映画「サンザシの樹の下で」の感想(ネタバレ)

2012.08.06 Monday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「サンザシの樹の下で」の感想(ネタバレ)





■監督:チャン・イーモウ
■出演者:チョウ・ドンユイ ショーン・ドウ シー・メイチュアン リー・シュエチェン チェン・タイシェン

WOWOWで放送していた映画「サンザシの樹の下で」を鑑賞。

【映画「サンザシの樹の下で」のあらすじ】

1970年代初頭の中国。文化大革命による下放政策のもと、ふだんは都会の学校に通う女子高生のジンチュウも地方の農村へ送られ、農業の実地教育を受けることに。家族と離れ、村長宅に住み込むことになった彼女は、その地で地質調査をする年上の青年スンと出会って、その素直で朗らかな人柄に心惹かれ、孤独な心を癒やされるようになる。次第にお互いの恋心を抑えられなくなった2人は、人目を忍んで逢瀬を続けるようになるが…。

※WOWOWから引用

【映画「サンザシの樹の下で」の感想(ネタバレ)】


初恋のきた道」「HERO」のチャンイーモウ監督が華僑作家エイ・ミー­のベストセラー小説(実話)を映画化したラブロマンス作品。

物語は、1970年代に農村教育改革で地方に送られた女子高生とその現地で出会った青年との悲恋を描いた話。

久々のWOWOWの”W座からの招待状”作品。見終わった感想は、W座のコメンテーター二人(小山薫堂、安西水丸)が上映後に語った内容とほぼ言いたい事は一緒。

チャンイーモウが中国全土で2500人?のオーディションから選んだという主演女優のチョウドンユィは、顔立ちくっきりの美人ではないが現代では珍しい素朴な可愛さを持ち合わせている。※たまに加護ちゃんに見える。

初恋のきた道」でのチャンツィイーも良かったが、このチョウドンユィも農村や純愛がよく似合う。今後有名になり、現在のチャンツイィーのようにピュアさが廃れていくと思うと残念でもある。そして、チャンイーモウ監督は、この手のピュアさを感じる女性をよく見つけてくる。

ちなみに内容については、小山薫堂も指摘していたが、テロップ(字幕)で物語を紹介するやり方が度々出てくるが、そのたびにテンポが止まって非常にもったいないと自分も思った。ほんとそのシーンを映像で描いて欲しい。

また”エアー抱き”で別れるシーンは、見ているこちらにやや恥ずかしさがあるが、全体的な演出については、水辺ではしゃぐなどベタな演出もあったが、個人的には許容範囲だった。現代の日本だったらこのような純愛作品を描いても共感は出来ないと思うが、なぜか受け入れられるだけの作品の器がある。

原作の良さもあると思うが、さすがチャンイーモウ監督で細かい心理の描き方が上手い。前回見た同監督作品の「女と銃と荒野の麺屋」よりも、断然良い。※やっぱりラブストーリーが本職だね。

眉間から鼻の頭を指でなぞるように触ると、女性が性交渉したか(ウソついてるか)どうかわかるという母と娘のシーンがあるが、特に解説がなく、実際は何を見て、判断しているか少し気になった。今流行のメンタリズムかな。


評価 ★★★★☆ (星4.3)

(純粋ないい話で普通に泣いてしまった作品。彼女を見つけたスンが船から躊躇なく湖に飛び込むシーンは静かな中に熱いものがありかなり胸を打たれたし、彼女の包帯を巻き直しながら泣くシーンも良かった。ストーカーのように彼女を影から眺め支えるスンの献身さは好感度が高くて良い。あんなに付きまとっていてもストーカーに見えない(嫌らしさがない)のは彼のキャラクターだろうか。
この作品は、二人の幸せなシーンでも、なぜかその後ろに悲しさがあり切ない。二人のシーンは、不器用で愛らしくとても微笑ましいが、少しの変化で関係は壊れてしまうため、何も邪魔が入らないでくれと、ただただ願ってしまう。しかし、そんな願いを吹き飛ばすかのようにラストは、予想通りのバッドエンドで涙涙。ラブストーリーのバッドエンドって見終わった余韻がキツイ。
最近は、韓国の主人公を王子やお姫様のように描くキラキラした恋愛モノが多いが、この中国の泥臭い感じも捨てがたい。「初恋のきた道」と比べると、衝撃度は少ないが、これもピュアを感じる良作品。)


毛首席は

”苦労と死を恐れるな”と


-ジンチュウ


君は人を愛したことがないから

永遠の愛を信じられないんだ


-スン


じゃあ一生待つよ

-スン


一生だなんていう人に限って

熱しやすく冷めやすいものよ

-ジンチュウの母


君が生きてれば

僕も生きる

君が死ぬときは

僕が本当に死ぬときだ


-スン


一年一ヶ月も待てない

25歳になるまで待てない

でも一生待ち続ける


-スン


サンザシの樹の下で/チョウ・ドンユィ


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ




JUGEMテーマ:恋愛映画 一般
 

映画「女と銃と荒野の麺屋」の感想(ネタバレ)

2012.07.25 Wednesday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「女と銃と荒野の麺屋」の感想(ネタバレ)




■監督:チャン・イーモウ
■出演者:スン・ホンレイ ニー・ターホン ヤン・ニー シャオ・シェンヤン チェン・イェ マオ・マオ

WOWOWで放送していた映画「女と銃と荒野の麺屋」を鑑賞。

【映画「女と銃と荒野の麺屋」のあらすじ】

昔の中国・嘉峪関(かよくかん)。中華麺屋の店主ワンは、10年前に結婚した妻との間に子どもができないせいか、妻を虐待しているが、妻は従業員の青年リーと不倫を続けていた。そのことを知ったワンは怒り、また、妻が行商人から拳銃を買ったことを知り、妻が自分を殺すのではないかと疑いだし、警官のチャンに高額の報酬を払うので2人を殺してくれと依頼する。チャンはそれを引き受けるが、事態は意外な方向に向かっていく。

※WOWOWから引用

【映画「女と銃と荒野の麺屋」の感想(ネタバレ)】


初恋のきた道」「HERO」のチャンイーモウ監督がコーエン兄弟のデビュー作「ブラッド・シンプル」をリメイクしたサスペンス。

物語は、妻が銃を購入したことをきっかけに、地域の警官から妻と従業員が浮気していることを聞かされた夫が、二人の殺害依頼を多額の金で警官に頼むが、警官に裏切られ逆に殺されてしまい…という話。

コーエン兄弟の作品をチャンイーモウ監督がリメイクしたというので気になりチェックしてみた。

元作品は、10年以上前に見たと思うがすでに記憶から消えていて直接比較するほど役に立たなかったが、シンプルな計画が様々な人間の思惑や欲が絡み、思わぬ展開になるというコーエン兄弟のブラックなテーマは引き継いでいて良かった。

中国版では、時代が刀や銃が使われていた古い時代でキャラクターもコミカルさが加わっていて世界観(夜の演出や時間の流れが独特)は完全にチャンイーモウ色になっている。キャラクターのノリ(軽さ)はいかにも中国だ。

サスペンスとしての緊張感は保たれていて、鉢合わせする?しない?という息を呑むドキドキの緊張感は結構あって、その後の終着点は気になるが、全体としてのまとまりは、特定の人物に感情移入するほど内面に共感できず、結末を見ても、残念ながら爽快感は薄い。


評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(リメイク作品ながら、演出等にオリジナリティも加えられている独特な世界観の作品。もともとのストーリーが良いので、サスペンスとしてもそれなりに平均点は獲得していると思うが、ラストは意外とあっけない終わり方で不満が残る。麺をピザ生地のようにクルクル回して伸ばすシーンが印象的。)


あの世で会ったら

必ず伝えるよ


-?


女と銃と荒野の麺屋 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:サスペンス映画全般
 

映画「孫文の義士団」の感想(ネタバレ)

2012.06.19 Tuesday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「孫文の義士団」の感想(ネタバレ)





■監督:テディ・チャン
■出演者:ドニー・イェン レオン・ライ ニコラス・ツェー ファン・ビンビン ワン・シュエチー エリック・ツァン フー・ジュン

WOWOWで放送していた映画「孫文の義士団」を鑑賞。

【映画「孫文の義士団」のあらすじ】

清朝末期の香港。王朝の打倒を目指す革命家、孫文が日本から来て、各地の同志たちと武装蜂起へ向けた協議を行なうことに。それを知った西太后は、数百人からなる暗殺団を香港に送り込む。一方、孫文を支持する香港の人々は護衛のための義士団を結成。暗殺団にスパイとして雇われた警官シェンは孫文のシンパたちに近づくが、そこである女性と再会する。そして孫文が到着した日、会談が終わるまでの1時間、暗殺団と義士団は激戦へ。

※WOWOWから引用

【映画「孫文の義士団」の感想(ネタバレ)】


「イップ・マン」2部作のドニー・イェンが出演し、中国で大ヒットした中国歴史アクション。

物語は、革命を起こすため中国に訪れた孫文を守る同士と朝廷から孫文暗殺の命令を受けた暗殺者との攻防を描いた話。

邦題は、「孫文の義士団」となっているが、原題(英題)は、「ボディガード&アサシンズ」と付けられている。

個人的には、孫文という人物(実はフリーメイソンのメンバーらしい)に興味があって見始めた作品だったが、中身は、ほぼ義士団の方にスポットライトが当てられており、孫文はあまり登場しない。※ちょっと肩透かしにあった感じだ。

ただ、孫文到着5日前から義士団の準備が着々と始められ、当日の護衛+誘導作戦での暗殺団との壮絶アクションはやり過ぎと思えるほど演出に力が入っておりすごい。※大規模なセットも見事。

久々にゲームの「三国無双」で呂布が出たときと同じくらい、やられた人間が宙を舞っていた。そんなバナナだ。

イップマン」シリーズでのアクションが凄かったドニーイエンも脇を固め出演しているが、イップマンのときと負けず劣らずの派手なアクションが見れる。


評価 ★★★☆☆ (星3.7)

(139分という二時間超えの少し長い作品だが、テンポが良くぐいぐい話が進んでいくので思ったほど長さは感じない。アクションはもちろん見所だが、孫文の義士団として命を賭けていた影の主役たちのストーリーもしっかり描かれていて、革命のうらでの彼らの活躍と熱い魂が伝わってくる。泣きこそしないが結構感動する。アクションを楽しみながら、この時代の歴史や背景を知るにはちょうど良い作品でしょう。)



博打は執着を生む

執着すれば何も顧みなくなる

-?


人として生きることは

商売するのと同じ

大事なのは良心


-?


革命は血を流し

命さえも犠牲にするもの

-?


文明の幸福を求めるなら

文明の痛みを避けられない

その痛みがすなわち革命だ


-孫文


[Blu-ray] 孫文の義士団 -ボディガード&アサシンズ- スペシャル・エディション


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:アクション映画全般
 

映画「ラスト・ソルジャー」の感想(ネタバレ)

2012.05.02 Wednesday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「ラスト・ソルジャー」の感想(ネタバレ)



■監督:ディン・シェン
■出演者:ジャッキー・チェン ワン・リーホン ユ・スンジュン ドゥ・ユーミン

WOWOWで放送していた映画「ラスト・ソルジャー」を鑑賞。

【映画「ラスト・ソルジャー」のあらすじ】

紀元前227年、諸国が相争っていた戦国時代の中国。大国の衛が弱小国の梁に攻め入り、激しい戦闘を繰り広げた末に両軍はほぼ全滅。そんななか、死んだふりをして梁で唯一生き残った無名兵士は、深手を負った衛の将軍を捕虜にすることに成功し、報酬目当てに彼を自分の故郷まで連れ帰ることを決意する。呉越同舟の旅を続ける2人のあとを衛の捜索隊が追うが、彼らの目的は将軍の救出ではなく彼を暗殺することにあった…。

※WOWOWから引用

【映画「ラスト・ソルジャー」の感想(ネタバレ)】


ジャッキー・チェンが原案・製作総指揮・武術指導・主演を担当し、「ラストコーション」のワンリーホンが共演したアクション作品。

物語は、両軍が激突した戦場で唯一生き残った兵士が傷を負った敵大将を見つけ捕虜として自軍に連れ帰るまでの騒動を描いた話。

ジャッキー主演の時代劇作品でいつもながらのジャッキーアクションがありながらも、敵国兵士同士に芽生える友情も描かれ、ラストはうるりと来る感動作品。

ジャッキーの戦争に対するメッセージもしっかり入っているし、エンドロールはいつものNG集?もある。

舞台は紀元前の中国の話だが、映画「ロードオブザリング」を意識したような映像への色付け(味付け)があり、風景など一部を切り取ると中国映画っぽくない。


評価 ★★★☆☆ (星3.3)

(始めの方は時代劇になったいつものジャッキー作品という感じでキャラもゆるくイマイチだったが、話が進むごとには兵士同士の友情や戦争に対するメッセージもじわじわ伝わってきて感動。ラストは、バッドエンディングだが、自らを犠牲にするジャッキーの信念を感じるラストは好き。ジャッキーらしくないオチだが、こういうのも悪くない。ジャッキー作品は吹き替え版で見ようと思っていたが、なぜか字幕版しか放送してなくて残念。)



無駄死には恥だ

-将軍



戦に公正もクソもない

-兵士


鍋では鷲も鶏もただの肉

-兵士


兄弟の一人は

生き残らないと

-兵士


親父

家名を絶やしちまった


-兵士


[DVD] ラスト・ソルジャー


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:アクション映画全般
 

映画「トレジャー・オブ・エンペラー 砂漠の秘宝」の感想(ネタバレ)

2012.03.01 Thursday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「トレジャー・オブ・エンペラー 砂漠の秘宝」の感想(ネタバレ)



■監督:チュー・イェンピン
■出演者:ジェイ・チョウ リン・チーリン チェン・ダオミン エリック・ツァン ミャオ・プゥ バロン・チェン

WOWOWで放送していた映画「トレジャー・オブ・エンペラー 砂漠の秘宝」を鑑賞。

【映画「トレジャー・オブ・エンペラー 砂漠の秘宝」のあらすじ】

考古学者の父を持つ娘ランティンは、あるときトレジャーハンターの一味から誘拐されてしまう。一味の狙いは、莫大な財宝を隠したとされる伝説の古城の場所を示す地図。亡き父は、その発見に生涯を捧げていたのだった。砂漠の町に連れてこられたランティンの前に、やがて地図を持ったチャオ・フェイと名乗る男が現われる。彼は父の弟子であり、古代の財宝を悪党の手から奪還して本来の持ち主に返す仕事をしている冒険家だった。

※WOWOWから引用

【映画「トレジャー・オブ・エンペラー 砂漠の秘宝」の感想(ネタバレ)】


言えない秘密」のジェイ・チョウと「レッドクリフ」シリーズのリン・チーリン共演の冒険活劇アクション。

物語は、ひょんなことから砂漠に眠るという伝説の古城を探すことになった女性作家と彼女を手助けする幼馴染のハンターの冒険を描く話。

個人的に好きなジェイチョウとリンチーリン共演作ということで期待して見始めたが、主演の二人以外に特に魅力がない作品だったというのが見終わった後の最初の感想になる。

たぶん中国版「ハムナプトラ」や「トゥームレイダー」「インディジョーンズ」っぽいことをやりたかったような感じで、CGやアクションは、かなり頑張っていてスペクタクル感はすごいが、それ以前にストーリーがめちゃめちゃで内容も薄っぺらく、登場人物に一切感情移入ができない。せっかくの豪華俳優がもったいない。

冒険している目的すらもやや不明確で、達成感も全然ない。本の世界と現実という区別のファンタジー作品なのかと思いきや、すべて現実で、砂漠の無国籍感にも無理がある。

ラストにリンチーリンに伝説の城の霊が取りついて狂ったようにアクションをするのだが、リンチーリンのテンションが高い演技は微妙でせっかくの彼女の魅力が大幅に半減している。このためのアクションなら全くいらない。


評価 ★☆☆☆☆ (星1つ)

リンチーリン美しさを再確認するには素晴らしい素材(映画)だが、その他は、ジェイチョウのアクション位でストーリー含め俳優を全く活かしきれていない作品だ。これに出演すると俳優は損をする映画でもある。なんでこんなことになったのかわからないが、リンチーリンという響きに何も感じない人は見るのはやめた方が良い。個人的にリンチーリンが出ていなければたぶん最後まで観なかったかも。かなり退屈だ。今回はあえて辛口で☆ひとつ。エンドロールにはジェイチョウ作品ではお決まりの?ジェイチョウ作曲の主題歌(リンチーリンの歌)もある。)


誰にも夢を追求する

願望と権利がある


-フェイの言葉


警告するわ

私に惚れないでよ


-ランティン


俺への気持ちが

はっきりしたら

教えてくれ


-フェイ


そして俺は

死体を喰った

生きるために


-ホア


住む世界は違っても

君の世界にいるときは

守ってやるよ


-フェイ


私は招いていない

あなたが入り込んだの


-ランティン


トレジャー・オブ・エンペラー 砂漠の秘宝 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:アクション映画全般

映画「アゲイン 明日への誓い」の感想(ネタバレ)

2012.02.27 Monday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「アゲイン 明日への誓い」の感想(ネタバレ)




■監督:ツイ・ハーク
■出演者:チョウ・ユンファ アニタ・ムイ  時任三郎 トニー・リャン レオン・カーフェイ

WOWOWで放送していた映画「アゲイン 明日への誓い」を鑑賞。

【映画「アゲイン 明日への誓い」のあらすじ】

1974年。ベトナム戦争末期で陥落間近のサイゴン。従兄弟を政府軍から救出して香港に連れて帰ろうとした香港の男性マークだが、暗黒街との間で起こったトラブルがもとで危機に見舞われたところ、ある犯罪シンジケートで働く美女キティに救われ、マークとキティはたちまち恋に落ちる。そんな時、犯罪シンジケートのボスでありキティの情夫であるホーが現われ、マークとキティの2人は命を狙われることに……。

※WOWOWから引用

【映画「アゲイン 明日への誓い」の感想(ネタバレ)】

香港の人気アクションシリーズ「男たちの挽歌」の第三作。今作では、チョウユンファを再び主演に迎えつつも前シリーズで脚本、製作を担当していたツイハークがジョンウーに代わり監督している。

物語は、「男たちの挽歌」のマーク(チョウユンファ)が兄弟分のホーと出会う以前に起きたベトナムと香港での話。

ちなみに、「男たちの挽歌」のチョウユンファは、パート1では、脇役マークで登場後ラストで死亡、パート2では死んだマークの双子の兄弟役として復活しまたしてもラストで死亡?、「男たちの挽歌 最終章」とつけられた別作品(日本でのみ勝手に”男たちの挽歌”とつけられている)では殺し屋ジェフリーとしてそれぞれ出演しているが、この「男たちの挽歌3」では、パート1のマークに戻っている。

マークの過去の物語ということで「男たちの挽歌」シリーズの正規品に一番近い物語だが、監督がツイハークに代わったからなのか原因はわからないが、物語はかなりメローになり退屈で、序盤やラストこそ戦車との派手なアクションで見せ場はあるが、出来としてはあまりよろしくない。特にアクションがない恋愛編の中盤はかなり退屈だ。

今回は、アクションもこなすキティ(アニタムイ)が、加わったことで、マーク含む男女の三角関係など、女性関係の恋愛話が盛り込まれているが、どこか形だけで薄っぺらく感情移入はできない。

約1ヶ月に渡り5回くらいに分けてようやく最近見終わったこのパート3だが、そういう理由からも物語や映画としての吸引力はかなり弱い。見どころはお決まりのラストのアクションだが、戦車一台を大破させる爆破はすごい。

ラストのヘリでの脱出シーンは、見た目は良いがイマイチ感情の方が追いついていない。


評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(個人的に”男たちの挽歌”シリーズの一番の駄作がこのパート3という印象。日本から時任三郎が悪役として登場し、中国語?をペラペラと滑舌よく話しているが、アテレコの吹き替えなのか、セリフと口の動きが合ってなく、なんかおかしい。(※腹話術?)全体的に脚本が雑でツッコミどころが満載の映画で作品としてはかなり微妙。唯一アニタムイが歌っている?歌謡曲は哀愁があって時代を感じる音楽で素晴らしいが、この映画で良いのはこの歌とアクション位。ちなみにセリフは相変わらず男臭い。)



賭け事のチップのように

他人に弄ばれている

勝敗を決めるどころか

勝負するかどうかも

自分では決められない


-マーク


確かなのは

望みが大きいほど

失望も大きいということ



-マーク


希望もバクチと同じさ

失えばつらい

だから俺はあえて求めない


-マーク


人生なんて

バクチそのものよ


-キティ


二人で一人の女を追っても

結局一人はあきらめるんだ


-マーク


希望が大きいほど

苦しむだけ


-キティ


選択の余地はない

そんなものがあれば

ベトナム難民などいない

物乞いもだ

飢えに苦しむ人もな

運命はもう決まってるのさ

-田中


この世界

死ぬべき人間ほど

死なないものね


-キティ


物事には理由がある

誰が正しいか今にわかる


-キティ


最後の支払いをする時は

自分の心に従うだけ


-キティ


神だろうがなんだろうが

罪の償いはさせてやる

ただ血の代償は

血で払ってもらう


-マーク


生きざまは

自分に返ってくる

人は必ず報いを受ける


-マーク


最愛の人を

失うのが

お前の報いだ


-マーク


男たちの挽歌III アゲイン / 明日への誓い 【BLU-RAY DISC】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:アクション映画全般
 

映画「初恋のきた道」の感想(ネタバレ)

2012.01.27 Friday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「初恋のきた道」の感想(ネタバレ)




■監督:チャン・イーモウ
■出演者:チャン・ツィイー チョン・ハオ スン・ホンレイ チャオ・ユエリン

WOWOWで放送していた映画「初恋のきた道」を鑑賞。

【映画「初恋のきた道」のあらすじ】

父チャンユーが亡くなり、久しぶりに故郷の村に戻った男性、ユーシェン。昔ながらの村の風習にならい、父の遺体を家まで担いで運んでほしいと老いた母、ディに懇願される。そしてかつて自分が聞いた、父と母が出会った日々を思い浮かべる。ディが18歳の時、彼女の村に都会から若き教師チャンユーが新たに赴任した。思わず彼に一目惚れするが、文字の読み書きができないディは自分の思いを伝えんと、彼に手弁当を作り続け……。

※WOWOWから引用

【映画「初恋のきた道」の感想(ネタバレ)】


HERO」「LOVERS」のチャン・イーモウ監督がチャン・ツィイーを主演に迎えたラブストーリー。

物語は、町からやってきた国語教師の青年に惹かれた村の少女の淡い恋模様を描いた話。

回想(少女時代)と現代(息子目線での両親)を交えながら話が展開していく作品で、チャンツィイー演じるディの回想シーンはカラー映像、現在の老女ディのシーンはモノクロという本来とは逆の変わった編集がされていて、回想シーンの少女時代がディにとって、いかに淡く光っていたかがわかる作りになっている。

この作品は、カラーとモノクロの編集の良さも良いが、ひたすら彼のために弁当を作ったり、会える機会を伺う、ディの献身的で不器用な恋愛模様が胸に染みてくる。

特に約束の帰りを待っても、彼が帰ってこず雪が降る中ずっと待ち続けて体調を崩し死にそうになるなど、恋によって人間がおかしくなる姿はかなり切なく泣ける。

主演のチャンツィイーのまだあどけない可愛さと流れる音楽も素晴らしく、個人的にチャンイーモウ
監督作品(3〜4作品見てるが)の中で今のところベストな作品だと思う。今後もたぶんこの映画は超えられないと思う。


評価 ★★★★☆ (星4.5)

(彼の葬式を聞きつけ教え子が集まったり、息子が当時の父親の言葉を借りて、改装される古い学校で授業をするラストは涙なくして見られない。中国の農村の話だが、語り継ぎたくなるようなすげえいい話。この映画は、はっきり言って相手に好意が全くなければほぼ”ストーカー”で終わる話でもあるが、人間の中にある、他人に対する””という異常な興味(心理とその行動)が上手く表現されている。当事者でなければ、数年という長い期間じっと待ち続けたりするのは効率が悪い(時間の無駄)と思うが、本人にとっては、そんな時間が一番輝いていた過去”としてあり、人間の価値観の違いもわかる。)


人 世に生まれたら

志あるべし

書を読み字を習い

見識を広めよ

字を書き計算ができること

どんなことも 筆記すること

今と昔を知り天と地を知る

四季は春夏秋冬

天地は東西南北

どんな出来事も心にとどめよ

目上の人を慕うべし


-チャンユー&ユーチェン(息子)



[DVD] 初恋のきた道


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:恋愛映画 一般
 

映画「狼/男たちの挽歌・最終章」の感想(ネタバレ)

2012.01.11 Wednesday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「狼/男たちの挽歌・最終章」の感想(ネタバレ)




■監督:ジョン・ウー
■出演者:チョウ・ユンファ サリー・イップ ダニー・リー チュウ・コン シン・フイオン

WOWOWで放送していた映画「狼/男たちの挽歌・最終章」を鑑賞。

【映画「狼/男たちの挽歌・最終章」のあらすじ】

引退して堅気の生活を送ろうと決めた殺し屋ジェフリーだが、最後の仕事で偶然その場に居合わせた女性歌手ジェニーをあやまって失明させてしまう。ジェニーの視力回復の手術費を稼ぐため、再び殺し屋仕事を引き受けるジェフリー。エージェントのシドニーの依頼を受け、麻薬シンジケートのボスを殺したジェフリーだが、ボスの甥ジョニーによって命を狙われる。実は伯父の地位を狙ったジョニーこそボスの暗殺を依頼した張本人で……。

※WOWOWから引用

【映画「狼/男たちの挽歌・最終章」の感想(ネタバレ)】


男たちの挽歌」シリーズのチョンユンファ×ジョンウーが再びタッグを組んだバイオレンスアクション。

邦題は、「狼/男たちの挽歌・最終章」と「男たちの挽歌」シリーズを模倣したタイトルがつけられているが、実際は前シリーズとは全く関係ない作品。※役名や設定が全然違うのでおかしいと思ったら、そんな事情が。邦題はホント紛らわしい。

物語は、銃撃戦にたまたま居合わせた女性歌手を失明させてしまった殺し屋が、彼女の目の治療費を稼ごうと再び殺しを引き受けるが、組織に裏切られ、逆に組織から追われる身となってしまう話。

ラストは「男たちの挽歌」シリーズと同じく、お決まりの組織との大銃撃戦で幕を閉じる。

相変わらず銃撃戦のアクションシーンはジョンウーらしさのパワーを魅せてくれるが、あえて”格好つけた演出”には落ち着いて考えると、過剰すぎておかしな部分も多く見られる。

前シリーズに比べて、ストーリーや演技の演出は大分良くなったが、”撃たれても元気”という演出面は、相変わらず直っていない。肩を撃たれたのを気にしているが、その前に撃たれている腹部の方がもっと重傷なのに…。



評価 ★★★☆☆ (星3.5)

(基本的にジョンウー×チョウユンファ作品は「男たちの挽歌」シリーズ含め、今作も映画として良くなってきて面白いけど、どうしても★4つにはならない。”撃たれたら死ぬ”という人間の基本的な部分が、無視されているので個人的にどうしても気になってしまう。そういうのが気にならない人なら楽しめる作品ではある。この””も名言は結構あるし。あと今回は音質が全体的にこもっているのが気になった。最後のジョニーとジェフリーの地面に這いつくばってのすれ違いは面白い。)



友達との約束は

死んでも果たす

-シドニー?


友達の間に

貸し借りはない

-ジェフリー




負けは失敗じゃない

-?



人間はつらいぞ

犬になれよ


-ジョニー


俺は犬か

-シドニー



狼 / 男たちの挽歌・最終章 【BLU-RAY DISC】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:アクション映画全般
 

映画「男たちの挽歌2」の感想(ネタバレ)

2012.01.08 Sunday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「男たちの挽歌2」の感想(ネタバレ)


 

■監督:ジョン・ウー
■出演者:チョウ・ユンファ レスリー・チャン ティ・ロン ディーン・セキ エミリー・チュウ レジーナ・ケントピーター・ワン

WOWOWで放送していた映画「男たちの挽歌2」を鑑賞。

【映画「男たちの挽歌2」のあらすじ】

香港の暗黒街の犯罪者ホーは、自分を裏切って出世した手下への復讐に成功したが、そのために刑務所での服役へ。そんなホーと反対に、引き続いて刑事をしている弟キットは犯罪組織に潜入する任務へ。弟の身を心配したホーは警察に協力し、偽札偽造組織に接近するが、組織のルンが自分の部下に狙われたため、彼を海外に逃がす。ルンを保護したのはNYに住む、ホーの仲間だったマークの弟ケン。しかしルンはそこで命を狙われ……。

※WOWOWから引用

【映画「男たちの挽歌2」の感想(ネタバレ)】


チョウユンファ×ジョンウーコンビのバイオレンスアクション「男たちの挽歌」の続編。

物語は、ホーとマーク(チョウユンファ)が裏切られた手下への復讐を果たしたその後の話。ホーは復讐の罪で再び刑務所に入っていたが、今度は師匠ロンがピンチに…。

パート1のラストですでにチョユンファ演じるマークは、死んでいたのでパート2はどうなることかと思ったら、マークは双子で実はそっくりな弟ケンがいてという設定で再登場。なんという強引なねじ込み方。

ちなみにパート1から比べると、パート2はパート1の流れがあるので、登場人物に感情移入しやすく、ドラマ性はアップしている。

ただ、相変わらず、物語の展開や演出に不自然さがあり、「なんだかなあ〜」と思ってしまう。

ラストのお決まり?の復讐の銃撃戦は、前作を超える派手なアクションで、狭い部屋にこれでもかと人がいて、銃撃戦というかほぼ殺戮状態で、死体の山がすごい。※ちょっと人多すぎだなこれ!


評価 ★★★☆☆ (星3.5)

(「男たちの挽歌」のアクションの根本的な問題だが、致命傷の一撃を受けても死なないという演出は、さすがに今回は目に余った。特にラストは裏切り者(コー)を倒す以前に撃たれすぎており、普通なら完全に出血多量で死んでいる。あとホーの弟キッドが死ぬ設定はなんとなくまずい。子供が生まれるって時に死んで、さらに子供のめんどうを見るはずの兄も捨て身の復讐でほぼ死んだ。誰が面倒を見るのか、”男たち”は良いが、まわりには不幸なラスト。一人残されてしまった妻のジャッキー(エミリーチュウ)は、パート1からだが、意外と可愛い。またパート2は、名言みたいなのが結構あり、その辺は好きだ。)


あんたらは

コメのありがたみを知らん


-ケン



なぜ善人でいることは

こんなに難しいんだ?


-ロン



身軽に生まれてきたんだから

身軽にこの世を去る



-ケン



この世の中は

善人だと損をする!


-コー



悪人が報われるとでも

思ったか?


-ロン



男たちの挽歌 [Blu-ray]


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:アクション映画全般
 

映画「男たちの挽歌」の感想(ネタバレ)

2012.01.07 Saturday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「男たちの挽歌」の感想(ネタバレ)



■監督:ジョン・ウー
■出演者:チョウ・ユンファ ティ・ロン レスリー・チャン エミリー・チュウ リー・チーホン

WOWOWで放送していた映画「男たちの挽歌」を鑑賞。

【映画「男たちの挽歌」のあらすじ】

香港黒社会のギャング・ホーは、相棒マークとともに大組織のボス、ユーのもとで働く。そんなホーの弟キットは警察官だが、兄の仕事を知らない。ある日、組織の仕事で台湾に向かったホーは取引の最中、警察に逮捕されてしまう。同じ頃、香港ではホーを憎む組織の刺客がホーの父親を殺し、キットは兄を憎むように。3年後、刑務所を出所したホーは、かつての舎弟シンがのし上がって組織を仕切っていると知り、マークと復讐の戦いへ。

※WOWOWから引用

【映画「男たちの挽歌」の感想(ネタバレ)】


チョウユンファの出世作であり、ジョンウー監督のバイオレンスアクションが話題になった裏社会に生きる男たちの復讐を描いた作品。

物語は、警察官になった弟を持つ兄が裏社会から手を引こうとするが、なかなか手を切れずに最終的に弟にまで手が伸びると、親友マークとともに組織への復讐に乗り出すという話。

チョウユンファ×ジョンウーの代表作ということで見たが、1986年の製作で今から25年以上前の作品ということもあるが、今見ると演出や演技にかなり荒削さが目立つ内容だ。

同じく裏社会を舞台にしたジョニートーの映画「エレクション」と比べてしまうと、完全に負けている。※エレクションは2005年の最近の映画なので、映画自体のクオリティの違いもあるが。

ただ、銃撃戦のようなアクションシーンになると、水を得た魚のように急に勢いが増してきて、さすがジョンウーという感じでパワーがみなぎっている。

チョウユンファも実は主人公(ティロン)の相棒役(サブキャラ)だが、最後に「兄弟ってのは…」と語り出す途中に銃撃されて死んだりとおいしい?役どころとともに、完全に主役を喰う演技で印象を残している。



評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(アクションシーンはジョンウー節で古い映画で世代は感じるもののアクションは光っている。義足なのに普通に走ったり、腹を撃たれても元気だったり、ところどころおかしい点もあるが、そういうのも関係なくなるようなパワーで押し切った作品。続編もあるシリーズ作品なので、一応全シーズン見てみようと思う。)


入るのはラクだが

抜けるのが難しい


-タクシー会社の社長?


[Blu-ray] 男たちの挽歌


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:アクション映画全般
 
WOWOWのおすすめ番組!    

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links