映画「モンスター・ホテル」の感想(ネタバレ)

2014.07.01 Tuesday アニメ/CGアニメ レビュー

■映画「モンスター・ホテル」の感想(ネタバレ)



■監督:ゲンディ・タルタコフスキー
■出演者(声優):山寺宏一 藤森慎吾 川島海荷 チョー 我修院達也

WOWOWで放送していた映画「モンスター・ホテル」を鑑賞。

【映画「モンスター・ホテル」のあらすじ】

人間の放った火で、城と最愛の妻マーサを亡くしたドラキュラは、人間の迫害から逃れ、モンスターだけの楽園を築こうと“モンスター・ホテル”を完成させた。そこでは年に1度、娘メイヴィスの誕生日にモンスターたちが一堂に会し、のびのびと休暇を過ごしている。立派なティーンエージャーに成長した彼女のバースデーパーティーが催されようとしたとき、世界を旅する21歳のお気楽な人間の青年ジョニーがホテルに迷い込むが……。

WOWOWから引用

【映画「モンスター・ホテル」の感想(ネタバレ)】  

ソニー・ピクチャーズアニメーションが手がけたファンタジーCGアニメ。

CGアニメ作品を久々に選んでみた。

ストーリーは、人間に不信感を持ち娘を大事に箱入りで育てていたホテルオーナーの父親が、ある日一人の人間が迷い込んだことで巻き起こる騒動を描いた話で、父親が大事に育てていた娘に、迷い込んできた人間が接触し、あろうことか恋愛関係になってしまうというよくある親子話。

この話自体は、悪くないと思うが、演出というか見せ方というか、登場人物のキャラクター(性格)が明るすぎて、登場人物たちに共感ができない。何か彼らに起きても、心配になったりとか、主人公目線になれない。

人間的な深さが描かれていないというか、共感したくなるほどキャラクターたちに魅力がない。なにがどうなっても、基本どうでもいい(笑)

なんとかラストで盛り上がりを見せているが、雰囲気だけ感動的な感じがあっても、気持ちがまるでそこに乗っていかない。


評価 ★☆☆☆☆ (星1つ)

(CGアニメ作品のよくある典型的な失敗作品。途中で中断して日を置いたり、時々2倍速使ったりして、なんとか見終えた。内容もさることながら、これも特にセリフ(名言)で拾いたくなるようなものはなかった。一応主人公(父親)がコメディキャラクターでギャグみたいな感じがあるが、それがちっとも面白くないし、ただただキャラクターたちの悪乗りを見させられている作品。テーマとして何を見せたいのかがよくわからない。父親の改めか。とにかく映像だけ見て楽しいと思う子供向け。何かしら内容を求めたい大人にはキツイ。 見終わってみて、結局なるようになったという感じ。これはひどい(笑))



SPE モンスター・ホテル BD

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:アニメ映画全般

映画「ブルー 初めての空へ」の感想(ネタバレ)

2014.03.16 Sunday アニメ/CGアニメ レビュー

■映画「ブルー 初めての空へ」の感想(ネタバレ)





■監督:カルロス・サルダーニャ
■出演者:ジェシー・アイゼンバーグ アン・ハサウェイ レスリー・マン ロドリゴ・サントロ ジェイミー・フォックス

WOWOWで放送していた映画「ブルー 初めての空へ」を鑑賞。

【映画「ブルー 初めての空へ」のあらすじ】

アメリカ・ミネソタ州の田舎町。羽はあるが飛べない青色インコの《ブルー》は、書店を営む飼い主のリンダと仲良く暮らしていた。そんなある日、鳥類学者チュリオの指摘でブルーが絶滅寸前の種であることが判明、ブルーは繁殖のため同じ種のメスを保護するリオデジャネイロへと行くことになった。リオに着いたブルーは、初めて出会ったメスのジュエルに一目惚れするが、その矢先、2羽は密猟者に捕らえられてしまい……。

※WOWOWから引用

【映画「ブルー 初めての空へ」の感想(ネタバレ)】


「アイス・エイジ」シリーズのカルロス・サルダーニャ監督のCGアニメ。

1年以上前に録画しておいたCGアニメを選んでみた。

主人公が飛べないインコという設定のもと、密猟者に捕獲され、逃亡の末、度々飛ばなければならない状況に追い込まれるが、しばらく飛ぶことができず足を引っ張るもラストになって、急に飛べるようになるというタイトルからすでにオチがモロバレしてしまっている作品です。

一応、ラストの飛ぶシーンと、ヒロインのメスインコとの飛べないことが原因によるケンカ別れのシーンなどは、感情移入はできて、多少の感動はあるが、全体的に見ると、やや視聴者置き去りの感じがある。

CGアニメの良作品にある、最初からガッツリ心を奪われてしまう感じはない。

この作品は、インコとインコの飼い主の女性との親子関係が重要だと思うが、そこが構築されるまでのエピソードが冒頭で全省略されていて描かれてないので、飼い主の女性が急に仲の良いインコがいなくなって騒いでも、こっちには、インコがいなくなったのね程度で、緊急性や危機感が伝わってこない。

辛い時にこのインコが支えてくれて、とかそういう具体的なシーンが欲しい。

またインコと他の動物仲間のキャラクター関係もなんとなく手薄な感じで、もう少し友情みたいな部分での置きにいったエピソードや展開が欲しい。とりあえず最後に飛ぶのはわかってるので。




評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(リオのカーニバルと飛行シーンは見どころのCGアニメ。ストーリー的には上記のように感情移入を求めるとかなり微妙だが、ブラジルのリオのカーニバルをCGで描いていて、それは華やかでなかなかの圧巻映像です。)



やっぱりサルは

鳥の役には立たんか


-?


恋って偉大ではあるが

愚かなもんさ


-?



ブルー 初めての空へ 【DVD】



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:アニメ映画全般


 

映画「ストライクウィッチーズ 劇場版」の感想(ネタバレ)

2014.01.19 Sunday アニメ/CGアニメ レビュー

■映画「ストライクウィッチーズ 劇場版」の感想(ネタバレ)





■監督:高村和宏
■出演者(声優):福圓美里 内田彩 世戸さおり 名塚佳織 沢城みゆき 田中理恵 園崎未恵

WOWOWで放送していた映画「ストライクウィッチーズ 劇場版」を鑑賞。

【映画「ストライクウィッチーズ 劇場版」のあらすじ】  

1945年。異形の敵ネウロイとの戦いを制した連合軍501統合戦闘航空団=ストライクウィッチーズは解散、魔力を失った芳佳は祖国・扶桑皇国で医師を目指していた。そんなある日、芳佳の前に士官候補生の静夏が現われ、欧州医学留学の辞令を伝える。彼女は、芳佳にその気があるなら自分が欧州まで随行するよう命じられているという。誘いを受ける決意を固めた芳佳だが、一方欧州では再びネウロイが不穏な動きを見せ始めていた。

※WOWOWから引用

【映画「ストライクウィッチーズ 劇場版」の感想(ネタバレ)】


人気TVアニメ「ストライクウィッチーズ」の完全新作劇場版。

物語は、ネウロイと呼ばれる侵略者から地球を守る魔法が使える少女たちの活躍を描いた話。

邦画のアニメ作品ということで1年位前に録画してたのを見てみた。

個人的に、同人系?のキャラクター作品は好んで見ないので、この「ストライクウィッチーズ」についても、タイトルすらも知らなかったが、見てみると、のほほんとした緊張感のないキャラクターたちの空気感が意外と面白かった。軍人が少女キャラはシュールですね。

キャラクター同士のやりとりは、以前見た、「けいおん!」と同じようなゆるさがある。

ただ、必要以上に描かれるパンチラ描写は、大人がこれを真面目に見てるのはどうなのか?とやや疑問は残る。ほぼ、全員がワカメちゃん状態なので(笑)



評価 ★★★☆☆ (星3.3)

(のほほんとした空気感のゆるさを楽しめれば意外と癒し系なアニメ。物語がどうとかいうよりツンデレのキャラクターたちのゆるいやりとりを楽しむような作品ですね。あと戦闘シーンは意外と爽快感あります。とりあえずテレビ版を見てある程度知識がないと、登場人物が多くて、誰が誰だか整理するのもやっとです。特にラストは、いろんな人が一気に集まってくるけど、個々のキャラクターの知識があまりないと、わさわさしただけで、あの人も?あの人も?という世界観には浸かれず。)


宮藤少尉を助けて〜

-?



ストライクウィッチーズ 劇場版 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ





JUGEMテーマ:アニメ映画全般


 

映画「大恐竜時代 タルボサウルス vs ティラノサウルス」の感想(ネタバレ)

2014.01.11 Saturday アニメ/CGアニメ レビュー

■映画「大恐竜時代 タルボサウルス vs ティラノサウルス」の感想(ネタバレ)




■監督:ハン・サンホ
■出演者:

WOWOWで放送していた映画「大恐竜時代 タルボサウルス vs ティラノサウルス」を鑑賞。

【映画「大恐竜時代 タルボサウルス vs ティラノサウルス」のあらすじ】  

白亜紀の朝鮮半島。森の王者タルボサウルスの一家で末っ子として生まれたパッチは、母や兄弟に狩りを教わりながら平和に暮らしていた。だがある日、一頭の赤いティラノサウルス=レックスが現われ、パッチの家族を皆殺しにしてしまう。ひとりになったパッチはレックスのいない遠い場所へ逃れ、そこでたくましく成長していく。やがてメスのプルヌと出会い、新たな家族を作ったパッチの前に、再びあのレックスが姿を現わし……。

※WOWOWから引用

【映画「大恐竜時代 タルボサウルス vs ティラノサウルス」の感想(ネタバレ)】



恐竜をテーマにした韓国産の実写&CGアニメ。

物語は、肉食恐竜タルボサウルス一家の末っ子に生まれたパッチとティラノサウルスの戦いを描いた話。

最近では珍しい恐竜がテーマのCGアニメということで見てみた。

韓国映画ということをあとから知ったが、CG部分に関しては、恐竜の動きや肌質などのクオリティは高く、ジュラシックパークなど有名恐竜映画と肩を並べる出来で違和感は少ない。

ただし、物語としては、なぜか吹き替えが末っ子のパッチと呼ばれる恐竜のみしか言語を話さず、他の恐竜は雄たけびのみで、他の恐竜の行動は、すべてパッチが解説するという変わった演出。

またパッチの心の声や願望も全部吹き替えになっていて、なんとなく渡辺徹がナレーションをしているNHKの自然番組をみているような変な感覚がある。

個人的には、ディズニーの「ダイナソー」のような、恐竜全員がしゃべる吹き替えアニメを期待していたので、かなり肩透かし。

ただ、しばらく見てると、キャラが大人になるにつれ、吹き替えに慣れて来て、それなりに見れるようにはなる。

序盤は吹き替えが子供で子供向けアニメみたいなで大人にはキツイ(笑)


評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(演出方法が子供向けすぎる恐竜アニメ。とりあえずCG技術が発達して、恐竜の質感クオリティがすごく進化し、ときどきあの爬虫類系の肌質が見ていて気持ち悪くなってくるほど。最近は、フルHDとか4Kとか解像度をものすごく追い求めているが、気持ち悪いものはより気持ち悪くなるので、解像度とかそろそろいいんじゃないかと思う。景色はきれいだけど。)


僕も一緒に

狩りが出来たらいいのにな〜


-パッチ


大恐竜時代 タルボサウルスvsティラノサウルス



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ





JUGEMテーマ:韓国映画全般


 

映画「ロラックスおじさんの秘密の種」の感想(ネタバレ)

2013.12.02 Monday アニメ/CGアニメ レビュー

■映画「ロラックスおじさんの秘密の種」の感想(ネタバレ)




■監督:クリス・ルノー カイル・バルダ
■出演者(声優):志村けん トータス松本 能年玲奈 宮野真守 山寺宏一 京田尚子

WOWOWで放送していた映画「ロラックスおじさんの秘密の種」を鑑賞。

【映画「ロラックスおじさんの秘密の種」のあらすじ】

花や木までもが人工物で作られた未来都市。少年テッドは、思いを寄せる少女オードリーが本物の木を見てみたいという願いを持っていることを知り、町に緑が生い茂っていた昔を知る老人ワンスラーをたずねる。偏屈な世捨て人のワンスラーは、当初テッドを相手にしなかったが、やがて彼の真剣な思いにほだされ、町から木々が失われるに至った過去を語り出す。それは、ワンスラーと森の番人ロラックスおじさんとの不思議な物語だった。

※WOWOWから引用

【映画「ロラックスおじさんの秘密の種」の感想(ネタバレ)】


「怪盗グルーの月泥棒」のスタッフが児童文学作家ドクター・スースの名作絵本をもとに映画化したCGアニメ。

物語は、すべてが人工物で作られた町で育った少年が、自然(本物)の木に興味を持ち、手に入れようと町の外に冒険に出るという話。

CGアニメということでまた選んでみた。

テーマが空気や木だったりで環境問題を描いているが、現実でもすでに同様の状態なので、見ながら、結構心が痛い。まるで数十年先の未来を見ているよう。

間接的に物質至上主義を改めるようなメッセージがかなり入っていて、キャラクターアニメだけど、内容は大人向け。陰謀論を知ってるとそこに向けた批判なのかなと思うこともしばしばで、CGアニメらしくない製作者の強い憤りやメッセージを感じる。

日本語吹き替えについては、後から気づいたが、声優に志村けんを始め、話題のあまちゃんの能年玲奈も参加している。

ただ、個人的にあまちゃん見てないので、能年玲奈の声と言っても全然ピンとこない(笑)

志村けんの声は、普段と違い、包み込む温かみがあってなかなか良かった。


評価 ★★★★☆ (星4.3)

(環境問題のメッセージがとにかく強いCGアニメ。タイトルにある”ロラックスおじさん”は、精神的な存在であんまり活躍してないが、環境破壊が進み一度消えるも、ラストで再び戻ってきたときには、清清しい感動がある。可愛らしいキャラクターから感じるものと内容
の違いが結構ドギツイがこれも良作だと思う。)



男が最初にアホなことをするのは

そいつが男やから

ほんでその次にアホなことをするのは

女の気を引くためや 女のな


-ワンスラー


木はどっちに倒れる?

木は傾いた方に倒れる

傾き方を間違えるな


-ロラックス


もししなければ
(UNLESS)


-?



誰かが何かしなければ

世界は変わらん


-?


[DVD] ロラックスおじさんの秘密の種


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:アニメ映画全般


 

映画「ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」の感想(ネタバレ)

2013.12.01 Sunday アニメ/CGアニメ レビュー

■映画「ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」の感想(ネタバレ)




■監督:窪岡俊之
■出演者(声優):岩永洋昭 櫻井孝宏 行成とあ 梶裕貴 寿美菜子 藤原貴弘 松本ヨシロウ

WOWOWで放送していた映画「ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」を鑑賞。

【映画「ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」のあらすじ】

逆賊として追われる鷹の団に、1年前団を去ったガッツが帰還する。彼の不在中、団をまとめていたキャスカは仲間を見捨てる形となった彼に怒りをぶつけるが、やがて2人は絆を取り戻していく。その後2人は反逆者としてとらわれたグリフィスの奪還を決行。だが、彼は激しい拷問によって廃人同然となっていた。すべてを失い、絶望のふちに沈むグリフィス。そんな彼の前に、失われたはずの《覇王の卵》ベヘリットが再び出現し……。

※WOWOWから引用

【映画「ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」の感想(ネタバレ)】


三浦建太郎の人気コミック「ベルセルク」の黄金時代篇を劇場用にアニメ化した3部作の完結編。

物語は、鷹の団を離れていたガッツが1年ぶりに団に合流し、囚われの身となっていた団長グリフィスを救出するが、激しい拷問の影響で廃人となっていて…という話。

3部作の完結編がWOWOWで初放送したので早速チェック。

この3部作は1.2と見てるがどれも完成度が高くて良作だが、この完結編もずっと見ていられるほど物語の興味性が高い。

内容はダークファンタジーで一見リアルさはないかなと思いきや、人間が描かれていて、感情がかなり揺さぶられる。

特にキャスカがグリフィスに弄ばれてるのをガッツが目の前で見せつけられる衝撃のシーンは、人間の持ってる本能(感情)が集約されている。

なんでしょうあそこで感じる感情は、「でめえこのやろ〜」の怒りが第一なんだけど、その下には嫉妬、落胆、憎悪やら何やらいっぱいあるな。一言で説明できない。

あと、グリフィスの廃人状態での人生への絶望は、悪(ダークサイド)に落ちる決断の動機としてはほんとよく出来ている。誰しもあの状態なら過去を捨てる決断をするでしょう。


評価 ★★★★★ (星5つ)

(ベルセルクの映画化3部作はどれも安心できるクオリティ。完結編と言うことで満点評価です。でかい顔がうごめく独特な世界観の映像化は、映像としても見る価値ある。個人的に内容含めほぼ完璧なアニメ。次作シリーズの映画化も切望したい。とりあえず原作マンガが20巻くらいまでしか持ってないので、ブックオフで続きを買ってこようと思う。連作でアニメを見たが、”メリダのおそろしの森”の口直しになった(笑))


みんな弱いんだ

弱いから人や夢にすがってる


-キャスカ


分からないことは

考えるな

出来ることをやるんだ


-キャスカ



後悔するくらいなら

最初から望まなければ良かったのに

路地裏から見上げるだけで

どうして満足できなかったんだい


-?


最後の最後まで

あがいてあがいて

あがきまくってやるんだ


-?


ベルセルク 黄金時代篇III 降臨 【Blu-ray】




にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ






JUGEMテーマ:アニメ映画全般


 

映画「メリダとおそろしの森」の感想(ネタバレ)

2013.11.25 Monday アニメ/CGアニメ レビュー

■映画「メリダとおそろしの森」の感想(ネタバレ)




■監督:マーク・アンドリュース ブレンダ・チャップマン
■出演者(声優):大島優子 山路和弘 塩田朋子 天田益男 木村有里

WOWOW
で放送していた映画「メリダとおそろしの森」を鑑賞。

【映画「メリダとおそろしの森」のあらすじ】

中世スコットランドの王国。王女メリダは野山で遊ぶ活発な少女だが、母親のエリノア王妃はメリダが王女らしく振る舞うよう注意し、いつも対立している。ある日、メリダは森で見つけた鬼火に導かれ、魔女と出会う。そして運命を変えられるという魔女に、自由になりたいと願う。しかし森と人間の間には魔法を使ってはならないという掟があり……。

※WOWOWから引用

【映画「メリダとおそろしの森」の感想(ネタバレ)】


第85回アカデミー賞で長編アニメ映画賞に輝いたピクサーの長編アニメーション。

物語は、結婚相手を親に決められた王女メリダが、自分の運命に反抗しようと森で出会った魔女に依頼するが、魔法で王妃(母親)がクマになってしまいという話。

AKB48の大島優子が声優参加しているということで気になり日本語吹き替え版をチェック。

基本的にピクサーのCG映画は、個人的にどれも感情移入ができて外れが少ないと思っているが、このメリダは、WOWOW初放送を期待していたわりに思ったほどこない。

たぶん、ヒロインの恋愛部分が一切ないからなのか、少女メリダの天真爛漫さだけを見せられるだけでは、物足りなさが残る。魅力が薄い。

ストーリーは、よくある後継者の王女の結婚問題で、そこの共感はなくはないのだが、母親を嵌めて、クマに変わってしまった際のメリダのリアクションにあまり好感がもてない。

特に母親がクマになってもまだ自分の結婚問題が変わらないか探っているところは、ヒロインとして、やや性格に問題がある。そこは純粋に母親を心配して欲しい。クマになったんだから。

物事の重大さに気づいていないというか、そこでギャグにしちゃうと、共感(心配)がなくなってどうでもよくなってしまう。※母親クマでもいいのか。

目当ての大島優子の吹き替えも、本人の顔がずっと浮かぶほどインパクトはなく、上手く声優に徹しれていると思うが、こちらもメリダの性格と同じく、何か物足りない。「ねらわれた学園」の渡辺麻友の吹き替えの方(キャラ)が、ハツラツとしていて良かった。



評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(やっぱりヒロインには恋愛が欲しいと思うなんか物足りないCGアニメ。今回はそれに尽きます。たぶんメリダの恋愛があれば、大島優子の吹き替えももっといろいろ想像できて良かったと思う。原作があまり良くなかったといえる。ストーリーも王道の王道でほぼ想像の範囲内で終始だし、魔女の役目もなんか薄かった。結局のところヒロイン含め登場人物に感情移入がなくて、どうでもいいなって思ってしまったのが痛い。)



伝説は教訓よ

真実に満ちている


-メリダ


運命は私たちの中にある

それを見つめる勇気を

持てばいいだけだ


-メリダ



[DVD] メリダとおそろしの森


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:アニメ映画全般


 

映画「ねらわれた学園」の感想(ネタバレ)

2013.11.11 Monday アニメ/CGアニメ レビュー

■映画「ねらわれた学園」の感想(ネタバレ)





■監督:中村亮介
■出演者:渡辺麻友 本城雄太郎 小野大輔 花澤香菜 戸松遥 平田広明

WOWOWで放送していた映画「ねらわれた学園」を鑑賞。

【映画「ねらわれた学園」のあらすじ】

鎌倉の中学生のケンジは、ある朝、ひそかに思いを寄せる同級生のカホリと初めて言葉を交わし、有頂天になっていた。一方、ケンジの幼なじみでカホリの友人でもあるナツキは、浮かれるケンジの姿に複雑な想いを抱く。そんな矢先、3人の学級に転校生の少年がやって来る。彼の名は京極リョウイチ。カホリはどこか不思議な雰囲気を漂わす京極に惹かれていく。だが、彼が転校して以来、なぜか学園では不思議なことが起こり始め……。

※WOWOWから引用

【映画「ねらわれた学園」の感想(ネタバレ)】


眉村卓のロングセラーSF小説を劇場用にアニメ化。

物語は、ある中学に一人の転校生がやってくると、次第にその学校で不思議な出来事や不登校する生徒が増え始め…という話。

AKB48の渡辺麻友が声優参加しているということでチェック。

映像の綺麗さは好印象だが、やけに語り(心の声?)が多いのと、セリフが聞き取りにくいほど、バックミュージックが常に流れているのは、大分好き嫌いが分かれる。

内容より世界観重視なのねと思う。完全にセリフ邪魔してる時もある。

また、そのセリフも詩的な表現が多く、それなりにいいセリフはあるものの、中学生の会話のためか、言葉に重みがなく、どこか薄っぺらさ(頭でっかち感)がある(笑)

これこれこういう理由で、そのセリフが出てくるという背景が見えないので、なんとなくセリフだけがふわふわしている。

コミュニケーションが大事と言うテーマは良い。



評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(渡辺麻友の声優とアニメ映像と音楽での癒しを求めるならそれなりの作品。ストーリーから得るものはほぼないが、環境ビデオ的な中学生の恋愛と世界観に身を任せると意外と心地よさはある。渡辺麻友の声優もAKBとは違ったキャラクターで魅力はあるし、吹き替えも上手い。)



チャック開き男

-ナツキ



ねらわれた学園 【Blu-ray】



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ







JUGEMテーマ:アニメ映画全般


 

映画「千年女優」の感想(ネタバレ)

2013.10.15 Tuesday アニメ/CGアニメ レビュー

■映画「千年女優」の感想(ネタバレ)




■監督:今 敏
■出演者:荘司美代子 小山茉美 折笠富美子 飯塚昭三 津田匠子 鈴置洋孝 佐藤政道 小野坂昌也 山寺宏一 津嘉山正種

WOWOWで放送していた映画「千年女優」を鑑賞。

【映画「千年女優」のあらすじ】

30年前、突然銀幕を去った大女優・藤原千代子に独占取材の約束を取りつけた番組制作会社の社長・立花は、千代子の屋敷を訪ねる。今も往年の面影を残す千代子は、関東大震災と重なった誕生日に始まる半生記を語り始める。女学生時代、彼女は偶然出会った活動家の男性に恋をする。彼が残した1本の鍵を思い出に、彼女は名も知らぬ彼を追って女優となった。千代子の記憶は次第に出演作の内容と入り交じり、時間も空間も超えていく。

※WOWOWから引用

【映画「千年女優」の感想(ネタバレ)】


PERFECT BLUE」の今 敏監督の異色ファンタジーアニメ。

物語は、一人の大女優のインタビューを行っていた記者が、彼女の初恋から始まる半生記を振り返りつつ、ある衝撃的な事実を思い出すという話。

日本のアニメ作品ということで選んでみた。

女優が語る過去の初恋エピソード(回想シーン)に取材をしていた記者が入り込んだり、女優の過去の話と過去に演じていた映画作品の話が、境なく入り混じったりと独自の演出が光る作品。

このごちゃ混ぜ演出の切り口は、なかなかすごいが、ただ、意外と同じフリ(パターン)が長く続くので、しばらく見てると飽きてきて、早くオチ(結果)が欲しくなる。

結局、話は、10代で出会った初恋の男性を探す旅を続けていたが、見つけられず、結局男性は、途中で思想犯として捕まり拷問の末亡くなっており、そのことを知らず、彼女は初恋の男性の影を追い続けていたことがわかる。

そして、最後は、自分も亡くなり、彼の後を追っていくという悲しい話。


評価 ★★★☆☆ (星3.2)

(物語の演出(見せ方)が独特で光るアニメ作品。ラストシーンは、初恋テーマならではの、悲しい結末とほろりとした感動がある。この女優の最後の発言(セリフ)にもあるが、○○してる私が好きという人間の感情ってあるなと思う。人のためと思ってやってるけど、実は、それをやってる自分が好きという見方。なかなか深い着地。ただ、もう少しこれ以外の他の部分の内容欲しかった気もする。シーン(場面)は変わってもずっと追ってるだけでは、さすがにね。)



お客も女優も一緒だ

適当にウソを織り交ぜて

乗せてやるんだ


-?


私行きます

どこまでも会いに


-?


いつか…きっと

-?


だって私

あの人を追いかけてる

私が好きなんだもの


-千代子



千年女優(初回仕様)(Blu-ray)



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ






JUGEMテーマ:アニメ映画全般


 

映画「ランゴ」の感想(ネタバレ)

2013.07.09 Tuesday アニメ/CGアニメ レビュー

■映画「ランゴ」の感想(ネタバレ)





■監督:ゴア・ヴァービンスキー
■出演者:ジョニー・デップ アイラ・フィッシャー アビゲイル・ブレスリン アルフレッド・モリナ レイ・ウィンストン ビル・ナイ

WOWOWで放送していた映画「ランゴ」を鑑賞。

【映画「ランゴ」のあらすじ】

人間にペットとして飼われているが、TV番組のヒーローに憧れるカメレオン。車で飼い主と移動中に事故に遭い、入っていた水槽ごと砂漠に放り出されてしまう。初めて広い世界に出たカメレオンは途方に暮れるが、寂れた荒野の町“ダートタウン”にさまよい着く。酒場で町の住人たちにランゴと名乗ったカメレオンは、でたらめな武勇伝を語った結果、町の保安官に任命されてしまう。その頃、町は深刻な水不足に見舞われていて……。

※WOWOWから引用

【映画「ランゴ」の感想(ネタバレ)】


パイレーツオブカリビアン」シリーズのジョニーデップとゴア・ヴァービンスキー監督がアニメで再びタッグを組んで第84回アカデミー賞で長編アニメ賞受賞したCGアニメ。

物語は、カメレオンの主人公がひょんなことから水不足に嘆く砂漠の町の保安官になったことで、その町で起こっていたある陰謀に巻き込まれるという話。

CGアニメということでチェック。

カメレオンが主役で西部劇風な世界観やスペクタクルなアクションなどところどころ見どころはあるものの、残念なことに全くキャラクターに感情移入ができないストーリー展開。唯一気持ちが近づいたのがラストの20分前(開始80分後)あたりからと大分遅い。

とりあえず、最初からずっと目的が明確でなく、ただその場の取ってつけたキャラクターたちのコメディを見せられている感じ。日本語吹き替えでみたが、せっかくジョーイ(マットルブラン)の声優の人がランゴの吹き替えを担当してるが、無駄なおしゃべりキャラクターで、全然ダメだ。

この作品が第84回長編アニメ賞受賞したようだが、金の力?話題性?なのか…全くよくわからない。もちろんスクリーン(大画面)で見たらかなり迫力あるシーンがあって、評価が変わってくると思うが、物語的なワクワクドキドキ感でいうと全然感情移入できないので、面白さでいうと大分ひどい。


評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(感情移入目線では全然ダメダメだけど、一応アクションの華やかさ世界観の謎めいた感じの部分は評価できてギリ★3つ。やっぱり、主人公が物語を歩んでいくにあたり、その先の目的地とか導線が欲しい。将来に対してが行き当たりバッタリだから、裏切られたとかそう来たかという、その辺の先を予想する楽しみがない。久々にCGアニメで感情移入できないものを見た気がする。なんか残念。一応水戦争というこれからの人類が通るであろうテーマを描いているが、キャラクターが散らかっていて響いてこない。一応この作品はWOWOW映画塾の解説付きだが、作品では分からない部分が、そっちを見ることで、いいたいことがよくわかる。そういうことね。)


ヒーローは平和の中には

存在しない


-ランゴ



皆信じる何かが

必要なんだ


-町長



誰も自分の物語から

逃げられない


-?


ランゴ おしゃべりカメレオンの不思議な冒険 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:アニメ映画全般


 
WOWOWのおすすめ番組!    

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links