映画「だいじょうぶ3組」の感想(ネタバレ)

2014.05.26 Monday 邦画 人間ドラマ/ヒューマン

■映画「だいじょうぶ3組」の感想(ネタバレ)



■監督:廣木隆一
■出演者:国分太一 乙武洋匡 榮倉奈々 三宅弘城 安藤玉恵 田口トモロヲ 余貴美子

WOWOWで放送していた映画「だいじょうぶ3組」を鑑賞。

【映画「だいじょうぶ3組」のあらすじ】

東京郊外の松浦西小学校。5年3組に新たな担任としてやって来た赤尾慎之介は、生まれつき手と足がない障害を持っていた。教育委員会に勤める親友・白石が赤尾にしか教えられないことがあるはずだと強く推薦し、自ら補助教員として付き添うことを条件に赤尾の担任を認めさせたのだった。この前例のない抜擢に他の教員や保護者たちは反発し、児童たちも戸惑いを隠せない。だが逆風の中、赤尾は正面から子どもたちに向き合っていく。

※WOWOWから引用

【映画「だいじょうぶ3組」の感想(ネタバレ)】

ベストセラーになった「五体不満足」の著者で知られる乙武洋匡が実体験をもとに綴った同名小説を本人主演で映画化した作品。

WOWOで初放送してたので、なんとなく選んでみた。

内容的には、障害を持たれた乙武さんが担任したクラスの小学生の交流を通して、障害について考えるという話。

乙武さん本人が出演していることもあるが、彼の日々の生活(車椅子生活等)が垣間見え、通常の動作だけでもいろいろと大変な作業が多いことに気づかされる。

ちなみに序盤は、小学生ならではの周りや自分に素直になれれない生徒の話で、特にこれといってないが、開始1時間を過ぎた辺りから、障害についての話がメインになっていき、この映画の大きな見せ場?(テーマ)になる。

山登りの遠足が決まり、車椅子の先生も一緒に同行させようと嘆願書を出す児童。一緒に同行できることが決まるも、時間内に頂上にたどり着けず、中腹で過ごすことになる生徒を遠くから見て、遠足に付いてきたことを後悔、自己嫌悪になる先生など、やりきれない心情が伝わってきて、涙腺を刺激される。

全体を通して、テーマは、障害についてで、障害者の方への接し方など、障害者の目戦からも学ぶことができる。ただ、どうしてもこの乙武さんのケースはレアで、すべてを同じように扱ってしまうのはいかがなものかという思いもある。この人はちょっと精神が強すぎかなと思います(笑) 

結局は、障碍者の人との距離感というか、親しさの度合いで、それ以上踏み込んでいいかという感じだと思う。


評価 ★★★☆☆ (星3.5)

(障害をテーマにした人間ドラマ。学園モノということで、子役がたくさん出演しているが、セリフが棒読みだったり、滑舌が悪かったり演技が気になる児童が何人かいる。主演の乙武さんは、俳優ではないが普通に上手い。また坊主になるくだり、車椅子での移動など、ちょっと面白いシーンもある。乙武さんのキャラクターもあるが、普通では笑ってはいけない部分で、笑えるようなシーンがある。)



大丈夫、大丈夫

-赤尾


3組だけ俺のせいで

-赤尾


だいじょうぶ3組 【Blu-ray】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:邦画

映画「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」の感想(ネタバレ)

2014.04.07 Monday 邦画 人間ドラマ/ヒューマン

■映画「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」の感想(ネタバレ)





■監督:猪股隆一
■出演者:成海璃子 桜庭ななみ 山下リオ 高畑充希 小島藤子 金子ノブアキ 森崎ウィン 森岡龍 坂口涼太郎

WOWOWで放送していた映画「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」を鑑賞。

【映画「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」のあらすじ】

愛媛県四国中央市。書道家の父を持つ高校3年生の里子は、県立四国中央高校で書道部部長を務めていたが、書道に対する姿勢で他の部員と衝突してばかりいた。部の臨時顧問となった教師・池澤から自分の書を「つまらない字」と評された里子は、自分にとっての書の意味について悩みを深めていく。そんな中、部員の清美が親の営む文具店の閉店を惜しむため、音楽に合わせて書を描く《書道パフォーマンス》の実施を提案するのだが……。

※WOWOWから引用

【映画「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」の感想(ネタバレ)】

書道パフォーマンスの大会を実現させようとする女子高生の実話をベースにした成海璃子、桜庭ななみ共演の青春ドラマ。

去年の夏あたりに録画しておいたのを消化。

女子高生が書道パフォーマンスを開催するという実話をベースにした話らしいが、映画の内容的には、どこに向かってるのかもずっとモタモタしてる感じでかなり薄い。主人公(里子)をはじめ登場人物に感情移入が出来ないので、ずっと客観目線。

そして時間が122分は長い。90分か80分位でまとめて欲しい。

結局1時間過ぎた辺りから物語の遅さに耐えられず、久々の2倍速発動となった。

これからは、ダラダラした映画はさっさと2倍速で見ることにする。じゃないと時間がもったいない。

そんな微妙な評価のこの作品だが、書道パーフォーマンス中に半紙にスベってこけて失敗するシーンは、面白い。中盤に同じような失敗するシーンがあるのがフリになっていて、最後はベタに面白い。


評価 ★★☆☆☆ (星2.5)

(本大会でのこけるシーン(失敗シーン)が唯一見どころの青春映画。この作品は、狙って笑いにしてるのか、真面目にしたらたまたまそういう着地になってしまったのかはわからないが、かなりふざけているようなシーンがある。突っ込みどころ満載。本人たちは真面目にやっているため、おかしいぞとは言いにくい状況があるが、でも演出があきらかに可笑しい。病院の駐車場で書道パフォーマンスをして、看護師から騒いでいるのを「静かに」といわれるが、それよりも、病院の駐車場でビニールシート広げんなよという部分がある。指摘するところそこじゃない。そんな何かが少しずつ微妙にズレている映画だ。再生というテーマと音楽は良い。)



無理やと思うき

無理になるんです


-?


部長さんが出来ないことでも

誰かの力を借りたら

出来ることありますよ


-?


この町ってどっからでも

あの煙突が見えるんやな


-里子



ここは病院ですよ

お静かに


-?



書道ガールズ!! わたしたちの甲子園 【Blu-ray】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ





JUGEMテーマ:邦画


 

映画「苦役列車」の感想(ネタバレ)

2014.01.07 Tuesday 邦画 人間ドラマ/ヒューマン

■映画「苦役列車」の感想(ネタバレ)





■監督:山下敦弘
■出演者:森山未來 高良健吾 前田敦子 マキタスポーツ 田口トモロヲ

WOWOWで放送していた映画「苦役列車」を鑑賞。

【映画「苦役列車」のあらすじ】  

中卒の日当労働者として働き、せっかく稼いだなけなしの金も酒や風俗ですぐ使いはたしてしまう、どん底の暗い青春時代を生きる19歳の孤独な青年、北町貫多。ある日彼は、仕事現場で新入りの専門学校生・日下部正二と出会って意気投合し、2人は友達づきあいをするようになる。さらに貫多は、正二を介して、行きつけの古本屋で店番をする憧れの女性・桜井康子とも知り合い、ようやく彼にも遅い春が訪れたかに思えたのだが…。

※WOWOWから引用

【映画「苦役列車」の感想(ネタバレ)】


第144回芥川賞を受賞した西村賢太の同名小説を「マイバックページ」の山下敦弘監督が森山未來や高良健吾、前田敦子ら若手俳優を迎えて映画化した青春ドラマ。

物語は、日雇い労働で酒と風俗に溺れ、その日暮らしをする青年が、古本屋の店員の女性に惹かれたり、しながらも最終的に本を書くという夢を見つける話。

元AKBの前田敦子が出演し演技が話題になっていたので選んでみた。

あらすじも知らずに話題性だけで見始めたが、森山未来演じる主人公のダメ青年役がなかなかすごかった。っというか行動が面白い。

この山下敦弘監督作品はこれまで「マイバックページ」と「リンダリンダリンダ」を見てるが、映画を包み込む世界観と言うか空気感がかなり独特といえる。

出演俳優を月9ドラマのように見た目を格好良く綺麗にキラキラ光るように撮るつもりは一切ない感じで、役の人間味だけを存分に出してくる演技優先の演出をしている。

そのせいか森山未来ってこんな格好悪かったっけと思うほど素人並みにダサイ(笑) 
※そういうファッションがダサイ時代でもあるけど。

もちろん格好悪く見える森山未来の演技力がすごいのもあるが、この映画に出てくる登場人物が、普通にこんなヤツいたわと思うほど絶妙な連中が登場していて、面白いこといいます的ないかにもな感じのコメディではないのに、状況とキャラクターの出す雰囲気だけで、かなり笑える状況を作り上げている。

そしてちゃんと面白い。

久々に映画見ててマジで笑わされた。

プププっ感がすごいです。

たぶん牛乳を口に含んで見てたら、結構な勢いで部屋を汚していたと思う。

とりあえず彼女でもない前田敦子(康子)の手をいきなり舐めちゃいけないよね(笑)



評価 ★★★★☆ (星4.3)

(映画を包んでいる空気感が抜群に面白い青春ドラマ。日雇いのバイトをしたことがあると、主人公含めこんなヤツいたなと思う連中がたくさん出ていて面白い。なんかやたら自慢、格好つけてるヤツとか、海で貝採るみたいな仕事の外でやたらはしゃいでたヤツいたなとか、全然仲良くなってないのに上から説教してくるヤツいたなとかね。ただ一番は、この主人公が今までみた映画の中のキャラクターでベスト3に入るほどリアルにクズだなということ(笑)
酒や風俗、友達に借金をするわかりやすいクズさに加え、ちょっと行動が常軌を逸したことをするのが、今までなかなか見たことがない。特に恋愛部分は面白い。恋愛が下手なヤツって興味深いね。)



夢なんか持ってたってな〜

どうにもなんねんだよ

お前この先なんだって

出来ると思ってるだろ

出来ねえぞ

なんにも出来ねんだよ

ただ働いて食って

終わってくんだよ

世の中そういうふうに出来てるんだよ

わかってるのか中卒

この先、生きてたって

何にも楽しいことねえぞ


-岩男


僕、本が好きなんですよ

本読むぐらいしか

楽しみがないんですよ


-北町


田舎もんは

何かと世田谷に住みたがるよな


-北町


お前友達だったよな

ありがとう、ほんとありがとう


-北町



苦役列車 【DVD】



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ






JUGEMテーマ:邦画


 

映画「リトル・マエストラ」の感想(ネタバレ)

2013.12.26 Thursday 邦画 人間ドラマ/ヒューマン

■映画「リトル・マエストラ」の感想(ネタバレ)




■監督:雑賀俊郎
■出演者:有村架純 釈由美子 蟹江敬三 篠井英介 前田吟 井上道義 小倉久寛 松本利夫

WOWOWで放送していた映画「リトル・マエストラ」を鑑賞。

【映画「リトル・マエストラ」のあらすじ】

過疎化が進む港町、石川県志賀町福浦。この港町には歴史だけは長いアマチュアオーケストラがあった。世界的指揮者の弟子だったという吉川の指揮の下、レパートリーは「威風堂々」一曲、お世辞にもうまいとは言えないながら、皆演奏を楽しんでいた。だが、ある日吉川が他界、オケは解散の危機を迎えてしまう。唯一の音大出身者であるみどりは楽団存続のため、生前吉川が天才と自慢していた孫娘・美咲を新指揮者に迎えるのだが……。

※WOWOWから引用

【映画「リトル・マエストラ」の感想(ネタバレ)】



連続テレビ小説「あまちゃん」に出演していた若手女優:有村架純主演の音楽ドラマ。

物語は、指揮者が不在になった田舎のオーケストラの指揮をすることになった女子高生の話。

「あまちゃん」は見てないけど、最近気になっている有村架純が主演してたのでチェック。

タイトルからわかるとおり、オーケストラの話だが、オケが好きな人たちが趣味で集まって演奏しているという部分では、韓国ドラマの「ベートベンウイルス」に近い親密な感じがあるが、みんなで頑張ってプロを目指すとか、アマチュアで優勝するとかいうガチな世界を目指さずに、自分たちの独自のやりかたを貫くという部分では、切り口がちょっと面白い。

普通ならわかりやすいある目標(コンクール優勝)に対して、そのまま突き進むのだが、この作品は、その掲げた目標を寸前で方向転換する。

アマチュアコンクール当日に辞退して、オケ仲間の高校生のバスケットの試合に駆けつけるという荒業を見せてくれる。こんな裏切り方はなかなかない。せめてコンクールに出場しつつ、終わってからすぐに駆けつけるならわかるが、コンクールに出ないで直接行くというのは斬新(笑)

そして俳優は当て付けで誰も弾いていない(笑)


評価 ★★★☆☆ (星3.3)

(オーケストラ(音楽モノ)と有村架純が好きなら見といても良い作品。冒頭では好感度ゼロの不良キャラ(演技上手いけど)を演じていた有村架純に「うわ〜そっちか〜」と思った矢先、制作側もそう感じたのか、急遽路線変更で清純派キャラになってくれて安心。有村架純は清純派じゃないとね。)



嘘は嘘を呼ぶぞ

-?



伝えるだけでは伝わらない

思いを伝えたければ

まず伝えたい相手のことを

思いやらないとね


-?



楽譜は作曲家からの手紙

-吉川



楽譜は作曲からの手紙だといったね?

宛名は書いたかい?


-?



俺たちの手紙のあて先は

ここじゃないってことだ


-?



[DVD] リトル・マエストラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ




JUGEMテーマ:邦画


 

映画「任侠ヘルパー」の感想(ネタバレ)

2013.09.28 Saturday 邦画 人間ドラマ/ヒューマン

■映画「任侠ヘルパー」の感想(ネタバレ)




■監督:西谷弘
■出演者:草なぎ剛 安田成美 夏帆 風間俊介 香川照之 宇崎竜童

WOWOWで放送していた映画「任侠ヘルパー」を鑑賞。

【映画「任侠ヘルパー」のあらすじ】

指定暴力団“隼會”を抜け、堅気として生きることを決めた彦一は、コンビニ店で働きながら暮らしていた。ある日、店に強盗が入るが、彦一は犯人が老人だったことで、金を渡して逃がしてやる。だが、もみ合ったときに見えた刺青が元で警察に逮捕され、刑務所に入る。彦一は老人と再会し、その時のお礼に、困ったときは極鵬会の朝比奈を訪ねるようにと名前入りの将棋の駒をもらう。出所後、彦一は老人のつてを頼りに大海市を訪れる。

※WOWOWから引用

【映画「任侠ヘルパー」の感想(ネタバレ)】


草なぎ剛主演で人気を博したTVドラマの劇場版。

物語は、コンビニ店で働く元極道の男が、強盗に合い撃退するが、強盗に金を渡して逃がしたことで、共犯となり刑務所行き。そこでそのときの強盗と再会すると、極鵬会という組を紹介され…という話。

ドラマ版は見てないが、映画版がWOWOWで初放送してたので見てみた。

初めは、草なぎ君の刑務所内での角刈り?頭に、多少の違和感があって笑ってしまったが、演技は、しっかり入っていて、隙はない。

こちらもタイトルにヘルパーとついているが、現在の老人介護の現状が結構リアルに描かれていて、どことなく前回見た「桃(タオ)さんのしあわせ」と被っていて、老人介護の現状を見るとネガティブな気持ちになる。

ただ、草なぎ君の仁義な行動には、結構感動がある。珍しく悪役の多い香川照之が良心がある役どころをしているのも良かった。最後の二人ともケガした状態での道端での悪あがき部分はぐだぐだで面白い。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(任侠とヘルパーという対照的な言葉の相性が良かった劇場版。介護施設に人がいないので、動ける老人はお互い助け合ってっという発想はなかなか好感が持てるが、実際に老人ホームに入っている人は身の回りのことが出来るほどそこまで動けるのか?という問題がある。映画ならではの演出かな。熱い映画が好きな人にはおすすめ。人間守るべき物がない方が実は強い。)



商売ってのは

イス取りゲームみたいなもんでしょ

どちらかが勝てば

どちらかが食いっぱぐれる


-朝比奈


議員とか家柄とか

そんなものにこだわらなければ

怖いものなんかないんだ


-八代



任侠道

弱気を助け強気をくじく

命を捨ててでも

義理人情を貫く

オレはそんな本物の極道に


-翼



任侠ヘルパー スタンダード・エディション 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ




JUGEMテーマ:邦画


 

映画「映画版 くろねこルーシー」の感想(ネタバレ)

2013.09.07 Saturday 邦画 人間ドラマ/ヒューマン

■映画「映画版 くろねこルーシー」の感想(ネタバレ)




■監督:亀井亨
■出演者:塚地武雅 安めぐみ 大政絢 濱田マリ サコイ 山本耕史 京野ことみ 生瀬勝久

WOWOWで放送していた映画「映画版 くろねこルーシー」を鑑賞。

【映画「映画版 くろねこルーシー」のあらすじ】

小心者で自信がなく、当然客もつかない占い師の鴨志田。妻子にも別居され、ひとり寂しい毎日を過ごしていた彼の前に、あるときルーシーという黒猫が現われ、生まれたばかりの子猫2匹を置き去りにしてしまう。縁起が悪いと黒猫を大の苦手にしていた鴨志田だったが、エサも取れない子猫を放っておくわけにもいかず、いやいやながら世話をすることに。だが、やむなく仕事場に子猫を連れて行ったことから彼の仕事運は急上昇し……。

※WOWOWから引用

【映画「映画版 くろねこルーシー」の感想(ネタバレ)】


ドランクドラゴンの塚地武雅が主演する癒やし系ドラマの劇場版。

物語は、冴えない占い師が、あるとき迷い猫の黒猫を拾ったことで、次第に人生が好転していく様を描いた話。

塚地主演ということで、「間宮兄弟」的なのほほん的面白さを求めて選んでみたが、そういった笑いは、特に無く、さらに途中からぐわ〜っと盛り上がるわけでもなく、話はずっと坦々としている。

猫好きなら、それなりに見ていて癒しがあるのかもしれないが、個人的には、眠くはならない程度に、物語への吸引力(感情移入)が大分弱く、たびたびこれつまらないのでは?と感じるときもありで、大分内容が薄味です。

一応人生は”きっかけ”が大事ということを、さざ波ストーリーの中で1時間半かけて描いている人間の成長を描く(ほんのり感動)話でもある。映画にハリウッド的なはっきりとした大きな展開を求める人には、向かない。


評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(猫好き、占い師の人なら見てもいいかなという作品。ドランクの塚地が出ているので、もう少し笑いを多くしてくれないと、出ている意味ないんじゃないかと思うほど、笑いが全然ない。その辺を期待してみると評価下がる。別にこれ塚地じゃなくてもいいじゃないという気がしないでもない。あと、内容と全然関係ないけど、コタツをコタツ布団使わないで、足ストーブ的に使う人間性が、やっぱ共感できない(笑))


ビジネスとしての占いってのは

9割統計学だって

残りの1割がその人の個性

きちんと問診して

適切なアドバイスを

オリジナリティのある言い方で伝える

これが占いです


-?


本人が言ってることが

全部正しいなら

占いなんていらないじゃないですか


-?


人間てきっかけなんだな

-鴨志田



猫って信頼のないところには

絶対によりつかない

もんなんですね


-?


所詮占いなんて本人が決める”てこ”に

なれるかどうかです

我々はいつだって無視されるために働いてる


-?


占いは聞いても聞かなかった事にする

これ鉄則ですから


-?


くろねこルーシー はじめての子育て


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:邦画


 

映画「闇金ウシジマくん」の感想(ネタバレ)

2013.08.28 Wednesday 邦画 人間ドラマ/ヒューマン

■映画「闇金ウシジマくん」の感想(ネタバレ)



■監督:山口雅俊
■出演者:山田孝之 大島優子 林遣都 崎本大海 やべきょうすけ 片瀬那奈 岡田義徳

WOWOWで放送していた映画「闇金ウシジマくん」を鑑賞。

【映画「闇金ウシジマくん」のあらすじ】

フリーターのミコは、パチンコ依存の母が作った借金を肩代わりさせられることになった。母は、10日で5割という法外な利息で金を貸す悪名高い闇金業者・丑嶋から金を借りていたのだ。ミコは利息分だけでも返済しようと、《出会いカフェ》で客とのデートを重ねるのだが……。一方、ミコの幼なじみの大学生ジュンは、成り上がる野望の第一歩として一大イベントを企画するが、資金不足に陥って丑嶋のもとを訪ねることに……。

※WOWOWから引用

【映画「闇金ウシジマくん」の感想(ネタバレ)】


真鍋昌平の同名コミックを、山田孝之主演で映像化したTVドラマの劇場版。

物語は、携帯三台に3000件の電話帳ネットワークを持つフリーターの男が、イベントを企画して、金持ちとの人脈を持とうとするが、大イベントの前に資金繰りに失敗し、ウシジマというヤミ金業者からお金を借りるが…という話。

かなりダークなタイトルに惹かれてチェック。

原作コミックやドラマ版も見てないが、なかなか闇社会の話?で興味はそそられる。あ〜実際にありそうだなと感じる。

ただ、感情移入や共感という部分では、AKBの大島優子が演じる女の子位で、他は人間的にクズばかり(金がすべて)で(笑)、見ていていい気持ちはしない。もっといい人出してよ。

そういった意味では人間のダークサイドはよく描かれていると思う。

あと途中から、ヤミ金に金を借りに来てるヤツがロクでもなさ過ぎて、山田孝之演じる闇金ウシジマ君の方が、高利貸しの犯罪者なのに、取立てに共感したりと、感情が流れていく。

意外とこのウシジマ君、本質を突いたいいことたまに言う(笑)

最終的な結論は、金に流されずに、芯を持って生きようみたいなオチになっていて、ま〜着地はそこかなと思う。


評価 ★★★☆☆ (星3.5)

(金とは?人生(社会)とは?について、闇金業者目線で語っている作品。ほぼ興味性だけのストーリーで、主人公らの人間に深く共感する楽しみはない。ダークサイドから掘ることで、お金の価値について、新たな?視点を少し与えてくれる。イベント企画の仕事の裏事情が結構出てくるけど、こんな仕事やりたくないなと思う。よくわかんないのが、金に集まってくるし。結局、バックが誰とか、上納金がどうとか、もう、あ”〜〜だね。「スマグラー」とかえぐい、裏社会の話が好きな人にはおすすめ。結構、人のプライドを傷つけてくるので感情的に熱くはなる。ただ個人的に主人公?(じゅん)がクズ過ぎて、全く共感しないんだよね(笑))



金は奪うか奪われるかだ

でめえの本心殺して

人にこび売って

恵んでもらうもんじゃねえ


-ウシジマ



金なら貸さねえって

言ってんだろ

金には人間関係を

ぶち壊す力があるからな


-?


イソジンじゃ

性病、予防できねんだよ

知らねえのか


-小川


あいつら犯罪者だから

借り倒しても

大丈夫だって


-?



体を売ってねえが心を削ってるんだ

楽に稼ぐことになれると

5千円の食事が当たり前になって

感謝しなくなる

感謝する心を少しずつ金に代えてるんだ


-ウシジマ


闇金の利息が高いのはよ〜

返済能力もなく

保証人もいねえ客に貸す訳で

いつ飛ぶかわかんねえからだ


-ウシジマ


人それぞれどんな生活でも

それがずっと続けば

いいんだろうがな


-ウシジマ



ヤミ金は犯罪です

電気コードを人の眼に近づけて

脅し借金を取り立てようとしたり

人にワインをかけて樹海に放置する

ことなども言うまでもなく犯罪です

命に代わる借金はありません

ひとりで悩まないでご相談を


-?


[DVD] 映画 闇金ウシジマくん



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ





JUGEMテーマ:最近みた映画


 

映画「種まく旅人〜みのりの茶〜」の感想(ネタバレ)

2013.06.15 Saturday 邦画 人間ドラマ/ヒューマン

■映画「種まく旅人〜みのりの茶〜」の感想(ネタバレ)




■監督:塩屋俊
■出演者:陣内孝則 田中麗奈 吉沢悠 柄本明 石丸謙二郎 永島敏行 寺泉憲

WOWOWで放送していた映画「種まく旅人〜みのりの茶〜」を鑑賞。

【映画「種まく旅人〜みのりの茶〜」のあらすじ】

農林水産省職員の肩書きを隠し、全国を回って農家の本音や実情を探る金次郎。ある時、大分県臼杵市へやってきた彼は、旧知のお茶農家・森川を訪ねる。新たに茶葉の有機栽培に取り組むという彼と夢を熱く語り合う金次郎だったが、翌日、その森川が心臓発作で入院してしまう。たまたま、リストラでデザイナー職をなくしたばかりという森川の孫娘・みのりが帰省していたことから、当面彼女が茶畑の面倒を見ることになるのだが……。

※WOWOWから引用

【映画「種まく旅人〜みのりの茶〜」の感想(ネタバレ)】


2013年6月5日に急逝した塩屋俊監督陣内孝則&田中麗奈を迎えて描いた人間ドラマ。

物語は、デザイナーをクビになった女性が、気分転換に田舎でお茶栽培をしている祖父の家にやってくるが、祖父が急に倒れたことで、お茶栽培を手伝うことになる…という話。

久々に癒し系の映画を見てみようと思って選んでみた。

都会で仕事をしていた人が急に農業をやるという、よくある感動系ストーリーのお茶栽培版の話だが、陣内孝則の一人二役?(農務省幹部&有機農業好きのおじさん)の設定があり、その秘密をいつバラすのか、タイミングの楽しさはある。

結局、最後にわかる訳だが、その出し惜しみ感は、映画ならでは。

もちろん、デザインを辞めて、いちからお茶栽培を始める田中麗奈の役どころも、人としての成長が描かれていて好感触。こういう頑張り系女子の役は田中麗奈にピッタリ。そして、田中麗奈っていいねを再認識。


評価 ★★★☆☆ (星3.5)

(この現代だからこそ思うやっぱり有機農業がいいねと思う映画。他人の噂話が大好きな田舎ならではの人々のズケズケ感には、個人的に気が滅入ってくるが、近所の人達と協力して、収獲を手伝う人間模様は、田舎ならではで温かみを感じる。そして、関係ないが、意外と吉沢悠の役所の人役の演技は上手い。農業に対するメッセージもある良作品です。)



大事なのは

喜んでいる人を

イメージして作るってこと


-?



いつも心配って言いながら

お父さんの思うとおりに

進めてきていない?


-みのり



[DVD] 種まく旅人〜みのりの茶〜



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:邦画
 

映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の感想(ネタバレ)

2012.10.23 Tuesday 邦画 人間ドラマ/ヒューマン

■映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の感想(ネタバレ)



■監督:田中誠
■出演者:前田敦子 瀬戸康史 峯岸みなみ 池松壮亮 川口春奈 大泉洋

WOWOWで放送していた映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を鑑賞。

【映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」のあらすじ】

高校生のみなみは、入院した親友・夕紀の代わりに、野球部マネージャーを買って出た。だが何をすればいいかわからず、書店に赴いたみなみは、店員の勧めるマネージャーのための本を購入する。だがそれは、同じマネージャーでもビジネスマネージャーに向けて書かれたドラッカーの名著「マネジメント」だった。がっかりする彼女だったが、ふと目を通したその内容に感動し、これを高校野球に当てはめて実践しようと悪戦苦闘を始める。

※WOWOWから引用

【映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の感想(ネタバレ)】


過去にAKB48アシスタントプロデューサーを務めていたこともある岩崎夏海のベストセラー同名小説を元AKB48の前田敦子主演で映画化した2011年の話題作。

物語は、一回戦負けの弱小野球部をドラッガーのマネジメント(経営本)を読んだ女子マネージャーが建て直しを図っていくという話。

ベストセラー本+前田敦子主演という話題の組み合わせ作品が久々再放送していたのでチェック。

内容は、ドラッガーのマネジメントを解説、取り入れたシンプルな王道サクセスストーリー。

正規マネージャーが病気を患って入院しているのを友達が代わりに引き受けることから始まるという、ありがちなスポコン設定。

このドラッガーの本は読んでいないが、チーム分けして、さらにそれぞれ順位を出してお互いを競い合わせる方法などドラッガー手法がAKBにも当てはまっていたのには、ちょっと驚いた。

主演は前田敦子だが、思ったほど存在感はなく、ドラッガー手法のみが一人歩きしている感じがある。あと真面目な話だが、度々彼女に対する演出がおかしく(辛いことがあるとその場から走って逃げるのは)、笑えてしまう。※ごっつのコントを思い出した。

あと、前田敦子はこの頃が一番油が乗っていて可愛いと思った。恋愛シーンがあればもっと魅力が出ていたと思うが、一切ないのは、ちょっともったいない。※最後の方で部員から強烈ビンタを喰らってたのには、引くくらいビックリした。

ただ演技力だと、同じAKBの峯岸みなみの方が入り込んでいて巧みな感じがした。上手いかどうかはわからない。

それと病院のベッドに横たわる友人に対して思いをぶつけるよくある王道シーンの演技が、この作品にもあるが、ここの演技次第で泣けるか感情移入が変わってくる。


評価 ★★★☆☆ (星3.5)

(AKB48もドラッガー手法だと気づかせてくれる作品。泣きこそしないがそれなりの感動を与えてくれる。ドラッガー手法を解説する本屋さんのシーンは世界観が変わるほどの過剰演出で少し冷めた。ラストでドラッガーが出てくるが、本人はすでに2005年に死去してるので、ニセモノだったらしい。そりゃそうか。ちなみにドラッガーはユダヤ系らしいが、日本に入ってくるアメリカからのほとんどの本は実はユダヤ規制がされていて、本来の純粋なアメリカ人が書いた本はほとんど入ってこないという。日本人はそのことをほとんど知らない。自分も知らなかった。)


才能ではないひたむきさである

-みなみ


わかりきった答えが

正しいことはほとんどない


-?


人は最大の資産である

-みなみ


われわれの事業とは何か

何であるべきか

定義することが不可欠である


-みなみ



専門家にはマネージャーが必要である

彼らは理解してもらってこそ

初めて有効な存在となる


-みなみ


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら [通常版]


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:邦画
 

映画「マイ・バック・ページ」の感想(ネタバレ)

2012.10.18 Thursday 邦画 人間ドラマ/ヒューマン

■映画「マイ・バック・ページ」の感想(ネタバレ)




■監督:山下敦弘
■出演者:妻夫木聡 松山ケンイチ 忽那汐里 石橋杏奈 韓英恵 三浦友和

WOWOWで放送していた映画「マイ・バック・ページ」を鑑賞。

【映画「マイ・バック・ページ」のあらすじ】

学生運動たけなわの1969年。大手新聞社に入社した若い記者、沢田は同社の週刊誌編集部に配属される。学生たちへの共感と、客観性を重視すべきジャーナリストとしての立場の間で心が揺れる沢田。2年後、彼はある熱心な活動家、梅山に求められて彼と接触。“もうすぐ武装蜂起する”という梅山の言葉を信じ、それを特ダネにできるという感触を得る。そんな沢田は、梅山が見栄を張るために嘘をつくことがあることに気づかず……。

※WOWOWから引用

【映画「マイ・バック・ページ」の感想(ネタバレ)】


リンダ リンダ リンダ」の山下敦弘監督が妻夫木聡×松山ケンイチを主演に迎えた人間ドラマ。

物語は、学生運動が頻繁だった60〜70年代に、一人の反体制派の学生運動家を取材することになった若き記者の話。

妻夫木聡と松山ケンイチが共演しているということで、チェックしてみた。

この作品は、フィクションかと思ったら、実話ベースだったらしい。※W座談

学生運動が盛んな時代に、ペテンの政治運動家を本物と勘違いして密着してしまった記者(沢田)の苦悩と挫折を描いているのだが、主演二人の演技合戦はなかなか見ものだ。

始めは、松山ケンイチ演じる梅山(片桐)は本物なのかと思って見ていたが、資金に困り、沢田の上司から勝手に金を借り(カンパ)るおかしな行動をした辺りから、次第に化けの皮が剥がれた。

この梅山のペテンさ加減は、客観的(表裏)に描かれていて、急激な変化と要領の良さは見ていて笑ってしまった。「コイツ要領はいいけど全然だめじゃん!」と。まるでマンガ:「カメレオン」の主人公:矢沢栄作のようなキャラクターだった。

実力はないのに、はったりと要領の良さだけで生きている人間。ここぞというところで男気を見せて信頼を回復するが、結局は指示を出すだけで自分は動かないので、イマイチ説得力に欠ける。

マンガなら演出で思い通りなので楽しめるが、実際は、そんな上手く事が回らないので、周りからすると事実を嘘で捻じ曲げるだけの単なるめんどくさい奴。クラスでこんな奴一人位いそうな気がする。

ラストに、裁判になって責任のなすりあいで泥沼になったと説明されるが、なんとなくそんな気がした。真面目な作品だけど、稀に見る可笑しなキャラが出てきた。


評価 ★★★☆☆ (星3.8)

(この当時の人々が考えた社会や思想についての生きる熱さが伝わってくる良作品。前園という本物の運動家も出てくるが、この人の考えは、どこか冷めていて俯瞰的発想が面白い。特に思想とリーダーについては、具体的な思想(ゴール)をメンバーと共有しないリーダーは、詐欺だと言ってる辺りは激しく頷ける。前園の登場後は、梅山のだらしなさが露呈されるところも面白い。最近売り出し中の忽那汐里も出演してるが、沢田との微妙な関係(距離感)はいい。会社にアイドルが来るって良い。)


俺たちは社会の目なんだよ

大事なのは具体

そこで何が起こってるかが

重要なんだよ


-徳山


泣く男なんて

男じゃないよ


-沢田


私はきちんと泣ける男の人が好き

-倉田


共産主義者は

世直しを自分で選んだんや

道楽や革命なんて


-前園


マイ・バック・ページ 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:邦画
 
WOWOWのおすすめ番組!    

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links