韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第15話の感想(ネタバレ)

  • 2011.01.18 Tuesday
  • 14:17
■韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第15話の感想(ネタバレ)



■監督:イ・ジャンス キム・ジンミン 
■出演者:ソ・ジソブ キム・ハヌル ユン・ゲサン チェ・ミンス ソン・チャンミン

WOWOWで放送中の韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第15話を鑑賞。

【韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第15話のあらすじ】

判決保留中のスヨンは移送中に解放される。"最後まで平壌で防衛線を張れ"という決死の命令を受け入れたジャンウとテホへの報いとして、軍上層部が恩赦を下したのだった。だが、スヨンはジャンウを探すため、平壌へと戻る。その頃、平壌ではジャンウ率いる第2中隊が、圧倒的な人数の中国軍を相手に市街戦を繰り広げていた。激戦の最中、戦場に迷い込んでしまったスヨンは、ジャンウの目の前で危機に陥り……。

※WOWOWから引用
------

【韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第15話の感想】

ジャンウが平壌に残り戦っていることを聞かされたスヨンは、車から下ろされた荒地から走ってジャンウのもとへ向かう。

一方、ジャンウとテホら第二中隊の志願兵たちは、中共軍の進軍に備え、爆弾を仕掛けたり、銃器を設置したり、平壌で防備を固め始める。ジャンウらの作戦は出来るだけ敵を引きつけ、中共軍に大打撃をを与えつつ、これ以上無理だと思ったら、撤退し大隊長が脱出用に用意している逃走車両に乗り平壌から脱出するというもの。

中共軍の進軍が始まり、先陣が平壌の市街地に到着する。ジャンウの合図により奇襲が始まり、激しい銃撃戦に突入する。奇襲を受けた中共軍は、壊滅的大打撃を受ける。第二中隊は先陣部隊の一掃に成功するが、古参兵などが犠牲になり、第二中隊も無傷ではなかった。

銃撃戦が収まった隙に衛生兵が負傷した兵士の治療をするが、治療に専念する間もなく、戦車を従えた中共軍の本陣(本隊)が押し寄せる。

ジャンウの指示により、再び銃撃戦のための準備が進められるが、ちょうどそのとき中共軍と対峙した第二中隊の目の前を割って入るように、ジャンウに会うために平壌に来ていたスヨンがふらふらと現れる。

スヨンを見たジャンウは、驚き目を奪われるが、銃撃戦が始まり、スヨンも撃たれ地面に倒れてしまう。目の前の出来事にショックを受けたジャンウは、放心状態となり、銃撃戦が繰り広げられているなか、スヨンを助けようと、歩みだしてしまう。

一部始終を見ていたテホは、混乱するジャンウを体を張って止めるとともに、中共軍の猛攻に溜まらず、放心状態の中隊長の代わりに撤退命令を出す。

中共軍の本隊の勢力が強いとわかるとハン中尉は、部下や仲間を捨て一人戦場を抜け、撤退するためのトラックが待つ拠点につくと、自分が最後だと偽り、トラックごと撤退してしまう。

中共軍の猛攻をなんとか掻い潜った第二中隊の兵士らは、手を取り合い脱出拠点に向かうが、拠点についても逃走車両はなかった。テホは、歩いて撤退することを決め、敵に見つからないように山を超えるルートを選択する。

ジャンウは、銃撃戦でスヨンが死んだと思いそのショックが抜けず、抜け殻のような状態になっていたため、第二中隊の指揮はすべてテホが命令を下すようになる。

山越えの途中で中共軍の一部隊の死体を見つけると、夜の防寒対策も兼ね死体から服を剥ぎ取り、中共軍の兵士に偽装する。

雪が降り、顔には氷が張り付くような凍てつく寒さのなか、足が凍傷で腐リ始め、部隊から遅れをとっていたマ少尉が夜中に行方不明になり、中隊で探し始めると、しばらくして遠くで銃声が聞こえる。

銃声が聞こえた場所には、撤退してからずっと放心状態でおかしな行動を取り始めていた中隊長のジャンウが探していたマ少尉と一緒にいたため、第二中隊のなかでは、中隊長がマ少尉を殺したのでは?という噂が立ち始める。

翌日マ少尉の弔いが終わったのち、しばらくして少し正気を取り戻し、命令を下すようになったジャンウだが、部下に気を配ることなく先頭を一人突き進むなどこれまでどこか違う様子を見せる。また、中共軍の部隊と遭遇すると、先制攻撃で仕留めようなど、まるで殺人を楽しむかのような一面を見せ始める。

一方スヨンは、気を失ったまま死体が山のように集まる死体置き場に運ばれ、そこへ投げ込まれる。火をつけるための油が顔にかかり、そこでようやく目が覚める。近くにあった他の死体が持っていたラッパを吹いて知らせると、スヨンに気づき助ける。スヨンは撃たれた肩に入っていた弾をナイフで取り出すが、その後気を失ってしまう。

中共軍の敗残兵の中で運良く生き残っていた中国人の子供を見つけた第二中隊の新米の兵士は、一緒に連れて行くと言い、皆が批判する中、ジャンウも自分で責任を持てといって、同行を許す。

平壌撤退後、絶望的で落ち込んでいた第二中隊だったが、新米兵士と子供のやりとりを見ているうちに、笑顔を取り戻し始める。※続く


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(第15話の平壌での市街戦は、映画「プライベートライアン」のラスト45分のミラー大尉(トムハンクス)率いるアメリカ軍とドイツ軍の銃撃戦を彷彿する場面が満載。ロードナンバーワンの製作者はこれがやりたかったのかとおもうほどあからさまに意識しているシーンがある。だが、こちらとしては元の作品を知っているので見ていて面白い。

このドラマは恋愛シーンのやり過ぎな演出さえなければすごく良い作品なんだが…。今回も、スヨンが銃撃戦のなかに急に現れるシーンも、画としてはインパクトがあるが、状況を良く考えなさいと、スヨンの人格を疑いたくなってしまう変な演出だ。(急に冷めてしまう)たぶんこの原因は「天国の階段」の監督がいるからだと最近になって気づいた。恋愛シーンで天国の階段と通じるやりすぎな部分がある。)

ロードナンバーワン DVD-BOX1


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:韓国ドラマ
 

韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第14話の感想(ネタバレ)

  • 2011.01.16 Sunday
  • 16:29
■韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第14話の感想(ネタバレ)



■監督:イ・ジャンス キム・ジンミン 
■出演者:ソ・ジソブ キム・ハヌル ユン・ゲサン チェ・ミンス ソン・チャンミン

WOWOWで放送中の韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第14話を鑑賞。

【韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第14話のあらすじ】

第2中隊は山岳地帯での訓練中に、中国軍が参戦したことを知る。韓国軍は、人民軍側の味方についた中国軍の勢いにのまれて撤退せざるをえなくなる。ジャンウ率いる第2中隊も何とか平壌まで後退するが、軍の上層部は、全軍が撤退するまで第2中隊はその場に留まり、平壌で防衛線を張るように命令する。ジャンウは部下たちに死を強要しかねないその命令を拒否し、ひとりで平壌に残ろうとするが、隊員たちは彼のもとを離れず……。

※WOWOWから引用
------

【韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第14話の感想】

スヨンの反逆罪の罪を裁く、軍事裁判の参考人陳述に出廷したテホは、スヨンの韓国軍への被害について認める発言をするが、その後スヨンの無罪を主張するため、英雄のハン中尉?や米軍記者、スヨンよって命を救われた兵士たちを集め、彼らの証言とともに、無罪になるよう温情を訴える。

テホらの発言により裁判官も考慮せざるおえなくなり、スヨンへの刑の保留を決める。

法廷でのテホの言動と行動を見ていたジャンウは、閉廷するとすぐさま彼の後を追い、礼を伝える。テホは「執着心によって自分の判断が間違っていた」とこれまでのスヨンやジャンウへの言動を謝罪する。

スヨンの裁判は他の参考人の話を聞くため続いていたが、テホとジャンウら第二中隊に進軍命令が下ったためスヨンへの思いを残しながらも、平壌を後にする。

スヨンの参考人として米軍の誤射で足を負傷し隊から離脱していたジョンギが出廷すると、テホが共産党と繋がっていたスヨンと内通していることを知る。第二中隊に合流したジョンギはそのネタをチラつかせ、ジャンウやテホに遠まわしに協力するよう脅し始める。また、ハン中尉の作戦が原因によってジョンギは足を負傷したこともあり、隊に戻るとハン中尉に対しても、敵意を剥き出しにする。

第二中隊が進軍を開始してまもなく、中共軍と思われる兵士を発見し、捕虜にするが、ジョンギが射殺してしまい詳細は不明になる。テホは気になり、小隊を連れ偵察に行く。

しかし、捜索の途中で天候が悪くなり身動きが取れなくなる。吹雪いたことで中隊とも無線連絡ができなくなったテホら小隊は、体を寄せて一夜を明かすが、翌日、目の前の白銀の世界に森が出来ていることを確認する。テホらが森に思えた部分は、中共軍の1万の兵が埋め尽くしていたものだった。

テホは動かずその場に隠れ、地に響き渡る1万の中共軍の行進をやり過ごすと、無線でジャンウら中隊に知らせる。ジャンウは、すぐさま大隊長に指揮を仰ぐが、中共軍の存在を信じていない大隊長から中隊が全滅してしまうような、無謀な命令を受けてしまう。

ジャンウは、大隊長の命令を保留にすると、テホら偵察隊と合流することを優先する。無事テホと合流した第二中隊だが、第1、第3中隊や他の米軍は、中共軍の大軍によって壊滅的打撃を受けていた。

第二中隊は、なんとか平壌に戻るが、上層部からの命令で平壌を捨て、一度前線を下げるため撤退するよう命令が下される。大隊長の命令で、ジャンウら第二中隊がすべての兵が平壌から退くまで、時間を稼ぐための殿(しんがり)をつとめるよう命令を受ける。

はじめは、第二中隊を玉砕兵として残すことを拒否していたジャンウだが、大隊長と取引し、平壌に残ることを決める。終戦を手前ですでに戦意が失われていた中隊に対し、志願兵のみを残し、ジャンウは第二中隊を解散させる。

そんなジャンウの思いに3分の1ほどの兵がジャンウについていくことを決め、平壌での死闘に備え始める。

一方、平壌から車で反逆者たちと移動させられていたスヨンは途中で降ろされ、一人別行動を命じられる。大隊長がジャンウの平壌での命を懸ける作戦に対し、スヨンに温情を与えていた。自由になったスヨンは、ジャンウが平壌に残って戦っていることを大隊長から聞かされ…。※続く


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(第13話は、ジャンウとスヨンの恋愛モードがあり、また例の恥ずかしい展開かと思いきや、この第14話でまた戦争モードに戻り、中共軍の参戦により、戦況は悪化。押せ押せから急に引け引けになる展開が起こる。朝鮮戦争の展開ってキツイ。大軍の中共軍の出現により、戦争の緊張感が高まる。ロードナンバーワンがまた面白くなってきた。)

ロードナンバーワン DVD-BOX1


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:韓国ドラマ
 

韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第13話の感想(ネタバレ)

  • 2011.01.15 Saturday
  • 19:50
■韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第13話の感想(ネタバレ)



■監督:イ・ジャンス キム・ジンミン 
■出演者:ソ・ジソブ キム・ハヌル ユン・ゲサン チェ・ミンス ソン・チャンミン

WOWOWで放送中の韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第13話を鑑賞。

【韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第13話のあらすじ】

ジャンウとスヨンは救護所から出て、久しぶりにふたりだけの時間を過ごす。一方、テホはスヒにスヨンの居場所を問いただす。情報を聞き出したテホはふたりのもとに現れ、朝鮮労働党の一員だという疑いをかけられたスヨンを連行し、軍事裁判にかけようとするが……。一方、スヒョクはインスクを脅迫し、韓国軍と国連軍のパーティー会場に潜入しようと試みる。会場でテロを起こそうと計画するスヒョクだったが……。

※WOWOWから引用
------

【韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第13話の感想】

スヨンと逃亡したジャンウだが、翌日にはテホがスヨンの妹のスヒから居場所を聞き出し、ジャンウがいない隙にスヨンを連れ戻し、国家の転覆を策略する者たちを裁く、反逆者委員会(もう少し良いネーミングはなかったのか(笑))に引き渡す。

テホがスヨンを連れて行くのを見たジャンウは仕方なく中隊に戻り、テホに抗議すると共に、スヨンの動向を大尉として見守ることにする。

一方、アメリカと韓国の幹部が集まる戦勝祈願パーティに出席することになったテホとジャンウは、第二中隊の警備のもと会場に赴く。しかし、そのパーティには爆破テロを計画していたスヨンの兄(スヒョク)とインスクもウエイターとして潜入していた。

テホに会いに来たスヒは、会場で兄のスヒョクがテロを起こそうとしてることを知り、止めに入るが、兄の意志は固く、スヒを部屋に閉じ込めると、実行に移そうとする。

閉じ込められた部屋からなんとか出たスヒは、窓ガラスを割り爆弾があることを伝えると、会場は大パニックになる。その騒ぎに紛れて爆弾に火をつけようとしたスヒョクにジャンウは拳銃を向けると、スヒョクに引き金を引く。

急所を外しジャンウに撃たれたスヒョクは、そのまま常駐していた警備の兵に肩を抱えられて車に連れて行かれる。

スヒョクが捉えられたことを知ったインスクは一人外に飛び出すが、テロの共犯者として周りから叫び声が上がると、2階から狙いをつけていた兵士に狙撃されてしまう。

2階から撃った兵士は、撃った女の顔を見ると、驚愕してしまう。ずっと探していた妹のインスクだった。インスクは血に塗れてすでに会話することも出来ず亡くなっていた。

撃たれたインスクを抱える兵士が泣き叫ぶのを横目で見たスヒョクは、車の後部座席に乗せられると、たまたま足元に見えた手りゅう弾を使い自爆を試みる。逮捕されたスヒョクの後を心配して追ったスヒは、車に近づいたところで、スヒョクの手りゅう弾が爆破し、スヒも車の爆発に巻き込まれてしまう。

駆けつけたテホの腕の中でスヒは、私のために初めて泣いてくれたと言葉を残すとそのまま息を引き取る。

スヨンの軍事裁判が開かれると、参考人聴取としてテホが出廷する。死刑という重い判決が下されているのを目にしながらも、ジャンウも傍聴席でスヨンの動向を見守ると、裁判官がスヨンとテロ事件との重要な関与について聞かれると、テホは「関係ある」と答えてしまう…。※続く


評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(第13話は、「悲しい最期」とタイトルがつけられていますが、テホ、ジャンウを始め登場人物それぞれの別れがあり、別れがオンパレード。スヒョク、インスク、スヒと3人が同時に死んでしまう。これほどまでに1話の中に別れがあるドラマは見たことがない。気持ちの覚悟としては、スヒョクだけかと思ったが、インスクが死に、まさかのスヒの巻き添え。今後一体どうなってしまう?…)

ロードナンバーワン DVD-BOX1


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:韓国ドラマ
 

韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第12話の感想(ネタバレ)

  • 2011.01.14 Friday
  • 16:27
■韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第12話の感想(ネタバレ)



■監督:イ・ジャンス キム・ジンミン 
■出演者:ソ・ジソブ キム・ハヌル ユン・ゲサン チェ・ミンス ソン・チャンミン

WOWOWで放送中の韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第12話を鑑賞。

【韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第12話のあらすじ】

ジャンウとテホはそれぞれ、スヨンが現在、平壌にいるという情報を確認する。だが、ふたりはお互いにその情報を隠したままでスヨンを探し続ける。そんな中、ジャンウは自分がスヨンにプレゼントした髪飾りをしているインスクを見つける。インスクがスヨンの居場所を知るための手がかりになると考えたジャンウは、すぐさま彼女の後を追うが……。一方、ミョンホはスヨンのためにわかめを探しに出かける途中、倒れてしまい…。

※WOWOWから引用
------

【韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第12話の感想】

この12話は、平壌に常駐したテホ、ジャンウがお互いスヨンを探しながらも何度となく街中でスヨンとすれ違いながらも、後半でようやく再会する。特にジャンウとスヨンの再会は、ジャンウがスヨンの兄に肩を刺されて負傷し、部下が待っていたジープまで意識が朦朧としながら戻ってきたところ、瀕死のミョンホを抱いたテホとスヨンが病院に行くためその車を止めて乗り込み、そこで二人は再会するというかなり衝撃的なものになっている。(※引っ張ったな〜)

そして、ジャンウの肩の手術を軍医が不足していたためスヨンが引き受け、無事成功するが、同じく病院に連れて来たミョンホは、衛生兵の処置の甲斐なく、亡くなってしまう。泣き崩れるスヨンを連れると負傷した体のままジャンウは、ずっと心に決めていたスヨンと一緒になるため中隊から逃亡を図る。ジャンウとスヨンが車で逃亡していく姿を一足遅く駆けつけたテホは見つめる。


評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(この12話までのジャンウはスヨンを見つけるために作戦を指揮していたのでスヨン捜索編といえたが、この12話以降、スヨンを連れて中隊から逃亡してしまったので、今後は逃亡編として話が進みそうだ。朝鮮戦争の歴史(人民軍の逆襲)と、逃亡兵として自国の兵からも追われる身になりそうな、ジャンウとスヨンの今後がまだまだ目が離せない。)

ロードナンバーワン DVD-BOX1


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:韓国ドラマ
 

海外ドラマ「ザ・パシフィック」第10話(最終回)の感想(ネタバレ)

  • 2011.01.13 Thursday
  • 17:21
■海外ドラマ「ザ・パシフィック」第10話(最終回)の感想(ネタバレ)



■製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ トム・ハンクス ゲーリー・ゴーツマン
■出演者:ジェームズ・バッジ・デール ジョー・マゼロ ジョン・セダ

WOWOWで放送していた海外ドラマ「ザ・パシフィック」第10話を久々に鑑賞。

【海外ドラマ「ザ・パシフィック」第10話のあらすじ】

1945年8月15日、レッキーはニューヨークの海軍病院で日本降伏の報せを聞く。沖縄で報せを受けた隊員たちは喜びを爆発させるが、スレッジとスナフとバーギンは静かに終戦を祝う。退院したレッキーは地元紙のスポーツ記者に戻り、向かいの家に住むヴェラと親しくなっていく。一方、戦死したバジロンの妻リーナは、バジロンの実家をおとずれ、初めて両親と対面する。また、スレッジたちは大陸横断鉄道で帰途に着くが……。

※WOWOWから引用

-------

【海外ドラマ「ザ・パシフィック」第10話の感想】

ようやく長かった海外ドラマ「ザパシフィック」も最終回の第10話。第10話は終戦を迎えた兵士らそれぞれの主人公たちが故郷に帰っていく姿、そして家族や恋人との恋愛など戦争を経験したものたちのその後のストーリーが描かれていく。

死体が道端に転がっていたり、普通に会話していた仲間が数分後には死体になっていくという壮絶な戦争の前フリが効いている事もあり、この10話での故郷の静かで平和な暮らしが、戦争と平和について考えさせられ、なんともいえない感情を与える。

特に「もう軍服は着ない」「死んだものと故郷に戻ってこれたものの違い(理由)は?」と言うスレッジの言葉が印象的だ。

ちなみに「パシフィック」に登場している人物は、スレッジやバジロン、レッキー含めすべて実在する人物で構成されており、ラストには、現在までの彼らの履歴や状況が簡単に紹介されている。

例えば、スレッジは、沖縄での戦争体験を記した本を多数執筆して著書を残している。(パシフィックの脚本の基盤になっていると思われる)登場人物の多くは現在はすでに亡くなっているが、数名は今でも生きており、このパシフィックの物語を作るうえで、協力しているものと思われる。


評価 ★★★★★ (星5つ)

(1話〜9話までと違い、10話は「パシフィック」(戦争と平和)の総論のような話。個人的には戦争を共有した仲間がそれぞれ途中で列車から降り、仲間と別れて故郷に帰っていくシーンが、悲しい。あれだけ濃密な時間を過ごしながらも別れは意外とあっさりしている。ちなみにスレッジと戦地を共にした兵士は、スレッジがのちに書いた本を読んで、数十年ぶりに再び交流が芽生え、最後は相手の棺を担いだという感動的な話もある。アンビリーバボーで特集されそうなすげえ良い話も隠れている。このパシフィックは、戦争が終わった10話が一番胸にくる。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:海外ドラマ「ザ・パシフィック」について
 

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

参加中

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
ブログランキング
ブログランキング
  • seo
レイシック病院比較



管理人の最近のおすすめ作品

齋藤飛鳥の良さ出てる!
浜辺美波の良さ出てる!
織田裕二の良さ出てる!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 映画「妹の誘惑」の感想(ネタバレ)
    pinewood (11/24)
  • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
    管理人 (05/01)
  • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
    まさお (04/30)
  • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
    管理人 (03/15)
  • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
    まさお (03/14)
  • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
    管理人 (03/14)
  • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
    まさお (03/13)
  • 映画「ナンバー10」の感想(ネタバレ)
    管理人 (01/03)
  • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
    管理人 (01/03)
  • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
    葵 (01/03)

recent trackback

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM