韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第7話の感想(ネタバレ)

  • 2010.12.23 Thursday
  • 19:13
■韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第7話の感想(ネタバレ)


■監督:イ・ジャンス キム・ジンミン 
■出演者:ソ・ジソブ キム・ハヌル ユン・ゲサン チェ・ミンス ソン・チャンミン

WOWOWで放送中の韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第7話を鑑賞。

【韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第7話のあらすじ】

ジャンウが率いる第2小隊は、慎重に川を渡って移動する。だが、先に移動していたテホの第1小隊とそれに続いた第3小隊は、敵の奇襲に遭い、多くの兵力を失ってしまった。そんな中、サムス中隊長は、偶然通りかかった町で人民軍を人質にしている町の人々に出会う。中隊長は彼らに人民軍の解放を命じるが……。一方、スヨンは平壌にたどり着く。医者として、敵味方を問わず患者の治療にあたろうとするスヨンだが……。

※WOWOWから引用
------

【韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第7話の感想】

第5話辺りから急に面白くなった韓国ドラマ「ロードナンバーワン」だが、7話も引き続き面白い。

今回は、6話から引き続いていた川を渡る作戦が進行中。川はゆっくり慎重に渡るんだと部下の背嚢に石を入れさせ、川の流れに足を取られない様にしたり、銃や爆弾が濡れて使い物にならないように雨具に包むように指示するジャンウと、速さが命だと、何も準備せず川に突入するテホ部隊の結末が面白い。

ジャンウの過去の戦場での経験が功を奏し、川渡りは何とか成功するが、テホ部隊は奇襲を受けたあげく、水に濡れた銃が使い物にならず、反撃できず大打撃を受けてしまう。そして、中隊長もこの作戦で肩を被弾し、のちに逃した敵兵に打たれ、途中で戦死してしまう。

一番頼りになる指揮官の中隊長がこの7話で死んでしまうのはかなりショック。後任は、そのまま一番位が高いテホが引き継ぐことになったが、中隊長の遺言はジャンウを指名していた。

中隊長の遺言が伝えられぬままテホが指揮官になったまま、市街戦に突入する。伏兵を室内から炙り出すため火炎放射器を使うべきだと助言するジャンウと、後続部隊の指揮施設を残したいために火攻めを躊躇うテホがまたしてもぶつかる…。

6話(川)7話(市街戦)とテホが下す采配(判断)は全く上手くいかない。意固地になり、他人の意見を全く聞こうとしないこの指揮官はダメダメだ。このテホとは対照的に5話あたりから、戦場でのジャンウは急に男らしくなり、部下を大切にしながら出世していく、ソジソブの演技も初めと違い、かなり変わってきた

評価 ★★★★☆ (星4つ)

(大作の「パシフィック」に比べて劣っていると感じた「ロードナンバーワン」だが、目の前に迫る、敵地攻略作戦は、ゴールが見えてこちらの方がわかりやすく、テホとジャンウのライバル関係もあり面白い。市街戦に突入した8話も気になる。)

ロードナンバーワン DVD-BOX1

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:韓国ドラマ
 

映画「アバターオブマーズ」の感想(ネタバレ)

  • 2010.12.23 Thursday
  • 14:41
■映画「アバターオブマーズ」の感想(ネタバレ)



■監督:マーク・アトキンス 
■出演者:アントニオ・サバト・Jr. トレイシー・ローズ マット・ラスキー チャコ・ヴァダケス ノエル・ペリス

WOWOWで放送していた「アバター」の模倣映画「アバターオブマーズ」を鑑賞。


【映画「アバターオブマーズ」のあらすじ】

米軍特殊部隊員ジョン・カーターは、ある極秘任務中に重症を負ってしまった。だがベッドから起き上がることも出来ない彼に、軍は新たな任務を与える。それは体外離脱装置によって分身を別の銀河にある火星に送り込み、探査を行うというものだった。異星で超人的な肉体を得て目覚めたカーターだが、この星ではヘリウム王国とサルクス族との戦争が勃発していた。カーターはやがてサルクス族に仲間と認められ戦士となるのだが……。

※WOWOWから引用

【映画「アバターオブマーズ」の感想】

こちらの「アバターオブマーズ」というタイトルからもわかるとおり、ジェイムズキャメロン監督の大ヒット映画「アバター」を模倣している映画です。

重傷を負った兵士が、人体再生プログラムによって遠い火星で目を覚まし、超人的な肉体を持ち、そこで新たな任務に就くという、アバターの(車椅子の兵士→アバターになる)というコンセプトのみ引き継いでいます。

ただ、こちらの「アバターオブマーズ」はアバター?になっても、上半身裸の普通の人間なので、イマイチ「アバター」感はない。

しかし、アクションシーンやオーケストラの音響など、スペクタクルさは意外と感じる。

なぜかヒロインがポルノ映画に出てきそうな外見と服装で緊張感はなく、細かな部分でB級感はぬぐえない。

他にも、主人公と敵が混戦のすえ、巨大なハエに連れ去られ主人公はなんとかハエを振りほどき、地面に落ちるのだが、次のカットでは、地面での主人公の後ろでんぐり返しのみが挿入される。あれだけの勢いが、よくそれだけの衝撃に抑えられたものだと笑えてくる。斬新。

このように、カットカットで前場面との繋がりの悪さが目立つシーンが散見される。これはB級だからしょうがない。

評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

(WOWOWの模倣映画特集で取り上げられていた、「ターミネーターズ」「パラノーマルエンティティ」「アバターオブマーズ」の三作品をすべて制覇してみましたが、この映画「アバターオブマーズ」が一番中途半端さが残る。映画としては、それなりにスペクタクルさは頑張っているが、アバターを模倣しているわりには、対して模倣し切れていない。全く別物という映画で見ればそれなりのB級作品だ。)

アバター・オブ・マーズ

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:アクション映画全般
 

映画「マッハ!弐」の感想(ネタバレ)

  • 2010.12.22 Wednesday
  • 22:33
■映画「マッハ!弐」の感想(ネタバレ)



■監督:トニー・ジャー パンナー・リットグライ 
■出演者:トニー・ジャー ソーラポン・チャートリー ダン・チューポン ペットターイ・ウォンカムラオ

WOWOWで放送していたタイ映画「マッハ!弐」を鑑賞。


【映画「マッハ!弐」のあらすじ】

アユタヤ王朝の侵略が進んだ時代のタイ。ある東の王国では家臣ラーチャセーナのクーデターによって国王とその妻が殺され、息子ティンは山賊のリーダー、チューナンに救われる。山奥で山賊たちと暮らしながらティンは、ムエタイをはじめありとあらゆる格闘技を学んで一流の戦士に成長していく。彼はまたチューナンを親のように慕い、チューナンもまたティンを自分の後継者にと意識。やがてティンはラーチャセーナへの復讐をめざす。

※WOWOWから引用

【映画「マッハ!弐」の感想(ネタバレ)】

数年前にトニージャーのガチンコ格闘アクションで話題になったタイ映画「マッハ」の続編「マッハ2」ですが、今回は現代ではなく、アユタヤ王朝時代という過去の話。

すでに現代では格闘はやりきったからなのか、この「マッハ2」では、設定を過去にして、刀や三節棍(さんせつこん)など多彩な武器が登場する。

個人的に一番のこだわりは、タイというだけあってトレードマークの動物の象を使ったアクションがすごい。正面から象に向かって走っていき、象の牙に足を乗せて、そのまま3M位ある象の上に乗ったり、10〜20頭の象を歩かせ、そのうえを飛び歩いたりする。

それ以外にも象の足元の間を入ったり出たりしながらの格闘アクションなどもあるが、象が急に暴れて人間を踏みつけやしないだろうか、そっちの方が心配になる。象はしつけられているのか、じっと落ち着いている。

物語は、国王の両親を目の前で家臣に殺された主人公が、格闘技に精通する山賊が住む山村の総長に助けられ、そこで格闘を習い、両親の殺した家臣へ復讐をするという単純な話なのだが、タイ映画の独特なテンポに意外と理解するまで時間がかかる。

ラストは、主人公が格闘を教えてもらった総長が両親を殺した直接の犯人(暗殺者)で、主人公に情を感じた総長は自らの命を犠牲にして、主人公に殺されることを選ぶ。

しかし、裏切り者の家臣には、兵に取り囲まれ、主人公の復讐はあと一歩で果たせず終了する。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(アクション映画にしてはすっきりとしない意外なラストに拍子抜け。しかし、格闘アクションは、ガチンコで普通に顔面を蹴ったり、かなり高い位置から落ちたりして、体を張っている。前作では、危険すぎてかなりスタントマンがケガしていたという触れ込みがあったが、今回の作品も話は聞かないが、かなりケガしてると思う。さすがムエタイの国。)

マッハ!弐 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:アクション映画全般
 

韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第6話の感想(ネタバレ)

  • 2010.12.21 Tuesday
  • 23:32
■韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第6話の感想(ネタバレ)



■監督:イ・ジャンス キム・ジンミン 
■出演者:ソ・ジソブ キム・ハヌル ユン・ゲサン チェ・ミンス ソン・チャンミン

WOWOWで放送中の韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第6話を鑑賞。

【韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第6話のあらすじ】

ジャンウは、特攻隊の指揮官として敵陣に潜入する。米軍との共同攻撃は無駄になってしまったものの、ジャンウは計画をそのまま進めようとする。彼の強引なプレッシャーに、仕方なく特攻隊に入ったジョンギはある行動に出て……。一方、テホはジャンウが計画通りに動くと信じて、サムス中隊長に作戦続行を直訴する。お互いに約束を信じて戦ったふたりの力で、制圧は成功。ジャンウはその功績を認められて……。

※WOWOWから引用
------

【韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第6話の感想】

韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第6話は、前回の5話に引き続き、ジャンウら特攻隊は断崖絶壁を登る命がけの作戦を決行する。米軍の爆撃が急遽中止になり、作戦自体の中止が危ぶまれるなか、テホは、ジャンウとの約束を実行しようと中隊長を説得し、中隊は下から攻撃を開始する。

絶壁を登りきった特攻隊は北軍を横から奇襲し、中隊と協力のもと674高地のトーチカの制圧に成功する。

この6話は、映画「シンレッドライン」を彷彿するような山の斜面の戦いが、緊張感がありなかなか熱い。そして、「プライベートライアン」にあった、敵との混戦の末ナイフを持ち出しての寝転びながらじりじりとする攻めぎあいのシーンがある。そして、仲間が刺されそうになっているのに、近くでおびえて何もできない、街で徴集された兵士もいる。ここも同じ。(※ここで何もできない中年兵士は4話から出てきて名前は知らないが、主役(ソジソブ)を喰うぐらいのなかなか存在感のあるキャラクターを演じている)

”ロードナンバーワン”のタイトルは、”国道一号線”という意味合いがあるのを最近になって知った。
674高地とともに、韓国の地形を知っているとより、世界観に入っていけそうだ。

評価 ★★★★☆ (星4つ)

(一時は観るのを途中で辞めようと思っていたこの「ロードナンバーワン」だが、スヨンとの恋愛は遠くに押しやり、戦争に突入したらかなり面白くなってきた。ジャンウが天性の軍人というスキルが急に目を覚まし、三國志の諸葛孔明的な、知恵を使った采配を披露する。引き続き川を渡る作戦もあり、次回の7話も面白そう。韓国ドラマは、どこから面白くなるかわからないので、途中退場は、吟味する必要がある。)


ロードナンバーワン DVD-BOX1

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:韓国ドラマ
 

韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第5話の感想(ネタバレ)

  • 2010.12.21 Tuesday
  • 13:22
■韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第5話の感想(ネタバレ)



■監督:イ・ジャンス キム・ジンミン 
■出演者:ソ・ジソブ キム・ハヌル ユン・ゲサン チェ・ミンス ソン・チャンミン

WOWOWで放送中の韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第5話を鑑賞。

【韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第5話のあらすじ】

ジャンウは集合時間を過ぎてから軍に戻ってきたために、軍から逃亡を企てたとみなされ、テホに逮捕されてしまう。テホは、誰もが恐れる危険な作戦にジャンウを参加させようと計画するが、ジャンウはそれをものともせず、志願者を募って特攻隊を結成する。だが、作戦決行の瞬間、予定されていた米軍による砲撃支援が中止となる。特攻隊の無線機も故障して連絡がとれない中、ジャンウはある決断を下し……。

※WOWOWから引用
------

【韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第5話の感想】

「ロードナンバーワン」第5話は、恋愛部分は始めの方だけで、スヨンがジャンウが振舞った食事を食べることもなく、病気の兄の連絡を受け駆けつけると、そのまま兄と共にピョンヤンに行ってしまう。

残されたジャンウは、ピョンヤンに行くとスヨンの書置きを観ると、スヨンを追う様にジャンウもテホに連れられ戦地に赴く。

ピョンヤンに繋がる高地を奪還するべく高地攻略に向かうが、絶壁を登る作戦も含めなかなかの
緊張感がある。

スヨンがいるピョンヤンに向かうというゴールが設定されたため、ジャンウの戦争に意義が作られ、戦略的な戦争とともにサスペンス的な面白さが加わっている。

エンドロール前の絶壁を登る複数の兵士を下から上になめるカメラアングルも良い。


評価 ★★★★☆ (星3つ)

(この5話は、とんねるずの細かすぎるモノマネでよく出てくる韓国映画に良く出てくるシーンがそのまま出てくる。戦争を前に口笛を吹く兵士、故郷の歌を歌う兵士、思い出に浮かぶ彼女の言葉など。ロードナンバーワンがネタ元なのか。)

ロードナンバーワン DVD-BOX1

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:韓国ドラマ
 

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

参加中

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
ブログランキング
ブログランキング
  • seo
レイシック病院比較



管理人の最近のおすすめ作品

齋藤飛鳥の良さ出てる!
浜辺美波の良さ出てる!
織田裕二の良さ出てる!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 映画「妹の誘惑」の感想(ネタバレ)
    pinewood (11/24)
  • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
    管理人 (05/01)
  • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
    まさお (04/30)
  • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
    管理人 (03/15)
  • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
    まさお (03/14)
  • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
    管理人 (03/14)
  • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
    まさお (03/13)
  • 映画「ナンバー10」の感想(ネタバレ)
    管理人 (01/03)
  • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
    管理人 (01/03)
  • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
    葵 (01/03)

recent trackback

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM