韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第15話の感想(ネタバレ)

2010.09.08 Wednesday 韓国ドラマ 太陽をのみ込め あらすじ(ネタバレ)

■韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第15話の感想(ネタバレ)



■ 監督: ユ・チョルヨン
■ 出演 :チ・ソン、ソン・ユリ、イ・ワン

WOWOWで放送中の韓国ドラマ「太陽をのみ込め」ですが、今回第15話を鑑賞したので、残すところ残り10話。このドラマは集中力が切れることなくずっと見続けられる。

「太陽をのみ込め」第15話のあらすじは、チャンミノ会長のテジョングループが進出したカジノ事業のオープン当日、敵対する中文カジノのユガンス会長の右腕ジャクソンは、これまでのテジョンの横暴に対抗するように他のカジノではブラックリスト入りし、カジノへの出入りが禁止されているプロギャンブラー集団を海外から呼び寄せ、テジョンのカジノ潰しに掛かる。

ジャクソンの作戦は見事成功し、数時間ほどでギャンブラー達は30億ウォンもの大金を稼ぎ出す。大口の現金を用意していなかったテジョンのカジノは、一夜にして危機的な信用問題に直面する。チャンミノ会長からペク室長、息子のテヒョク理事(イワン)に直接現金を集めるよう指示が飛ぶ中、会長の随行秘書に出世したジョンウ(チソン)は、お金を払わずに解決する方法があると案を出す。

ジャクソンを呼び寄せたチャンミノ会長は、プロギャンブラーとの関係を問うと、それを逆手にジャクソンを脅しに掛かる。プロギャンブラーを利用した手口がユ会長の中文カジノの信用問題に関わると判断したジャクソンは、引き下がることを決意する。去り際、なぜわかったんですか?とチャン会長に聞くジャクソンは、”キムジョンウ”から教えてもらったという言葉に驚く。カジノのいろはをジョンウに教えたのはジャクソンだった。

ギャンブラーの問題でチャン会長から認められたジョンウとは逆に会長から失態の烙印を押されてしまった理事のテヒョクは、「なぜ隠密に解決できる問題を会長に知らせたんだ、これがあの時言っていたお前の本性か」とジョンウへの怒りをあらわにする。

チャン会長の朝食に呼ばれたジョンウは、10前のことを嗅ぎまわるヒョン班長(刑事)を始末しろとペク室長に指示するチャン会長の会話を偶然聞いてしまう。呼ばれたジョンウは、先日の手柄を認められ会長からカジノ事業もやってみないかと任される。ジョンウは、全力を尽くしますと答える。

チャン会長の下、同じ志を持ったソクテらと会ったジョンウは、ヒョン班長の命が危険になっていることを知り、ペク室長の追放を急ごうとみんなに促す。

ジョンウは、ヒョン班長を呼び寄せると10年前のスヒョンの両親の事件の再捜査を止めるよう促す。チャン会長の下についたら今度はオレを脅すのかと右手を振り上げるヒョン班長に、班長のやり方では、ただ会長のしっぽを切るだけ、根幹から崩す必要がある、とチャン会長の下で働いている本当の理由を教える。

スヒョン(ソンユリ)とサンミは、ラスベガスで知り合い仲良くなったジョンヘと久々に会うと3人で食事に行くが、サンミが途中で仕事で呼ばれてしまう。スヒョンはジョンヘを誘い二人だけで飲みに行く。結局スヒョンとジョンヘはお互いの男の話題になり、酔った勢いもあり、別れた男に言いたいことをぶつけようとそれぞれ電話を掛け始める。

スヒョン、ジョンヘからの電話を受け取ったジョンウとジャクソンは、彼女が心配になりそれぞれ店に駆けつけると、現場で偶然顔を合わせてしまう。男二人気まずいながら、お互いの元彼女を車に乗せ、酔いが醒める翌朝まで物思いにふけりつつ見守る。

車の中で酔いから醒めると隣にジョンウがいたスヒョンは、あなたのことを忘れるまで何度もこういうことがあるかも…でも決して迎えには来ないでと心の内を明かす。

ソクテはペク室長が100億ウォンもの大金を株に自己投資している情報を突き止めるが、ジョンウは、会長の秘密資金かもしれないのでヘタに手を出すとこちらが痛手に合うと、慎重に事を進め流用に忠告する。ジョンウは引き続きソニョンにペク室長の監視を任せる。

ジャクソンとミランは、ユガンス会長に、チャン会長のテジョングループに対抗するため、簡単ではないが一発逆転を狙いカジノへの顧客の誘致を強化するため航空事業に参入しようと提案する。

セドルとガンレは、カジノのディーラーの女性達と合コンを計画する。カラオケ店で盛り上がる中、たまたま接待で来ていたテヒョクが部下にジョンウのことを探らせていることを耳にする。

ジョンウに裏切られたことを根に持つセドルの制止も聞かず、ガンレは、一人ジョンウを呼び寄せると、テヒョクに気をつけろと伝える。

ジョンウは、チャン会長に連れられて過去に暴力団で構成された国土建設団が作ったと言われる国道に訪れる。以前にヒョン班長にも連れられてきた場所だった。チャン会長が、国道の名前の由来や、過去に自分も強制労働として働かされていたことを話す。

ジョンウが父親にまだ会っていないことを知ると、怒りや憎しみなどがあるだろうが、結局最後には父親を許すだろうと言う。それを聞いたジョンウは複雑な表情をする。

再捜査のことでヒョン班長の元を訪れたスヒョンは、ヒョン班長から命の危険があるから捜査は打ち切ったと言われる。誰がそんなことを?と聞くと、ヒョン班長はキムジョンウだと答える。

テヒョクは、部下にジョンウの身辺を調査させていた。ジョンウが泊まるホテルの部屋に侵入した部下は、カジノ事業に関わる機密書類を発見する。その資料を持ったテヒョクは、チャン会長に裏切り者の証拠ですと言って見せる。しかし、会長は、それは私が渡したんだと言い、ジョンウにライバル心を抱くテヒョクをしかりつける。

チャン会長は、ジョンウを呼び寄せると、私に認められた後はどうする?と聞く。ジョンウは、会長が決めてくださいと忠誠を見せる。その言葉を聞いたチャン会長は、ヒョン班長の始末をジョンウに任せようと話を持ち出す。それを聞いたジョンウは。続く…。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(「太陽をのみ込め」第15話は、チャン会長関連のメインストーリーとは別に、ジョンウとジャクソンのそれぞれの恋愛がある。酔いつぶれるスヒョンとジョンヘが二人に電話を掛けるという、今までの流れとは若干路線が異なる雰囲気があって面白い。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村


JUGEMテーマ:韓国ドラマ
 

志村けん一座第5回公演「志村魂」の感想(ネタバレ)

2010.09.03 Friday お笑いライブ レビュー

■志村けんのコントライブ「志村魂5」の感想(ネタバレ)





【出演】 志村けん、ダチョウ倶楽部(肥後克広・寺門ジモン・上島竜兵)、磯山さやか、小林恵美、みひろ、桑野信義ほか

2010年7月に天王洲の劇場で行われた志村けんのコントライブ「志村魂」がWOWOWで放送していたので見てみました。

「志村魂」のプログラムの内容は以下。

第1幕1場「バカ殿様」
第1幕2場「コントライブ」
第2幕1場「志村けん津軽三味線(作曲:上妻宏光 EMIミュージックジャパン)」
第2幕2場「初午(はつうま)の日に」―松竹新喜劇より―

第一幕は、ダチョウ倶楽部3人の前座から、テレビでお馴染みのバカ殿様で始まり、基本テレビで見ているいつものネタが展開。(ダチョウ倶楽部の熱々おでんや、付き人の女性達を連れ風呂に入ろうとするネタ、城に忍者が侵入したのをみんなで捕まえようとするスローモーション芸等)。

その後のコントライブは、志村けん演じるマッサージ師の瞳(ひとみ)ばあさん、桑野信義のトランペットネタ、じいさん(志村けん)と医者、大正琴の音楽ネタなどある。途中には、シルクドソレイユみたいな新体操の真面目なステージもみれる。

そして、前回も合った志村けんが演奏する津軽三味線のコーナーや、靴や棒などを使ってリズムを打つストンプ的なステージもある。

第2幕には、藤山寛美の世界を志村流に再現する?「初午の日に」という芝居がある。この芝居は、かなり真面目な物語で笑いは少なめだが、途中、途中に「アドリブはダメか…、台本通りにやらないとだめか」など志村けんのぶっこわしがあって、周りの共演者をヒヤヒヤさせる場面がある。また完全にセリフを聞き取れないような過度な演技をする志村けんも見られる。

そして、芝居の最後は、お馴染みの変なおじさんで終了。その後特典映像として、ダチョウ倶楽部を始め共演者の楽屋でのやりとりも少し流れる。なぜか座長志村けん本人の個人的な喋りなどは収録されていないが、舞台裏が少し覗ける。

評価 ★★★★☆ (星4つ)

(生ライブということだからなのか「じい布団敷け!」等の下ネタ?は、会場の笑いが少ないが、それらも含め、生ならではのハプニングが楽しい。ダチョウ倶楽部のいつものネタも面白い。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:バラエティ全般
 

韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第14話の感想(ネタバレ)

2010.09.02 Thursday 韓国ドラマ 太陽をのみ込め あらすじ(ネタバレ)

■韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第14話の感想(ネタバレ)



■ 監督: ユ・チョルヨン
■ 出演 :チ・ソン、ソン・ユリ、イ・ワン

WOWOWで放送中の韓国ドラマ「太陽をのみ込め」を久々に鑑賞。WOWOWの新作映画やドラマ、ライブなどハードディスクに貯まり過ぎて最近この「太陽をのみ込め」の視聴が全く追いついていない。例のパシフィックのシリーズも貯まっており、いつ見れるのか。


さて、「太陽をのみ込め」第14話のあらすじですが、ジャクソンにスヒョンがまだお前に未練を持っていると聞かされたジョンウ(チソン)は、スヒョン(ソンユリ)を呼び寄せると、今日はテヒョク(イワン)のために呼んだと告げる。ジョンウの視線の先にはテヒョクが現れる。テヒョクを見たスヒョンは、ジョンウの別れの言葉に涙を浮かべ、傷ついた気持ちをぶつけるようにジョンウの頬をビンタして立ち去る。

スヒョンの深刻な表情に驚いたテヒョクは、ジョンウを問い詰めると、テヒョクが望むように自分のスヒョンへの未練と気持ちをすべて断ち切るためにやった、これでテヒョク(チャン理事)の命令に従う準備が出来たとジョンウは言う。スヒョンの後を追ったテヒョクは、落ち込むスヒョンを見つけると車で自宅まで送リ届ける。”ありがとう”と相変わらずテヒョクに線を引くスヒョンに、テヒョクはいつまでオレはそういう言葉を聞かなければならない、辛い時はいつでもオレに寄りかかれと言う。

チャン会長の随行秘書として会長と一緒に行動するようになったジョンウは、チャン会長の指示のもとある場所に行く。そこは、以前ヒョン班長に連れられてきたジョンウの母親ミヨンが眠る墓だった。チャン会長(父親)が母親についてどんな感情を持っているか知りたかったジョンウは、誰の墓ですか?と会長に尋ねる。チャン会長は、辛い時でも生きたいと思わせてくれる人だと答える。

母親が幼い頃に亡くなり、父親と会っていないというジョンウにチャン会長は、父親に会わないのか?と聞く。ジョンウは、知れば知るほど父親は卑劣で怖い人だった、チャン会長に認められ出世したら自信を持って会うつもりですと答える。

ジョンウに頼まれていたチャン会長宛の重要書類を持っていたソニョンは、偶然兄のソクテに見つかってしまう。ソクテは、ジョンウのもとを訪れるとソニョンの書類のことを問いただす。ジョンウは、ペク室長の言いなりになっているソクテにオレは無実だがテヒョクの罪を被って刑務所に入ったこと、その代償を受け取るために今体を張ってチャン会長の下で働いていることを教える。

ソクテも野望を持ってチャン会長の下で働いていたことを聞いたジョンウは、やり方を変えなければ結局最後は捨てられてしまう、オレは経験済みだと告げる。それを聞いたソクテは、一か八かの賭けに悩んだ挙句ジョンウの作戦に協力することを同意する。

浮かない顔で仕事をこなすスヒョンのもとに刑事のヒョン班長が突然訪れる。10年前の両親の事故についての再捜査を依頼していた結果を聞かされる。スヒョンの両親のミカン園は、イサンテという両親の親族のものが、勝手に土地を売りに出し、その売った50億ものお金を持ち逃げしたまま、現在は行方不明になっているという。そして、ヒョン班長は、この事件によって利益を得ているものが怪しいと言って、その土地を買ったチャンミノ会長の名前を挙げた。

チャン会長のテジョングループのカジノのオープン式が決まり、四方へ招待状が配られるなか、チャン会長は敵対するユガンス会長へもあえて送るようにテヒョクに指示する。招待状が送られてきたユガンス会長は、あいつの挨拶など聞きたくないと憤慨する。結局ユ会長の娘のミランとジャクソンが代表してオープン式に出席することになる。

ジャクソンは、テジョングループのカジノへ表向きは祝っているが、裏ではテジョングループのカジノを潰すため、海外から凄腕ギャンブラー集団を呼び寄せていた。ジャクソンは、テジョンが新規カジノオープンということで他のカジノではブラックリストに載り一切立ち入り禁止になっている凄腕ギャンブラーでも入場できるだろうと考えていた。

空港のターミナルで客人を待っていたジョンウは、ミスターチェンという札を掲げた昔の仲間セドルとガンレを見つけ話しかけるが、埋まらない溝があるため話は弾まずそのまま別れる。

テジョングループのカジノのオープン式当日、ムン会長やその娘ジョンヘ、ジャクソン、ミラン、ジョンウ、ペク室長、テヒョク、スヒョン、サンミ、チャン会長を始め、各グループの代表が集まって式は無事に行われた。

一般客が遅れてカジノに入り始める頃、ジャクソンの仕込んだギャンブラーが連絡を受け一般客を装ってカジノへ入場する。ジャクソンの思惑通り、VIPルームに通された凄腕ギャンブラー達は、高レートでの賭けであっさり30億ウォンもの大金を稼ぎ出す。その光景を見ていたスヒョンの友人でテジョンのディーラーとして働くサンミは、チップを換金されたら大変だと近くに居たジョンウに非常事態だとテヒョク(チャン理事)に知らせるように告げる。

30億もの現金を用意していなかった状況を把握したテヒョクはとりあえずチャン会長に知らせる。チャン会長の叱責を一手に引き受けるテヒョクの周りで、お金の損失より今お金が払えないことでカジノの信用が落ちることが心配だと嘆くペク室長の言葉に、チャン会長は、ムン会長や他のカジノの代表に金策できるか聞いてみろとテヒョクに指示する。

その横にいたジョンウは、ギャンブラーの素性がユ会長側のジャクソンが仕込んでいた空港でガンレたちが待っていたギャンブラーのミスターチェン(マイケルチェン)だと気づき、お金を払わずに解決できる方法がありますとチャン会長に案を出す。15話へ続く…

評価 ★★★★☆ 星4つ

(「太陽をのみ込め」第14話は、「秘められた思い」とタイトルがつけられているが、これまでのジョンウの謎の行動の理由や思いが徐々に明かされる。やっぱり復讐のためにチャン会長の下に潜り込んでいたジョンウだった。ジャクソンのチャン会長への逆襲が始まるなか、一時期盛り上がっていたスヒョンとジョンウの仲は、会話がなくなるほど険悪に。相変わらずジョンウに泣くスヒョンは見てて悲しいですね。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村


JUGEMテーマ:韓国ドラマ
 

映画「ディセント2」の感想(ネタバレ)

2010.08.30 Monday ホラー映画レビュー

■映画「ディセント2」の感想(ネタバレ)



■監督:ジョン・ハリス 
■出演者:シャウナ・マクドナルド ナタリー・メンドーサ クリステン・カミングス

前回見た映画「デイオブザデッド」と同じく、WOWOWの一夜のホラー特集?で放送していた映画「ディセント2」を鑑賞。

【映画「ディセント」のあらすじ】

前作「ディセント」の二日後からの物語。アパラチア山脈の洞窟に女性6人のグループが探検に出かけてから2日後。洞窟から戻ったサラ以外の5人は行方不明と見なされ、ダンら地元救助隊は捜索を開始する。

サラはショックで動転し、洞窟で起きたことのすべての記憶を失っていた。やがて近くの炭鉱跡に洞窟の別の入り口が見つかり、保安官はサラを案内役にし、ダンとその部下、グレッグとキャス、自分の助手リオと洞窟の中へ。やがて女性1人の他殺体が見つかり、保安官はサラのしわざと疑うが、さらに中に進むと、サラは危険だと言い、隙をついて逃走してしまう。

保安官はサラの後を追うが、地底人と思われる怪物と遭遇する。保安官は、危ないというダンの意見を聞かず、一人銃を携帯していたが、怪物に遭遇し洞窟内で発砲すると、それによってもろくなっていた洞窟が崩れ始める。

洞窟の崩壊に巻き込まれたパーティは、それぞれ分断されてしまう。一人岩に閉じ込められてしまったキャスを助けようとダン、グレッグ、リオは、別ルートを探す。開けた場所に出ると、ビデオカメラを発見する。その中身は、サラの仲間が二日前に洞窟探検をしていた時に撮っていたものだった。

しかし、ビデオの映像は叫び声と共に途中で終わっていた。その映像が途切れた場所を探すと、ダンらが今居る場所だった。危険と察知し、その場から離れようとするが、一足遅く怪物に襲われてしまう。そして、隊長のダンは逃げ遅れ、殺されてしまう。

そこから何とか逃げ延びたリオだったが、突如何者かに後ろから襲われる。しかし、それは行方がわからなくなっていたサラだった。地底人の行動を唯一知るサラは、地底人に気づかれないように音を立てず行動していた。サラの話に耳を傾けなかったリオはサラに謝ると、一緒に行動を共にする。

グレッグは、ダンが襲われているところを知りながらも助けられず、地底人から逃げ延びると岩から一人脱出していたキャスと合流する。お互い見捨てずに逃げようと誓う二人だったが、地底人に再度襲われると、殺されてしまう。

一人捜索を続ける保安官は、地底人の来襲に遭うが、どこからか来た者に助けられる。それは、サラとともに二日前に洞窟探検をしていてジュノだった。保安官はジュノの後を追う。

ジュノの足を刺して一人脱出したサラとジョノが出会うと、ジュノはサラを殺そうとするが、リオが救助しにきたことを告げると、保安官、ジュノ、サラ、リオの4人で脱出ルートを探し始める。

保安官は、ようやく捕まえたサラを逃がさないようにするため、サラと手錠でお互いの手を繋ぐ。しかし、足を滑らせて保安官は崖から落ちそうになると、保安官の全体重がサラの手に掛かる。

崖下からは地底人が迫ってきており、リオは、ジュノの命令で、サラと手錠でつながれている保安官の腕を登山用のピックで、打ち付け切り落とす。

地底人の魔の手から逃げた一行は、地底人が地上との行き来に使っているという唯一外に脱出できるルートを危険を冒して進むことを決意する。

なんとか天井から光が差す場所までたどり着くが、そこには地底人が溢れていた。地底人に見つかり、死闘の末に石や武器を使い倒すが、ジュノだけ寸前でやられてしまう。サラはジュノとの別れを惜しむが、その間に地底人が、うじゃうじゃと集まってきていた。

じっとして地底人から姿を消そうとするリオだが、何かにキレたサラが雄たけびをすると共に一人脱出を計る。雄たけびに反応した地底人はサラに集まっていく…。

地中から顔を出したリオは、外に出て森の中を走って逃げた。木の陰で持っていた携帯を操作していたが、後ろからシャベルで誰かに殴られてしまう。

リオをシャベルで殴った男は、地上と地底を繋げる穴が空いた場所にリオを引きずっていき置く。暗闇から地底人が姿を現す。リオを殴った男は、地底に繋がる炭鉱跡に救助隊を導いていた男だった。

評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

(R-15指定ということで、殺戮とシーンのグロテスクな映像が多く含まれている。すでに1を見ていたので地底人の存在にはある程度慣れていたが、ホラーという割には、ジェイソン的なものとは違い、物語が意外とリアルで恐い。特に洞窟内の、暗闇+閉鎖感は、見ていて息が詰まる。後ろに広がるサラウンド音場は、閉鎖感をより強める。こんな場所では絶対死にたくない。)

ディセント2

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村


JUGEMテーマ:Horror
 

映画「デイオブザデット」の感想(ネタバレ)

2010.08.27 Friday ホラー映画レビュー

■映画「デイオブザデット」の感想(ネタバレ)


デイ・オブ・ザ・デッド DTSスペシャル・エディション

■監督:スティーヴ・マイナー 
■出演者:ミーナ・スヴァーリ ニック・キャノン ヴィング・レイムス

先日WOWOWのホラー特集?の中で放送していた映画「デイオブザデット」(Day of the Dead)を見てみました。この作品は、ジョージ・A・ロメロ監督のシリーズ第3作目に当たる映画「死霊のえじき」のリメイク作品です。

映画「デイ・オブ・ザ・デット」のあらすじは、コロラド州の小さな町レッドビルで起きた謎の細菌の蔓延による被害を隔離するために駆けつけた州兵の一人で同地出身の女性兵サラ(ミーナスヴァーリ)が同じ隊員やサラの家族(弟)の恋人らとともに、次々とゾンビ化する病院等から脱出するという、ゾンビ映画のお決まりのアクション&ホラーが展開する。

評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

(この映画のゾンビは、ゾンビとしては少し異色で、ゆっくりしか歩けないこれまでのゾンビとは違い、人間同様、走ったりジャンプしたリすることができる。動きが速いため遠くにいても安心できず、見つかるとダッシュで近づいてくる。この緊張感がこれまでのゾンビ映画とは違うが、逆にゾンビがジワジワ迫ってくる恐怖感は少ない。B級ホラー映画ですが、それなりの完成度を維持しているので、普通に見れる。)
デイ・オブ・ザ・デッド DTSスペシャル・エディション

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:スプラッターやゾンビが好き!
 
WOWOWのおすすめ番組!    

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links