アニメ映画「PERFECT BLUE」の感想(ネタバレ)

2010.10.04 Monday アニメ/CGアニメ レビュー

■アニメ映画「PERFECT BLUE」の感想(ネタバレ)



■監督:今敏 
■出演者(声優):岩男潤子 松本梨香 辻親八 大倉正章

WOWOWで放送していたR指定のアニメ映画「PERFECT BLUE」(パフェクトブルー)を鑑賞。

2010年8月24日に急逝したアニメ監督の今 敏の初監督作品ということで録画してみましたが、内容はアニメでは珍しいサイコサスペンス。また主人公(未麻)のアイドルの苦悩がリアルに描かれ、アニメとは思えない、表現力が

アニメ映画「PERFECT BLUE」のあらすじは、アイドル・グループ《チャム》から独立して女優に転身した霧越未麻だが、アイドル上がりの女優ということで、脚本家から良い役が貰えず、結局レイプされる汚れ役をいきなり演じさせられることに。そんな彼女の周囲で、脚本家やカメラマンが殺される事件が続けて発生。未麻も女優に転身したことを後悔しだすなど、精神が不安定になっていく。そして殺人事件はなおも続き……。

アイドルユニットを脱退し女優になったことでファンのストーカーから被害に悩みつつ、ドラマで新しく演じる役では、今までにない汚れ役に、描いていた理想とは違う現実にアイドル時代の自分の影が追ってくる。そして、役柄と現実の境で、主人公(未麻)の精神は不安定になっていき、最後には、夢なのか現実なのか見ているこちら側もわからない物語が進んでいく。

夢から覚めて現実だと思ったらそれもまた夢で、また現実の話だと思ったら、それもまた夢みたいな。一体今は現実なのか?…というのが、アニメで描かれている、今までにないアニメ作品だと感じた。過去にガイピアース主演の映画「メメント」のような記憶を見失う感覚があります。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(R指定が入っているアニメ映画ですが、エロスとサイコという両方で過度の描写があります。ラストは、結局主人公の妄想は関係なく、アイドルを夢見ていたマネージャーの妄想に巻き込まれていたというのが答えになるのかな。最後にルームミラーを見て「私が本物よ」と言うが、ラストはなんとなく解りにくい。)

パーフェクトブルー 【DVD】

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:アニメ感想
 

映画「オープン ウォーター2」の感想(ネタバレ)

2010.10.03 Sunday ホラー映画レビュー

■映画「オープン ウォーター2」の感想(ネタバレ)



■監督:ハンス・ホーン 
■出演者:スーザン・メイ・プラット リチャード・スパイト・ジュニア ニクラウス・ランゲ アリ・ヒリス キャメロン・リチャードソン エリック・デイン

WOWOWで放送していた映画「オープンウォーター2」を鑑賞。

【映画「オープン ウォーター2」のあらすじ】

投資家として成功したダンの誘いで、かつての親友たちがメキシコ湾のマリーナから大型ヨットに乗りこみ、クルーズへ出発する。ダン以外の一行のメンバーは、ローレンとザック、ジェームズとエイミーの夫妻と彼らの幼い愛児サラ、そしてダンの目下の恋人ミッシェル。沖へ出た後、幼児サラをのぞく男女6人は、次々に海に飛び込むが、甲板に上るための梯子(はしご)を出し忘れたため、彼らはヨットに戻れぬまま、海面をいつまでも漂うはめになる……。

※WOWOWから引用

【映画「オープン ウォーター2」の感想】

この「オープンウォーター2」は、実話を基にした映画。前作の映画「オープンウォーター」との違いは、

1.幼児サラを連れて航海に出ている、
2.幼児サラの母親のエイミーは、過去に父親を水難事故で亡くしたことによる水恐怖症というトラウマがある。
3.サメは出てこない。

前作との主な違いこの3つですが、この違いが、前作の死亡率100%のデッドエンドから若干のアライブでハッピーエンドになっているのは良いところ。

ただ、相変わらず前作「オープンウォーター」と同様に梯子(はしご)を降ろさずに、海に飛び込むというメンバーの大失態から物語はスタートする。※さすがに2回目だと外から人が登れないヨットの構造にも問題がありそうな気もするが…。

ヨットの所有者は一応ダンということになっているが、このダンが水を怖がり一人ヨットの上で待とうとするエイミーを強引に抱きかかえて海に飛び込んだことが最大の過ちであり原因だが、その後もヨットに戻るために取るメンバーの行動が、いくらパニック状態になっているとは言え、とにかくそんなバカなと思う行動が多く、あまりにアホ過ぎて笑ってしまった単純にこのメンバーだと助かるものも助からないんじゃないかと思う…という違う発想も起きてしまうほど。

かなり真面目な映画なのに、メンバーが取る行動はそんなバカなと思うことが多い。

1.ヨットの上にある脱いだズボンの中にある携帯電話が急に鳴り、なんとかジャンプしてズボンの裾を掴み携帯を取ることができたが、水面に触れ少し濡れたため途中で通話ができなくなると、ザックはキレて携帯を海に投げてしまう。※希望を捨てるのが早すぎる。

2.着ていた水着を脱いで、それを繋ぎ合わせロープにして登ることになったが、なぜかはじめに登るのが体重が重そうな男で重みに耐えられず、ロープは途中で切れてしまう。※とりあえず軽そうな女性から登らそうよ。

3.ヨットの下から進入できないかと思ったジェームズは、ヨットの下面を捜索中に途中でナイフを落としてしまう。ナイフを取りにさらに深く潜って拾うが、途中で息が切れ、急いで上がったら、ヨットのプロペラに頭を強打し、頭蓋骨を骨折する。※ここはしょうがない。

4.ザックが最終手段でヨットの側面にナイフを刺し、傷をつけて登ろうとするが、ヨットの所有者のダンが、ヨットを守ろうと急に止めに入り、二人はもめてナイフがザックの胸に刺さってしまう。※4に関してはもう笑うしかない(笑)

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(このシリーズは、死亡率100%で嫌なエンディングをひたすら待つだけだと思っていたが、今回は、少し違う。サメは現れず、夜になり嵐になったことで、海面が上がり、なんとか協力してヨットに上がれるようになる。全裸になっていたはずのエイミーは一人下着姿でやけにセクシーだ。ちなみに死を前にして神の存在を話題にするところは、海外の映画という感じがする。嵐の吹き荒れる水のサラウンドは迫力がある。)

オープン・ウォーター2

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:Horror
 

the GazettE TOUR 10 NAMELESS LIBERTY SIX BULLETS 01 の感想

2010.10.02 Saturday ライブ&コンサート レビュー

■GazettE TOUR 10 NAMELESS LIBERTY SIX BULLETS 01 の感想



WOWOWで放送していた日本のビジュアル系ロックバンド「THE GAZETTE」によるライブ「the GazettE TOUR 10 NAMELESS LIBERTY SIX BULLETS 01 」を鑑賞。

■楽曲リスト

Nausea & Shudder 
SHIVER 
AGONY 
BEFORE I DECAY 
Hyena 
13STAIRS[-]1 
奈落 
The Social Riot Machines 
HESITATING MEANS DEATH 
HEADACHE MAN 
COCKROACH 
DISCHARGE 
Filth in the beauty 
関東土下座組合 
LINDA candydive pinkyheaven 

■the GazettE - Nausea & Shudder



■Gazette - LINDA candydive Pinky heaven (live)



「XJAPAN」「SIAMSHADE」以来の久々に観客が頭を振り乱すヘッドバッキングをしているロックなライブを見てしまった。カメラに映るアリーナ席の女性が、長い髪の毛をグルグル回している。傍から見るとこれはものすごく怖い…。

しかも、ガゼットのメンバーのようにビジュアルメイクしている親衛隊のような女性ファンではなく、普段は普通にOLの仕事をしてそうな人も、このガゼットのライブに来て、頭を振り乱している姿はちょっと怖すぎだ。ONとOFFの瞬間はどういうことになっているのか…。

観客のことはさておき、ガゼットライブの方は、重低音を聞かせたテクニカルなギターが印象的。タッピングやワーミーなどギターテクニックや特殊な機材を使ったものも拝見でき、ギタリストとしては楽しめる。

ただ、ガゼットの楽曲をひとつも知らない自分としては、度重なる重低音の重さに途中でお腹一杯になってしまった。
評価 ★★★☆☆ (星3つ)
 
(現在では、過去のブームから比べるとかなり廃れてしまっているように思う日本のビジュアル系ですが、ガゼットのようなガチンコなバンドが東京ドーム(今度は12月23日にやるらしい)とか広い会場でも集客できるみたいなので凄い。「LUNA SEA」「XJAPAN」の後はこのガゼットなのか…)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:the GazettE
 

映画「ハッピーフライト」の感想(ネタバレ)

2010.10.01 Friday 邦画レビュー

■映画「ハッピーフライト」の感想(ネタバレ)



■監督:矢口史靖 
■出演者:田辺誠一 時任三郎 綾瀬はるか 吹石一恵 田畑智子 寺島しのぶ 岸部一徳 

少し前にWOWOWで放送していた綾瀬はるか、田辺誠一出演の映画「ハッピーフライト」を鑑賞。

映画「ハッピーフライト」のあらすじは、副操縦士の鈴木(田辺誠一)は、羽田発ホノルル行きのフライトで、いよいよ機長昇格をかけた実地訓練に臨もうとしていた。だが出発直前、教官が急遽厳格な原田機長に変更になり、鈴木の緊張は極限に。一方、同便には念願の国際線デビューとなった新米客室乗務員の悦子(綾瀬はるか)も搭乗していたが、慣れない環境でミスを連発、チーフににらまれてばかり。波乱含みの同便を定刻に離陸させるべく、グランドスタッフや整備士たちも懸命の努力を続けるが……。

この映画は、航空業界で働くCA(キャビンアテンダント)やパイロットなどの日常を描いているが、少し前にフジテレビで放送していた上戸彩主演のドラマ「アテンションプリーズ」を彷彿としている。

上戸彩は一切出ていなが、この映画を見ながらなぜか上戸彩の顔が頭の中にちらちら浮かんでくる。コメディのテイストもなんとなく似ていて、綾瀬はるか、田辺誠一の演じるキャラクターは、どこか「アテンションプリーズ」の上戸彩、小泉孝太郎の演じるキャラとも似ている。

「アテンションプリーズ」はJALだったが、「ハッピーフライト」はANAが全面協力しているため、飛行機(操縦席)をはじめ、空港、管制センターなど細部までかなりリアルに描かれている。

そんな映画「ハッピーフライト」ですが、豪華キャスト陣の演技と編集の上手さで、バードストライクと台風に巻き込まれた便に関わるパイロット、客室乗務員(CA)、整備士、航空管制センターとの連携が適度な緊張感を伴って上手く描かれている。

綾瀬はるかと田辺誠一が一応メインにはなっているが、時任三郎、吹石一恵をはじめ田畑智子など脇役の活躍もすごくメインが押され気味。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(始めは、「アテンションプリーズ」に似ているのが気になっていたが、バードストライクで羽田に引き返してから徐々に面白くなる。飛行トラブル時のサラウンドも緊張感がある。エンドロールで流れる、フランクシナトラの歌も良い♪)

ハッピーフライト ビジネスクラス・エディション

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:邦画
 

映画「実験室KR-13」の感想(ネタバレ)

2010.09.26 Sunday サスペンス映画レビュー

■映画「実験室KR-13」の感想(ネタバレ)



■監督:ジョナサン・リーベスマン 
■出演者:クロエ・セヴィニー ティモシー・ハットン ピーター・ストーメア ニック・キャノン クレア・デュヴァル

WOWOWで放送していた映画「実験室KR−13」を見てみました。

この映画「実験室KR-13」のあらすじは、ケリー(クレアデュヴァル)、トニー、クロフォード、ポールという、お互いに見ず知らずの男女4人が、その詳しい内容をよく知らぬまま、ある実験に参加するため、小さな部屋に集められる。

一般的な実験の相場が一日50ドル〜75ドルという価格に対し、博士から提示された金額は250ドルだった。そして、その実験内容は4段階に分けて行われ、各段階で1人ずつ脱落者が出るという簡単な段取りを説明した後、彼らの私物を集めると、私物を渡さず隠していたケリーに気づいた博士は、不意に拳銃を取り出しケリーの頭を撃ち抜いた。呆然とする残りの3人を部屋に残し、博士は立ち去ると、1〜33?の数字の中でアメリカ人が選ぶ好きな数字は?という質問が出され、それと同時に2時間というタイムがカウントされていく。残された男達は‥・。

過去に実際にあったというCIAの民間人への洗脳実験を映画化したという作品ですが、この映画を観た後は、9.11のテロはアメリカ(CIA)の自作自演だったのでは?という考えも生まれるような衝撃的な内容だった。

この”実験室KR-13”で行われていた実験内容は、民間人を集め、極度の緊張感を与えた場合に、動物(人間)の中に存在している種の保存?という細胞(仲間のために自分が進んで犠牲になる)を見つけ出し、そこから人間兵器を作り出そうという実験だった。

いわゆる自爆テロを行うにふさわしい人物を探し、洗脳し育て上げるというプログラム。現在では、代々のアメリカ大統領の勅命によりこの実験は中止(禁止)されている。

評価 ★★★★☆ (星4つ)

(映画「ソウ」的なものを想像していたが、想像を裏切られたラストに驚愕。戦争で殺しにいく人間も自分達と同じ人間だ。というセリフがあったが、同じ人間に対してこの洗脳実験を行える人間は残酷な動物だと改めて思う。この映画は、第一段階の人を”選別”する実験だけの内容だったが、ラストに語られた”教化”と題される第2段階の実験の内容も気になる。)

実験室KR-13

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村


JUGEMテーマ:サスペンス映画全般
 
WOWOWのおすすめ番組!    

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品