジェイスン・ステイサム主演の映画「トランスポーター」を髣髴しており、輸送中に女性を奪おうとする輩が現れるたび、そいつらから女性を守るというお決まりのストーリーが展開される。そして裏切りとかも。

なぜ女性が追われるのかという部分で、この女性は、人工知能とかを研究する科学者の父親が実験によって作り上げたもので、19ヶ国語を話せ、30年前?に作られた潜水艦の操作も出来てしまうという、コンピューターのように知識を吸収してしまう特殊能力を持つ、奇跡の人間だった。

しかし、この女性(娘)の能力を政治、宗教に利用しようとする、ある宗教団体の代表に属する実?の母親が狙っており、それを阻止しようとする父親の組織と母親の組織が衝突していた。

このようなストーリーがある中で、ラストは、ヴィンディーゼルがお決まりのアクションで悪の組織をぶっ倒してエンディングを迎えるかと思えば、ヴィンディーゼルが、女性を守ることを心の中で誓い、汚い言葉を吐いて終わるという、ラストへの含みを持たせた終わり方だった。

近未来が舞台というところで、クライブオーウェンの映画「トゥモロー・ワールド」的なリアルな感じを目指していたのか、定かではないが、主役にヴィンディーゼルを迎えたのに、アクションでごり押しすることもなく、ドラマ性を意識しずぎてしまったところに、映画がどっち付かずになってしまっているような気がする。

映画配給会社にヴィンディーゼルを使うならアクションをもっと増やせと言われて、アクション部分が増えたのかどうかはわからないが、ヴィンディーゼル、ミシェル・ヨーとアクションが出来る俳優を取り揃えて置きながら、なんとももったいない感じのする映画。

ドラマ性で押すなら変に派手なアクションはないほうが良いし、そうなると主役はヴィンディーゼルじゃないほうが良いし…と、観た後にいろいろ考えてしまう。


評価 ★☆☆☆☆ 星ひとつ

(コメント せっかくのヴィンディーゼルを活かしきれていないラスト)


バビロンA.D.<特別編>



JUGEMテーマ:最近みた映画
 

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links