韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第1話の感想(ネタバレ)

2010.11.28 Sunday 韓国ドラマ ロードナンバーワン あらすじ

■韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第1話の感想(ネタバレ)



■監督:イ・ジャンス キム・ジンミン 
■出演者:ソ・ジソブ キム・ハヌル ユン・ゲサン チェ・ミンス ソン・チャンミン

WOWOWで放送中の韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第1話を鑑賞。

【韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第1話のあらすじ】

ジャンウとスヨンは、お互いに淡い恋心を抱く幼なじみ同士。あるとき、ジャンウはスヨンの学費のために、パルチザン討伐作戦に志願する。だがその結果、ジャンウは生死不明のまま行方がわからなくなってしまう。時が経ち、スヨンのもとにジャンウが戦死したという報せが届く。スヨンは絶望するが、そんな中、スヨンに好意を抱いていたテホが彼女にプロポーズ。スヨンはこれを受け入れることに決めるが……。

※WOWOWから引用
------

【韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第1話の感想+あらすじ(ネタバレ)】

「カインとアベル」に次ぎ韓国人気俳優のひとりソジソブが主演した、朝鮮戦争が舞台の韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第1話ですが、オープニングの音楽、物語序盤で石碑に書かれた名前を見て年老いた主人公が涙を流すシーンなど、過去の「プライベートライアン」や「パシフィック」の影響を受けていると思われるシーンが散見している。

くしくも自分が現在「パシフィック」も同時鑑賞中ということもあり、「パシフィック」が描く日米戦争と「ロードナンバーワン」が描く朝鮮戦争。内容は全く別物だが、常に200億円の大作の前者と比べてしまうため、「ロードナンバーワン」がなんとももったいない作品に思えてしまう。

この点に関してはWOWOWも放送番組の順番や番組内容を選んだ方が良い。

【韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第1話の全あらすじ】

スヨン(キムハヌル)の学費を稼ぐため春に帰ってくると約束して戦争に行ったジャンウ(ソジソブ)だが、いつしか行方不明になりスヨンのもとには戦死したという知らせが届く。ジャンウは死んだものと悲しむ医者のスヨンの前に同じ軍人のテホ(ユンゲサン)が一目ぼれする。のちにテホはスヨンにプロポーズする。

結婚を控えたスヨンの前に、戦地から生き延びていたジャンウが突然現れ、スヨンはテホとジャンウの間で気持ちが揺れる。ジャンウの上官に当たるテホもジャンウの強いスヨンへの想いに全く譲ることなく、二人はスヨンを奪い始める。

そんなある日、テホはスヨンに橋に爆弾を仕掛けるので近づくなと忠告するが、どこからかその情報が洩れており、正規軍が橋に爆弾を仕掛けていた当日パルチザンが現れ奇襲されてしまう。

スヨンが韓国正規軍の反勢力であるパルチザンの仲間だと知ったテホは、正規軍の攻撃を受け、燃え盛る病院でスヨンを見つけるが、助けることなくその場から立ち去ってしまう。

ジャンウもまた、スヨンがパルチザンと関係があると知るが、スヨンがいる病院に駆けつけると燃え盛る病院の中からスヨンを助け出す。

そんなとき、北の朝鮮軍が南朝鮮領への進軍を開始する。すでに除隊を申し出ていたジャンウだが、「軍服を着ている間は、軍人だ」と北朝鮮軍の討伐に参加するように上官のテホに言われると、仕方なく戦争に参加することになる。

スヨンや故郷を守るためジャンウは再び、恋敵テホの元で北朝鮮軍との戦火に飛び込んでいく。

早速、戦地に赴くが、いきなり北朝鮮軍の戦車隊と対峙してしまい…。※続く

評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

(戦争シーンの迫力は凄いが、序盤のスヨンとジャンウの相思相愛シーンは見ていて恥ずかしくなるほどのベタベタなやりとりにあまり共感できない。個人的には前回の「太陽を飲み込め」のような、恋愛感情は心に秘めた中で話が進んで行くのが理想的だ。

またスヨンを演じるヒロイン役のキムハヌルもこの時代の女性にはすごく合っていると思うが、個人的に好みのタイプの女性ではないので、見ていてどうでもよくなってしまう。結構期待して見始めた韓国ドラマ「ロードナンバーワン」だが、第1話ですでにお腹っぱいになってしまった。今後録画分の続きをどうするか悩み中。)

ロードナンバーワン DVD-BOX1

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:韓国ドラマ
 
WOWOWのおすすめ番組!    

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links