韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第22話の感想(ネタバレ)

2010.10.14 Thursday 韓国ドラマ 太陽をのみ込め あらすじ(ネタバレ)

■韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第22話の感想(ネタバレ)




■ 監督: ユ・チョルヨン
■ 出演 :チ・ソン、ソン・ユリ、イ・ワン

WOWOWで放送していた韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第22話を鑑賞。全25話なので、残すところあと3話。

【韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第22話のあらすじ】

テヒョクからキムジョンウがミヨンの子供だと聞かされたチャンミノ会長は、アトリエに入ってきたジョンウに対し、今は一人にさせてくれと彼を追い払うと、アトリエで一人腰を下ろし、ジョンウとの過去の会話(施設で育った生い立ちやまだ会っていないという父親の話)を思い出す。

ガンレは、ユ会長からチャン会長の釈放のことではじめて叱責されているジャクソンを見つけると、セドルとともにジョンウに会いに行く。ジョンウにジャクソンの立場を知らせると、カジノの対策はあるのか?と聞く。。

ジョンウが息子なのか真実を知りたくなったチャンミノ会長は、直々にジョンウの写真を持つと、ソクテに任せていたが結果がなかったという、ミヨンの母親が入院していた養護院を訪ねる。

ペク室長は、ムン会長にチャン会長と会ったことを伝えると、報復があるかもしれないとムン会長の体を心配するが、「金融業をやっているとチャン会長よりもえげつな奴がいて、ひどい仕打ちを受ける場合がある。でも最後には私にはみんな手をあげると」ペク室長の心配を他所に、ムン会長はチャン会長との戦いに準備は出来ていた。

ペク室長から呼び出されたソクテらは、「中文カジノを手に入れたら経営を任せるからオレの配下になれ」と言われる。帰り際に5000万ウォンという大金を受け取ったソクテらは、心が揺れる。

養護院から戻ったチャン会長は、ソクテを呼び寄せると今までジョンウのことを秘密にしていたことを攻め立てると、ジョンウの過去について詰問する。チャン会長の怒号にソクテは溜まらず隠していたジョンウのことをすべて吐いてしまう。

ジャクソンと会ったジョンウは、チャン会長からペク室長の殺害の命令を受けていることを伝える。自分を破滅するようなことだけはするなとジョンウの行動を止めようとするジャクソンに、「自分が動けばチャン会長、ペク室長を両方潰せる…オレの手にはカードがある」と言う。

亡きヒョン班長の妻が経営する食堂にやってきたジョンウは、そこで働いていたソニョンとともに食事をすると、2きりで話がしたいというヒョン班長の妻に「また今度に」とさっさと帰ってしまう。

スヒョンと会ったジョンウは、「ラスベガスでの思い出が出来て良かった、幸せな思い出が出来て良かった」とスヒョンに素直な気持ちを伝える。「あなたが復讐を止めれば、私もあきらめるから」というスヒョンに、「もう遠くまで来てしまった」とスヒョンの手を取ると別れを惜しむように抱きしめる。

テヒョクと会っているミランは、ジャクソンとジョンウの作戦とは別に、テヒョクと結婚することでカジノを守ろうと決め手いた。

テヒョクは、チャン会長に会うと、ジャクソンとジョンウが、内通していることを教え、彼を信用しないでくださいとだけ言い、立ち去る。

心配になったチャン会長はジョンウに電話するが、はじめて電話が繋がらない。すぐさまテソクを呼び寄せると、ジョンウを探し、言われた指示を実行するなと伝えろと命令する。

何か心を決めていたジョンウの言葉に心配になっていたスヒョンは、ジャクソンに相談する。ジャクソンは、セドルとガンレに会うとジョンウを探し始める。

ペク室長に呼びだされたソニョンは、「ソクテを説得すればジョンウのこともまだ間に合う」と仲間になるようペク室長から命令される、しかし、肝心なことを知らないペク室長にジョンウがチャン会長の息子で、復讐のためにジャクソンを裏切りチャン会長のもとに入った経緯などを告げると返事もせず立ち去る。

ペク室長がソニョンと別れるのを影から見ていたジョンウは、警護が薄くなっていたペク室長に命令を実行しようと殴り掛かる。しかし、警護が仲間を呼ぶとジョンウは劣勢になり、タコ殴りにされていまう。

ソニョンは帰り際ジョンウの車を見つけると、海岸でペク室長の警護に殴られているジョンウを見つけ
、すぐさまソクテに連絡する。

ジャクソンらとともにソクテらが言われた場所に駆けつけるが、泣きじゃくるソニョンしか居らず、すでにジャンウはペク室長に拉致されていた。

ジョンウがペク室長に拉致されたことをジャクソンから聞いたスヒョンは、居ても絶ってもいられずチャン会長のもとに行き「実の息子に殺しを命令するなんて、もしジョンウに何かあったらあなたを許さない」と吐き捨てる。

ムン会長のもとを訪れたチャン会長は、「ペク室長の居場所はどこだ、もしジョンウに何かあったら私はどんな手を使ってもペク室長を殺す」と今までにない鬼気迫る態度でムン会長を脅す。

ペク室長から連絡を受けたチャン会長は、「何が望みだ、欲しい物を言え」という。相手の弱さを見せたときは攻めろとチャン会長から教えられていたペク室長は、チャン会長のジョンウを守る言葉にカジノの営業権をよこせと取引を持ちかける。

ソクテらとともにジョンウの引渡し場所に行ったチャン会長は、ペク室長と取引をする。命に別状はないというが、血に塗れた息子(ジョンウ)の変わり果てた姿にいつになく感情を乱されるチャン会長は、「これで終わりだと思うな」とペク室長に言葉を残し、立ち去る。

病院で手当てを受け眠るジョンウを見つめるチャン会長は、ミヨンの墓に行くと、オレはどうすれば、お前とジョンウに許してもらえるのかと涙を流す。続く…

評価 ★★★★★ (星5つ)

(22話になり初めてチャン会長目線になった。今まで最強の敵として皆が狙っていたが、ジョンウが実の息子だったことを知ると、あれほど拘っていたカジノの経営権をあっさりとペク室長に手渡してしまう。急に親としての情に流され始めるチャン会長は、かなり人間的な一面を見せ、今後の展開が気になる。この22話はほぼ完璧な出来。「一筋の涙」とタイトルがつけられているが、久々にスヒョンに対し過去の関係を振り返るジョンウにまだ気持ちが揺れるスヒョンの涙が、切ない。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:韓国ドラマ
 

映画「サバイバルフィールド」の感想(ネタバレ)

2010.10.13 Wednesday ホラー映画レビュー

■映画「サバイバルフィールド」の感想(ネタバレ)



■監督:ダニエル・ベンメイヤー 
■出演者:ブレンダン・マッキー パトリック・レジス ニール・マスケル

WOWOWで初放送していた映画「サバイバルフィールド」を鑑賞。

【映画「サバイバルフィールド」のあらすじ】

目隠しをされ、森の奥へと運ばれる重装備の男女。彼らはペイント弾を打ち合って戦うサバイバルゲームの参加者たちだった。他人同士ながら、彼らは今回の大がかりなゲームでグリーンチームとして協力しあい、同じように森に潜むオレンジチームと対決することになっていた。地図を手に陣形を展開し、森を進軍する一行。だが、あるとき1発の銃声と共に、1人のメンバーが血を噴き倒れる。何者かが、どこからか実弾を放ったのだ。

原題は、「ペイントボ−ル(PAINT BALL)」と名前がつけられていますが、邦題は「サバイバルフィールド」どちらが良いかは微妙ですが、邦題の方が少しネタバレ的な要素が強いですね。

ペイントボールを用いた遊びのサバイバルゲーム中に一発の実弾が飛んできて仲間が死んでしまう。そのことで相手チームは、銃に実弾を使っているのではという恐怖がグリーンチームに襲い掛かる。フラッグが置かれた地点には、アイテムとして殺傷力のあるナイフや防弾チョッキなどの武器を見つけると、いよいよ、本物の戦争のような気がしてくる。

きっかけは、一発の銃弾だが、人が死んだことにより、単純な遊びから生き死を賭けた緊迫の戦争ゲームへと変貌を遂げていく。ここの人間の心理的な変化の描き方は見事。結局オレンジチームもペイント弾を使っていて、ハンターと呼ばれる一人の男だけが実弾を使い、殺人を楽しんでいたのだが、そういう事実も知らされていないグリーンチームは、オレンジチームへの疑惑が晴れず、最終的に殺し合いを始めてしまう。

そして、その疑惑に拍車を掛けるように、オレンジチームの敵は言語が全く通じない外国人だったり、グリーンチームの仲間も今日初めて会った初対面の男女ということもあり、自分勝手な行動を始めチームは分散してしまう。この辺のコミュニケーション不足も狙いになっている。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(コールオブデューティやメダルオブオナーみたいなテレビゲームの実写版的な緊張感のある映像が楽しめるが、殺人方法にややグロさが目立つ。アクションホラーというジャンルになるが、途中から急に戦争(サバイバル)のリアルさも体感でき、意外と秀作なのではと思う。ただ音量を大きめで見ていたら、見ていて頭が痛くなってきた。)

サバイバル・フィールド

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:Horror
 

韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第21話の感想(ネタバレ)

2010.10.12 Tuesday 韓国ドラマ 太陽をのみ込め あらすじ(ネタバレ)

■韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第21話の感想(ネタバレ)



■ 監督: ユ・チョルヨン
■ 出演 :チ・ソン、ソン・ユリ、イ・ワン

すでにWOWOWの放送は最終回を迎えてしまいましたが、久々に未消化の韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第21話を鑑賞してみた。

【韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第21話のあらすじ】

テヒョク(イワン)はジョンウ(チソン)を呼び出すと、「チャン会長とお前は親子なのか?」とスヒョンから聞いた事実を問い詰める。しかし、ジョンウはスヒョンの勘違いだと告げその場を後にする。

弁護士とともにチャン会長の面会に訪れたジョンウは、ペク室長が姿を消したことをチャン会長に伝える。帰り際、ユン検事に会ったジョンウは、証人としての対面尋問に協力してくれと頼まれる。

スヒョンがテヒョクに親子の事を教えていたことを知ったジョンウは、スヒョンを呼び出すと、「ユン検事の証人として協力するつもりだ、だからチャン会長に親子だと伝えるのはやめてくれ」と再度頼みこむ。

ジャクソンに呼び出されたセドルとガンレは、消えたペク室長の所在を探すよう命じられる。情報がない二人は、ペク室長と関係があったソニョンに探してくれとソニョンが好きなジョンウの名前を持ち出し頼る。

テヒョクは、執事にチャン会長のアトリエにある絵の女性のことを聞くが、詳しいことはわからなかった。

ペク室長は、チャン会長を裏切ると、ムン会長へと寝返り、中文カジノとテジョンカジノを手中に収めようと行動し始める。ムンは会長、ユ会長に接近し、航空事業への資金援助をする代わり、すでに経営権がチャン会長のものとなっている中文カジノの持ち株をすべて渡すよう持ちかける。

自宅に戻ったユ会長は、ジャクソンとミランにそのことを話すと、キムジョンウとの計画の進行状況についてジャクソンに聞く。

ジャクソンの自信のない返事からカジノへの危機感を感じたユ会長の娘のミランは、幼馴染のテヒョクを呼び出すと、「カジノを守れるのは私たちだけと」ジョンウとジャクソンが内通していることをテヒョクに漏らしてしまう。

ソニョンからペク室長の居場所が判明したガンレは、セドルと待ち合わせ、確認に行くと中に入っていくジョンヘ(エイミー)を見つける。

資料を持ってきたジョンヘに対しペク室長は、あなたのためにムン会長もとに来たと伝えるが、「あなたは信用できない」とジョンヘは言う。

セドル達から連絡を受けたジャクソンとジョンウは、ペク室長に会うと、裏金の証拠を持ち出し、カジノには関わるなと脅すが、チャン会長からの攻撃にも対処できるようペク室長は、準備万端に用意しており、ジョンウ達は裏金の証拠だけデハペク室長を抑えられなかった。

ユン検事は、チャン会長を尋問していたが、なかなか真相にはたどり着けない。不甲斐ないユン検事の姿にあきれたチャン会長は「私に止めを刺すような証拠があるなら見せろ」と言うが、ジョンウという最後のカードを持っていたユン検事だが、悩んだ挙句起訴をあきらめチャン会長を釈放する。

ソクテからチャン会長の釈放を聞いたジョンウは、思い描いていた計画と違う流れになったことに、これまでの落ち着きはなく、不安が顔に表れ始める。

検察から解放されたチャン会長は、疲れた体を休めることなく会議を開き、自分がいない間の会社の状況を確認する。ペク室長が裏切ったことを知っていたチャン会長は、ジョンウを引きつれペク室長が隠れ屋に使っているペンションを訪れる。

ペク室長と向かい合ったチャン会長は、「私が検察からの証人としていかなかったのは、私を拾ってくれた最後の恩(礼)だ、これからは攻撃に出る」と宣戦布告する。ペク室長の言葉に血が上ったチャン会長は、帰りの車内で「ペク室長の始末はお前にまかせる」とジョンウに命令する。

ジョンウと兄弟の真相を知りたくなったテヒョクは、アトリエにいたチャン会長に会うと「キムジョンウが息子だったとなぜ秘密にしてるのですか?」と涙ながらに想いをぶつける。ずっと探していた息子がキムジョンウだと聞かされ戸惑うチャン会長のもとに、会長に会いに来たジョンウがアトリエに現れ…。

評価 ★★★★☆ (星4つ)

(久々の「太陽をのみ込め」21話だが、物語を忘れかけていたにも関わらず、チャン会長、ペク室長とムン会長、ジョンウとジャクソン、ミランとテヒョク、ユン検事とスヒョンなどそれぞれの交錯する思惑がぶつかり始め、なんだか凄いことになってきた。ジョンウの計画だけが上手くいっていたときのスマートさはほぼなくなり、大分どろどろとしてきた。これは面白い。なんとなくプリズンブレイクを思い出してきた。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:韓国ドラマ
 

映画「UDON」の感想(ネタバレ)

2010.10.11 Monday 邦画レビュー

■映画「UDON」の感想(ネタバレ)



■監督:本広克行 
■出演者:ユースケ・サンタマリア 小西真奈美 トータス松本 鈴木京香 片桐仁

少し前にWOWOWで放送していた映画「UDON」を鑑賞。

映画「UDON」のあらすじは、ニューヨークでエンターテイナーになる夢を抱くも道半ばで挫折した香助。借金を抱えて帰国した彼は故郷・香川のタウン誌に新たな職を得るが、小さな県の小さな雑誌では部数も限られ、歩合で契約した給料も上がらない。そこで香助は旅行者にもタウン誌を買ってもらうべく、同僚の恭子と共に知られざるうどん店を食べ歩くコラムを企画する。やがて香助たちの連載は評判を呼び、全国的な讃岐うどんブームが巻き起こるのだが……。

この映画「UDON」は、ユースケサンタマリア演じる香助が、夢を追って故郷を離れるが、結局夢破れ地元のさぬきうどんの記事を書く仕事に就くと、その影響で最終的には、うどん職人の父親の後を継ごうとする話。

話は、意外と単純なのだが、途中にCGを使ったヒーローのアクションムービーみたいな映像(※結局夢オチ)があったり、またラストにも再度夢を追いニューヨークに行ったりするが、この映画撮ってます的な、海外ロケやCGアクションシーンはこの映画にはない方が良いと最後まで見てみると思う。

うどんブームが去り廃れ、閉店に追いやられるお店や、うどん職人の父親が亡くなっても、毎日楽しみに食べに来ていたお客さんが、閉まったお店に通い、励ましの言葉をノートに書き連ねて、お店の復活を待ち望むシーンなどはベタに感動する。こういう人情エピソードに自分は弱い。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(うどん好きには、たまらない作品で食事シーンが豊富にある。いろんな経験をして最終的に親父の仕事を継ぐというよくある話だが、ベタな演出もあり個人的に感動作だと思う。ヒロインの小西真奈美もかわいくて良いし、スケール感のあるクラシック音楽も良く、踊る大走査線やアマルフィを思い出せる。)

「UDON」オリジナル・サウンドトラック

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:邦画
 

海外ドラマ「ザ・パシフィック」第3話の感想(ネタバレ)

2010.10.11 Monday 海外ドラマ ザ・パシフィック レビュー

■海外ドラマ「ザ・パシフィック」第3話の感想(ネタバレ)




■製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ トム・ハンクス ゲーリー・ゴーツマン
■出演者:ジェームズ・バッジ・デール ジョー・マゼロ ジョン・セダ

WOWOWで放送していた海外ドラマ「ザ・パシフィック」第3話を鑑賞。

「ザ・パシフィック」第3話のあらすじは、ガダルカナルからオーストラリアのメルボルンに到着したアメリカ軍は、市民たちから大歓迎を受ける。市内のクリケット競技場が海兵隊の宿営地となり、久しぶりの休養で街に繰り出した隊員たちは羽目を外す。バジロンとモーガンも街に出て、戦死した仲間を偲んでグラスを傾ける。一方、レッキーは通りで見つけた娘ステラに声を掛ける。しかし、ステラは酔っぱらっているレッキーを軽くあしらう…。

「ザ・パシフィック」第3話は、1.2話で合った激しい戦争シーンは一切なく、ガダルカナルからオーストラリアのメルボルンに移動しての、しばしの兵士達の休息が描かれる。海兵隊という危険な仕事のため、オーストラリアで出会った女性と上手くいくが、安定した家庭を望む彼女と結婚までには至らない。そんな恋愛関係の苦悩も描かれている。

また、ガダルカナル島の死守に貢献した大尉は、その功績を称えられ大統領から勲章までもらうが、英雄という肩書きを胸に戦争国債を売るため一人帰還を命じられる。一緒に戦った仲間を残して一人帰還することに複雑な心境を胸に戦地を後にする。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(第3話は、戦争シーンはないが、酒場で仲間の弔い酒をするシーンで、民衆からは英雄扱いされる一方で別の隊の兵士からは、嫉妬からか人殺しの侮辱を受けるなど、戦争の複雑さがある。また、レッキーが彼女の家族と食事を共にすると、駐留している間寝床を使えと提供されたときに「礼ができないから」と断るシーンは、レッキーの人柄が出ていて良かった。そして、その代わり屋根のつたを取るのを手伝うということで了承する。お金ではないこの時代の物々交換が何とも良い。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:海外ドラマ「ザ・パシフィック」について
 
WOWOWのおすすめ番組!    

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品