横山秀夫サスペンス「他人の家」の感想(ネタバレ)

2010.05.21 Friday WOWOW ドラマ

■横山秀夫サスペンス「他人の家」の感想(ネタバレ)

 

収録 真相/18番ホール/不眠/花輪の海/他人の家

5月からWOWOWで4週連続で放送している横山秀夫原作のサスペンスドラマ。その4週目に放送していた渡部篤朗主演の「他人の家」が再放送していたので録画して見てみました。

キャストは、渡部篤郎(わたべあつろう)のほか戸田菜穂、小野武彦、高杉旦、伊藤四郎…等。

ストーリーは、過去に強盗傷害という罪を犯した渡部篤郎演じる貝原が、妻(戸田菜穂)とともに新しいアパートにて暮らし始めるが、前科者ということが大家にバレて、やっとの思いで見つけた住む場所を失ってしまう。そこに、伊藤四郎演じる近所に住む佐藤が、跡継ぎがいない自分の家を守る代わりに、養子縁組によって名前を”貝原”から”佐藤”に変えないかと話を持ちかける…。

横山秀夫サスペンスと題された作品のひとつということでサスペンス色が強いドラマかと思っていましたが、元犯罪者としての生活の厳しさと苦悩、そしてそんな夫を献身的に支える妻の愛など、サスペンスというよりも人間ドラマとしてもかなり秀作。そして、めちゃめちゃ泣ける。

悪い同級生に唆(そそのか)されて一度罪を犯してまったことが原因で、人生の歯車が狂ってしまった根は真面目な男(貝原)が一生懸命元のレールに戻ろうと頑張るが、過去の罪が足を引っ張り戻ることを許さない。そんな姿がなんとも痛々しい。気が弱く、不器用な人が一生懸命生きる姿はやっぱり胸に来る。

そして、妻の支えてくれる行動をずっと償いだと思っていたのが、最後にそれが本物の愛だとわかり、それを頼りに新たに生きることを誓うラストにもまたまた感動。

元犯罪者という汚名が拭えない”貝原”という姓を捨て、一度は養子縁組によって”佐藤”として新しい人生を手に入れたが、あることがきっかけで、また”貝原”に戻し、生きていくことを誓う。

この”姓”の変更によって変わる生き方、罪と償い、それに伴う、心理の変化がすごく丁寧に描かれている。最近、あまリ見ることが減った俳優:渡部篤郎の演技をラビリンス、ケイゾクのドラマ以来しっかりと見たような気がする。久々に良いドラマを見てしまった。

この”他人の家”が収録されている短編集の原作本だという「真相 」もちょっと気になりますね。

★★★★☆ (評価 今回は星4つですね)


JUGEMテーマ:テレビドラマレビュ〜♪
 

ハリウッド版映画「DRAGONBALL EVOLUTION」の感想(ネタバレ)

2010.05.20 Thursday ハリウッド リメイク作品

■ハリウッド版映画「DRAGONBALL EVOLUTION」の感想(ネタバレ)

 

出演:ジャスティン・チャットウィン/エミー・ロッサム/チョウ・ユンファほか
監督:ジェームズ・ウォン
脚本:ベン・ラムジー
原作:鳥山明

ハリウッドで映画公開前からネットでかなり批判にさらされていた鳥山明の原作のドラゴンボールのハリウッドでの映画化(アニメをリメイク?)したという映画「ドラゴンボールレボリュ−ション」ですが、ようやく今月(2010年5月)WOWOWで放送したので見てみました。

ストーリーは、ピッコロVS悟空の話ですね。アニメ(原作)では、亀仙人がピッコロを電子ジャーに魔封波(マフウバ)で、封じ込めようとする話(結局失敗する)でしたが、ハリウッド版は、黒人が持っていた謎の壺の中に入れるという、若干のアレンジが加えられています。さすがにアメリカで米を炊く電子ジャーは一般的ではないのか!?

その他にも、登場人物として、悟空の良き友の”クリリン”が出てきませんし、ブルマが恋心を抱くヤムチャ?らしき人も、なんか別人物として描かれている。ちなみに将来、悟空の嫁になるチチがなぜか主要キャストとして出ている。なぜ?、やっぱりハリウッドは恋愛(ラブとキス)が必要だからなのか。

このハリウッド版の映画「DRAGONBALL EVOLUTION」ですが、アニメ、漫画のドラゴンボールに親しんでいる人にとっては、かなり受け入れずらく、設定もめちゃめちゃ。完全に別物としてみた方が良さそうです。アクションシーンは結局、中国カンフーの延長になっています。なんか違う…。

なんとなく、ピッコロによる地球の滅亡(危機)という現実的リアル感を上手く表現しつつ、ドラゴンボールという摩訶不思議なワールド(世界観)も両立させるのに無理が生じたように思います。やっぱりドラゴンボールはアニメの世界観ですね。

また、アニメ→映画で大成功している、映画「トランスフォーマー」の路線を取り入れようとしている感が時折垣間見えますが、機械が主役でCG向きのトランスフォーマと違い、ドラゴンボールは生身の人間にCG処理を施すことが多いため、CG合成による違和感が常にあるのも問題かもしれません。

これなら、ファイナルファンタジーやベオウルフ的に全CGで描く路線の方が違和感は薄かったように思います。

あと、悟空が着るいつもの”亀”マークの胴着が、生身の人が着るとどうも、”コスプレ”という概念が生まれてしまってこちらも問題ですね。スパイダーマンやバッドマンはあまり思わなかったですが、ドラゴンボールは親しみ過ぎて逆にファッションとしての違和感が強い。

最後のピッコロとの真面目な決闘のシーンの前に、悟空(外人)がいちいち胴着のコスプレに着替えるというのはどこか笑えます。

いろいろと問題の多い「ドラゴンボール EVOLUTION」ですが、”ドラゴンボール”という作品を忘れてみれば、意外と笑える映画(コメディ)になっています。

「そんなバカな…」とツッコミを入れながらみると、楽しいかも。

ドラゴンボールと言えば、爆風や、蹴飛ばされた後に、人が岩や瓦礫(がれき)等にぶつかって物が壊れるシーンがお馴染みですが、この「ドラゴンボールレボリューション」もその部分を大事にしています。

個人的に、はじめの方で、じいちゃん(孫悟飯)と悟空が修行で戦うシーンで、頭からスイカに突っ込む悟空のシーンは、かなり好きです。

ス〜っと滑っていく感じがGOOD。


ドラゴンボール EVOLUTION 特別編
 ★★☆☆☆ (評価 星2つですね)




JUGEMテーマ:最近みた映画
 

WOWOW放送は雨に弱い!?

2009.06.01 Monday WOWOW 接続 準備

■WOWOW放送は雨に弱い!?


WOWOW放送を受信するためには、集合住宅等でBSアンテナが付いていない場合は、まず受信専用のBSアンテナを別途購入する必要がありますが(※特に戸建ての場合)、このBSパラボラアンテナの受信ですがどうやら雨の日にかなり弱いようです‥。

特に自分の家のアンテナは場所的にアンテナの感度がどうがんばってもBSアンテナ受信感度が18〜19db?(※単位はなんだっけ)にしかならず、BSアンテナ受信感度がイマイチ。

晴れた日なら、曇ってても特に問題ありませんが、雨の日で特に「ザーザー」いうような大雨が降ると、デジタル放送特有のブロックノイズが出たのち、”受信できません”の表示が出て、完全に観れなくなる。

特にうちのブラウン管テレビでは、どうやらBSアンテナ受信感度が12db?以下(※数値はテレビによって若干異なる)になると正常に観れなくなり、ブロックノイズや画面が微妙に遅れたりと受信障害に近い現象が起こり始める。

特に曇り、雨と大雨、霧などの自然現象で衛星と家のBSアンテナの間に受信を妨げる現象が出れば出るほどと、それによってアンテナ受信感度が減っていく。

最近、BSアンテナの場所を移動したらようやく18〜19をたたき出すようになったが、これでも大雨が降ると平気で-5ポイント位下がる。

以前は、最高で12〜14しか出ず、BSのNHK放送は普通に見れない状態が続くことも。※NHKはたまにしか観ないので特に問題ないが‥

どうやら、同じBS放送でもアナログBS放送のNHK(7ch、11ch)は受信感度が弱いようだ。BSフジやデジタルWOWOWのデジタル放送なら12〜14あれば問題なくみれる。ただ、雨が降ったりするとかなり危険なので、今回設置を見直したことで放送が大分安定してきた。

もしこれからWOWOWを見る人でBSアンテナを自分で設置する人は、めんどくさいですが始めにきっちりアンテナ設置をしておきましょう。※出来れば業者に頼むと安心できますが、アンテナ設置代は意外に高かったような。

それと、BS受信は地球の自転(距離)とかの影響も関係するようで、冬は夏に比べ若干受信感度が下がる感じがします。以前は受信感度20以上も出てたことがありましたが、冬が来たらどんどん下がり、幾らがんばっても14ほどにしか上がらず。最近暖かくなりようやく数値が復活してきた。

もし夏に設置する場合は、普通に観れるからいいや!と思わず、最高の感度出る場所にアンテナを設置して、しっかり固定しておくと冬でも安定して見れるでしょう。

またアンテナを三脚(4脚)を使って設置する場合は、強い風があると結構ぶっ倒れるので、錘(おもり)や針金でがっつりつけておきましょう。

以前、台風のときベランダに設置してたら、風邪で何回も三脚がぶっ倒れてアンテナが曲がったことがあった。ただ、アンテナは少しくらい曲がっても問題なく使える。

今回は錘を倍にしたので当分大丈夫だと思う。



>>BSアンテナを楽天で調べる!


JUGEMテーマ:wowow
 

WOWOWは録画して楽しむ!

2009.06.01 Monday はじめに

■WOWOWは録画して楽しむ!


毎週、BSのWOWOWで映画やドラマ、ライブなどをハ−ドディスクに録り貯めして楽しんでいるWOWOWファンです。

最近では、地上波のバラエティ番組の録画より、なぜかWOWOWの録画(※特にハイビジョン番組)が多くなっています。

現在、録画に使っているシャープ機の800GあるDVDハードディスクレコーダーもWOWOWの(特にハイビジョン放送)せいでほぼ録画容量が埋まるくらい喰っています。なので最近は、番組を消しては録画し、DVDに焼いて消しては録画の繰り返し。

WOWOWで録りたい映画や録って置きたい映画がかなりあってディスクの枠を確保するだけでも一苦労です。

いろいろ録画しているうちに知らない間に映画やドラマ、ライブなど結構観ていたので、レビューも兼ねてWOWOWの録画日記ブログを付けてみようと思います。

またホームシアターも好きなので、そのへんも気が向いたら書こうかなと思っています。

それでは、いつまで続くかわかりませんが、WOWOWレビュー開始。



JUGEMテーマ:wowow
 

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links