映画「天使の恋」の感想(ネタバレ)

  • 2011.02.12 Saturday
  • 03:11
■映画「天使の恋」の感想(ネタバレ)


 

■監督:寒竹ゆり
■出演者:佐々木希 谷原章介 山本ひかる 酒井若菜 津田寛治 若村麻由美 大石参月 七菜香
  
WOWOWで放送していた映画「天使の恋」を鑑賞。

【映画「天使の恋」のあらすじ】

17歳の女子高生、理央は、無比の美貌の持ち主。だが、ある過去のトラウマから誰も信頼できず、新しい友人を援助交際の世界に引きずり込むことも厭わない、スキャンダラスな美少女。ある日理央は偶然から35歳の大学講師、光輝と出会い、彼に気に入られようと日本史を勉強し始め、援助交際から足を洗う。だが突然、光輝は彼女の前から姿を消してしまう。実は光輝には脳腫瘍があり、理央は再会した彼に手術を受けるよう勧めるが……。

※WOWOWから引用

【映画「天使の恋」の感想+あらすじ】



14歳の時に起きた事件がきっかけで、援助交際や恐喝など非行に走るようになった女子高生が、一目ぼれした大学の先生と初めての恋を経験し、友達の大切さや人の気持ちなどを理解するようになり、傷つきながら人間的に成長していく物語。

最近の邦画のラブストーリーは、数年前の新垣結衣主演の映画「恋空」もそうですが、やたらと自殺やいじめ、レイプ、妊娠といった非道徳性キーワードがありますが、この映画もその種のキーワードを多く含んでいる作品です。ちなみにこの作品も「恋空」と同じく原作は携帯小説からの映画化。

この映画を観ると、最近の邦画の恋愛ものは、非道徳性のキーワードを含んでいないと興味性がなくヒットしないのかとそんな映画界の裏事情が頭を過ぎります。原作の携帯小説のヒットによる映画化なのでしょうがないですが、視聴者がそういう物語を望んでいるようですね。

さて、映画のストーリーは、非道徳性キーワードがあるのでちょっと重たい内容ではありますが、映像的には、米国の映画情報サイト「TC Candler」が、ネットユーザーを対象とした投票ランキング2010で「最も美しい顔100人」に日本人として初めて第33位にランキング入りしているモデルの佐々木希が主演していることもありますが、モデル佐々木希の2時間CMと言っても良いくらい、佐々木希の魅力全開の作品になっています。※特に前半〜中盤辺りまでは佐々木希のプロモーションビデオといえる。

個人的に映画「変身」から好きになった蒼井優と比べると佐々木希の演技は、かなり頭打ち感はありますが、しかし、そんなこと以上に見た目やしぐさなどの小動物的かわいさでは特出しており、さすが世界第33位にランクインしているだけあってその魅力を存分に披露しています。※この映画で演技の演出している人もファッションとともにかなり佐々木希のかわいさを引き出している。









■佐々木希演じる理央は、好きになった相手にかなり積極的な女の子で、感情をあまり表に出さなく、乗り気でない谷原章介演じる光輝に対して、ガンガン攻めて行くのだが、その攻め方(気持ちの伝え方)が、元気溌剌系で嫌味がなく見ていて楽しい。※明石家さんまさんが好きそうな路線です。

例えば、

1.未成年だから付き合えないと断る光輝に対し、「私はもう大人だよ子供じゃないし」といった後に「えっ?」と聞き返す光輝に対し「今エッチなこと考えたでしょう?」と言ってからかってみたり。



2.良い成績だったらデートしてよと提案するが、光輝にすぐに断られてしまい「生徒の夢を潰すのかい!」とひじで相手のわき腹をこづいてみたり。



3.なんとかデートの約束が受け入れられると喜んでその場でクルクル回ってみたり



4.別れた後、反対車線のホームからずっと手を振っていたり。



5.人目を気にせず「先生」と大声で叫んでは、投げキッスをしてみたり。



6.図書館で「ねぇ好き?」と聞いてみたり



7.はぐらかすので、さらに「ねぇねぇ私のこと好き?」と周りに聞こえるほど大声で叫んでみたり



8.ホラー映画を見ながらトンガリコーンを指に挟んで「シャー」と怖がらせようとしたり



9.ソファで寝てる光輝に対し、隣のベッドから「ねぇねぇ襲っていい?」と言ってみたり



10.翌朝、鏡に向かって「ふ〜じ〜わ〜ら〜の〜か〜ま〜や〜つ」と叫んで小顔のマッサージ運動をしてみたり



こんな感じで理央の天真爛漫さがあふれ出ているシーンがありますが、その他にもかなり意図的に、理央のしぐさに拘っているシーンも多くある。









この映画は、開始30分辺りで二人がようやく出会うのだが、そこから急に恋に目覚める理央が人間的魅力を発揮して共感できるようになる。それ以前の30分までは、ファッションやメイクは華やかで、外見的にきれいではあるが、人間的良さはあまり伝わってこない。ということで30分あたりから見どころ。

ちなみに個人的にこの映画で好きなシーンは、歴史好きの光輝と歴史巡りデートをした後、友達にお土産として家紋Tシャツをプレゼントするところですね。





「豊臣秀吉の家紋」



「上杉謙信!」





「石田三成です!」



「うぉ〜なんだよこれ、まじかっけえじゃん、まじイカす、こんなんもらっていいのかよ!これヘビロテ確定だよ。」

■女性ファッションに詳しくないですが、さすがにこの家紋Tシャツを着ると、あからさまに女子高生ダサくなってしまうあたりは、ファッションセンスがあまりないTシャツといえそうです。

ただ「天の時、地の利、人の和」(愛)と書かれた直江兼続Tシャツを着た佐々木希は、それなりに着こなしてますね。






評価 ★★★★★ (星5つ)

(ストーリー以前にあきらかに佐々木希のための映画のような作りで映画作品として首を傾げたくなる作りではあるが、いろいろ含めて佐々木希の魅力と谷原章介の格好良さと抑えた演技で、強引に★5つです。この映画は、佐々木希の魅力を感じたい人と家紋Tシャツが欲しい人におすすめの作品です。)



さすが美男美女カップルはファッション雑誌の一部のように絵になる。

ちなみに「天使の恋」の原作本も発売中です。佐々木希は出てきませんが、理央の心の声や映画で描かれていない細かい設定などを読むことができます。




実際の「天使の声」を携帯小説で読む場合はコチラの携帯サイトで読めます。

※追記2011/2/19

現在、”天使の恋”の携帯小説読んでますが、この原作もかなり面白いですね。二人の出会いが映画とは違うし、同じ苗字でないなど違う部分もある。そして、あの名場面シーンの二人の心の声も読めて、感情移入しまくり。この天使の恋の作者は、実はSINという男性だったという事実も発見し、ビックリ。

天使の恋 プレミアム・エディション [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:恋愛映画 一般

映画「ノーボーイズ、ノークライ」の感想(ネタバレ)

  • 2011.02.10 Thursday
  • 06:23
■映画「ノーボーイズ、ノークライ」の感想(ネタバレ)



■監督:キム・ヨンナム
■出演者:妻夫木聡  ハ・ジョンウ 貫地谷しほり チャ・スヨン イ・デヨン 徳永えり 柄本佑 あがた森魚
  
WOWOWで放送していた映画「ノーボーイズ、ノークライ」を鑑賞。

【映画「ノーボーイズ、ノークライ」のあらすじ】

韓国からおんぼろボートで密輸品を運ぶ青年ヒョングと海岸で荷物を受け取る日本人の青年・亨。仕事上の知り合いに過ぎなかった2人は、あるときヒョングが何者かに襲われ、荷物が消えたことから協力することになる。ようやく見つけたその荷物とは、なんと1人の少女チスだった。彼女は、父親が組織の金を持ち逃げしたために人質とされたのだという。ヒョングと亨は、チスからの報酬目当てに彼女の父親探しを引き受けるのだが……。

※WOWOWから引用

【映画「ノーボーイズ、ノークライ」の感想+あらすじ】

日本の妻夫木聡と韓国のハジョンウが共演した韓国のキムヨンナム監督作品。原題は「THE BOAT 〜NO BOYS NO CRY」

幼いときに母親と別離し、育ての親で組長をしている小父(おじ)のために、韓国から船で日本の山口に密輸を手伝う青年ヒョングとヒョングのおじ(組長)の下で働く日本人青年:亨との交流を描く。

日本人青年の亨の策略により、ある人質の女を預かったヒョングは、それが原因でおじの組から追われることになる。人質の女は、組の金を持ち逃げしたまま現在も逃亡中の男の娘だった。人質の娘を逃がしたことで、組は血眼で捜していた。

すべての事情を知ったヒョングは、娘の提案で奪った金の一部を受け取る約束で亨とともに行方不明になった父親探しを協力することになる。

組を裏切り危険を冒してまで大金が欲しいという亨には、理由があった。

亨の妹は、組長の子供と結婚していた。その妹には子供が3人、そのうち一人は重度の病気に掛かっており、さらに認知症の祖母もいる。20代の若さでそれら家族のすべての責任を負っていた亨は、大金と引き換えに自分の人生を取り戻そうとしていた。

幼いときに母親と別離し、それ以後は自分のためだけに何も責任を負うことなく生きてきた男ヒョングと、家族という重み(責任)をすべて背負ってきた亨という価値観の全く違う二人の男。

金を持ち逃げした男が見つかった時、おじから「人質を連れてこなければ、母親を殺す」と脅されたヒョングは、母親を思い出し、初めて家族の重み(責任)を体感する。

ヒョングの母親が殺されるという話を聞いた亨は、自分が一人で話をつければ問題ないといい自分の家族のめんどうを頼むとヒョングに言い、車で向かい始める。

その道中、ラジオから韓国語のヒアリングが流れてくると、ヒョングは途中で亨を車から降ろすと、一人でおじのいる組に向かう。

おじや組員にボコボコにされたヒョングは、「母親とお前どっちが先に死ぬ」と聞かれると、「自分が先に…」と答える。手足を縛られ足には錘をつけられると、ヒョングは海に投げ込まれる。

海に落とされたヒョングを海底から亨が救い出すと、人工呼吸をするが、ヒョングは目を開けず…。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(この映画は、”価値観”というテーマがあり、それぞれの登場人物の抱える現実があり、その価値観の違いが上手く描かれている。2人の子供と病気の子供、認知症の祖母、貞操が軽く誰の子供か解らずすぐ妊娠してしまうアホな妹。そんな家族の全責任を背負ってしまった亨は頭を抱え常に悩んでいたが、亨の元彼女も久々に会うと「死にたい」と口にするほど、落ち込んでいた。よくよく話を聞くと、スーパーのレジでおばあちゃんのおつりを間違えてしまったといい、ひどく自分を責めていた。その話を聞いていた亨は軽く笑みを浮かべる。見ているほうにツッコマせるようなこの辺の変な空気感がこの映画の魅力でもある。

また、商店街で開催されていたカラオケ大会に、家族と自分への苛立ちから飛び入りで参加し歌っていた亨をたまたま見たヒョングは自分も参加し、二人でパフィの歌を熱唱したりする。※ちなみにヒョングは、別シーンでは浜崎あゆみのMARIAを一人で熱唱している。

なぜかヒョングと初めて会った時に使っていた亨の韓国語が”ヨボセヨ”(もしもし)を使っているなど。弱コメディの要素も含まれている。ぜひ韓国に行ったらこの”ヨボセヨ”を挨拶に取り入れてみたい。※妻夫木聡が韓国語を使っていたが、韓国ドラマに親しんでいる自分でも特に違和感が感じられず、かなり自分のモノにしていた。さすが。なんとなく日本俳優と韓国俳優が映画やドラマで共演すると、韓国俳優>日本俳優となる場合が多く見られるが、今回の妻夫木君はかなり健闘していた。)


ノーボーイズ、ノークライ


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:韓国映画全般
 

映画「引き出しの中のラブレター」の感想(ネタバレ)

  • 2011.02.08 Tuesday
  • 01:19
■映画「引き出しの中のラブレター」の感想(ネタバレ)



■監督:三城真一
■出演者:常盤貴子  林遣都  中島知子  岩尾望  竹財輝之助  萩原聖人  八千草薫 仲代達矢
  
WOWOWで放送していた映画「引き出しの中のラブレター」を鑑賞。

【映画「引き出しの中のラブレター」のあらすじ】

ラジオパーソナリティの真生は、仕事や将来のことで仲違いしたままだった父の訃報を受け取る。遺品の中から、自分に宛てた未投函の手紙を見つけた彼女は、父と生前もっと話しておけば良かったと後悔を感じる。そんなとき、彼女の番組に「笑わない祖父を笑わせたい」という北海道の高校生・直樹からの手紙が届く。彼の願いをなんとか叶えたいと尽力する真生は、やがて大切な人への届けられない想いをラジオで届ける番組を企画する。

※WOWOWから引用

【映画「引き出しの中のラブレター」の感想+あらすじ】


「人と気持ちがすれ違ってしまった時、

そのままにすると、そのとき生まれたわだかまりは

ひとりでに膨らんでいってしまうから

大切な人が離れてしまう前に、連絡しなければ…」


「よく”君を幸せにする”というセリフがドラマであるけど

人を幸せに出来る人は、言わなくても自然に人を幸せに出来るんじゃないだろうか。

反対に身近な人も幸せに出来ない人は誰も幸せにできない」


上記の言葉は、常盤貴子演じる真生が書いたコラムの一説ですが、この映画は、そんな彼女の温かい人柄(想い)が伝わってくるような物語になっている。

一枚の悩み相談のハガキをもらったラジオパーソナリティをしている真生(常盤貴子)は、その悩みに対し、自分の答えを見つけれず、その場しのぎの適当な回答をしてしまう。リスナーの悩みに真剣に答えることができなかったことが、ずっと心残りだった真生は、はがきをくれた学生の住所を訪れる。

彼から話を聞くと、祖父と父親の間が上手くいっていないことを知る。真生は、自分も父親とすれ違ったまま、想いを伝えることができず亡くしてしまった経験があり、その悔しさを思い出すと、はがきをくれた学生の祖父に私に何か出来ることは?と話をするが、他人のことはほっといてくれと頑なに断られてしまう。

真生は、仕事に戻ると”他の人の伝えられていない想いを伝えるナビゲーター”になろうと、ラジオの企画会議で、あなたの心の引き出し仕舞っていた思いを相手に伝えませんか?というコンセプトでハガキを募集する企画案を出す。

企画は無事に採用されると、”引き出しの中のラブレター”というタイトルが付けられ進行していく。

真生は、学生のもとを再び訪れると、学生の祖父に(心に仕舞っている想いの)手紙を書いてくれないかと最後のお願いする。しかし、相変わらず良い返事はもらえず。

引き出しの中のラブレター”が放送される当日、真生はたくさん送られてきたハガキを何度もチェックするが、学生の祖父からの手紙は見当たらない。

番組が始まり、ラスト一枚のはがきの紹介になった時、ADが他のはがきの中に混ざっていた、学生の祖父のハガキを見つけると、真生は、最後の一枚をそのハガキに変更し、読み始める…。

評価 ★★★★☆ (星4つ)

(他人の家の問題にズカズカと入っていき、手紙を書いてくれと言い、それに対し、断っていながらも最後はしっかりと手紙を書いてしまうという部分は、なんとなく出来過ぎのような気もしないでもないが、全く関係のない他人同士がこの一通の手紙によって、今まで隠されていた人間関係が浮かび上がってくるあたりは、面白い作りになっている。全編通して丁寧に描かれており、人間の温かみを感じる映画。実は、悪い人(嫌な人)は一人も出てこない。前回見た”おとうと”より、個人的にはこちらの方が共感できる。)


引き出しの中のラブレター


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:邦画
 

映画「最強絶叫ダンス計画」の感想(ネタバレ)

  • 2011.02.06 Sunday
  • 02:34
■映画「最強絶叫ダンス計画」の感想(ネタバレ)



■監督:ダミアン・ダンテ・ウェイヤンズ
■出演者:ショシャーナ・ブッシュ デイモン・ウェイヤンズ・ジュニア エッセンス・アトキンス クレイグ・ウェイヤンズ キーナン・アイヴォリー・ウェイヤンズ
  
WOWOWで放送していた映画「最強絶叫ダンス計画」を鑑賞。

【映画「最強絶叫ダンス計画」のあらすじ】

バレリーナをめざす女子高校生ミーガンは交通事故で母親を失い、バレエの道をあきらめると共に、別居していた父親と同居することに。転校先の高校はアフリカ系が多く、白人のミーガンは最初は差別されるが、ダンスが得意なアフリカ系少年トーマスと出会って交流を深めるうち、彼からストリートダンスの基礎を学ぶことに。一方、トーマスが所属するダンス・チームは、ライバルであるチームとのバトルを避けて通ることが出来ず……!?

※WOWOWから引用

【映画「最強絶叫ダンス計画」の感想】

有名ハリウッド映画をパロディするアメリカで大人気の「最終絶叫計画シリーズ」の最新作?に当たる今作「最強絶叫ダンス計画」は、タイトルからもわかるとおり、ダンス映画のパロディが中心の構成になっています。

ちなみに上記のダンス映画を未チェックだった自分は、パロディ部分を推測しかできず、かなり損した気分にさせられた。この映画(パロディ映画)を観る前は、必ず原作を見ておきましょう。※まあやりたいことはほぼ理解できるけど。

しかし、ダンス部分のパロディ以外は、それなりにハリウッド作品は見ているので、「トワイライト〜初恋〜」や「ファイナルデッドーコースターシリーズ」、「シャッフル」など映画作品を始め、ハリウッドセレブのお騒がせゴシップネタ(交通事故を起こすリンジーローハンやブリトニースピアーズ)なども意外と見つけられた。

この最終絶叫計画シリーズ全般に言えることだが、基本下ネタが中心でそれを取り囲むように、ゲイネタ人種差別ネタなどで構成されている。はっきり言えばわかりやすいベタベタな笑いですね。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(原作のダンス映画を知らないのがちょっといイタイですが、見なくてもやりたいことは大体わかる。ただ、タイトル通りダンスに重きを置いているので、他の絶叫計画シリーズに比べると、パロディの数が少ないような気がする。ダンスとしてのパロディは限られているので。個人的には、最終絶叫計画シリーズの方が好きだ。)

最強絶叫ダンス計画

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:コメディ映画全般
 

映画「BE COOL/ビークール」の感想(ネタバレ)

  • 2011.02.05 Saturday
  • 00:53
■映画「BE COOL/ビークール」の感想(ネタバレ)



■監督:F・ゲーリー・グレイ
■出演者:ジョン・トラヴォルタ  ユマ・サーマン ヴィンス・ヴォーン  ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック) ダニー・デヴィート  ハーヴェイ・カイテル  クリスティナ・ミリアン  スティーヴン・タイラー  
  
WOWOWで放送していた映画「BE COOL/ビークール」を鑑賞。

【映画「BE COOL/ビークール」のあらすじ】

マイアミの借金取立屋から、ハリウッドの映画プロデューサーに成り上がったチリ・パーマー。旧友がロシアン・ギャングに殺される現場に居合わせてしまうが、旧友は自分が経営する独立レーベルで売り出し中の新人女性歌手、リンダの面倒をパーマーに頼む。リンダはすでに悪徳マネージメント会社と5年契約を結んでいたが、パーマーは無理矢理リンダのマネージャーとなり、旧友の未亡人イーディとその売り出しに着手するが……!?

※WOWOWから引用

【映画「BE COOL/ビークール」の感想】

「ミニミニ大作戦」や「交渉人」で知られる黒人監督F・ゲイリーグレイが監督した音楽エンターテーメント映画。主演のジョントラボルタを始めユマサーマン、ザ・ロック、ダニーデビート、エアロスミスなど豪華なキャストが出演している。

才能のある歌手を見つけた映画プロデューサーが彼女の歌手デビューに向けて、ロシアマフィアやギャングなど音楽業界に関わる男達を相手に奮闘する弱コメディ作品。

ラストにはスティーヴンタイラー率いるエアロスミスと共演するライブ場面もあり、音楽エンターテーメントとしても楽しめる。主役のジョントラボルタのクセモノっぶりが良い。

個人的には、俳優志望でゲイ?のボディーガード役のザ・ロックがオーディションのために映画「チアーズ!」の女の子がチアを決意をする名シーン?を一人二役で演じる場面がなかなか面白い。※もとはスパイダーマンのヒロインのキルスティン・ダンストが演じていたシーンと思われる。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(実際の音楽業界ネタや映画ネタも飛び出す映画。肩の力を抜いて気楽に見れる作品。出演者以外にもいろんな有名人の名前や顔が登場したりする。最後はザロックがオーディションに受かった映画でニコールキッドマンと一緒に映っている看板も出てくる。NBAの会場を使ったりシーンがとにかく豪華でまさにハリウッド。)

ビー・クール

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:最近みた映画
 

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

参加中

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
ブログランキング
ブログランキング
  • seo
レイシック病院比較



管理人の最近のおすすめ作品

齋藤飛鳥の良さ出てる!
浜辺美波の良さ出てる!
織田裕二の良さ出てる!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 映画「妹の誘惑」の感想(ネタバレ)
    pinewood (11/24)
  • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
    管理人 (05/01)
  • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
    まさお (04/30)
  • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
    管理人 (03/15)
  • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
    まさお (03/14)
  • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
    管理人 (03/14)
  • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
    まさお (03/13)
  • 映画「ナンバー10」の感想(ネタバレ)
    管理人 (01/03)
  • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
    管理人 (01/03)
  • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
    葵 (01/03)

recent trackback

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM