映画「ダウト〜あるカトリック学校で〜」の感想(ネタバレ)

2010.12.09 Thursday 洋画 人間ドラマ/ヒューマンドラマ レビュー

■映画「ダウト〜あるカトリック学校で〜 」の感想(ネタバレ)



■監督:ジョン・パトリック・シャンリィ 
■出演者:メリル・ストリープ フィリップ・シーモア・ホフマン エイミー・アダムス ヴィオラ・デイヴィス

かなり前にWOWOWで放送していた映画「ダウト〜あるカトリック学校で〜」を鑑賞。

【映画「ダウト〜あるカトリック学校で〜」のあらすじ】

1964年、NYのブロンクスにあるカトリック学校。何事に対しても厳格な校長シスター・アロイシアスは、まだ若いシスター・ジェイムズからある相談を受ける。それは、先進的な考えを持ち、まだ子供である生徒たちの信頼を広く集めるフリン神父が、学校で只1人のアフリカ系の生徒と性的な関係にあるのではないかという“疑い(ダウト)”だった。シスター・アロイシアスは神父と対峙するが、神父はそうした関係を完全に否定し……。

※WOWOWから引用
--------

【映画「ダウト〜あるカトリック学校で〜」の感想レビュー】


「確信がないときどうするか?」

ケネディ大統領が暗殺された時、誰もが深い心の混乱に陥りました。

この絶望…進むべき道は?
今はどうすべきか?
子供たちへの説明は?
自分はどう納得する?

あの時人々は心を寄せ合い、絶望感でひとつに結ばれました。

絶望感があなたと他の人を結びつけたのです。

社会全体にとっての悲劇でしたが、共に体験できたのです。

自分だけの不幸を背負い、苦しむ男性や女性の方がはるかにつらいでしょう。

私が病気だと誰も知らない。
親友を失ったことを誰も知らない。
私の過ちを誰も知らない。

孤独感を想像してください。

窓越しに世の中を見るようだ。

ガラスの向こう側には幸せな人々。こちら側にはあなた。

ここでもうひとつ別の話をしましょう。

貨物船が沈没しました。

火事が起き、船は海の底へ

船員が一人だけ生き残った。

彼は救命ボートに帆を張り、天を仰ぎ星の位置で方角を読み取りました。

そして戻る進路を定め、疲れて眠り込んだ。

やがて空が曇り、20日間にわたって星が見えなくなりました。

正しい針路だと思っても確信を持てません。

日が経つにつれ、彼は衰弱していき、疑いを持ち始めました。

針路は正しいのか、故郷に向かっているのか

それとも方向を見失い、悲劇な死を迎える運命にあるのか。

知る手だてはない。

星が示してくれた方角は、絶望的なあまり空想したものだったのか。

それとも真実でたとえ報われなくても、信じ続けるべきなのか。

皆さんの中には信仰の危機に陥り、迷う方もいるでしょう。

疑いは確信と同じくらい強力な絆になり得るのです。

道に迷った時、あなたは一人ではない。


フリン神父のこの説教から始まる映画「ダウト〜あるカトリック学校で〜」は、タイトルにある通り、疑い(ダウト)がテーマになっている。

校長のシスターは、ある朝、ある生徒がフリン神父が触る行為を拒絶している姿を見て、彼の態度を気に留めるようなる。

もともとカトリックのしきたりに従順な校長シスターにとって、社会の変化とともにカトリック(学校)のルールも変えていくべきだと、先進的な考えを持つフリン神父の考えは理解できなかった。校長は出来れば、規則を乱すフリン神父を学校から追い出したいと考えていた。

そんなとき校長の元へあるシスターが、フリン神父とアフリカ系の黒人男子生徒が不適切な関係があるのでは?という状況証拠の疑い(ダウト)を持ってくる。

その証言から校長は証言したシスターを同行すると、フリン神父を呼び出し、生徒との関係を直接問い詰めるが、フリン神父は関係を否定する。結局、状況証拠も疑いの域を超えず、真実はフリン神父と生徒だけが知る。



事実ではなく疑い(ダウト)を信じる校長のせいで、自分だけでなく、生徒へもいらぬ誤解を生むことになってしまった神父は、次の説教の時間に以下の議題のテーマを話す。



ある女がよく知らない男の噂話をしました。

その夜女は夢を見た。

巨大な手が現れ彼女を指差したのです。

突然彼女は激しい罪の意識にとらわれ翌日告解へ。

年老いたオローク神父に告白しました。

「噂話をするのは罪ですか?」

彼女は尋ねた。

「あれは全能の神の手だったのですか?

赦しを請うべきでしょうか?

私は何か悪いことをしたのですか?」

「そうとも」

オローク神父は答えた

「その通り 

育ちの悪い無知な女よ

あなたは偽りの証言をし

隣人の評判をおとしめた。

心から恥を知るがよい」

神父の言葉に彼女は悔い、赦しを請いました。

もう少し待って神父が言った。

「家に帰って枕を持って屋根に上りなさい

枕をナイフで裂きまた私の元に来なさい」

女は家に帰るとベッドから枕を取り

ナイフを片手に屋根に上り枕に突き刺しました。

そして再びオローク神父の元へ

「枕をナイフで裂いたか?」

神父が尋ねた

「はい神父」

「中身は何だった?」

「羽根です」

彼女は答えた

「羽根だ」 

神父が言った

「辺り一面の羽根です 神父様」

「さあ家に戻って

風に散った羽根を残らず集めなさい」

彼女は答えた

「そんなの無理です

風でどこまで飛んだかわかりません」

神父が言った

「それが噂の正体だ!」


この説教を聴いたシスターの校長は、フリン神父からの宣戦布告だと思ったのか、フリン神父を失脚させるようと嘘をついてまで計略をたてます。結局フリン神父は、校長の強引な行いで学校を辞めることになる。

しかし、フリン神父は、これまでの実績が反映され異動した学校で司祭になり、出世していた。校長のシスターは、自分の思い通りにフリン神父を追い出すことに成功するが、最後に残ったのは、疑い(ダウト)によって、発生した罪の意識だった。

評価 ★★★★★ (星5つ)

(この映画「ダウト」は、かなり深いテーマで見終わった後にいろいろと考えさせられる。神父の疑い(ダウト)についての角度の違う異なる説教も面白い。個人的には、この映画を見て思うのは、他人の気持ち立って、何かを受け入れるられる”寛容さ”が必要だと思う。シスターの校長は、神父の不適切な関係の疑い(ダウト)を信じていたが、結局、周りの状況を理解できず(誰一人神父の疑い(ダウト)の行為について被害を言うものはいないのに)、不適切な関係の行為の罪だけ考え、自分が一番正しい判断をしていると錯覚し、強行に実行してしまったことだろう。そういった意味では、自分は終始シスター校長の側に立つ事はなかった。)

ダウト 〜あるカトリック学校で〜

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:最近みた映画
 

映画「ワイルドスピードMAX」の感想(ネタバレ)

2010.12.08 Wednesday カーアクション映画レビュー

■映画「ワイルドスピードMAX」の感想(ネタバレ)



■監督:ジャスティン・リン 
■出演者:ヴィン・ディーゼル ポール・ウォーカー ジョーダナ・ブリュースター ミシェル・ロドリゲス


WOWOWで放送していた映画「ワイルドスピードMAX」を鑑賞。

【映画「ワイルドスピードMAX」のあらすじ】

ロサンゼルス(LA)でトレーラー強奪事件を繰り返し、指名手配されたドミニクは、逃亡先のドミニカでも恋人レティらと同様の事件を起こし続けていた。いつしかレティに当局の手が及ぶと考え、彼女のもとを去ったドミニクだが、LAにいる妹ミアからある衝撃的な報せを受ける。一方、かつてドミニクを追い、今やFBI捜査官となったブライアンは麻薬組織を捜査中にドミニクと再会。2人が追っている相手は同じだとわかるが……。

※WOWOWから引用
-----

【映画「ワイルドスピードMAX」の感想】

このワイルドスピードシリーズは、1の「ワイルドスピード」でこれまで合ったカーアクションというジャンルをより更新するような危険なアクションに挑戦し大ヒット、さらに「ワイルドスピード2」では、よりカーアクションがパワーアップ。しかし、2の続編ではスケジュールが合わないのか、ヴィンディーゼルの出演はなし。

そして再度二人の共演が期待されたシリーズ3作目だが、「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」と題され、舞台は日本の東京へ移る。今回は、ヴィンディーゼルのカメオ出演のみ成功するが、相方のポールウォーカーは出演せず、主役もまだあまり有名ではない若手俳優ルーカス・ブラックが担当する。

今や女優として売れっ子になった北川景子のハリウッド初進出作で興行的にも1億5000万ドルを越える大ヒット作品になり、カメオ出演ながら千葉真一や柴田理恵、真木ようこ、妻夫木聡など日本人俳優も多く参加しているのだが、1からのファンにしたら、主役キャストが全く違うということで物足りなさが残る。

そして、その物足りなさを脱却するべくようやく二人の再共演が実現できたのが、シリーズ4作目に当たる、この「ワイルドスピードMAX」なのだが、二人の共演は良いのだが、カーアクションやストーリーは頭打ちしており、なんとなく過去作を越えきれていない。

今回のカーアクションの舞台は、南米メキシコ、国境に繋がる砂漠や暗い洞窟の中を猛スピードで走り抜けるという、実際に体験したらかなりの迫力がありそうなのだが、終始画面は暗く、閉鎖された空間でどうもスペクタクルさに欠けてしまっている。

最初のガソリンを積んだトラックを積荷ごと走りながら盗むのも、凄いのだがどこかで見たようなシーンで、新しさは薄い。

評価 ★★☆☆☆ (星3つ)

(ストーリのわかりやすさだと、日本に留学した走り屋の物語の前作3作目の方がわかりやすく面白い。この4は、期待があっただけに、凄く中途半端さが残る作品。)

ワイルド・スピードMAX

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:アクション映画全般
 

清水ミチコのお楽しみ会ツアー2010の感想

2010.12.07 Tuesday ライブ&コンサート レビュー

■清水ミチコのお楽しみ会ツアー2010の感想



出演:清水ミチコ

WOWOWで放送していたライブコンサート「清水ミチコのお楽しみ会ツアー2010」を鑑賞。

【清水ミチコのお楽しみ会ツアー2010の感想】

モノマネお笑いタレントの清水ミチコが得意のモノマネ(顔マネ、歌マネ)を自身のピアノ演奏とともに披露する「清水ミチコのお楽しみ会」。

全編ほぼ一人で行うライブコンサートですが、バラエティ番組で披露する彼女のモノマネが好きな人にとっては、このコンサートは、彼女の濃いモノマネ(薄いのもあり)が満喫出来る内容で面白い。

80年代〜2000年代の清水ミチコが影響を受けた新旧の歌手のモノマネから始まり、アグネスチャンと瀬戸内寂聴の公演モノマネ、ドラエモンのバッタモンのキャラクターの本読み、黒柳徹子との対談などなどモノマネ芸を大皿で出してくれてファンにとっては満腹感がある。

以下は、このコンサートで清水ミチコがモノマネしてたであろう有名人の名前です。一言ネタとかあって確認するのは難しいですが、大体こんな感じです。自分の記憶が曖昧なので、他のテレビで見ていたのも混ざってるかもしれません。※印象に残っているのは○つけてます。

秋川雅史
アグネス・チャン ○
浅田美代子 
天地真理 
綾戸智恵 ○
淡谷のり子
アンジェラ・アキ
安藤裕子
市原悦子
井上陽水 ○
忌野清志郎
UA
宇多田ヒカル
えなりかずき
大竹しのぶ
欧陽菲菲
大原麗子
鬼束ちひろ
大山のぶ代(ドラえもん) ○
菊川怜
黒木瞳
黒柳徹子
杉本彩 ○
瀬川瑛子
瀬戸内寂聴 ○
田中眞紀子 ○
玉置浩二
CHARA
デヴィ夫人 ○
ドラえもん(大山のぶ代)
中島みゆき
長渕剛
仲間由紀恵
中森明菜 ○
元ちとせ
一青窈 ○
平井堅
平野レミ ○
平原綾香
フジ子・ヘミング ○
福山雅治
マイケル・ジャクソン
松田聖子 ○
松任谷由実 ○
真矢みき
みうらじゅん
美空ひばり
南沙織
三原じゅん子
美輪明宏 ○
桃井かおり
森山良子 ○
薬師丸ひろ子
矢野顕子 ○
山口もえ
山口百恵 ○
YUKI ○
 
個人的に好きなのが、毒舌満載なアグネスチャンと瀬戸内寂聴の公演モノマネはおすすめですね。108の煩悩の話をしながら、お布施を要求する瀬戸内寂聴は良いですし、休憩中に流れる黒柳徹子との対談動画も面白い。徹子の部屋ではいつも聞き手に徹している?黒柳徹子の天然トークが全開で、徹子の違った一面が見れる。

あと何気なく話していた矢野顕子さんからもらった、ヤフー知恵袋で見たという半身浴のメールの話も面白い。

今話題の”半身浴”を始めた人がいたらしいのだが、どうやっても目や耳に水が入ってしまい上手く出来ないという書き込みがあったという。

このネタもとを探してみたらありました。たぶんコレですね。

評価 ★★★★★ (星5つ)

(このモノマネコンサートは、素晴らしい。実際の本人の歌を聞いているほど、完成度の高いものもあり、歌手のコンサートとしての聞き応えあるし、本人をバカにしたモノマネも面白い。)
 

映画「LOVE LETTER」の感想(ネタバレ)

2010.12.06 Monday 邦画レビュー

■映画「LOVE LETTER」の感想(ネタバレ)



■監督:岩井俊二 
■出演者:中山美穂 豊川悦司 酒井美紀 柏原崇 加賀まりこ

WOWOWで放送していた中山美穂主演の映画「LOVE LETTER」を鑑賞。

【映画「LOVE LETTER」のあらすじ】

神戸に住む博子は、山の遭難で命を落とした婚約者・樹を忘れられない。彼に届かないと分かりながら思わず、彼が以前暮らしたという小樽の家に彼宛ての手紙を出してしまう。偶然にも、現在そこに住んでいたのは、樹と同姓同名の女性だった。しかも彼女は樹の中学時代の同級生で、樹が博子の手紙を読んだことから2人は文通を開始する。中学時代、小樽の博子と樹は互いに恋心を抱いてることを意識しだしたが……。

※WOWOWから引用
-----

【映画「LOVE LETTER」の感想】

中山美穂主演作品特集のひとつとしてWOWOWで放送されていた95年製作の岩井俊二監督の映画「LOVE LETTER」。婚約者の死を忘れられず、今はもう国道になり使われていない婚約者の実家の住所に手紙を出したところ、返信が来た。返信した者は、婚約者と同姓同名の女性だった。婚約者と中学で同級生だったその女性と文通を始めると、婚約者の意外な過去があきらかになる。

ファンタジーっぽいストーリーも良いが、それ以上に中山美穂が一人二役を演じており、ミポリンの名で一世を風靡していた中山美穂の全盛期の凄さを実感した。

このときはまだ20代だと思うが、最近の若手女優、上戸彩、石原さとみ、堀北真希、長澤まさみなどなど(名前は出ないが他にもいろいろいるが)魅力を持った女優やアイドルなどがたくさんいるが、この全盛期の”中山美穂”の魅力を忘れていないかだろうかと再認識したくなるほど、醸し出す雰囲気が素晴らしかった。中山美穂にクラクラしている人の気持ちがわかった。

評価 ★★★★☆ (星4つ)

(一人二役を演じているが、博子の落ち着いた役よりも、風邪をひいているが天真爛漫さがある樹(さつき)の中山美穂は唯一無二の魅力がある。これはやばい。中学時代は酒井美紀が演じており、同級生には鈴木爛々とかも出てて、この90年代の懐かしさが凝縮している。この時代良いわ〜)

Love Letter

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:邦画
 

映画「ナイトミュージアム2」の感想(ネタバレ)

2010.12.05 Sunday 洋画 コメディ/お笑い

■映画「ナイトミュージアム2」の感想(ネタバレ)



■監督:ショーン・レヴィ 
■出演者:ベン・スティラー ロビン・ウィリアムズ エイミー・アダムス オーウェン・ウィルソン

WOWOWで放送していた映画「ナイトミュージアム2」を鑑賞。

【映画「ナイトミュージアム2」のあらすじ】

2年前、ニューヨークの自然史博物館で各展示物が動くという騒動を経験した当時の警備員ラリー。今は発明家として成功し、博物館から遠ざかっていた。自然史博物館が改装される間、一部の展示物がスミソニアン博物館に移されることになるが、展示物に生を与えていた石板もスミソニアン博物館に運ばれる。スミソニアンの展示物、古代エジプトの王カームンラーなどが動き出したと聞き、ラリーは事態収拾のため博物館に向かうが……!?

※WOWOWから引用
--------

ベンスティラー主演の「ナイトミュージアム」の続編ですが、博物館を舞台にまた大騒動が繰り広げられている。アメリカンジョークが満載のアクションコメディですが、博物館に展示されている過去の偉人達(リンカーン、アインシュタインなど)が復活するあたりは面白い。キテレツ大百科でありそうな物語の展開で、偉人達が実際に生きていたら言いそうなセリフや行動が再現される。

CGも前作よりパワーアップしており、ファミリー向けで楽しめるアクション映画といった感じでしょう。しっかりとテーマもあり、”本当の幸せとは?”についても2時間の中で語られている。

その答えが”好きな人と好きなことをする”という答えを見つけるというのもなかなか良い。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(個人的には、「ナイトミュージアム」の1の方がわかりやすくて好きかなと思う。2は新しい登場人物が増えたためか、1の既存のサブキャラクターの出番が少なくなっているように思う。)

ナイトミュージアム2 <特別編>

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:コメディ映画全般
 
WOWOWのおすすめ番組!    

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品