映画「拳陣 FATAL CONTACT」の感想(ネタバレ)

2016.07.03 Sunday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「拳陣 FATAL CONTACT」の感想(ネタバレ)



■監督:デニス・ロー
■出演者:ウー・ジン ミキ・ヨン ロナルド・チェン チョン・シウファイ テレサ・フー ケネス・ロー

WOWOWで放送していた映画「拳陣 FATAL CONTACT」を鑑賞。

【映画「拳陣 FATAL CONTACT」のあらすじ】

京劇団員のゴウゴンは、公演のため大陸から香港を訪れていた。そんなある夜、カンフーの全国大会チャンピオンでもあるゴウゴンの腕に目を付けたギャングたちが、彼を高額のファイトマネーで闇ボクシングに誘う。最初は断わるゴウゴンだが、同じように大陸出でお金に苦労している同僚の女性ティンにうながされ、一転出場を決める。次々と強敵を撃破するゴウゴンは、ティンの笑顔を見たいがために戦い続けるのだが……。

WOWOWから引用

【映画「拳陣 FATAL CONTACT」の感想(ネタバレ)】

カンフースター、ウー・ジンが主演するノンストップアクション。

主演が第2のジェット・リーという番組情報を読んで気になったので見てみた。

ただ、内容は、感情移入度、ほぼゼロと言っても言い過ぎでないと思う、今年自分が見たなか(2016年度)では、ワースト1の仕上がりだろう。

大抵は、悪い映画(自分が好きでない映画)でも、最後まで見れば、そういうことかと納得する部分や、あそこはダメだけど、あそこは良かったと思う部分もあるのだが、この映画に関しては、まーアクションは、香港カンフー映画なので、一応のレベルは確保しているのだが、それ以外のストーリーというか脚本が、ほんと目も当てられないくらいひどい内容。

っというか、最後まで見てるのに、こりゃやっぱりダメだと結論も出てしまうダメさ加減。

この内容で現地の中国人が見て、この映画良かったと仮に思ってるなら、自分にはもう中国人の感覚は一生理解できないだろう(笑)

ストーリーには、大きく分けると、王道(定番)と変化球があるが、大抵の作品は、その基本的なとこは抑えていて、定番展開のこの部分をいじって変化球にしようとか、味をつける目的や意図があって、その意図が最後には理解できるのだが、この作品は、なんでこの内容でそこいじったの?と思いたくなることをやっている。

その場所をもう先に言ってしまうが、ヒロイン(ティン)が実は、悪い奴だったというオチだ。この映画を見てもらえばわかるが、そのどんでん返しみたいな、オチは、全くいらないのだ(笑)

そして、もしそのオチを使うなら、主人公がもう少し頭が良くなくては、物語として成立しないだろう。この男の主人公があまりにも純粋というか、もう純粋を飛び越えて、ただのバカみたいなレベルなのだ。

なぜなら、彼女の異変に気付く瞬間(悪いヤツ感)は、最低2回は、あったと記憶している。もし、愛に目がくらんでいて、気付かなかった(そこに乗ってあげていた)というのなら、もうそれは勝手にしてくれというしかない。

ちなみに感情移入という目線でストーリーを見ていくと、真っ先に気付くのが、ヒロインの役割だ。

この作品の中で出てくるヒロインは、彼氏(男友達)を法律に反する闇ボクシングに誘うという行為を平気で行ってしまい、全くヒロイン要素がないのだ。ヒロイン要素がない=好感度が無い。感情移入できないとなる。

例えば、あだち充のタッチで言えば、ヒロインの浅倉南が、達也を野球賭博に誘うようなもので、もし仮に誘うようなことがあれば、もう南は王道ヒロインではないということになる。ここで変化球を使ってるわけなら、他でその部分を調整してしっかり回収する必要がある。

では主人公のカンフー男はどうかと見ていくと、実は多額の借金を抱えている、家族のためにお金が必要とか、かなり差し迫った状況で、闇ボクシングもやむなしという状況であれば、こっちに仕方なく流れてしまうのも、変化と言う部分でしょうがないということになるが、この作品では、それほど主人公に差し迫った様子は見られない。

お金がない動機は少しあるけど、何かよくわからないけど、女の子に誘われたので付いていっちゃうみたいな軽いノリで闇ボクシングを始めちゃうのだ。この部分に関しては、今度は、この主人公に対して、ヒーロー要素(正義感)がないのだ。

例えば、ヒロインがギャングに捕まって、助けるために闇ボクシングをしなければならないとかならまだわかる。でも、そういうわけではない、気になる子から誘われたので、やってみようかなの感じなのだ。自分がほぼないのだ。

その発想でいくと、じゃあ、最初はなんで1回断ったんだよ。というところにも繋がってくる。動機が成立しない。法律違反をするかしないかは、この主人公にとっては、その時の気分かよ。みたいな説明になってくる。

主人公とヒロインは、二人ともそんな状態で法令違反の闇ボクシングをやってるので、全く感情移入はできないのだ、そして、そこに目的感もないのだ。お金を貯めて何かするとか…なんたら。

ちなみに、主人公が純粋なヤツだということで、話を進めれば、その後、対戦相手が凶器を使ってきて、もうボクシングの度を越えて、主人公の顔や体が血だらけや深いキズを負ってしまうことになるのだが、その時にも彼女は心配はするけど、もうこの辺でやめましょうよとは、一言も言わないのだ。上記の悪いヤツ設定が乗っかっているので、しょうがないんだけど。

それならそうで、今度は、主人公がそろそろその辺りに気付いてもいいはずだが(この女の子人としてどうだろうか?と疑うべきだ)、しかし、そこに特に気付く様子は無い。

むしろ、傷を負ったことで心配してもらったり、キスしてもらったことで、浮かれて、彼女への好意をさらに募らせていくばかりだ。

ただ、もうこうなると、この主人公は、バカなんだとしか思うしかない(笑)

いや、よく考える必要もなく、ケガの程度が、もう全然割に合わないところまで来てる。首や腹を釘で刺されて、皮膚が剥がれるような傷の具合なのに。病院にも行く様子もない。

本来ならここで、正義感や常識を持ち合わせていけば、特に続ける理由がなければストーリーは、軌道修正や変化を向かえるのだが、この作品は、全く問題なく突き進んでいく。

主人公は、全然へこたれないのだ。

だって、バカだから(笑)

で、さらにこのまま試合を続けていくと、ギャングの方で問題が起きたのか、主人公のカンフー男に今度は、試合で負けてくれという依頼がくる。金は積むから。

しかし、主人公は、負けるなら出ないときっぱり断るのだ。

お、初めてまともなこと言ったなと思うのだが、ギャングは、彼女を人質に取り、主人公に試合に出て負けるよう強要するのだ。なんてひどいヤツらなんだ。

このとき、人質になってる彼女と電話が繋がったときに彼女は、男にこう告げる。

「私のことは、いいから、絶対に試合に出ないで!」

こういうならわかるが、実際は、

「私は無事よ、負けるだけで良いの」

こう返してくるのだ。

何かおかしい?普通に常識的に考えて気付くわけだ。このヒロイン、ただのクソ女じゃねえかと(笑)

そもそも、闇ボクシングで負ける=ただでは済まないのは、誰でも予想がつくわけで、それを負けるだけでいいと単純に考えて言えてしまう、このヒロインの想像力の無さなのか、性格のクズさなのかはわからないが、ホントにどうしようもないわけだ。

結局、男は試合に出て(通常運転で)、勝てる試合なのに自ら足を負傷(折って)して、相手にボコボコにやられて負けてしまう。

結果、予想通り、主人公は、入院生活突入です。

まー最悪ここまでは良しとしましょう。

この先を見て見ましょう。

ヒロインは、そのまま逃げるわけでもなく、男のもとに留まって入院の世話をするが、その彼女の気持ちの中では、自分のせいで彼はこうなったという罪悪感とさらにそれでも愛情を変わらず傾けてくる男(主人公)の純粋さに対して、急に深く悩み始める。

そして、自分の中でひとつの答えがでたのか、急に、飛び降り自殺。

お亡くなりになります。

もうなんでだよ、もうめんどくせえな、というしかない急展開(笑)

ここまで勝手なことされると、いいかげん腹立ってくるよね。自分から闇ボクシングに誘っておいて、さらに裏切って、彼に必要以上のケガもさせてしまい、最終的に、その罪悪感を感じて勝手に自殺。

もうクズとしかいいようがないこのヒロイン設定。感情移入もへったくれもない。

そして、その後の主人公は、どうしたかというと、彼女が自殺した原因は、闇ボクシングの仕切っていたギャングたちに何かされたんじゃないかと疑い、彼らを持ち前のカンフーを使い襲撃、と言うか、何人か普通に殺しちゃってる。

最終的にギャングの男を問い詰めると、彼女がギャング側の人間だと聞かされ、感情を抑えられず、警察の制止に逆らって、銃で撃たれて死んでしまう。結果、ヒロイン、主人公ともに死亡。

〜THE END〜

もうわけがわからないんです。この映画。

 

教訓は一体なんだ。

闇ボクシングはするなでしょうか。

それは言われなくても最初からわかってる。

変な女についていくな、それもわかってる。

ってことで、教訓はないです。

この映画を見るな位でしょうか。それはある。



評価 ☆☆☆☆☆ (星0)

(まとめ:カンフーが好きでなければ、ほとんど時間の無駄でしかないカンフー映画。これだけ言うと逆に見たくなってしまう人がいるかもしれないが、絶対に見ないほうがいいです。ただ、あ、そうかってなるだけです。時間は貴重なので、もっとマシな映画をみましょう。これは要注意作品ですね。あと、監督・脚本のデニスロー。要注意人物です。この脚本は、書こうと思ってもなかなか書けない(笑) そして、それだけならいいが、ラストシーンは、亡くなってしまった主人公たちに捧げるみたいな、ドヤ顔演出で終わっている。全然間違いに気付いていない。怖すぎる(笑) ちなみにもし仮に若者の目的感のない行動というモノを表現したかったのであれば、もっと丁寧に彼らの気持ちの変化を描写する必要がある。この内容では、全くそこを表現するところに到達できていない。)



こんなに優しい人は初めてだ

-?


権力のない者が

下手に能力を見せると

権力者に利用されるだけだ

権力さえ表に出さなければ

利用されない


-?


トラは皮のせいで殺される

ヤギは角のせいで殺される


-?


私は無事よ、負けるだけで良いの

-?



>>拳陣 FATAL CONTACT(DVD)



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:アクション映画全般

 

映画「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」の感想(ネタバレ)

2015.04.14 Tuesday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」の感想(ネタバレ)



■監督:ロニー・ユー
■出演者:アダム・チェン イーキン・チェン ユー・ボー ヴィック・チョウ リー・チェン

WOWOWで放送していた映画「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」を鑑賞。

【映画「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」のあらすじ】

中国・宋王朝の時代。敵国の遼が北から侵攻してきたのを受けて、時の皇帝は信頼厚き忠臣の楊将軍を先陣の指揮官に指名。かくして楊将軍は、かつて彼が打ち破った遼の将軍の息子・耶律原と一戦交えることになるが、味方の指揮官の卑劣な裏切りのせいで多くの兵を失い、自らも毒矢を受けて窮地に立たされることに。それを知った楊将軍の息子の7人兄弟は、父を救出すべく決死の覚悟で戦場に赴くが、ひとりまたひとりと力尽きていく。

WOWOWから引用

【映画「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」の感想(ネタバレ)】 


中国では「三国志」にも並ぶ歴史小説として人気という物語をアジアスター共演で映画化した作品。

最近録画していた中で気になったので選んでみた。

日本ではあまり馴染みのない話なので、ほとんど知ってる人物は出てこず、人物名だけを追うと”楊なんちゃら”の多さに、整理するだけでも大変。

ただ、ストーリーは、単純でわかりやすく、出兵し、戦場で取り残されてしまった父親をその息子たち7兄弟が力を合わせて助け出しにいくという親子愛、忠義、兄弟愛がテーマの話。

わかりやすい王道ストーリーを押さえてることもあり、親子愛、兄弟愛、母との約束など、感動的な場面は多く、ホントベタに良い話です。

ネタバレになるが、予言で7人行くも6人戻ると、1人の犠牲が事前に告知されていたが、状況が進むに連れ、一人また一人と兄弟は倒れていき、最終的に、最後の一人になり…。このラストの母親のもとに無事戻れるのか、かといって戻っても一人という悲しい感じは、ほとんどプライベートライアンの話と一緒だなと後々思った。

戦地に行って兄弟全員戦死でだれも帰ってこないなら、家で待っている母親はどうなる?

この言葉の重さを考えさせられる話です。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(なんとなくロードオブザリングの世界観(見せ方)を意識した感じがある中国歴史映画。忠臣蔵、新撰組など命を賭けた忠義な話が好きな人には、おすすめの作品です。最近は少子化ですが、仲の良い7兄弟がそろって食卓を囲むワイワイした雰囲気は、なんともいえませんね。父親救出にみんなで結束する感じとか良いです。最近はこういうのないな。ちなみに出演俳優(7兄弟)に似てる日本人が多いこと。この人は、白竜(風間トオル)で、羽生君で、岡田准一でと、結構いる。)




屍は渡せない

俺の父と同じ目に

遭わせる

それが母との約束だ


-?


私の交わした約束は

お前より重い


-?


ウーズン「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜ブルーレイ&DVDセット」


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:アクション映画全般

映画「奪命金」の感想(ネタバレ)

2015.01.04 Sunday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「奪命金」の感想(ネタバレ)


■監督: ジョニー・トー
■出演者:ラウ・チンワン リッチー・レン デニス・ホー ミョーリー・ウー

WOWOWで放送していた映画「奪命金」を鑑賞。

【映画「奪命金」のあらすじ】

香港。チョン警部補は妻からマンションを買おうとしつこく誘われるが、仕事を口実にして話をそらし続ける。銀行で金融商品の営業を担当するテレサは成績が悪いことに困り、ノルマ達成のためにそう裕福でもない中年女性にリスクの高い投資信託商品を売り付けようとする。お人よしのヤクザであるパンサーは逮捕された兄貴分の保釈金を手に入れようと奔走を開始。そんなとき、ギリシャ債務危機をきっかけに金融市場で大暴落が始まる。

WOWOWから引用

【映画「奪命金」の感想(ネタバレ)】 

「エレクション」のジョニー・トー監督が実際のギリシャ債務危機をテーマに描いたサスペンス。

かなり前(9ヶ月前?)に録画しておいてものを見てみた。

個人的にジョニートー作品は、全体的にクオリティが高いと感じているので、今回も期待して見始めた。

序盤は、主人公(目線)が証券会社レディ、刑事、チンピラ、金貸しなど目線がコロコロ切り替わり、群像劇っぽい感じで、どういう話の展開になるのか状況整理するだけで大変だが、主要人物がすべて出つくし債務危機によって、状況が一変すると、それぞれの話が絡み合う中盤以降は見もの。

特に、ボスの下で金を集めたり、物事を取り仕切るチンピラ?のストーリーは、キャラクターが個性的で面白い。世渡り上手というかなんなのか、機転の速さがすごい。こんなヤツは周りに居て欲しくない(笑)

しかも初めて手をつける株の買い方も過去データをほぼロウソクチャート無視で、一日の上がって終わったか、下がって終わったかの前日比の終値のみで考えるシンプルな分析の仕方からすごい。この人なんでもやりそうな(できそうな)感じがフツフツとする。

とりあえず当時、株や為替をやっていない人間からするとギリシャ債務危機は他人事だったが、この作品を見ると、一日で20%近く下げ幅があり、そのすぐ後に、ギリシャ債務を世界が補填し、危機を乗り越え、一転プラスに転じるという、ロウソク足で言えば、超がつくほど長い下ヒゲ陽線がでちゃってた値動きが強烈な日だったらしい。

この日に株や為替をやってたら、めちゃめちゃ儲けたか、めちゃめちゃ大損だったかどちらかだったのかな。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(債務危機という社会派テーマをいつものジョニートー節で上手く仕上げた良質サスペンス。チンピラ男の立ち回りが見どころです。この濃いキャラクター最初は嫌いだが、時間が経つとちょっとクセになる。車を運転できない(実は免許もってない?)。とりあえず、みんなが大損をこいてる時に証券会社では働きたくないなと思う作品でもある。生き地獄だ。)


株は未来を予測するゲームだ

予測が当たれば勝者

外れれば敗者

敗者は、挽回を図ろうとして

勝者はさらに

人間とは貪欲なものだ


-?


株の世界は

弱肉強食

敗者は滅びる

それが生態系バランスを保つ摂理

掟だ

いくら貪欲でも

掟を変えることはできないんだ


-?


奪命金 ≪特別版≫ 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

映画「狼たちのノクターン<夜想曲>」の感想(ネタバレ)

2014.12.05 Friday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「狼たちのノクターン<夜想曲>」の感想(ネタバレ)



■監督: ロイ・チョウ
■出演者:ニック・チョン サイモン・ヤム ジャニス・マン ケイ・ツェー マイケル・ウォン

WOWOWで放送していた映画「狼たちのノクターン<夜想曲>」を鑑賞。

【映画「狼たちのノクターン<夜想曲>」のあらすじ】

19歳の青年の時、恋人の少女を殺害した罪で逮捕されたウォン。20年の服役生活を終えて出所した彼は、ある日、高名な音楽家のツイを父に持つ少女シューの姿を間近で見かけ、衝撃を受ける。シューは、かつての自分の恋人にうり二つだった。それ以来、ウォンはシューのストーカーと化して、彼女の行動を日夜ひそかに監視するようになる。やがてツイの惨殺体が発見され、香港警察特捜班の刑事ラムはウォンの仕業とにらむのだが…。

WOWOWから引用

【映画「狼たちのノクターン<夜想曲>」の感想(ネタバレ)】 

「殺人犯」のロイ・チョウ監督がニック・チョン、サイモン・ヤムを主役に迎えたクライムサスペンス。

久々に中国の現代サスペンス映画を選んでみた。

序盤で繰り出される、シャワー室での壮絶なケンカファイトのインパクトが印象に残り、入り口の興味は、期待を持たせるが、話が進むにつれ、序盤の印象は、姿を消し、落ち着いたサスペンスな話に変化。

一応最後にオチが用意された(親子愛)作品なのだが、結構中盤あたりで、そのオチに気付かなくもない。

っというか、はじめの状況が入り組んでて、あらすじで読むとそれほど大した話ではないのだが、刑事側の妻が自殺していたり(主人公の背景にある)、事件とは直接関係ない話に過剰な演出やおとりのようなシーンがあり、ちょっと紛らわしい。

ある程度設定をかっちり固定してくれた上で、いじくってくれれば整理されてわかりやすいが、「ちょっと今どういう状況?」と思いながら話が進んでいくので、オチにたどり着いてもやられたの衝撃はない。なんとなく最初にオチありきで、作られた話のような気がしなでもない。

あと、アクションとサスペンスのバランスが悪くて、「ムムム」って思う。実際のところアクションはなくても成立するようなシーンが多い。ロープウェーのシーンは、あれ(脱出)をやりたいだけのような気がする。そもそも犯人を説得するのにロープウェーで会う必要性を感じない。あと、警察がざる過ぎる。警察が監視してるはずなのに、部屋に侵入されたり。ストーカー(男)がやりたい放題。


評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(何かあるっぽい演出がやや過剰なシーンが話をややこしくしてるサスペンス。話を単純化してまとめると、男が刑務所に入る20年前に彼女との間に出来た子供に20年の刑期を終えて会いに行った父親(男)の話である。そこがずっと伏せられているのでややこしい。そして、その父親が服役した理由が、彼女の親父(養父)が娘(彼女)を殺した罪の冤罪で捕まったということ。20年後、赤ん坊から大きく育っていた娘は、折檻する父親(養父)を故意に殺してしまい、その後処理を娘の本当の父親(服役から帰ってきた男)がやり始めたことで、話は複雑になる。単純な話だが、伏せられた部分の設定が二個(男の子供+養父設定)乗っかっているので、話がややこしいぜ。)


真実を明かしたとして

一体誰が幸せになる


-?


狼たちのノクターン<夜想曲>(DVD)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

映画「桃(タオ)さんのしあわせ」の感想(ネタバレ)

2013.09.25 Wednesday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「桃(タオ)さんのしあわせ」の感想(ネタバレ)




■監督:アン・ホイ
■出演者:アンディ・ラウ ディニー・イップ チン・ハイルー ワン・フーリー サモ・ハン
 ツイ・ハーク

WOWOWで放送していた映画「桃(タオ)さんのしあわせ」を鑑賞。

【映画「桃(タオ)さんのしあわせ」のあらすじ】

香港の裕福な家庭に60年間も家政婦として仕えてきた桃さん。しかし今や大家族の大半は海外に移住し、彼女が身の回りの世話をするのは、映画プロデューサーたる長男のロジャーひとりきり。家事一切を完璧に取り仕切る桃さんの仕事ぶりを、しかしロジャーはごく当たり前のように享受していた。そんなある日、桃さんが突如病気で倒れ、その存在の大切さを改めて思い知ったロジャーは、彼女が快適な老後生活を送れるよう奔走する。

※WOWOWから引用

【映画「桃(タオ)さんのしあわせ」の感想(ネタバレ)】



第31回香港電影金像奨の作品、監督賞ほか、主要5部門独占受賞に輝いたアンディラウ主演の製作者の実話をベースにした感動作。

物語は、ある裕福な家庭に家政婦として60年以上働いてきた女性と、赤ん坊の頃から世話してもらい現在は、映画プロデューサーをしている男の、まるで親子のような関係を描いた話。

以前見た「最高の人生のはじめかた」のようなうるっと涙腺に来る感動作を求めて選んでみた。

家政婦とその息子ほど年の離れた男性との共同生活を描いた話だが、その家政婦が脳卒中で倒れると、まるで自分の母親のように介護施設を探したり、真面目に世話をする男の姿が印象的。

そして、タイトルにもある、60年以上も家政婦として仕事してきたタオさんのしあわせ(料理を作ったり人の世話すること、必要とされていることを実感すること)が何かわかると、ほど良い感動がある。

特に介護施設で生きる希望を失っていたタオさんが、雇い主の男とその同級性からの励ましの電話を受けると、急にリハビリに励む姿は、感動がある。

タオさんすげえいい人。それに尽きる。ここまで真面目に仕事する人は報われなければならない。

ちなみに本来は家政婦なので、その人の老後まで面倒を見る必要はないと思うが、しっかり最後まで看取る、世話になった男やその家族の人柄の良さも感動ポイント。これもなかなか出来ない。



評価 ★★★★☆ (星4つ)

(幸せの価値観は人それぞれだと実感させてくれる映画。老人ホームをリアルに映した現状(人の入れ歯を知らずに使っている老人がいたり)には、吐きたくなる気持ち悪さがあるが、タオさんの生きる幸せを感じる部分には、新たな目線を与えてくれる。すごいお金持ちになるとか、誰も達成したことがないことに挑戦するとかでかい目標を掲げることではない、もっと小さな人の幸せの形がある。)




修理工に転職したら

知らせる


-ロジャー



僕は修理工だ

-ロジャー



人生の快楽は

悩み事の種になる

最も美しきものは

苦難を経て得られる

自ら苦難を経験することで

初めて他人に優しくなれる


-神父



桃(タオ)さんのしあわせ 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ




JUGEMテーマ:最近みた映画


 

映画「モーターウェイ」の感想(ネタバレ)

2013.07.18 Thursday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「モーターウェイ」の感想(ネタバレ)




■監督:ソイ・チェン
■出演者:アンソニー・ウォン ショーン・ユー グオ・シャオドン バービー・スー ジョシー・ホー ミシェル・イェ

WOWOWで放送していた映画「モーターウェイ」を鑑賞。

【映画「モーターウェイ」のあらすじ】

香港警察交通部の若手隊員ショーンは、コンビを組むベテラン隊員ローと意見が合わず、衝突してばかり。そんなある日、速度違反で捕まった男が留置場から仲間を連れ出して脱走する事件が発生。男はこのため周到に用意し、故意に捕まったのだ。ショーンは車で逃げる男を猛追するが、運転には絶対の自信を持っていたにもかかわらず完敗を喫する。ローは男が自分と因縁浅からぬ黒社会のドライバー、ジェンセンだと見抜くのだが……。

※WOWOWから引用

【映画「モーターウェイ」の感想(ネタバレ)】


エレクション」のジョニー・トーが製作に参加し「頭文字D THE MOVIE」のアンソニー・ウォンショーン・ユーが再び共演で描いたカーアクション映画。

物語は、逃がし屋として闇社会で数十年活動する伝説のドライバーとその男を捕まえようと奮闘する、香港警察とのカーバトルを描いた話。

最近は、映画を見る時間が無くて、録画が貯まる一方で全然消化できてないが、そんななかでもさっくり見れる映画を探していたら、ちょうどカーアクションもので90分という良さげなものを見つけたのでチェック。

この時代にがっつりカーアクション映画?という気もしないでもないが、(ワイルドスピードはあるけど)、高速道路、峠、路地、立体駐車場など、カーアクションのパターン(場面)は、豊富に用意されていてカーアクションものとしては、それなりに良い。

ストーリーの合間に適度にカーアクションが入るので、特にだれることなく最初から最後までスピード感も持続している。

最終的に闇の伝説のドライバー対策としてスピンターンを決めるというのが、この作品の一応サクセス(見せ場)になっているが、見せ場としては、やや物足りない気もしないでもない。※地味じゃね?

ドライビングテクニックの派手さを見せびらかすというよりは、車の疾走感やストーリーの中でのカーアクションという感じで坦々を見せていて、見た目的にカーアクションに華はない。ときおり以前見た「ドライブ」の雰囲気を感じるときがある。



評価 ★★★☆☆ (星3.3)

(ストーリー(展開)に強引さはあるが、カーアクションを楽しむなら悪くない作品。アンソニーウォン演じるベテラン警官:ローが途中で事故で殉職するが、別にそこは入院程度で死ななくていいんじゃないというのがある。死んだのにあまりおいしくない感じ。それと若手警官のショーンだが、最初はドライビングテクニックが凄い人なのかと一瞬思うが、伝説のドライバーが登場するとそちらが凄すぎて大分霞んでしまう。もう少し、ヒーロー的な扱いが欲しい。)



8千回転 時速2km

全力で踏み込めよ


-ロー


前の車なんか気にするな

相手の先を行け

ハンドルを握ったら

自分の走りをしろ


-ロー



[DVD] モーターウェイ


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ




JUGEMテーマ:アクション映画全般


 

映画「三国志英傑伝 関羽」の感想(ネタバレ)

2013.07.07 Sunday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「三国志英傑伝 関羽」の感想(ネタバレ)




■監督:フェリックス・チョン アラン・マック
■出演者:ドニー・イェン チアン・ウェン スン・リー ワン・ポーチエ アンディ・オン

WOWOWで放送していた映画「三国志英傑伝 関羽」を鑑賞。

【映画「三国志英傑伝 関羽」のあらすじ】

後漢末期。敵将・曹操との戦いに敗れ、捕虜の身となった劉備軍の武将・関羽。しかし袁紹との戦いで今度は自身が劣勢に立たされた曹操は、関羽に助力を仰いだ末、“白馬の戦い”で袁紹軍を撃破。関羽に助けられた曹操はぜひ彼を自らの配下に加えようとするが、忠義心にあつい関羽はそれを固辞して、元の主人たる劉備のもとへ帰参することを願い出る。やむなく曹操はそれに応じ、各関所を関羽が無事通過できるよう命を下すのだが…。

※WOWOWから引用

【映画「三国志英傑伝 関羽」の感想(ネタバレ)】


「インファナル・アフェア」三部作の監督・脚本家が「イップ・マン」シリーズのドニー・イェンを主演に迎えたアクション時代劇。

物語は、敵軍の曹操の捕虜となってしまった劉備軍の部下:関羽とその関羽を自陣に引き抜こうと模索する曹操の話。

三国志で有名な武将:関羽を主役にした映画ということで気になってチェック。

この話は、関羽が一時的に曹操の捕虜となってしまう時の話だが、なかなかマニアックないい場所(物語)を選んでいると思う。急にこれを見たら三国無双のゲームがやりたくなった。

そんな関羽主役のこの映画だが、関羽をドニーイェンが演じているが、個人的に関羽のイメージは背が高くて豪傑のイメージ(KOEIのイメージ)が強いので、170cmそこそこのドニーイェンでは、見た目の存在感というか豪快さが足りない。

一応、暴れると人が吹っ飛んだりアクション的な面では破壊力は表現されているが、動きが身軽過ぎたり、大分自分の持っている関羽イメージから離れてしまった。

ただ、実際はこっちの方が本物に近いのではと思う。



評価 ★★★☆☆ (星3.5)

(アクション含め、内容的にも三国志好きには楽しめる安定作品。曹操と僧侶、関羽らのそれぞれの人生の捉え方の違いはその人の生き方が考え方に直接現れて面白い。まさにという感じ。そして、曹操の前でも一切揺るがない関羽の劉備への忠誠心の強さには知っていながらうるっとくる。こういう関羽を見るとやっぱ劉備って、曹操と比べて思想がすげえんだなと思う。あと関羽の恋愛も描かれていたが、そのせいで印象が揺るくなったかな。無くていい。)



夢と影の如くはかなく

露と雷鳴の如く定まらぬ

それ人生なり


-?



私が金で動くなら

買っても災いを招くだけだ


-関羽


命あるならよく生きねば

-?(僧侶)


命は我が物ではない

-?



食うために殺しはしない

-関羽



我 人に背くとも

人 我に背くなかれ


-?(曹操)


極楽か地獄かは

見るものの心次第だ


-?(僧侶)


人はあまりに多くを望むと

自ら地獄を生んでしまう


-?(僧侶)


極楽も地獄も

人の幻想に過ぎん


-曹操


人は当てにならぬ

頼りは法と規律だ


-曹操



人に道義なくば

法が成立するか


-関羽



KAN-WOO / 関羽 三国志英傑伝 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:アクション映画全般


 

映画「1911」の感想(ネタバレ)

2013.04.04 Thursday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「1911」の感想(ネタバレ)




■監督:チャン・リー ジャッキー・チェン
■出演者:ジャッキー・チェン ウィンストン・チャオ リー・ビンビン ジョアン・チェン ジェイシー・チェン スン・チュン

WOWOWで放送していた映画「1911」を鑑賞。

【映画「1911」のあらすじ】

清朝末期の20世紀初頭の中国。列強各国が支配の手を伸ばそうと虎視眈々と機会をうかがう一方で、清朝政府の腐敗と退廃が進み、祖国の将来を憂う若者たちを中心に、革命の機運が各地で高まっていた。1911年3月、孫文は革命を志したものの武装蜂起に失敗して、やむなく国外へと亡命。彼の意志を引き継いだ同志・黄興が、国内に留まって苦難に満ちた戦いを繰り広げるなか、孫文は国外で革命への支援を広く呼び掛けていく。

※WOWOWから引用

【映画「1911」の感想(ネタバレ)】


ジャッキー・チェンの映画出演100本目を記念して作られた歴史アクション巨編。

物語は、アヘン戦争に負け他国に食い荒らされていた当時の中国を復活させるため、その原因となっていた2000年以上続いたとされる君主制を廃止を掲げた孫文らの革命の戦いを描いた話。

ジャッキーチェンが総監督+出演ということで見てみた。

以前に映画「孫文の義士団」を見て孫文について少し知ったが、今回は、孫文が起こした革命(辛亥革命)にスポットが当たっている。

まず始めに中国の当時の歴史や背景を知らないとほぼ何が起こっているのかよくわからない。情報量多すぎ。そして登場人物も多い。

一応初登場時に名前と肩書きが表示されるが、普通のセリフと同時に解説字幕が出てくるため、どっちを見ていいか毎回混乱する。結局「あ〜もうわかんない」となって、人物名を覚えるのはやめて、ただ物語を追うことに。

結局見終わって思ったのは、君主制が孫文らの革命によってぶっ潰されたんだなということ位。

現在、孫文が主張していた民主制が今の中国に伝わっているかと思いきや、全くそうなっていないので、孫文の後にまた歴史が変わっていて、なんだ〜と思ってしまう。

久々のジャッキーはカンフーほぼ封印で役柄に専念してるし、レッドクリフのジョンウー監督ではないが、ハリウッドの戦争映画の技術を取り入れ、戦闘シーンの迫力はハリウッドに引けをとらない出来になっている。

映画としては良く出来てると思うが、日本人にはちょっと感情移入が出来ずあまり向かないかな。この映画の中での孫文は大衆目線で正義とは思うが…今の中国はまた違うからね。


評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(まるで歴史授業を受けてるかのような退屈感がある作品。エンターテーメントというより歴史情報作品。人物の背景を語らず、起こった出来事ばかり見せられるので、歴史を知らないと感情移入ができない。一応史実に基づいて作られたと思うが、結局中国映画ということで、すべての情報を鵜呑みにするには違うかなと少しでも思ってしまうと、入っていけない。ジャンルは違うけど孫文の義士団の方が見やすくて良かった。)


医者は患者を治し

革命は民族を救う


-孫文


革命は個人のものではない

-黄興


大事なのは

本当の権力を握ることだ


-?


孫文は無私無欲の人だと

-?


ジャッキー・チェン/1911


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:最近みた映画
 

映画「孔子の教え」の感想(ネタバレ)

2012.12.12 Wednesday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「孔子の教え」の感想(ネタバレ)




■監督:フー・メイ
■出演者:チョウ・ユンファ ジョウ・シュン チェン・ジェンビン ヤオ・ルー ルー・イー

WOWOWで放送していた映画「孔子の教え」を鑑賞。

【映画「孔子の教え」のあらすじ】

紀元前6世紀、周王朝が衰退し、諸国が覇権を相争う、中国の春秋時代。小国の魯では、三恒氏と呼ばれる3家の間で寡頭政治が執り行なわれ、腐敗と退廃が進んでいたが、第24代君主の定公は、知略に長けた孔子を重臣に抜擢。孔子もそれに応えて国政改革を推し進め、内政・外交にめざましい成果を挙げるようになる。孔子の名は天下に鳴り響いて他国の為政者たちも彼に注目する一方、三恒氏も巻き返しを図るべく策謀をめぐらせ…。

※WOWOWから引用

【映画「孔子の教え」の感想(ネタバレ)】


「男たちの挽歌」シリーズのチョウ・ユンファ主演の歴史アクション。

物語は、現在の中国の教育その他の基礎となっている儒教を広めた孔子の半生を描いた話。

孫子、孫文とともに中国の歴史人物で良く出てくる”孔子”について描かれているということで、気になって選んでみた。

孔子が始祖の儒教文化は、現在では中国、韓国、北朝鮮の根っことなっているらしく、それらの国と日本が交渉する際には、儒教思想を理解しておく必要があるという。

ちなみに儒教文化は簡単にいうとヤクザの世界(仁義)と同じだという。※詳しくは知らないが

小泉元首相が数年前に北朝鮮を訪問した際には、同行した人物の中に誰一人儒教文化の理解がなかったらしく、自分たちの食事にお弁当を持参してしまうという日本的発想で行ってしまい、日本のトップとして情けない失態をしてしまったようだ。

例えば、ヤクザのトップ同士が会談した際に、相手から食事を振舞われてたのに手をつけず、持参したお弁当を食べているのと似ている。仁義の世界では、非礼過ぎて「お前なめとんのか〜」だ。

こんなびびっている奴(小泉)と本音では話せないとなって、北朝鮮(金正日)との交渉は完全に失敗に終わったらしい。もっと腹の据わったどてらい奴が交渉していたらもっと違う結果になっていたようだ。

この「孔子の教え」でも上記のような相手国との交渉シーンがある。

孔子率いる魯が斉?から和平交渉として呼ばれた席で、斉は、名目上は和平交渉で魯を呼び寄せたが隙あらば、魯を攻め取ろうと、何千もの兵士を隠して会談に臨んでいた。

会談場所はピラミッドになっており、階段の上の頂上で斉のトップは待っていた。斉のトップは軍師?の策で、魯の客人が階段をそのまま上ってくるなら(斉に屈服したとみなし)攻撃を仕掛けようとたくらんでいた。

孔子は、約束の場所のピラミッドの階段の下につくも、誰も出迎えがないことに不審に思い、部下を一人送りこんだ。文化として、客人を招いた場合は、招いた側が外で客人を出迎えるのは礼として基本となっていた。

孔子は部下にそう伝え、階段を降りて出迎えてくれるよう斉のトップに告げた。これにより斉のトップは、自分たちの非礼さを受け入れると、階段を降りて、挨拶を交わし孔子率いる、魯との会談が始まった。※この後、孔子はさらに交渉を有利に進め、斉?に奪われていた土地も奪還することに成功する。

儒教文化では、機転が利くというのもそうだが、トップがどれだけ礼を重んじて、懐がでかいかという部分が大いに影響するらしく、日本の首相もそういうどてらい奴がならないかと思うばかりだ。ちなみに日中国交正常化を成功させた田中角栄はまさにどてらい奴だったという。



評価 ★★★★☆ (星4つ)

(タイトル通り、孔子の教えがわかる歴史映画。名言・格言連発で見るだけでもいろいろと学べる。ただ、魯と斉とか見知らぬ国や人名がやたらたくさん出てくるので、その辺を頭で整理するのが大変。軍師としての他国や内政での孔子の交渉はサクセス感があったが、魯を追放された後は、弟子と友に苦難の道を歩んでいて、孔子の発想の影が薄くなり面白さは減ってしまった。イエスではないが、使徒を大勢連れて移動する部分では、歴史に残る人は似ているし、理想を掲げている人は素晴らしい。)


道が違えば共には進めぬ

-孔子



朝(あした)に道を開かば

夕べに死すとも可なり

-孔子



己の欲せざる所は

人に施すなかれ


-?


世界が変わらなければ

自身の内心から変われ


-?



仁を求め得たらば

何をか悔やまん


-孔子


我々は目先の利益で

動いていない


-?


命より仁が大事です

-?


礼で治むれば

国も民にも福であり


-?


礼を失すれば国家は

乱れます


-?


成果を急いではならぬ

-孔子



非礼なものは

見ず聞かず言わず行わず


-孔子


チョウ・ユンファ/孔子の教え


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ




JUGEMテーマ:映画の感想
 

映画「密告・者」の感想(ネタバレ)

2012.12.04 Tuesday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「密告・者」の感想(ネタバレ)





■監督:ダンテ・ラム
■出演者:ニコラス・ツェー ニック・チョン グイ・ルンメイ ルー・イー

WOWOWで放送していた映画「密告・者」を鑑賞。

【映画「密告・者」のあらすじ】

刑事のドンは、ある犯罪組織に情報屋を送り込むが組織に正体がばれ、情報屋は瀕死の重傷を負う。1年後、ドンは罪の意識を引きずりながらも、台湾から香港に戻った凶悪犯、バーバイとその一味の動向を探ろうと、刑務所から出所間近の青年サイグァイを新たな情報屋にする。ヤクザに売春婦をさせられている妹を救う資金稼ぎのため、情報屋役を引き受けたサイグァイはバーバイとその愛人ディーに近づき、運転手として雇われるが……。

※WOWOWから引用

【映画「密告・者」の感想(ネタバレ)】


孫文の義士団」のニコラス・ツェーと「コネクテッド」のニック・チョン共演の香港サスペンス。

物語は、借金のために警察の情報屋として捜査協力することになった男と彼を裏で操り、凶悪犯を追い詰めようとする警察官の話。

香港ノワールと書かれた番組情報(あらすじ)に反応してチェック。

以前見た香港映画「アクシデント/意外」もそうだが、最近の中国産のサスペンス映画は意外と外れがないと思っているが、この「密告・者」も悪くない。

凶悪犯の中に紛れ込む密告者のスリルという部分は、それほど強く描かれてはいないが、カーアクション銃撃戦など見どころは結構あり、最初から最後まで飽きずに楽しめる。

特にラストは、情報屋と警官入り乱れて、壮絶な血みどろ状態で衝撃的だ。この映画を見ると、ナイフで襲ってくる人に恐怖してしまうほど、人をナイフでサクサク刺す描写が多く、軽くトラウマになる。いろんな死に方があるが、刺殺死では死にたくないと思った。


評価 ★★★☆☆ (星3.5)

(脇役で登場のグイルンメイの代わりっぷりが印象的な作品。ジェイチョウ初監督の映画「言えない秘密」で清純派ヒロインを演じていたグイルンメイが、この作品では犯罪に身を染めた汚れた役を演じていて、あのグイルンメイだと気づかないほど清純派のせの字もなくなっていた。自分のルンメイイメージが大幅に崩れた。でもキスシーンのタイミングは絶妙だ。)



友人のように扱うんだ

友人じゃない


-ドン


我々には感情がある

彼らに負い目を感じる必要は無い


-ドン


我々は情報

彼らは金を得る

全てがイーブンだ

不公平はない

-ドン


女の子はプレゼントを

もらうのが好きよ


-ディー



ニコラス・ツェー/密告・者


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ





JUGEMテーマ:サスペンス映画全般
 
WOWOWのおすすめ番組!    

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品