映画「ファーストフードネイション」の感想(ネタバレ)

2010.06.18 Friday 映画レビュー(★★★★★)作品

■映画「ファーストフードネイション」の感想(ネタバレ)

 

■監督:リチャード・リンクレイター 
■出演者:グレッグ・キニア イーサン・ホーク アヴリル・ラヴィーン パトリシア・アークエット ポール・ダノ ブルース・ウィリス 

ハンバーガーを30日間食べ続けたらどうなるか?という人体への影響を実際に体験して綴ったドキュメンタリー映画があったが、その作品だと思ってWOWOWを録画してみたら、全然違っていたという、間違って録画してしまったこの映画「ファーストフードネイション」。

しかし、見た後にわかったが、この映画の出演者は、見れば解るとおり、かなりの豪華キャスト。ブルースウィリスやイサンホークも出てるし、なぜか歌手のアヴリルラヴィーンも出演している。

ちなみにこの映画もハンバーガー業界の裏側を綴ったノンフィクションの書籍を原作にしたもので、食(ファーストフードのハンバーガー)に対して、かなりの衝撃的なことが描かれている。

ファストフードが世界を食いつくす

ファストフードが世界を食いつくす

価格:1,680円(税込、送料別)


原作は、食のジャーナリストのエリック・シュローサーが書いた「ファーストフードが世界を食いつくす」がもとになっているらしく、この映画の脚本もこの原作者が兼ねているということで、精肉業界のリアルな裏側が見れる。

今まで、ハンバーガーを始め肉を食べるということに対して、美味い、安いということ以外に特に感じることも無かったいろいろな感情が、この映画を観ると沸々と湧き出す。

ストーリーは、ハンバーガーの肉の中にフンが混入しているという情報を受けた幹部が、その原因を調べるために店舗や牧場、精肉工場を調べに行くというところから物語がスタートする。その後、働くもの、雇うもの、など様々な視点で描かれていく。

精肉業を支えているのが、実はメキシコ?からの不法入国者で、自国(メキシコ?)では大人が丸一日働いても3〜4ドルしか稼げないが、アメリカで働くと時給10ドルで自国での一か月分の給料に相当する額を一日で稼げるということから、危険を冒してでも出稼ぎにくる不法入国者が後を絶たない。※またそれを専門に斡旋する業者?もいる。

しかし、不法入国者ということで、肉の加工時に指や足を落としてしまう危険がある精肉業の仕事では、いざってときの傷害保証(日本で言うところの労災)はほぼなく、何かあっても不法入国者と言う事実があるため、公には企業を訴えることもできず、結局泣き寝入りすることになる。

不法入国者にとっては一生懸命働いても、お金以外にアメリカで得られるものは少ない。

ただ、企業側にとっては、一生懸命働いてくれる不法入国者のような労働者は、不法入国者とわかっていたとしても雇用を容認しているといえる。この背景には、少しでも肉の原価を安くしようとする価格競争や効率化、システム化などが要因にある。

また、消費者側が常に安い価格を求めている以上、この問題はなくならないという皮肉がラストには込められていて、結局、上層部の会議で、価格が問題に上がれば、そのコストを下げるために底辺の人間が影響を受ける。そして、そのしっぺ返しが、安いだけで質の悪い肉として消費者に周ってくるという弊害がある。

これ以外にもいろいろとハンバーガー(肉)というビジネスを行う上での、政治との関係など内部事情などがリアルに語られているが、一番衝撃的なのが、牛が肉になる工程をリアルにそのまま映した、精肉工場内の映像だと思う。

この映画がR15指定相当になっているのはたぶんこの部分のためだろう。

コーエン兄妹の映画「ノーカントリー」の殺し屋が使っていたガス?の銃を使い、ベルトコンベアーで流れてきた、生きた牛の眉間に押し当て引き金を引く。眉間に銃?を当てられた牛はスコン!と言う乾いた音だけが響いて一瞬で死んでしまう。

殺された牛は、またレールを流れると、逆さまにさせられ首の辺りから血が抜かれ、外側の皮をはがれると、足や首を切断される。首だけになった牛の頭は専用の籠に集められる。牛の頭だけが並んだこのシーンはかなり衝撃的。

そして、はらわたは、肉の部分と腸に分けられ、これもまた、腸だけが集められる。魚の腸ですら、さばくと見た目はひどいが、牛の腸はさらにでかく、ブヨブヨとして気持ち悪い。

最終的に、肉の部分は、白身と赤み、サーロインなど部位によって手作業で切り分けられる。

集められたハンバーガー用の肉は、専用の機械で一度ミンチにされ、ハンバーガーのサイズに成型なり、冷凍後、箱詰めしたのち、それぞれの店舗へ向かう。

以下の流れが、ハンバーガーが牛から作られるまでの基本的な流れだが、牛が肉になる工程は、ある種、殺戮のようで血が滴る映像は観るだけでもかなりの衝撃を受ける。これを実際に行っている現場にいったら、もう肉は食べられなくなりそうだ。

仕事が分業されているため、自分も含め一般の人は肉を食べるということに、牛や豚などの動物を殺している感覚は、ほぼないが、この映画「ファーストフードネイション」を観ると、人は他の動物の命を喰って生き伸びているということを再認識させられる。

★★★★★ (評価 星5つ)

(これを書いているどこかで、牛の眉間にガス?銃を当てている人がいて、その人はどういう気持ちで毎日牛を殺しているのかを考えると、肉(動物)を消費するということに対していろいろな感情が湧き上がり、肉に対しての価値観が変わる映画といえます。こんなことを書きつつ、また当たり前のように旨いと言って肉を食べてしまう自分がいるのも嫌ですが、せめてファーストフードのハンバーガーを食べるのだけはやめたいと思う。ちなみに、この映画の話はアメリカの話なので日本のハンバーガーチェーンとの関係性についてはわからない。)


ファーストフード・ネイション デラックス版



JUGEMテーマ:最近みた映画
 

韓国ドラマ「結婚できない男」第14話の感想(ネタバレ)

2010.06.17 Thursday 韓国ドラマ 結婚できない男

■韓国ドラマ「結婚できない男」第14話の感想(ネタバレ)



キャスト: チ・ジニ オム・ジョンファ キム・ソウン ユ・アイン ヤン・ジョンア

現在WOWOWで放送中の韓国ドラマ「結婚できない男」の第14話の録画分を見てみました。

すでに日本版の阿部寛、夏川結衣、国仲涼子、塚本高史、高島礼子らが出演していた「結婚できない男」のオリジナルと比べると、韓国版は最終回に近づき、話数の関係(日本版全12話、韓国版全16話)もあり、少しアレンジが加えられているのがわかりますが、この辺も韓国版「結婚できない男」の見どころといえます。

またあらためて日本版「結婚できない男」を見返してみて思うところですが、韓国と日本では親に対しての扱いが全く違います。

韓国では、親に対して実の子供でも敬語を使い、親(年長者)に対しては尊敬の念を持って毎回接していますが、日本では、親に対して敬語で話すという家庭はごく稀で、基本タメ口が一般的でしょう。また、ひどいときには、汚い言葉も平気で親に浴びせてしまいます。

この部分を見ても、「結婚できない男」の中でお馴染みのシーン、40才にもなって結婚しない子供に向けて、見合いを持ち込んだり、結婚しろと言う親に対して、子供が返す言葉や態度も明確に違います。

韓国では、めんどくさい出来事と思いながらも、それなりにやわらかく対処するのに対し、日本では、ひどい時には親に対して、無視or言いたいことをそのままぶつけます。

この辺の違いを見ても、コメディ部分で日本版、韓国版の面白さのツボが違うように思います。特に、夏川結衣とオムジョンファの父親に対しての接し方の違いは、このドラマならではと言えます。韓国版を観た後に、日本版を見るとこの部分の違いが意外と衝撃です。

ちなみに韓国版「結婚できない男」の14話ラストでは、キムソウン(国仲涼子役)がチジニ(阿部寛役)に抱きつくという意外なラストになっています。日本版でこんな二人のきわどいシーンがあったのか、ちょっと思い出せませんが、韓国版はまた違った意味で楽しめます。


評価 ★★★★☆  星4つ

(韓国、日本の文化の違いも勉強になるが、相変わらずこのドラマは面白い)

結婚できない男 DVD-BOX (※日本版)


JUGEMテーマ:韓国ドラマ
 

ジムカヴィーゼル主演の映画「アウトランダー」の感想(ネタバレ)

2010.06.16 Wednesday 洋画 アクション/SF

■ジムカヴィーゼル主演の映画「アウトランダー」の感想(ネタバレ)



■監督:ハワード・マケイン 
■出演者:ジム・カヴィーゼル ソフィア・マイルズ ジャック・ヒューストン ジョン・ハート ロン・パールマン クリフ・サンザース

劇場公開(※公式HPが見当たらないのでたぶん劇場未公開作品)、レンタル作品と全くノーマークだった映画「アウトランダー」がWOWOWで初放送していたので録画してみました。

ジムカヴィーゼルが主演していたことも知らずという無知っぷりでしたが、意外に出来が良くかなりの拾いものでした。

ストーリーは、人間型の宇宙人(ジムカーヴィーゼル)が、8世紀初頭の地球(北欧)に宇宙船で不時着する。しかし、一緒に凶悪の宇宙モンスターも連れてきてしまい…その時代を治める地球人らと協力して戦うというSFアクションもの。

こういう感じのモンスター映画は、今までの経験上、モンスターのCGの質がイマイチでストーリーうんぬんの前に残念な結果になってしまうものがよくありますが、この「アウトランダー」は、宇宙モンスターのCGの出来もかなりリアルに描かれていて、CGも見ごたえあります。

B級映画でありがちな実写との合成がバレバレな感じはなく、CGのある一定の水準は保たれている。物語も悪くなく、なぜこの映画が全く自分の耳にこれまで入ってこなかったのか不思議なくらいです。

★★★☆☆ (評価 3.5点)

(CG、物語の出来は特に問題ないレベルだと思いますが、ただ、ひとつ残念なところを言えば、主役のジムカヴィーゼル以外のキャラクターの扱いが悪く、意外とあっさりと死んでしまう。もう少し、死ぬ前に意気込みや決意みたいなセリフがあるとサブキャラクターにも感情移入できる気がする。そういう意味では、この映画はジムカヴィーゼルの映画といえそうです。)


アウトランダー スペシャル・コレクターズ・エディション



JUGEMテーマ:最近みた映画
 

映画「マックスペイン」の感想(ネタバレ)

2010.06.15 Tuesday 洋画 アクション/SF

■映画「マックスペイン」の感想(ネタバレ)



■監督:ジョン・ムーア 
■出演者:マーク・ウォールバーグ ミラ・クニス ボー・ブリッジス オルガ・キュリレンコ アマウリー・ノラスコ

同名人気ゲームをマークウォールバーグを主演に迎えて映画化した「MAX PAYNE/マックスペイン」。この話題の映画がWOWOWで初放送していたので、早速録画してみました。

ゲームから映画化というミラ・ジョヴォヴィッチ主演で今では大ヒットシリーズになっている「バイオハザード」と同じ流れですが、こちらの「マックスペイン」もたしか全米興行収入の週間ランキングで初登場でトップ10(トップ3?)入りした、それなりのヒット作だったと記憶しています。

自分はこの「マックスペイン」のゲーム版はやったことがなく、ストーリーも全く知りませんが、公開時に予告編で流れていた、マークウォールバーグの頭上で天が燃え上がるCGの映像がすごくてなんとなく印象に残っていました。

そんな状態でこの映画を見てみましたが、一言でこの映画の感想を言うと、よくわからない映画。

バイオハザードのようにゲーム版同様、アクション主体で物語が進んでいくのかと思いきや、こちらはサスペンス?が主体で、物語はじわじわと進む。

物語は、意外と単純でマークウォールバーグ演じるマックスペイン(※これが名前)が過去に殺された妻子の犯人を捜すという内容ですが、編集が悪いのかわかりませんが、ストーリーも掴みづらく、マックスペイン(主役)にあまり感情移入できないため、次はどうなるという主人公目線でのハラハラ感があまり感じられない。

個人的に、前半の1時間位は、だらだらと見させられるという感じで、後半、特殊部隊との室内での銃撃戦辺りから若干面白くなってくる。

また、途中に翼を生やした黒いサタンみたいなのが出てきて、ラストではこの魔物との死闘が見られるのかと、期待していたが、特にそういうわけでもない。ちなみに、予告編で流れていた、頭上が赤く燃え上がるCGの映像もドラッグの副作用による主人公らの精神的な部分を描写したもので、ストーリーとの直接な関係は、薄い。

この映画には、「007 慰めの報酬」 でボンドガールを演じたオルガキュリレンコも出演していますが、序盤で意外なほどあっさりと死んでしまい、なんだかなと思う。もう少し出番があっても良いが…。

一応エンドロールでは、2を予感する終わり方になっているが、「マックスペイン2」はどうだろうか…。



★☆☆☆☆ (評価 5点満点中1.5点)

(アクションやCGのクオリティはハっとするほど良いが、物語としてのハラハラ感が薄いのが難点。作りこまれたCG?の悪魔が精神的な描写だけで、終わってしまうのはなんとももったいない。エンドロールで流れる銃器の紹介ムービーみたいなのがあるが、これが意外とカッコイイ。)


マックス・ペイン 完全版


JUGEMテーマ:アクション映画全般

映画「コレラの時代の愛」の感想(ネタバレ)

2010.06.11 Friday 洋画 恋愛/ラブストーリー

■映画「コレラの時代の愛」の感想(ネタバレ)



■監督:マイク・ニューウェル 
■出演者:ハビエル・バルデム ジョヴァンナ・メッツォジョルノ ベンジャミン・ブラット

2007年度のアカデミー賞作品賞に輝いたコーエン兄弟の映画「ノーカントリー」。その作品の中で冷血な殺し屋役を演じていたのを見てからすごく気になっている俳優ハビエル・バルデムが主演していたことで、見てみようと思ったこの映画「コレラの時代の愛」。

特にストーリーも知らずにラブストーリーということのみで見始めましたが、オチ(ラスト)も含めなかなかの作品です。

よくある一人の女性に片思いして、死ぬまでその愛がぶれることなく愛を貫くという純潔、純愛を主に置くラブストーリーの王道とは、一味違う愛のダークな側面が描かれている。

この映画「コレラの時代の愛」は、10代?のときにある一人の女性を愛した男(フロレンティーノ)が、70歳を過ぎてもなお想い続け、はじめて、その女性と結ばれる(肉体関係を持つ)までを描く。

この映画の良いところでもあり、悪いところでもあるのが、一人の女性を愛したその男が、ずっと貞操を守り続けていると思いきや、70歳を過ぎて初めて想い続けていた女性と肉体関係を持つまでに実は他の女性(662人)と関係を持っていたことだと思う。

そして、どこで、誰々(女)と寝たという事まで事細かく記録し、日記に残している徹底ぶり。

時には、肉体関係を持った相手の女性が、自分との浮気が原因で、夫に殺されてしまう悲劇な出来事とかもあったりする。時代に引き裂かれた初恋?の忘れられぬ愛を常に抱えながら、それを埋めるように一時の愛を習慣のように楽しむ男の愛の矛盾、快楽と苦しみが、この映画の素晴らしさでもあり、ダメなところでもある。

ただ、最後に「このときをずっと待っていた」といって、顔はシワだらけ、胸はヘソの辺りまで垂れ下がってしまった想い続けた女性の変わり果てた姿を見てもなお、昔と変わらずに愛することが出来る、男の姿に本物の愛を感じます。

男が想いつづけた女性が、男の623番目?の最後の女性という部分で、純愛なのかもしれない。

この映画は、ガブリエル・ガルシア=マルケスの同名の原作を映画化したということで、原作も気になりますね。

コレラの時代の愛 (原作本)


評価 ★★★★☆  星4つ

(ストーリーが淡々としているため途中眠たくなりますが、物語を通して振り返ると作者のメッセージ性があり、素晴らしい映画だと思います。なぜあなたは女性にモテるのですか?、と言う質問に、「私は無害な男だから」と答えていたのが印象に残ります。この映画は、年齢が高い人ほどいろいろ思うところが多いような気がします。そんな映画ですね。)


JUGEMテーマ:恋愛映画 一般

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links