韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第16話の感想(ネタバレ)

2010.09.12 Sunday 韓国ドラマ 太陽をのみ込め あらすじ(ネタバレ)

■韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第16話の感想(ネタバレ)



■ 監督: ユ・チョルヨン
■ 出演 :チ・ソン、ソン・ユリ、イ・ワン

WOWOWで放送中の韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第16話を鑑賞。

【韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第16話のあらすじ】

チャンミノ会長にヒョン班長の殺しの依頼を受けたジョンウ(チソン)は、会長とヒョン班長の間で苦悩する。

スヒョンは、10年前の両親の事故の再捜査をヒョン班長(刑事)が打ち切りした原因がジョンウと聞いて、ジョンウに会って理由を尋ねる。しかし「会長の指図ではなく、つまらない疑いで無駄な時間を過ごしていたのでやめろと言ったんだ」と言うジョンウの言葉に、スヒョンは、「あなたという人がわかったもう未練はきっぱり忘れる」と言って立ち去る。

深夜、重要書類が保管されているペク室長の金庫をソニョンとソクテらは、金庫破りを呼んで開けさせる。

チャン会長に会い、10年前の両親の交通事故と土地所有者が行方不明で現在はチャン会長の豪邸がある事実について「偶然ですか?」と尋ねるが、チャン会長は、「さっぱりわからない、そのことについて解明する必要も価値もない」と言う。テヒョクと外で会ったスヒョンは、「もうテジョングループと仕事をしない、辞めるわ」と言う。

秘書のソニョンからペク室長が急に現金を集めていることを知ったジョンウは、ペク室長の後をつける。港でチンピラにお金を渡していることを確認すると、チンピラの後をつけ、ヒョン班長の殺害を事前に食い止める。

スヒョンから急に連絡を受けたヒョン班長は、これからアメリカに行ってもう帰ってこないというスヒョンにジョンウとチャン会長が実は親子だということを教える。また、その悪縁によって、ジョンウはスヒョンへの気持ちを抑えているはずだとも伝える。

ヒョン班長の元を何度も訪れるが殺すことができないと判断したジョンウは、チャン会長の前で土下座し、「自分には父親が二人いる…、その一人がヒョン班長です。会長のめいれ煮は従うつもりでしたが、今回は従えませんでした」と正直に伝える。チャン会長は、「見境がない男だと思っていたが道理を知っているようだ、今回、私が言ったことは忘れなさい」という。

ソクテの事務所に戻ってきたジョンウは、ソクテからヒョン班長が事故で死んだと聞かされ、愕然とする。

ペク室長は、ユガンス会長が航空事業に進出する情報を掴みチャン会長に伝える。

ヒョン班長の殺害にチャン会長ガ関連していると思ったジョンウは直接チャン会長本人に問うが、私ではないという言葉に隣に居たペク室長にも問うが、ペク室長も違うと答える。ジョンウが帰った後、チャン会長はペク室長に真相を尋ねると、「最初に失敗したので…」と殺害の容疑を認める。

ジョンウが気持ちを抑えているというヒョン班長の言葉を思い出していたスヒョンは、サンミに催促されるが、アメリカに行くことを取りやめる。

ヒョン班長の部下からジョンウがヒョン班長を脅して捜査を辞めさせていたことを知った、セドルとガンレは、焼香に来たジョンウに真相を詰め寄ると、殴りつける。その様子を見ていたスヒョンは何も出来ずただ見つめていた。

ユガンス会長は、航空事業への進出のため、ムン会長のもとを訪れ、融資を願い出る。ジョンヘ(娘)とジャクソンの件など煮え切らないところがあるが、堅気の事業が持てるのは娘(ジョンへ)のためにもなるという言葉に承諾する。ユ会長が帰ったあと、ムン会長は、チャン会長に電話する。

ユ会長は、ジャクソンとミランに持分を一部処分することでムン会長の融資を取り付けたことを報告する。

ヒョン班長の争議が終わり仕事に戻ったセドルとガンレは、カジノで他の客に迷惑をかけている客がいると報告を受け、駆けつけるとアフリカで一緒に仕事をしたことが会った傭兵のジミーだった。

しばらくショックから立ち直れず仕事もせず酒に溺れる生活をしていたジョンウだったが、突然飛び起きると、黒いスーツに身を包み、ソクテのジイム所を訪れると、ペク室長の追放を片付けようと言う。

会長の朝食の席に呼ばれたジョンウは、チャン会長からユガンス会長が経営していたはずの中文カジノを任される。

評価 ★★★★☆ (星4つ)

(「太陽をのみ込め」第16話は、ヒョン班長が死ぬ(殺される)というショッキングな展開に驚く。この人は絶対死なないと思っていただけにかなりショックです。1話からの流れを知っているとヒョン班長の人生って一体。結局チャン会長に振り回されたまま終わってしまった。無念。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:韓国ドラマ
 

映画「グッドバッドウィアード」の感想(ネタバレ)

2010.09.11 Saturday 韓国映画 レビュー

■映画「グッドバッドウィアード」の感想(ネタバレ)



■監督:キム・ジウン 
■出演者:ソン・ガンホ イ・ビョンホン チョン・ウソン

8月にWOWOWで放送していたチョンウソン、イビョンホン、ソンガンホという韓国の豪華キャストが共演した韓国映画「グッドバッドウィアード」を見てみました。

映画「グッドバッドウィアード」のあらすじは、1930年代の満州は満州事変以後、様々な民族・人種が入り乱れて混沌としていた。ギャングのボスである悪い奴(THE BAD)パク・チャンイ(イビョンホン)は、依頼を受け日本軍が残した宝の地図を求め、ある大陸横断列車を襲う。

しかし、たまたま列車強盗をしていたコソ泥で変な奴(THE WEIRD)ユン・テグ(ソンガンホ)に地図を横取りされてしまう。さらにそこへ、射撃が得意な賞金稼ぎの良い奴(THE GOOD)パク・ドウォン(チョンウソン)がチャンイを狙って現われる。

やがてユンテグとパクドウォンは協力し合い、宝の地図の場所を追う。パクチャンイはなぜか最高の男と噂される変な奴ユンテグを執拗なまでに追い始める。宝の場所目指して日本軍や闇市の連中なども加わり大乱戦になる。

ユンテグはなんとか宝の場所につくが、掘削された後はあるが、宝は見つからず、パクドウォン、パクチャンイ、ユンテグの3人だけがその場所にたどり着く。

最高の男を決めようとパクチャンイ(イビョンホン)が言い、3人同時の決闘が始まる…。

この映画の邦題は、すべての単語を混ぜた「グッド・バッド・ウィアード」だが、韓国タイトルの訳は、たしか「良い奴・悪い奴・変な奴」だった。邦題の英語タイトルのほうが、決まっていて良い。

評価 ★★★★☆ (星4つ)

(ウエスタンなドンパチが楽しめる映画。サラウンドが四方八方から音が出て面白い。サラウンド環境がないとそれだけ半分以上損をしてしまうような映画。宝の地図を巡るドタバタ劇ではありますが、チョンウソン、イビョンホンがかっこよく、そして変な奴のソンガンホのコメディな演技が緊張感を中和するように嫌味なく入る。久々に頭を使わずにアクション&ストーリーが楽しめる痛快な映画。誰が生き残るのかというラストのオチも良いでしょう。チョンヌソンが使うターミネータ-2のシュワちゃんが使っていたようなクルクル回してリロードする銃がナイス。)

グッド・バッド・ウィアード 特別版

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:韓国映画全般
 

映画「スケートオアダイ」の感想(ネタバレ)

2010.09.10 Friday フランス映画 レビュー

■映画「スケートオアダイ」の感想(ネタバレ)



■出演者:ミッキー・マウ イドリス・ディオプ エルサ・パタキ フィリップ・バス ラシダ・ブラクニ

本日(9/9)WOWOWで放送していたフランス映画「スケートオアダイ」を見てみました。

映画「スケートオアダイ」のあらすじは、スケボー青年のミッキーとイドリスは、ひと気のない立体駐車場で麻薬取引現場に遭遇する。面白半分で携帯電話で撮影していると、その後様子が一変し、取引相手が射殺される自体が起きる。

その場から離れる途中運悪く犯人一味に気付かれた2人は、命からがら逃走することに。証拠の映像を持って近くの警察に駆け込んだ2人だったが、担当者がおらず窓口にいた女性警官にその映像を見せ説明するが、そこに射殺した男達が現れ再び逃走する。犯人一味は、現職の警察官(特捜班)だった。

陰謀で逆に指名手配を受けた2人は、警察と犯人両方に追われながら、スケボー1つでパリ中を逃げ回る。ただ一人射殺映像を見ていた女性警官は、事件に対する特捜班の対応に違和感を覚え一人で真相を探り出す。ミッキーとイドリスは、仲間のダニーを頼り一緒に逃走を計るが、途中で警察に見つかりダニーと離れ二人は地下鉄へ。行く当てもなくなり自宅へ向かうが、最寄り駅から出たところで、二人に犯人達の罠を知らせに来たダニーが、犯人に撃たれてしまう。

ダニーの怪我を労わる二人の前に犯人が銃を持って詰め寄るが、そこに一人で捜査をしていた女性警官が、間に割り込む。孫のダニーを送り届け、目の前で撃たれたのを見た祖父は、激高し犯人一味の車に乗ってきたごみ収集車で突撃する。

爆発によって負傷した犯人を女性警官が追い詰めると、ミッキーとイドリスから射殺映像の証拠品を受け取り二人を逃がす。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(フランス映画「タクシー」のようなノリとテンポで突き抜ける90分。単純にスケーボーで逃げるだけですが、捕まえるものと逃げるものという鬼ごっこ的な緊張感が楽しめる。タイトルの「スケートオアダイ」というB級感漂う題名も良い。ただし内容は特にない。)

スケート・オア・ダイ

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:フランス映画
 

映画「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0」の感想(ネタバレ)

2010.09.09 Thursday アニメ/CGアニメ レビュー

■映画「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0」の感想(ネタバレ)



声優:田中敦子/大塚明夫/山寺宏一 ほか
監督:押井守
脚本:伊藤和典
原作:士郎正宗

8月にジャパニーズアニメ特集のひとつとしてWOWOWで放送していた劇場版アニメ「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0」を見てみました。

映画「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0」のあらすじは、2029年。第3次世界大戦、第4次世界大戦のを経た世界。科学力が大きく進化した結果、人間の脳神経はコンピュータ・ネットワークに繋ぐことが可能になった。日本の対犯罪組織《公安9課》、通称《攻殻機動隊》の隊長であり、自身もサイボーグの草薙素子(田中敦子)は、国際指名手配をされているハッカーでありテロリストでもある《人形使い》が日本に現れるという情報を得て、捜査を開始する。

そんな中、政府御用達の義体メーカー《メガテク・ボディ社》で女性型の義体が1体生まれる。義体はひとりでに動き出して逃走するが、交通事故に遭い公安9課に運び込まれる。調べてみると、生身の脳が入っていないはずの義体の補助電脳にはゴーストのようなものが宿っており、自分の意志を持っていた。その義体は、草薙素子に近づくことを目的とし、二人は出会うと融合する。


評価 ★★★ (星3つ)
(人間が自分を認識するのは過去の記憶を元に判断している。そのためそれらの記憶を外部に移動して記憶することが可能な時代が来た場合に、それでも人間であり続けられるのか。という頭が痛くなるような難しいテーマを扱っている。過去の同名タイトルの攻殻機動隊を新たにリニューアルして、攻殻機動隊2.0になった作品。リニューアルによりサラウンドや音響の迫力を増しているらしいが、前作を見ていないので比較はできないが、迫力はある。ぜひ5.1chで観るとより楽しめる。個人的に川井憲次が担当している音楽が特に印象的。難しいテーマのため好みが分れる映画ですが、アクション映画としてみればそれなりに面白い。)

攻殻機動隊2.0 ORIGINAL SOUNDTRACK

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:攻殻機動隊
 

韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第15話の感想(ネタバレ)

2010.09.08 Wednesday 韓国ドラマ 太陽をのみ込め あらすじ(ネタバレ)

■韓国ドラマ「太陽をのみ込め」第15話の感想(ネタバレ)



■ 監督: ユ・チョルヨン
■ 出演 :チ・ソン、ソン・ユリ、イ・ワン

WOWOWで放送中の韓国ドラマ「太陽をのみ込め」ですが、今回第15話を鑑賞したので、残すところ残り10話。このドラマは集中力が切れることなくずっと見続けられる。

「太陽をのみ込め」第15話のあらすじは、チャンミノ会長のテジョングループが進出したカジノ事業のオープン当日、敵対する中文カジノのユガンス会長の右腕ジャクソンは、これまでのテジョンの横暴に対抗するように他のカジノではブラックリスト入りし、カジノへの出入りが禁止されているプロギャンブラー集団を海外から呼び寄せ、テジョンのカジノ潰しに掛かる。

ジャクソンの作戦は見事成功し、数時間ほどでギャンブラー達は30億ウォンもの大金を稼ぎ出す。大口の現金を用意していなかったテジョンのカジノは、一夜にして危機的な信用問題に直面する。チャンミノ会長からペク室長、息子のテヒョク理事(イワン)に直接現金を集めるよう指示が飛ぶ中、会長の随行秘書に出世したジョンウ(チソン)は、お金を払わずに解決する方法があると案を出す。

ジャクソンを呼び寄せたチャンミノ会長は、プロギャンブラーとの関係を問うと、それを逆手にジャクソンを脅しに掛かる。プロギャンブラーを利用した手口がユ会長の中文カジノの信用問題に関わると判断したジャクソンは、引き下がることを決意する。去り際、なぜわかったんですか?とチャン会長に聞くジャクソンは、”キムジョンウ”から教えてもらったという言葉に驚く。カジノのいろはをジョンウに教えたのはジャクソンだった。

ギャンブラーの問題でチャン会長から認められたジョンウとは逆に会長から失態の烙印を押されてしまった理事のテヒョクは、「なぜ隠密に解決できる問題を会長に知らせたんだ、これがあの時言っていたお前の本性か」とジョンウへの怒りをあらわにする。

チャン会長の朝食に呼ばれたジョンウは、10前のことを嗅ぎまわるヒョン班長(刑事)を始末しろとペク室長に指示するチャン会長の会話を偶然聞いてしまう。呼ばれたジョンウは、先日の手柄を認められ会長からカジノ事業もやってみないかと任される。ジョンウは、全力を尽くしますと答える。

チャン会長の下、同じ志を持ったソクテらと会ったジョンウは、ヒョン班長の命が危険になっていることを知り、ペク室長の追放を急ごうとみんなに促す。

ジョンウは、ヒョン班長を呼び寄せると10年前のスヒョンの両親の事件の再捜査を止めるよう促す。チャン会長の下についたら今度はオレを脅すのかと右手を振り上げるヒョン班長に、班長のやり方では、ただ会長のしっぽを切るだけ、根幹から崩す必要がある、とチャン会長の下で働いている本当の理由を教える。

スヒョン(ソンユリ)とサンミは、ラスベガスで知り合い仲良くなったジョンヘと久々に会うと3人で食事に行くが、サンミが途中で仕事で呼ばれてしまう。スヒョンはジョンヘを誘い二人だけで飲みに行く。結局スヒョンとジョンヘはお互いの男の話題になり、酔った勢いもあり、別れた男に言いたいことをぶつけようとそれぞれ電話を掛け始める。

スヒョン、ジョンヘからの電話を受け取ったジョンウとジャクソンは、彼女が心配になりそれぞれ店に駆けつけると、現場で偶然顔を合わせてしまう。男二人気まずいながら、お互いの元彼女を車に乗せ、酔いが醒める翌朝まで物思いにふけりつつ見守る。

車の中で酔いから醒めると隣にジョンウがいたスヒョンは、あなたのことを忘れるまで何度もこういうことがあるかも…でも決して迎えには来ないでと心の内を明かす。

ソクテはペク室長が100億ウォンもの大金を株に自己投資している情報を突き止めるが、ジョンウは、会長の秘密資金かもしれないのでヘタに手を出すとこちらが痛手に合うと、慎重に事を進め流用に忠告する。ジョンウは引き続きソニョンにペク室長の監視を任せる。

ジャクソンとミランは、ユガンス会長に、チャン会長のテジョングループに対抗するため、簡単ではないが一発逆転を狙いカジノへの顧客の誘致を強化するため航空事業に参入しようと提案する。

セドルとガンレは、カジノのディーラーの女性達と合コンを計画する。カラオケ店で盛り上がる中、たまたま接待で来ていたテヒョクが部下にジョンウのことを探らせていることを耳にする。

ジョンウに裏切られたことを根に持つセドルの制止も聞かず、ガンレは、一人ジョンウを呼び寄せると、テヒョクに気をつけろと伝える。

ジョンウは、チャン会長に連れられて過去に暴力団で構成された国土建設団が作ったと言われる国道に訪れる。以前にヒョン班長にも連れられてきた場所だった。チャン会長が、国道の名前の由来や、過去に自分も強制労働として働かされていたことを話す。

ジョンウが父親にまだ会っていないことを知ると、怒りや憎しみなどがあるだろうが、結局最後には父親を許すだろうと言う。それを聞いたジョンウは複雑な表情をする。

再捜査のことでヒョン班長の元を訪れたスヒョンは、ヒョン班長から命の危険があるから捜査は打ち切ったと言われる。誰がそんなことを?と聞くと、ヒョン班長はキムジョンウだと答える。

テヒョクは、部下にジョンウの身辺を調査させていた。ジョンウが泊まるホテルの部屋に侵入した部下は、カジノ事業に関わる機密書類を発見する。その資料を持ったテヒョクは、チャン会長に裏切り者の証拠ですと言って見せる。しかし、会長は、それは私が渡したんだと言い、ジョンウにライバル心を抱くテヒョクをしかりつける。

チャン会長は、ジョンウを呼び寄せると、私に認められた後はどうする?と聞く。ジョンウは、会長が決めてくださいと忠誠を見せる。その言葉を聞いたチャン会長は、ヒョン班長の始末をジョンウに任せようと話を持ち出す。それを聞いたジョンウは。続く…。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(「太陽をのみ込め」第15話は、チャン会長関連のメインストーリーとは別に、ジョンウとジャクソンのそれぞれの恋愛がある。酔いつぶれるスヒョンとジョンヘが二人に電話を掛けるという、今までの流れとは若干路線が異なる雰囲気があって面白い。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村


JUGEMテーマ:韓国ドラマ
 
WOWOWのおすすめ番組!    

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links