映画「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」の感想(ネタバレ)

2011.04.24 Sunday 洋画 コメディ/お笑い

■映画「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」の感想(ネタバレ)



■監督:トッド・フィリップス
■出演者:ブラッドリー・クーパー ザック・ガリフィナーキス エド・ヘルムズ ヘザー・グレアム ジャスティン・バーサ ケン・チョン マイク・タイソン

WOWOWで放送していた映画「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」を鑑賞。

【映画「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」のあらすじ】

2日後に結婚する男性ダグは独身最後の夜を楽しもうと、悪友のフィルやステュ、これから義理の弟になるアランと、車でラスベガス旅行へ。ホテルのスイートルームに泊まり、一晩中ドンチャン騒ぎを続けた一行だが、翌朝めざめるとダグの姿が見当たらない上、ホテルの室内は異様な光景に。フィルたちはダグが結婚式に間に合うよう彼を探すが、自分たちの足跡をたどるうち、自分たちが1晩、いかにハメを外し過ぎたかを知っていく。

※WOWOWから引用

【映画「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」の感想(ネタバレ)】

主演のブラッドリークーパーがブレイクするきっかけになったアメリカでの興行収入4億ドルを超える大ヒットした不条理コメディ作品。

ハングオーバー=二日酔い” ということらしいが、バチェラパーティでハメを外しすぎて、記憶を無くした男達に降りかかる最悪の二日間を描く。

この映画は、単純なバチェラパーティを扱った作品とは一線を画す、コメディとサスペンス(記憶が無くなる)が高レベルで融合した第一級作品。

友人ダグの結婚式前のバチェラパーティを楽しむべく男四人はラスベガスを訪れた。

一行は当初の予定を大幅に変更して、一泊4200ドルの高級スイートルームに泊まる。早速外に繰り出しハメを外すべく、まずはホテルの立ち入り禁止区域の屋上に進入してみる。そこでダグの義弟アランが持ってきた酒を皆で飲み交わし…。

翌日、スイートルームで起きたアランは、異様な光景を目にする。スイートルームの部屋は見る影も無く、数十人で大騒ぎしたかのように、食いカスやゴミで溢れていた。用を足そうとトイレに入ると、バスルームには一匹のトラがいた。

歯医者のスチュワートは、なぜか起きたら前歯が一本抜けていた。フィルの手首には病院で診察を受けた証拠のタグがついたままになっていた。

翌日に結婚を控えていたバチェラパーティの主役のダグを探すが、携帯は置き忘れたままになっており、連絡が取れず完全に行方不明になっていた。部屋から出て探そうとするが、別の部屋から声が聞こえ、ドアを開けるとそこには赤ちゃんがいた。

結局赤ちゃんを抱いて一行はダグを探しに外に出るが、なぜかボーイに預けたはずのアランの父親から借りたベンツの車は、パトカーに変わっていた…。

こんな不条理な出来事の謎を解明すべく、男3人はぼんやりとした記憶と証拠をかき集めながら、行方不明のダグと前日の記憶を取り戻そうと手がかりを探っていく…という話。

評価 ★★★★☆ (星4.5個)

(これは、コメディとサスペンスが合体した異色作。バチェラパーティで記憶を無くしてしまうというテーマはよく使われるが、記憶をなくしていた時間に注目して、興味性をコレでもかと散りばめ、コメディ版、映画「ソウ」のような謎解きストーリーにしているあたりが、素晴らしい。ヘザーグラハムがストリッパー役で登場しているが、40歳を過ぎてもまだまだイケる。サービス?ショットもあり。ラストでは、記憶を無くしていた時間が、持ち歩いていたデジカメが見つかり、エンドロールで写真が公開される。相当ハメを外していた。)


ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い 【DVD】

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:コメディ映画全般
 

映画「ロード・トリップ パパは誰にも止められない!」の感想(ネタバレ)

2011.04.23 Saturday 洋画 コメディ/お笑い

■映画「ロード・トリップ パパは誰にも止められない!」の感想(ネタバレ)



■監督:ロジャー・カンブル
■出演者:マーティン・ローレンス レイヴン・シモーネ キム・ホイットリー ダニー・オズモンド ブレンダ・ソング マーゴ・ハーシュマン ルーカス・グラビール

WOWOWで放送していた映画「ロードトリップ パパは誰にも止められない!」を鑑賞。

【映画「ロードトリップ パパは誰にも止められない!」のあらすじ】

大学進学を控えた娘メラニーを溺愛する警察署長ジェームズは、自宅通学できる大学へ勝手に願書を出してしまうほどの過保護ぶり。だがそんな矢先、彼はメラニーの第一志望が遠く離れた名門大学と知って猛反対する。親離れしたいメラニーは、何があっても入学審査を受けに行くと宣言、娘を一人で行かせたくないジェームズはやむなく自ら彼女を連れて行くことに。道中なんとか娘の志望校を変えさせようとするジェームズだったが……。

※WOWOWから引用

【映画「ロード・トリップ パパは誰にも止められない!」の感想(ネタバレ)】

「バッドボーイズ」シリーズのマーティンローレンス主演のディズニー製作で送るドタバタファミリーコメディ。

全米興行収入ランキングで初登場2位を記録したというスマッシュヒット作。アメリカ映画では比較的珍しく黒人ファミリーが主役で、脇役として白人が出演する作品。

子離れ出来ない父親が、大学進学を機に遠く離れた大学に進学しようとする娘を阻止しようと、奮闘する物語の中に、コメディと家族愛が描かれている。※ジャッキでタイヤを上げすぎて車が崖から回転しながら落ちていくところは、ド迫力と意外性があり、結構笑えた。

子供向けのディズニー製作ということもあるからか、コメディに偏りすぎることなく、ヒップホップを使った音楽などを取り入れ全体的に上手くまとまっている。最後には、娘を理解する父親の愛情にほろりとくるような仕上がりになっている。

娘を持つ父親としては、結婚で娘が嫁いでいくよりも前に、家を離れて他の場所で娘が一人暮らしをする巣立ちの時の方が耐えられないと冒頭に前置きがあるのだが、そんな父親の娘へのやり過ぎな愛情が伝わってくる映画。

娘を持つ父親が観ると、結構この主人公に共感できるのかなと思う。

評価 ★★★☆☆ (星3.5個)

(84分という短い作品でテンポも早く進んでいくため、空いた時間にぱぱッと観るには良い映画。途中にCGアニメで現在地と目的地までの距離を現してくれるシーンが入り、全体像がわかってとても良い。さすがディズニー。白人の可笑しな家族(父と娘)のノリは、ちょっとあくが強くしつこいが、全体的にマーティンローレンスのいつもの活気がある良作品。)

ロード・トリップ パパは誰にも止められない!

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:コメディ映画全般
 

映画「ライアーライアー」の感想(ネタバレ)

2011.03.01 Tuesday 洋画 コメディ/お笑い

■映画「ライアーライアー」の感想(ネタバレ)



■監督:トム・シャドヤック 
■出演者:ジム・キャリー モーラ・ティアニー ジャスティン・クーパー ジェニファー・ティリー ケーリー・エルウェス アマンダ・ドノホー スウォージー・カーツ

WOWOWで放送していた映画「ライアーライアー」を鑑賞。

【映画「ライアーライアー」のあらすじ】

フレッチャーは法廷で嘘をついてでも訴訟で勝とうとする、やり手弁護士。離婚した前妻オードリーとの間に幼い息子マックスがいるが、フレッチャーは約束を破ってマックスの誕生日パーティをすっぽかしてしまう。それを悲しんだマックスは神様にパパがもう嘘をつかないよう祈るが、すると翌朝からマックスはずっと嘘をつけなくなってしまう。そのためにマックスは、自分の依頼人が圧倒的に不利な離婚訴訟の法廷で苦戦するはめに!

※WOWOWから引用

【映画「ライアーライアー」の感想(ネタバレ)】

ジムキャリーの持ち味のコメディ演技が炸裂する映画。いつも約束を守らない父親に、息子が丸一日嘘がつけなくなるよう神様に願うと、それが現実になってしまった弁護士の父親(ジムキャリー)のドタバタな奮闘劇。

ジムキャリーのコメディ演技は、毒舌に始まり顔芸、動き芸など大きなアクションで笑いを取る、ゴリ押しの芸が多いが、「これ面白いでしょ!」と自信満々に演じているためか、その芸が自分には嵌らずスベった時の、つまらない空気感といったら結構ひどい。

ただ、ジムキャリーが低俗なギャクに一生懸命で思いっきりスベっているのを見ていると、それが逆に面白くなってきたりと不思議な魅力がある。※製作者の意図とは違いますが。

ストーリー的には、映画だから成立するやり過ぎの展開も多いが、(※特に離陸直前の飛行機を止めようとする)、笑いあり、涙有りの、ファミリー向け映画の良作。

息子の子役がなかなか良く、ジムキャリー演じる父と子の絆は、普通に泣いてしまった。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(ストーリーと関係ないが、ジムキャリーのオーバーなリアクションが時たまネプチューンの原田泰造に見えるときがある。ジムキャリーのコメディについては、すべては容認できないが、顔芸で引っ張るところはナイナイの岡村さんを髣髴し、ベタベタだが意外と好き。アメリカのコメディ作品なので、笑いのツボによって、映画の評価も異なる作品でしょう。エンドロールのラストではNGシーンが挿入されており、簡単な枠組みだけ決め手、ジムキャリーのアドリブ主体で撮影されていることがわかる。個人的には、NGシーンなどでわかる撮影時の空気が一番面白いような気がする。)

ジム・キャリー/ライアーライアー デラックス・エディション

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:最近みた映画
 

映画「最強絶叫ダンス計画」の感想(ネタバレ)

2011.02.06 Sunday 洋画 コメディ/お笑い

■映画「最強絶叫ダンス計画」の感想(ネタバレ)



■監督:ダミアン・ダンテ・ウェイヤンズ
■出演者:ショシャーナ・ブッシュ デイモン・ウェイヤンズ・ジュニア エッセンス・アトキンス クレイグ・ウェイヤンズ キーナン・アイヴォリー・ウェイヤンズ
  
WOWOWで放送していた映画「最強絶叫ダンス計画」を鑑賞。

【映画「最強絶叫ダンス計画」のあらすじ】

バレリーナをめざす女子高校生ミーガンは交通事故で母親を失い、バレエの道をあきらめると共に、別居していた父親と同居することに。転校先の高校はアフリカ系が多く、白人のミーガンは最初は差別されるが、ダンスが得意なアフリカ系少年トーマスと出会って交流を深めるうち、彼からストリートダンスの基礎を学ぶことに。一方、トーマスが所属するダンス・チームは、ライバルであるチームとのバトルを避けて通ることが出来ず……!?

※WOWOWから引用

【映画「最強絶叫ダンス計画」の感想】

有名ハリウッド映画をパロディするアメリカで大人気の「最終絶叫計画シリーズ」の最新作?に当たる今作「最強絶叫ダンス計画」は、タイトルからもわかるとおり、ダンス映画のパロディが中心の構成になっています。

ちなみに上記のダンス映画を未チェックだった自分は、パロディ部分を推測しかできず、かなり損した気分にさせられた。この映画(パロディ映画)を観る前は、必ず原作を見ておきましょう。※まあやりたいことはほぼ理解できるけど。

しかし、ダンス部分のパロディ以外は、それなりにハリウッド作品は見ているので、「トワイライト〜初恋〜」や「ファイナルデッドーコースターシリーズ」、「シャッフル」など映画作品を始め、ハリウッドセレブのお騒がせゴシップネタ(交通事故を起こすリンジーローハンやブリトニースピアーズ)なども意外と見つけられた。

この最終絶叫計画シリーズ全般に言えることだが、基本下ネタが中心でそれを取り囲むように、ゲイネタ人種差別ネタなどで構成されている。はっきり言えばわかりやすいベタベタな笑いですね。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(原作のダンス映画を知らないのがちょっといイタイですが、見なくてもやりたいことは大体わかる。ただ、タイトル通りダンスに重きを置いているので、他の絶叫計画シリーズに比べると、パロディの数が少ないような気がする。ダンスとしてのパロディは限られているので。個人的には、最終絶叫計画シリーズの方が好きだ。)

最強絶叫ダンス計画

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:コメディ映画全般
 

映画「ナイトミュージアム2」の感想(ネタバレ)

2010.12.05 Sunday 洋画 コメディ/お笑い

■映画「ナイトミュージアム2」の感想(ネタバレ)



■監督:ショーン・レヴィ 
■出演者:ベン・スティラー ロビン・ウィリアムズ エイミー・アダムス オーウェン・ウィルソン

WOWOWで放送していた映画「ナイトミュージアム2」を鑑賞。

【映画「ナイトミュージアム2」のあらすじ】

2年前、ニューヨークの自然史博物館で各展示物が動くという騒動を経験した当時の警備員ラリー。今は発明家として成功し、博物館から遠ざかっていた。自然史博物館が改装される間、一部の展示物がスミソニアン博物館に移されることになるが、展示物に生を与えていた石板もスミソニアン博物館に運ばれる。スミソニアンの展示物、古代エジプトの王カームンラーなどが動き出したと聞き、ラリーは事態収拾のため博物館に向かうが……!?

※WOWOWから引用
--------

ベンスティラー主演の「ナイトミュージアム」の続編ですが、博物館を舞台にまた大騒動が繰り広げられている。アメリカンジョークが満載のアクションコメディですが、博物館に展示されている過去の偉人達(リンカーン、アインシュタインなど)が復活するあたりは面白い。キテレツ大百科でありそうな物語の展開で、偉人達が実際に生きていたら言いそうなセリフや行動が再現される。

CGも前作よりパワーアップしており、ファミリー向けで楽しめるアクション映画といった感じでしょう。しっかりとテーマもあり、”本当の幸せとは?”についても2時間の中で語られている。

その答えが”好きな人と好きなことをする”という答えを見つけるというのもなかなか良い。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(個人的には、「ナイトミュージアム」の1の方がわかりやすくて好きかなと思う。2は新しい登場人物が増えたためか、1の既存のサブキャラクターの出番が少なくなっているように思う。)

ナイトミュージアム2 <特別編>

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:コメディ映画全般
 
WOWOWのおすすめ番組!    

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links