映画「パラノーマル・アクティビティ2」の感想(ネタバレ)

2012.01.30 Monday 洋画 ホラー/スリラー

■映画「パラノーマル・アクティビティ2」の感想(ネタバレ)



■監督:トッド・ウィリアムズ
■出演者:ケイティ・フェザーストン スプレイグ・グレイデン ブライアン・ボーランド モリー・イフラム ミカ・スロート セス・ギンズバーグ ヴィヴィス・コロンベッティ

WOWOWで放送していた映画「パラノーマル・アクティビティ2」を鑑賞。

【映画「パラノーマル・アクティビティ2」のあらすじ】

カリフォルニア。クリスティとダニエルの夫婦は、赤ん坊の誕生で幸せの絶頂にあった。そんなある日、不審者に留守宅を荒らされる事件が起きる。だが、盗まれたのは奇妙にもクリスティが姉のケイティからもらったペンダントだけだった。ダニエルは念のため家中に監視カメラを設置するが、その日を境に家中で怪現象が起こり始める。悪霊のしわざだと厄払いを始めたメイドに腹を立てたダニエルは、彼女をクビにしてしまうのだが……。 

※WOWOWから引用

【映画「パラノーマル・アクティビティ2」の感想(ネタバレ)】


1万5000ドルという超低予算で製作しながらも1億ドルを超える大ヒットを記録したホラー映画「パラノーマル・アクティビティ」の続編にあたるホラー映画。

物語は、前作で自宅で奇怪な出来事によって死んでしまった夫婦のそれ以前の話(2006年8月7日〜)で、その妻の妹家族に起きた奇怪な出来事の話。

基本的には、前作同様に固定カメラ(今回は6台?)と手持ちカメラでの撮影を混ぜており、映画というより、ホームビデオのような見せ方は同じ。

今回は、前作の出来事が起こる前の時間軸の話で、悪魔と契約してしまったらしい主人公らの家系に悪魔が生贄のために、生まれたばかりの子供(男児)を奪いにくるという謎の恐怖を描いている。

どう撮影しているのかわからないが、家族に降りかかる目には見えない奇怪なポルターガイスト現象が怖い。

また、今回からペットのや1〜2歳児の赤ちゃんがキャストとして加わり、奇怪な出来事に反応する様子が上手く描かれている。大人なら演技だとわかるが、彼らには指導が難しいため、いかにもなリアル感は増した感じした。

特に夜中に犬が、何かの異変を感じて、家中を動き回るシーンは、なんとなく本物っぽくて怖い。

怖さに関しては、最初はジワジワと鍋が揺れたり変な音がしたりとポルターガイスト現象で雰囲気をあおっているが、最後は(ワイヤーで吊って)人間を引っ張ったりひきづったり、はたまた人間が可笑しくなって殺しにきたりとかなり力業になっている。

今回は、前回の死んだはずの姉が登場し、妹夫婦を惨殺するラストになっているが、怖さは前作の方がインパクトはあったように思う。


評価 ★★★☆☆ (星3.5)

(相変わらずこのシリーズは、夜中に暗がりで見ていると、雰囲気があって怖い。映像も怖いが階段を上るような鈍い効果音など音が結構怖い。夜中なのでテレビの音量で見ていたが、5.1chサラウンドにしたり、ボリュームを大きめで見たらもっと怖いと思う。固定カメラ(6台の監視カメラ)の使い方や、カメラのナイトモードの使い方も上手く、怖がらせ方のノウハウがすでに出来上がっている感じがする。プールを掃除するためのお掃除ロボットの動きも普通になんか怖い。)


幽霊は死んだ人の魂よ

もともとは人間なの

悪魔は人間じゃない

邪悪な存在だ


-アリ?



幽霊に悪意があるとは限らない

何か伝えたいだけかも

-アリ(娘)


富や権力を求め

悪魔と契約した者は

生贄を捧げよ

家系の最初の男児を

契約を破れば悪魔は

男児の魂を得るまで

契約者の一族を殺す

-ネットの文章


[DVD] パラノーマル・アクティビティ2


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:Horror
 

映画「ぼくのエリ 200歳の少女」の感想(ネタバレ)

2012.01.25 Wednesday 洋画 ホラー/スリラー

■映画「ぼくのエリ 200歳の少女」の感想(ネタバレ)




■監督:トーマス・アルフレッドソン
■出演者:カーレ・ヘーデブラント リーナ・レアンデション ペール・ラグナー ヘンリック・ダール カーリン・ベリークイスト

WOWOWで放送していた映画「ぼくのエリ 200歳の少女」を鑑賞。

【映画「ぼくのエリ 200歳の少女」のあらすじ】

ストックホルム郊外の小さな町。母親と2人暮らしの12歳の少年オスカーは、同級生のいじめに苦しみながら、いじめっ子たちへの復讐を夢想して堪え忍ぶ毎日。ある晩、彼が近所で出会った謎めいた少女エリは、オスカーの家の隣に父親と引っ越してきたばかり。どこか自分よりも大人びた面があるエリにオスカーが魅了されていく一方、町では殺人事件など奇妙な出来事が立て続けに発生。後者にはエリの意外な正体が関係していた……。

※WOWOWから引用

【映画「ぼくのエリ 200歳の少女」の感想(ネタバレ)】


“スウェーデンのスティーヴン・キング”とされるヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説を映画化したスウェーデン映画。

物語は、ヴァンパイアの少女に恋してしまったいじめられっ子少年の切ない恋を描いたホラー×ラブストーリー

少年とヴァンパイアの少女(※実際は200歳?らしい)の恋を描く物語で、同じヴァンパイアがテーマの人気作「トワイライト」と似ているが、こちらはまた違った魅力がある作品。

個人的に「失楽園」みたいな社会から受け入れられず、救いのない暗い恋愛作品みたいなのは結構好きだが、この映画も人を殺して血を得ているヴァンパイアの少女に惹かれてしまった少年の切ない恋愛模様が描かれている。

「トワイライト」はいかにもアメリカ的な恋愛作品だが、この映画はどことなく邦画の雰囲気を感じさせる派手さがない落ち着いた描写に妙な魅力があり、かなり好感が持てる。

また、少年の純粋さ(白)とヴァンパイアの血みどろのグロテスクさ(黒・赤)という両極端の映像が混在しており、今まで見たことがないしっとりと切ない世界観は独特。

ストーリーの進み方は結構ゆっくりなので吸引力はないが、美しい雪景色の映像と切ない音楽が世界観にマッチしており、ずっと浸っていたくなる良さがある。

ラストのプールでいじめっ子をやっつける少女の殺戮シーンは、美しくもグロくて衝撃的だ。そして、その後列車で逃避行する二人のラストショットも切ない。


評価 ★★★★☆ (星4.5)

(WOWOWのW座からの招待状の推薦作品で気になって録画して見てみたが、これがなかなか良い。収録時間110分でそんなに長くない作品だが、軽く疲れるほど長く感じた。単純に「面白い!」と一言で絶賛するような映画ではないが、人に勧めたくなる不思議な魅力がある。詩的で静かな作品。ホラージャンルではあるが、脅かし系ではないので怖くない。※途中に日本版では少女の下半身にボカシが入るが、実はこの部分でエリは去勢された男の子だったことがわかるらしいが、日本版では規制で見えないので性別は謎のまま。後からこのことを知って物語の印象が大分変わってしまった日本語字幕も問題だな。)


ここを去って生き延びるか

留まって死を迎えるか

-エリ



お願い、ブラインドを

上げてくれる

-エリに噛まれた女



相手を殺してでも

生き残りたい…

それが生きるってこと


-エリ



[DVD] ぼくのエリ 200歳の少女


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:Horror
 

映画「ジャーロ」の感想(ネタバレ)

2012.01.24 Tuesday 洋画 ホラー/スリラー

■映画「ジャーロ」の感想(ネタバレ)



■監督:ダリオ・アルジェント
■出演者:エイドリアン・ブロディ エマニュエル・セニエ エルサ・パタキー ロバート・ミアノ ヴァレンティナ・イズミ

WOWOWで放送していた映画「ジャーロ」を鑑賞。

【映画「ジャーロ」のあらすじ】

イタリアのミラノ。外国人の美女が誘拐され、拷問を受けて殺される事件が連続発生。フライト・アテンダントのリンダは妹であるファッションモデルのセリーヌが行方不明になったので地元警察に駆け込むが、猟奇殺人事件を専門としている風変わりな警部エンツォを紹介される。エンツォにはあるつらい過去があり、そのために猟奇殺人事件を専門にするようになっていた。セリーヌはやはり、異常な犯人に捕まって監禁されていたが……。


※WOWOWから引用

【映画「ジャーロ」の感想(ネタバレ)】


映画「サスペリア」などホラー映画で知られるイタリア人監督ダリオ・アルジェントがアカデミー賞俳優エイドリアンブロディを主演に迎えたイタリア・アメリカ合作のホラー映画。

物語は、美女だけを狙って拷問や殺害を繰り返す犯人により行方不明になった妹を探す姉とその犯人を捜している猟奇専門捜査官の話。

一応「犯人は誰?」という謎と、美女に対する猟奇的な拷問が見どころ?のホラー映画。

犯人は、タイトルにもなっているが”ジャーロ(黄色)”と呼ばれる、黄疸という病気の持ち主が犯人だったという結論になるが、もったいぶることなく普通に出てくるので「ようやく見つけた!」というような喜びはない。

捜査も順々に進んでいき、その間に犯人との駆け引きの攻防があるかと思えば、特にドンデン返しがあるわけでもないので、「うん、うん、うん、…そうか。あれ?終り。」という感じで、気持ちがそれほど揺さぶられることなく終了。

エイドリアンブロディ演じる捜査官:エンツォの過去の物語も語られるが、それが特に視聴者目線で大事かと思うとそうでもなく(犯人が死んでしまう動機には影響あるが)、「そうだったんだ」という感じ。

ラストは、一応駐車場の車のトランクに入れられ監禁されていた妹が空港の警備員によって……。という助かったかどうかは微妙な終わり方でエンドロール。たぶん地面に垂れて水溜りになった血からも、発見され助かったという解釈で良いでしょう。

美女が狙われるということで、襲われる女性キャストは、美人が多い。※加害者は違うがエンツォの母親役も美人だ。ただ、美女を襲ってるわりに犯人は性的なことは一切しないので、そういうシーンを期待してると肩透かしに合う。犯人真面目。

ときおり日本語が出てくるので、日本語字幕を読むのに注目してると、日本語なのにセリフが聞き取れなくなるという感覚に陥るので注意しよう。


評価 ★★☆☆☆ (星2.5)

(ものすごく悪い作品という訳でもないが、紙芝居を見せられている感じで、登場人物に感情移入することなく、物語の事実を普通に確認させられたような映画。残虐部分の描写は唇をはさみで切ったり、顔面を金槌で殴打したりなど結構痛々しい。映画「ソウ」みたいなジャンルではあるが、脚本や残虐性含め「ソウ」には全く届かずという作品。刑事と行動を共にしていた被害者の姉が、「今日は一人になりたくない」と弱さを見せて誘うが普通に断られるのがちょっと面白い。あと、犯人が落っこちて死にそうな時なのに、妹の居場所を必死に聞こうとするのも笑える。聞くときは今しかないけどもさ…。)


お願い 

妹の居場所を教えて!

どこなの?

教えてお願い!


-リンダ



ジャーロ 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:Horror
 
WOWOWのおすすめ番組!    

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links