映画「デッドプール 」の感想(ネタバレ)

2017.08.25 Friday 洋画 アクション/SF

■映画「デッドプール 」の感想(ネタバレ)



■監督:ティム・ミラー
■出演者:ライアン・レイノルズ/モリーナ・バッカリン/フランシス/エド・スクレイン/T・J・ミラー/ジーナ・カラーノ/

WOWOWで放送していた映画「デッドプール 」を鑑賞。

【映画「デッドプール 」のあらすじ】

ニューヨーク。精神的に危うい元傭兵ウェイドは自分が街の英雄だと思い込み、悪党を懲らしめては彼らに金銭をせびる毎日を送る。そんなウェイドは売春婦ヴァネッサに好意を抱き、彼女に結婚を約束するが、自分の全身にがんが広がっていると知る。ウェイドは自分のような余命わずかな面々を集めて超人的パワーを持つ存在に変えるという人体実験の計画に応募し、そこで身体の回復能力が異常に高くなるが外見はグロテスクになり……。

WOWOWから引用

【映画「デッドプール 」の感想(ネタバレ)】  

「リミット」のライアン・レイノルズが主演し、2016年に全世界合計興収7億8000万ドル強の大ヒットを記録したというヒーローアクション。

話題作がWOWOWで放送したので見てみた。(※初放送は5月だったかな)

興行的に大成功したらしいということで見る前から少し期待値が上がっていたが、実際見てみると、悪くは無いけど、そんなに大ヒットするほどのものかは、個人的に微妙。

例えば、「キックアス」的な新しいタイプのヒーローを期待して見ると、アイデア的には、そこに至らずという感じ。

通常のヒーローモノ(スパイダーマンとか)との違いは、視聴者に語りかけてくるジョークがある(積極的なコメディ)+アクションにグロさがある位(体や首とかが切断される)だろうか。

ジョークの種類についても、アメリカ人が好きそうな(下品+映画パロ)もので、日本人(日本のお笑いに慣れてると)があまり好まない系のジョーク。ただ、笑いのみを求めたバカコメディ映画ではないため、ジョーク自体は、会話内のアクセント程度に収まっているので、ジョークの好みで作品の良し悪しに大きく影響するほどではないと思う。

とはいっても、普通の正統派のヒーロー映画が好きな人からすると、かなり規格外で邪道な演出がされてるのはたしかで、人によって内容以前に好き嫌いがあるかも。

個人的に、映画は、ある人たち(登場人物ら)の人生を視聴者が勝手に覗いているというものだと思っているので、映画の中でナレーション以外で、登場人物自体が視聴者に直接話しかけてくるもの(カメラ目線等)は、ルール違反というか、なんか違うかなと思います。そういう直接手法を使わずに、映画の中(物語)で空気感を伝えて欲しい。映画は、ユーチューバーじゃないからね。

ちなみにヒーローアクションとしては、仲間のキャラクターがファンタスティックフォーとかX-MENとか混ざってる超能力使いだが、彼らがどうしてああなってるのかは特に世界観の説明がない。(と思う)

アクションのスケールもでかいといえば、ある部分ででかいが(大きな船が倒れたり)、しかし、全体の規模から言うと、地球規模でもなく、研究所のリーダーVSデッドプール(+仲間)で意外と小さいし、物語もわかったようでよくわからない。

あの研究所もアイツ(責任者)が死んだらそれで終りなのか、はたまた、もっと研究所自体に裏があるのかは謎のまま…。


評価 ★★★☆☆ (星3.2)

(まとめ:新たなタイプのヒーロー像を模索したが、いろいろと中途半端に出来上がったダークヒーロー作品。オフビート(決まったテンポがなく、その時のノリ)と言ってしまえば、そうかもしれないが、ノリだけに、そのノリ以上の何か得るものは特にないかな。アクション映画としてはまずまず楽しめるので、大ヒット作と知らずにレンタルでジャケ借りで見れば、意外と期待を裏切ってくる内容かも。)




人生とは

災難の連続だけど

たまに幸せなCMがはさまる


-?



ヒーローじゃなくても

恋人はできるんだ

彼女が男をヒーローにする


-?



>>[Blu-ray] デッドプール



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:アクション映画全般

映画「エヴェレスト 神々の山嶺 」の感想(ネタバレ)

2017.08.24 Thursday 邦画 人間ドラマ/ヒューマン

■映画「エヴェレスト 神々の山嶺 」の感想(ネタバレ)



■監督:平山秀幸
■出演者:岡田准一/阿部寛/尾野真千子/ピエール瀧/甲本雅裕/風間俊介/テインレィ・ロンドゥップ/佐々木蔵之介

WOWOWで放送していた映画「エヴェレスト 神々の山嶺 」を鑑賞。

【映画「エヴェレスト 神々の山嶺 」のあらすじ】

1993年、ネパール。日本遠征隊のエヴェレスト挑戦は失敗し、同行する山岳写真家の深町は写真集出版が白紙になって途方に暮れる。そんな時、彼は数年前に遭難したはずの天才登山家・羽生の姿をカトマンドゥで見つける。帰国した彼は羽生について調べる中で、羽生との登山中に命を落とした彼の後輩・岸の妹、涼子と出会う。深町は羽生が生存を隠してまでネパールにとどまる目的を知るため、涼子とともに再びカトマンドゥへ飛ぶ。

WOWOWから引用

【映画「エヴェレスト 神々の山嶺 」の感想(ネタバレ)】


夢枕獏の小説をV6の岡田准一と阿部寛共演で映画化した人間ドラマ。

今年の正月位にWOWOWで初放送してまだ見てなかったので見てみた。

山岳映画は、邦画、洋画に関わらず結構みていると思うが、外れもあれば(小栗旬の「岳-ガク-」)、当たりもあり(運命を分けたザイル、クリフハンガー、バーティカルリミット)で、このジャンルの安定感はよくわからない。

ちなみにこの「エヴェレスト」は、実際にエヴェレストまで行ってロケを行っているようで、景色等リアリティはあるが、ただ登っているアクション部分は、危険なのでわからなくもないが、あきらかに安全な別のところで撮り、吹雪や環境などをCGで足してる感じがあり(そう見える)、やや冷める。

実際はよくわからないが、エヴェレストでちゃんと撮ってる部分と、エヴェレストでも別の安全な場所で撮って、のちのち合成(CGでプラス等)してる部分があるように思う。さすがに登るだけでも危険なので、絶壁のところで猛吹雪の中撮影は危険で無理だと思う。

物語に関しては、これと言ってないが、天才登山家を演じる阿部寛の存在感は見終わった後にも強く印象に残る。特に遺体で発見されたときの状態がギリシャの哲学者を彫刻にしたような格好良さ。日本人でこの西洋人的な格好良さが出る人はなかなかいないでしょう。

そして、凍え死んでる状態の体勢も格好良い。

人間死んだ時の体勢は、大抵が床に伏して天井を見て寝てる状態だと思うが、出来るならこの羽生(阿部寛)のように片ひざを立て座った状態で死にたいと思った。



評価 ★★★☆☆ (星3.8)

(まとめ:内容はともかく見た後に勇気(パワー)をもらえる山岳映画。落ち込んでたり、気持ちが萎えているときには、ぜひ見たいおすすめの映画。ところどころ名言も連発しているが、あとあとその言葉(足が動かなければ…)をよく吟味してみると、言いたいことはわかるが、その時の勢いだけで、訳のわからないことを言っていたりする(笑) ”歯で噛みながら歩けはギリギリわかるけど、”目で睨みながら歩け”は、どういう状態かはわからない。ただ、初見で聞いてるときは、セリフのパワーが凄い。理屈じゃない勢いセリフってあるのかもしれない。)


どうして山に登るかと聞かれ

マロニーは

そこに山があるからだと言った


-?

違うなオレは

オレがここにいるから

オレがいるから山に登るんだ


-?

生きて戻る死んだらゴミだ

-?

足が動かなければ 手で歩け

手が動かなければ 指で行け

指が動かなければ 歯で噛みながら歩け

歯がダメんなったら 目で行け

目で睨みながら 歩け

目もダメになったら 想え

ありったけの心で

想え


-?


>>エヴェレスト 神々の山嶺 通常版(Bluray Disc)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:邦画

映画「クリーピー 偽りの隣人 」の感想(ネタバレ)

2017.08.19 Saturday 邦画 サスペンス/ミステリー/スリラー

■映画「クリーピー 偽りの隣人 」の感想(ネタバレ)



■監督:黒沢清
■出演者:西島秀俊/香川照之/竹内結子/東出昌大/川口春奈/藤野涼子

WOWOWで放送していた映画「クリーピー 偽りの隣人 」を鑑賞。

【映画「クリーピー 偽りの隣人 」のあらすじ】

ある事件の苦い失敗をきっかけに刑事の職を退き、いまでは大学で犯罪心理学の講義を受け持つ高倉。6年前に起きた謎の一家失踪事件に興味を抱く彼は、かつての同僚だった若い刑事の野上とともに、今なお未解決のその事件の再調査を始める。その一方で、愛妻の康子とともに新居に引っ越した高倉は、隣家に住む西野とその家族と知り合うが、西野は、愛想がいいかと思うと突然がらりと態度を豹変させるなんとも不気味な変人だった…。

WOWOWから引用

【映画「クリーピー 偽りの隣人 」の感想(ネタバレ)】

第15回日本ミステリー文学大賞新人賞に輝いた前川裕の小説を「回路」の黒沢清監督が西島秀俊、香川照之、竹内結子らを迎えて映画化したサスペンススリラー。

最近あまり見てなかった竹内結子が出てたので見てみた。

物語は、過去にサイコパスに刺され今は、刑事を退き大学で犯罪心理学を教えている男が、ひょんなことからある一家失踪事件を調べることになり…という話。

この映画、普通の犯罪サスペンス的な気楽に見れる内容だと思って見始めたら、意外と猟奇的で描写がショッキングというか、かなりえぐめの内容で、見終わった後の後味が非常に悪かった。

ちなみにこの映画を見た後は、隣人(特に知らない人を)が信用できなくなるというか、あんな変人が何万分の1か何十分の1かの確率にせよ、どこかに存在してると思うと人と接するのが怖くなる。それ位、サイコパス役の香川照之の変人演技はやばめです(笑)

ただ、それと同時にこの映画、演出方法と言うかオチありきのストーリー構成(最後の挽回がやりたい)のため、途中で何度も見ていてイライラさせられる。

一応最後は、ハッピーエンド(ハッピーエンドという言い方は違うかもしれないが)で事件解決をみるが、東出昌大、笹野高史、そして、西島秀俊が全員警察官(もと含む)なのにサイコパスの罠に簡単にかかり、やることなすことすべて後手後手。なんか単純に隙が多過ぎというか。

とりあえず、警察官ならまず新たな犯人情報や証拠を得たら部署や仲間同士での情報共有は第一だと思う。なんか個人プレーが多く、それが原因でピンチになっていたり、証拠が消滅したり(謎のままだったりで)、もうなんだかなあという感じ。

まー実際の捜査も映画のように犯人が事前にわかってる訳ではないので、そんな感じなのかもしれないが、…それにしても刑事部長?の笹野高史と西島秀俊が隣人のサイコパスの香川照之がかなり怪しいと思った段階での捜査(突入)は、ダメダメ。

彼の家を捜索することになるが、なぜか二人だけで突入しちゃう。部下に一言声かけて、後からでも応援に来るようにしておくべきだと思う。しかも、さらに家についたらついたで、そこからさらに二手に分かれて、お互い一人で行動するし、もうダメだこりゃ。そして予想通り罠にかかり…。

個人的には、あの突入段階で、適切に処理していれば、とりあえず警察全体があの情報を共有して、それが公になり、この物語は終り、または指名手配などの次の捜査段階に進むはずだが、なぜかそうならず、ひっそりと物語が続いていく。個人的には、あの家に突入した時点で物語としては終りで良い。そもそもそれ以降のサイコパスの知能犯展開は、ただの警察のミスでしかない。

最後のオチに関しても、サイコパスは自分の手で人を殺めないというルールがこの映画の中でしかれていて、西島秀俊(高倉)もそのルールを信用した行動を取り、最後のオチに繋がっているが、実際は、サイコパス役の香川照之は途中でやむなく人(どこぞの母親)を自らの手で殺していて、そのルールはすでに崩壊しているように思うのだが。

なので最後の銃を渡されてというオチ(挽回)は、物語のオチとしてはそうなるが、なんとも成立してるのかしていないのか、微妙なラストだと感じる。



評価 ★★★☆☆ (星3.4)

(まとめ:香川照之の変人演技がやばいサスペンススリラー。しかしスリラーならではのイライラ展開は、流れ上の必要性というよりかは、オチありきの感じ(刑事のダメダメ感)を否定できない。だが、ショッキングスリラーとしては、意外とおすすめで、韓国映画では結構ありそうなタイプの映画だが、邦画ではあまり見ないタイプの映画。ちなみに今回は引っかかるような名言とか、気になるセリフは拾えなかった。)



>>クリーピー 偽りの隣人 豪華版 (初回限定) 【Blu-ray】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:
サスペンス映画全般

映画「追撃者(2014) 」の感想(ネタバレ)

2017.08.11 Friday 洋画 アクション/SF

■映画「追撃者(2014) 」の感想(ネタバレ)



■監督:ジャン=バティスト・レオネッティ
■出演者:マイケル・ダグラス/ジェレミー・アーヴァイン/ハンナ・マンガン・ローレンス/ロニー・コックス/パトリシア・ベスーン

WOWOWで放送していた映画「追撃者(2014) 」を鑑賞。

【映画「追撃者(2014) 」のあらすじ】

アメリカ南西部に広がるモハーヴェ砂漠でトレッキング・ガイドをする青年のベンは、ある日、大富豪のマデックに雇われて、彼の狩りに同行することに。マデックは、狩猟ポイントまでやって来ると、早速目に留まった崖上の物体目がけて発砲するが、銃弾に倒れて発見されたのは、老人の遺体だった。事件を通報しようとするベンに対し、マデックは態度を硬化させると、銃で脅してベンを裸同然にした上、灼熱の砂漠に置き去りにし…。

WOWOWから引用

【映画「追撃者(2014) 」の感想(ネタバレ)】


マイケルダグラス主演のサスペンスアクション。

意外と外れが少ないと思うサバイバル系の追いかけられっこモノタイトルに惹かれて選んでみた。

物語は、砂漠でハンティング中に獲物と間違えて人を殺めてしまったことから、事実を隠蔽しようとする大富豪の男と事実として処理しようとする地元のガイドの若者との攻防を描いた話。

邦題の”追撃者”というタイトルから、序盤から追う者と逃げる者でのなんらかの激しいバトル(銃撃戦)を予想していたが、実際は、意外と一方的と言うか、大富豪の男が、銃を奪いガイドの若者を半裸状態にして、灼熱の砂漠を彷徨わせ(撃たずに)生き果てるのを待つという変わった追撃の仕方。

最後こそ、挽回し、ようやく対決のような攻防になるが、序盤は、半裸で砂漠をウロウロさせられる状態が長く続く。

一応、隙を見つけて、友人が使っていた砂漠の隠れ家に逃げ込むが、結局、見つかって、捕まって、同じ状態に戻されたりと、同じ状態の繰り返しで、話があまり発展していかない。主人公の行動ももう少しやりようがあるような気がして見ててイライラ。

特に隠れ家に逃げ込んだ後は、もう少し、別の展開、発展があってもいい。そもそも序盤は、脅すだけで直接撃つ気(殺意)がまだないので、隠れ家の時点なら(相手が見失ってるため)、隙を突いて接近戦に持ち込み、上手いこと銃さえ奪えば、すぐに逆転できる可能性もあったはず。

結局、別のアイデアが浮かばなかったのか、同じ状態をなぞってるだけ。

ようやく夜になって、水を見つけて暗闇から挽回しようと試みるが、一日中荒野を歩き回ってたわりに、高いところを登ることが出来たり、元気良すぎ。リアリティを追及してる割に、どこかリアルでない。

また、捕まえて警察署に連れ戻した後も大富豪ならではの保安官らを買収して、ヘリで逃げるのは、意外な展開だが、その後のガイドの若者の恋人の家までじきじきに追いかけて行って彼等を殺そうとするのは、やりすぎと言うか、そこまでリスクを背負う必要性が見えない。

砂漠で殺害するなら、まだ事故とか言い逃れができそうだが、普通の住宅地で不法侵入して殺人を犯したら、いくら良い弁護士つけても無罪にするのは無理じゃないかな。



評価 ★★★☆☆ (星3.2)

(まとめ:普通に見れるが、いろいろ突っ込みどころの多いマイケルダグラス主演のサバイバルサスペンス。なんとなくだが、砂漠では主人公(ガイド)があえて大富豪と接近戦にならないような行動をあえて取ってるような気がしてならない。隠れ家しかり、車のところしかり。人間狩りというテーマをしっかり守るための必要な距離感というか、それを維持するためにストーリーがあるようなそんな話。)



ウォーリー

-?


イーヴー

-?


>>追撃者 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:
洋画

映画「ビューティー・インサイド 」の感想(ネタバレ)

2017.07.30 Sunday 韓国映画 レビュー

■映画「ビューティー・インサイド 」の感想(ネタバレ)



■監督:ペク
■出演者:ハン・ヒョジュ/パク・ソジュン/上野樹里/キム・デミョン/ト・ジハン/イ・ドンフィ/ムン・スク

WOWOWで放送していた映画「ビューティー・インサイド 」を鑑賞。

【映画「ビューティー・インサイド 」のあらすじ】

家具デザイナーのウジンは18歳のときから目覚めるたびに心以外の姿、性別、国籍のすべてが変わるようになった。その体質から人に会うことが困難な彼は、才能とインターネットを生かして活躍していた。ある日、彼はアンティーク家具店で働く美しい女性イスに恋してしまう。毎日初めての客のように店に通い、告白できる“見た目”になるまで待ったウジンはついに彼女をデートに誘い、ロマンティックな3日間を過ごすのだが……。

WOWOWから引用

【映画「ビューティー・インサイド 」の感想(ネタバレ)】

ハン・ヒョジュ、上野樹里共演の韓国ファンタジーロマンス。

韓国映画に日本の上野樹里が出演してたようなので見てみた。

内容は、寝て起きると顔(外見)が変わってしまうという体質の男性が、家具屋で働く女性を好きになり…という話。

まず期待していた上野樹里の役どころだが、主人公が好きになる相手役(ヒロイン)かと思ってたら(主役はヒロインのハンヒョジュ(韓国女優))で、男側の主人公が毎日変わる外見の一人(ある一日)という扱いだった。時間にして10分位かな。

出演時間10分位で、WOWOWの番組情報で上野樹里共演って、堂々と書かれているのもどうかと思うけど、まーまるっきり出てない訳では無いのでしょうがない。

ちなみに男側は外見が毎日変わるということで、有名、無名に関わらずかなり多くの韓国俳優が出演し、演じ分けている。韓国映画やドラマに詳しければ、結構知ってる俳優もたくさん出てるので、意外とお得感はある。

さて、内容の方の感想だが、固定されない外見の悩みを持つ男側と、それを受け入れる女性側の悩みをかなりリアルに描いていて、序盤は、コメディチックではあるが、中盤から後半は、かなり悩みと向き合ったシリアスな恋愛模様になっている。

そして、この外見が毎日変わるというテーマを巧みに使って、ただのファンタジーで終わらず、恋愛における、人の見た目、外見とは何か?、愛とは何か?についても、かなり深く切り込んでいる。

この外見と愛がテーマ。

外見が毎日変わるため、次の日に待ち合わせすれば、相手を見つけることすら出来ないヒロインが、ただ、見た目が変わってもどこか相手に対して感じる部分は同じで、そこに対する変わらぬ愛情は自分の中にある。

それは、見た目ではないから、愛そのものでしかない。

雰囲気なのかなんなのか。

愛とは何かに出会った感じがした。


評価 ★★★☆☆ (星3.6)

(まとめ:設定はファンタジーだが、意外と佳作の韓国恋愛映画。恋愛映画として、変化球なので、ものすごくおすすめするほどではないが、こういう恋愛映画も見といても損はないかも。期待の上野樹里は、中世的な男っぽい役どころで、演技は良かったが、あまり女性的な良さは出てなかった。最後に映画とは全然関係ないが、普段はあまり韓国のニュース等で話題になることはないと思うが、韓国での日本のAV女優の知名度の高さは、この映画が発端ではないが、意外と秘めてあるなと思う。きっと蒼井そらだけじゃない。もっといっぱい知っているはずだ韓国人男性(笑))




俺の一番好きな日本の女優

蒼井そら


-?



愛はすべてを解決するけど

愛のせいで壊れることもある


-?


>>[Blu-ray] ビューティー・インサイド


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:
恋愛映画 一般

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links