映画「映画 みんな!エスパーだよ!」の感想(ネタバレ)

2019.10.04 Friday 邦画 コメディ/お笑い

■映画「映画 みんな!エスパーだよ!」の感想(ネタバレ)


■監督:園子温
■出演:染谷将太 池田エライザ 真野恵里菜 マキタスポーツ 深水元基 柾木玲弥 安田顕 今野杏南 星名美津紀 篠崎愛 清水あいり


【映画「映画 みんな!エスパーだよ!」のあらすじ】

愛知県東三河。平凡な高校2年生の嘉郎は東京から転校してきた美人の同級生、紗英に想いを寄せながらもんもんとする毎日を過ごしていたが、ある夜、宇宙から東三河に不思議な光が降り注ぎ、嘉郎は他人の心の声が聞こえるテレパシー能力を持つようになり、超能力研究の第一人者・浅見教授のもと、同じように超能力を得た、幼なじみの美由紀ら仲間と行動をともにするようになるが、謎の勢力が東三河を破滅させようとしていると知る。

WOWOWから引用

【映画「映画 みんな!エスパーだよ!」の感想(ネタバレ)】 

 

若杉公徳のコミックを「新宿スワン」「ヒミズ」などの園子温監督が映像化したドラマ「みんな!エスパーだよ!」の映画版。

 

かなり前に録画していたのを整理してたら見つけたので見てみた。

 

原作は、読んでないのでそちらとの比較はできないのだが、この映画を見た第一印象は、なんというかとにかくエロい。

 

池田エライザを始め、真野恵里菜、今野杏南、星名美津紀、篠崎愛、清水あいりなどグラビアアイドルも多数出演してるのだが(AV女優に頼らないところも良い)、他の動画や画像などで見る以上に、エロく、綺麗に撮れている。撮影機材に金が掛かっているのもあると思うが、よりエロくみせる演出などは、ホント神がかっている。

 

たぶん実物以上にそれぞれのエロさや魅力がより強調できていると思われる。

 

たとえば、真野恵里菜以外の面々は、実際ナイスバディでグラビアもやってるので、単純に肌の露出が増えればエロさが増すのはわかりやすいが、真野恵里菜に関しては、今まであんまり引っかかったこなかったが、この作品を見ると、普通の状態(制服姿)で相当可愛いことがわかる。

 

自撮りで上手く写真が撮れたときに”盛れた”という表現があるが、この作品は、そういった意味では、出演女優がかなり”盛れている”といえる。

 

エロい部分に関しては以上だが、こういう作品をストーリーとして描いて、さらに一応起承転結を考えて話をまとめる作業に入った時、脚本家なのか原作者なのか、どちらのアイデア(趣向)なのかはわからないが、書き手(監督?)の性癖みたいなのがところどころ垣間見えて、そこに気色の悪さを感じる(笑)

 

例えば、グラビア(女性)をエロく見せる演出(映像)という部分においては、大抵の男を満足させられるほどエロいストライクゾーンを決めてくるのに、こと精神的な部分においての演出や話の方向を見せると、なんだそれ?と思う部分が数多くある。

 

ラーララ?の歌、しかり、最後の母親と抱き合う演出だったり、妊娠中に出会っていて、赤ちゃん同士でコミュニケーションがあったりとか。

 

ここのエロとは別の部分でのアイデアというか、精神性がまるで理解できない。

 

個人的には、こういう映画(話)なら、最後は、超能力学園Zみたいな、学校のダンスパーティで超能力全開での半裸になるドタバタエロ喜劇の着地で十分だと思う。

 

訳のわからない変な精神的なまとめとか誰も求めてない(笑)

 

 

評価 ★★★★★ (エロ以外は星1つ)

 

(まとめ:女優陣のエロい魅力だけが異様に神がかってる、駄作ストーリー映画。しかし、男なら死ぬ前に見とくべき映画でもある。基本的に映画のセルDVDは、ほぼほぼ買うことはないが(WOWOWの録画で十分)、この作品のブルーレイだけは、ちょっと欲しい。特典のメイキング映像と未公開カット解禁! どエロい映像集が、ちょっと気になる(笑))

 

 

>>映画 みんな!エスパーだよ! Blu-ray初回限定生産版 [Blu-ray]

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

 

JUGEMテーマ:邦画

映画「ブレイン・ゲーム」の感想(ネタバレ)

2019.09.30 Monday 洋画 サスペンス/ミステリー

■映画「ブレイン・ゲーム」の感想(ネタバレ)


■監督:アフォンソ・ポヤルト
■出演:アンソニー・ホプキンス ジェフリー・ディーン・モーガン アビー・コーニッシュ コリン・ファレル マット・ジェラルド


【映画「ブレイン・ゲーム」のあらすじ】

同じ手口による奇妙な殺人事件が連続して発生。いずれの犯行も目撃者も遺留品もなく、事件の捜査に行き詰まったFBI特別捜査官のジョーとその相棒の女性捜査官キャサリンは、今やひとり静かに引退生活を送っていた、ジョーの元同僚である犯罪アナリストのジョンに助けを求めることに。やがて犯人のチャールズは自らジョンの前に姿を現わし、ジョンは、相手が自分以上に並外れた予知能力の持ち主であることを知って慄然とする。

WOWOWから引用

【映画「ブレイン・ゲーム」の感想(ネタバレ)】 

 

 

アンソニーホプキンスとコリンファレルが共演したサイコスリラー。

 

予知能力を持つ連続殺人鬼と予知能力を持つ犯罪アナリストという番組情報を見て選んでみた。

 

最近は基本的に映画やドラマ、バラエティ、ユーチューブ動画にしても出来るだけ、1.5倍速の早見を活用して見てるが(内容がわかれば良い)、この作品は、途中から早見をするのが申し訳なくなるほどストーリーが良く(感情移入しやすい)、緊張感もあったので、早々に早見をやめて、通常速度で見た。

 

つまらなくて途中から早見する(1.5倍速)というのは、よくあるが、早見をしてて、通常速度に戻して普通に見たくなる作品というのは、初めて。

 

個人的に、この作品は、デビットフィンチャーの「セブン」を髣髴するような猟奇知能犯(こちらは予知能力を持つ男)の話だが、内容もセブンほどの完成度はないにしても、犯罪動機などの理由や処置(被害者の未来を思うからこその犯行)はよく出来ていて、殺人鬼=悪 という単純な定義付けが難しく、考えさせられ意外と飽きさせない。

 

この映画は、予知能力によって、家族や他人の寿命や未来が分かってしまった時、人としてどうするべきか?が結構高いレベルでテーマになっているが、それぞれ考え方はあるとは思うが、この映画の描く内容には、共感があるし、ジョン(アンソニーホプキング)の実の娘に対する行動も理解できる。

 

倫理的にどうかと言う問題はあるが、生きてること自体が苦痛で、本人が望むなら、いっそのこと自ら手を下して楽にさせてあげたい(安楽死)と思うのは、人として普通じゃないだろうか。

 

 

評価 ★★★★☆ (星4つ)

 

(まとめ:アンソニーホプキンス主演の安定感のある良作スリラー。あらすじを読んで、適当に選んでみたものの、この100分は久々にかなり有意義だった。心理描写も丁寧で、最初から登場人物(寡黙ながらジョン)の行動(気持ち)がよくわかるし、嫌味がない。年齢的にはおじいちゃんが主役の話なのだが、それでも全然見れてしまうのは、アンソニーホプキンスだからか。日本でこの年齢(80歳前後)の俳優が主役の映画で普通に見れる映画はあるのか…。しかも若者向けで。)

 

 

 

 

究極の愛の行為は

 

この上なくつらい

 

-?

 

 

最期の時は尊い

 

-?

 

 

 

命が尽きようとする時は

 

苦痛すらも

 

いとおしいんだ

 

-?

 

 

 

ブレイン・ゲーム 【Blu-ray】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」の感想(ネタバレ)

2019.09.25 Wednesday 邦画 コメディ/お笑い

■映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」の感想(ネタバレ)


■監督:李闘士男
■出演:榮倉奈々 安田顕 大谷亮平 野々すみ花 浅野和之 品川徹 螢雪次朗


【映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」のあらすじ】

サラリーマンのじゅんが職場から帰宅すると、妻のちえがTシャツを血まみれにして倒れていた。慌てて彼女のそばに駆け寄るじゅんだったが、彼女は“死んだふり”をしていただけだった。さらに翌日からちえは手を変え品を変え、“死んだふり”を続けていくように。エスカレートしていくちえの姿に戸惑いを隠せないじゅんは、同僚の佐野に相談するが、そんな佐野はじゅんとちえを誘い、自分の妻の由美子を交えた食事会を開き……。

WOWOWから引用

【映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」の感想(ネタバレ)】 

 

 

2010年にYahoo! 知恵袋に投稿され、のちにコミック化したものを榮倉奈々と安田顕がダブル主演で映画化したというハートウオーミングコメディ。

 

内容は、家で妻が死んだふりをしているというタイトル通りのコメディにプラスでやや感動が入っている映画なのだが、全体のストーリーとしては、どこか回りくどく、コメディという割に直接的な面白さはない。

 

そもそも妻が家で死んだふりをしているという部分のコメディ(笑い)が、1回目こそインパクトはあるのだが、2回目以降は、やってることは同じ(死んだフリ)でパターンが毎回変わったり、セットが豪華になってくるだけで、このタイトル部分に対しての笑いに、それ以上の伸びしろがなく、結構早い段階でこのタイトル部分の笑いに飽きがくる。

 

また、さらに言うと、ここの死んだフリをするという笑いが、あきらかに家庭で簡単にできるようなところを超えてしまい(美術の完成度が高い)、作りこみすぎてるのが、逆に現実離れしていて笑えない。

 

セット(美術)に力が入ると、生活費を無駄に使うなと夫目線としてそっちの心配がして、話の目線がブレてくる。この辺は、もっと家にあるものを代用して、ローコスト+ハンドメンドで済ませて欲しいと思う。

 

そもそも、死んだフリ自体に種類(その背景)はいらないと思う。

 

個人的には、もうただただ、家で血を流して死んだフリしてるだけで良いと思う。

 

でないと、ただ死んだフリがしたいのか(構って欲しいだけなのか)、死んだフリのパターンを見てもらいたいのか(自分のセンスを見てもらいたいのか)、いろいろ目線も曖昧になってくるので。

 

ちなみになぜ妻が死んだフリをするのか?という一番視聴者が気になる部分の答えが、最後まで見ても、ネタ晴らし部分の音声が意図的に消された演出がされていて、明確な答えは教えてもらえない。

 

結局のところ、作品を一通り見た上で、各々がこうじゃないかと思う(考える)答えが、その”答え”というような、ほぼほぼ視聴者に投げたラストになっている。ずっとイライラで最後はモヤモヤ(笑)

 

 

評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

 

(まとめ:笑いもストーリーもすべてにおいてニュアンス(文学的?)的な弱コメディ映画。この映画の個人的な感想は、映画にしてもこの妻の行動にしても、すべてにおいて、回りくどく、面倒くさいです(笑)。また登場人物(この夫婦)に共感できるような作りになっていないのも問題。あえて女性(妻)または昔の日本人的なそういう一面(はっきりした言葉でなく、ニュアンスで共に理解し合う))を描いてるという部分で言えば(死んだフリという要素でそこを代用)、良作かもしれないが、映画として、やはり、話がどこに向かってるのか、目的や方向性がずっと曖昧のまま進んでいるので、かなりストレスを感じます。個人的には、妻が死んだフリをするのは、妻が病気で余命が短く、夫より先に死んでしまうということを遠まわしに伝えていた(笑いに変えようとしていた)というわかりやすい感動系を予想していたのだが、全然違いました。)

 

 

凸凹した道進んでいくんだから

 

きれいな丸にはなれねえら

 

夫婦ってのはさ

 

-?

 

 

二葉亭四迷が

 

ロシア文学を訳したときに

 

情熱的なアプローチに対して

 

女性が返したせりふを

 

”死んでもいいわ”って訳した

 

夏目漱石は

 

”I love you”を

 

月が綺麗ですねって

 

訳したでしょ

 

-?

 

 

 

>>家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 [Blu-ray]

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

 

JUGEMテーマ:邦画

映画「オキュペーション−侵略−」の感想(ネタバレ)

2019.09.19 Thursday 洋画 アクション/SF

■映画「オキュペーション−侵略−」の感想(ネタバレ)


■監督:ルーク・スパーク
■出演:ダン・ユーイング テムエラ・モリソン ステファニー・ジェイコブセン リアノン・フィッシュ ザカリー・ギャレッド イジー・スティーヴンズ


【映画「オキュペーション−侵略−」のあらすじ】

オーストラリア。フェスティバルでにぎわう田舎町に、突然空から巨大な宇宙船が現われ、瞬く間に町を占拠してしまった。元フットボール選手のマットや刑務所帰りのピーター、ウエートレスのアメリアやホームレスのデニスら襲撃から生き残ったわずかな人々は森の中へと逃れ、身を寄せ合うように暮らし始める。やがて、敵の偵察部隊からいくらかの武器を奪った彼らは、捕らわれている人々を助けるため、即席の軍隊を組織するが……。

WOWOWから引用

【映画「オキュペーション−侵略−」の感想(ネタバレ)】 

 

 

オーストラリア産のSFアクション。

 

侵略というタイトルに惹かれて見てみた。

 

内容は、インデペンデンスデイ的な宇宙人の侵略を描いたSFアクションで、巨大宇宙船の襲来などスケールは結構大きく、派手なアクションでそれなりに頑張っているのだが、序盤こそ、宇宙人の襲来と攻撃に緊張感はあるものの、しばらくすると途中から話は数ヵ月後へと飛んだりすると、そこから、なんとなく失速していく。

 

そもそも、登場人物に対する共感が全体的に弱い。唯一、アジア人の少年は感情移入しやすい傾向があったが、そこは話が伸びず、全体として見せ場となるような恋愛的な盛り上がりはイマイチ。

 

基本的に友情と恋愛など人間描写が話が進むほど雑になり、最後は取ってつけたような、都合の良い平和(友好)思想で締めくくられている。ただの一兵士のはずだが、急に宇宙人捕虜と握手をして、取りまとめてしまう(笑)

 

またエイリアンが二足歩行のプレデタータイプで、あきらかに中に人間が入っている感じがしてしまうのも、話が進むほど妙に冷めてくる。そこはCGで描いてほしいね。もう中に人が入ってると思うと、人間と変わらないし。

 

 

評価 ★☆☆☆☆ (星1.5)

 

(まとめ:ハリウッド映画ではなくオーストラリア産のSFアクション作品と言う部分でいろいろ違和感を感じるSFアクション。個性といってしまえばそれまでだが、同じ白人映画ではあるのだが、アメリカとオーストラリアで微妙に映画の作りにセンスの違いがあるように思う。オーストラリア映画としては満を持しての第一級の大作作品として制作されてると思うが、ハリウッド映画に慣れてる身としては、出演俳優をほとんど知らないこともあってか、どうも調子に乗ってるB級映画のように見えてしまう(笑)実際、内容はB級といって良いだろうけどね。)

 

 

>>オキュペーション -侵略- 【DVD】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

映画「億男」の感想(ネタバレ)

2019.09.03 Tuesday 邦画 人間ドラマ/ヒューマン

■映画「億男」の感想(ネタバレ)


■監督:大友啓史
■出演:佐藤健 高橋一生 黒木華 池田エライザ 沢尻エリカ 北村一輝 藤原竜也


【映画「億男」のあらすじ】

兄が3000万円の借金を残して失踪して以来、図書館司書の一男は、夜もパン工場で働きながら借金を返す生活を送っていた。度重なる借金の返済に苦心し、窮屈に生きることしか選んでいない彼に愛想を尽かし、妻の万左子は娘を連れて家を出てしまう。そんな一男に3億円の宝くじが当たるという幸運が訪れる。一方で、宝くじ高額当選者たちの悲惨な人生をネットで見て不安になった一男は、大学時代の親友・九十九のもとを訪ね……。

WOWOWから引用

【映画「億男」の感想(ネタバレ)】 

 

 

川村元気の同名原作を「るろうに剣心」シリーズの大友啓史監督が佐藤健、高橋一生W主演で映画化した人間ドラマ。

 

予告編が面白そうだったので選んでみた。

 

内容は、借金を背負いお金に振り回された人生を送っていた男が、お金という存在(概念)の本質に迫っていく話。

 

株やFXなど金融や会社の起業を扱った話は、結構あるが、意外とお金そのものの本質について迫ろうとする物語は、映画やドラマではあまり知らない。そういった意味では、今までには無いタイプの作品。

 

しかし、インターネットのビジネス系の情報商材等では、この手のお金についての話は、結構扱っているテーマなので、そっち系を知ってる人には、それほど珍しい話(世界)ではないので、その辺からヒントを得て作った映画ともいえる。

 

特に藤原竜也が演じてるセミナービジネスというか洗脳ビジネス?なんかは、まさにあるネットビジネス業界の実態を描いてるともいえない怪しさがある。手法は違うが金儲けをテーマにして人を集めて似たようなことをやってる人はいる。果たして本当にセミナー参加者がお金持ちになれるかは微妙だ。

 

お金について言えば、金貸し(ゴールド)事業をしていたゴールドスミスが発行した金兌換券から、今使っているお金(紙幣)という概念が出来たと言われているが(実際はもっと前からあるらしいが)、そういう何かの本質を知りたい人には、何らかの発見がある映画。

 

物語的には、あえて時間軸をいじっているため、自然に感情移入しずらい面があるが、ラストまで見ると、ちょっとした感動が味わえる。

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.5)

 

(まとめ:お金をテーマにした佐藤健、高橋一生W主演の感動系作品。なぜか最初に金を持っていかれるところから話が始まっているが、普通に借金背負った状態で妻子をなんとか養いながらも、そこから宝くじ当たって、親友に相談したらその金を持ち逃げされてしまい…と(いろいろ細かい行動に突っ込みどころは多いけど)、時間軸通りに普通に描いてくれた方が最初から感情移入しやすいと思うが、誰かわからないヤツがバカ騒ぎした挙句、金を持ち逃げされるところから始まっていて、あんまりそこに興味が湧いてこない。事件(持ち逃げ)も重要だが、まず人(人物像)ありきじゃないだろうか。人物がわからないとただのニュースと変わらないし。ラストが良いだけに、最初がもったいない。また、細かいこというと、佐藤健の行動がバカ過ぎて、ところどころイライラする。まず3億を手にして親友に相談する時点で、なんで?って思っちゃうけどね。普通は誰にも言わないでしょ。)

 

 

 

あなたの夢は絶対に叶いまーす

 

-?

 

 

一枚500円の皿が

 

その状態によっては

 

10倍にもなる

 

その人がそれをどのくらい必要かどうか

 

そんな曖昧な理由で値段は変わる

 

当たり前のことだけど

 

当たり前じゃなかったんだ

 

-?

 

金銭の価値は

 

人によって変わるんだ

 

-?

 

 

この世の中に

 

絶対的なものなんて

 

どこにもないんだよ

 

-?

 

 

 

>>億男 豪華版 【Blu-ray】

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:邦画

WOWOWのおすすめ番組!    

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品