映画「101回目のプロポーズ〜SAY YES〜」の感想(ネタバレ)

2017.03.23 Thursday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「101回目のプロポーズ〜SAY YES〜」の感想(ネタバレ)



■監督:レスト・チェン
■出演者:リン・チーリン ホアン・ボー チン・ハイルー カオ・イーシャン 武田鉄矢

WOWOWで放送していた映画「101回目のプロポーズ〜SAY YES〜」を鑑賞。

【映画「101回目のプロポーズ〜SAY YES〜」のあらすじ】

上海で内装業の店を営む男性ホアン・ダーは、99回目のお見合いに失敗してしまう。そんなとき彼は偶然、美人チェリストのイエ・シュンと出会う。その後も偶然の出会いが重なり、ホアン・ダーは美しい上に誠実な彼女の人柄に惹かれ、イエ・シュンは不器用でも真面目なホアン・ダーの優しさに触れ、次第に彼の存在が気になりだす。そんなある日、行方不明だったイエ・シュンの婚約者シュー・ジュオが生きているという知らせが届く。 

WOWOWから引用

【映画「101回目のプロポーズ〜SAY YES〜」の感想(ネタバレ)】


1991年にフジテレビで放送された名作ドラマ?「101回目のプロポーズ」をリン・チーリン主演に迎えて日中合作でリメイクした作品。

WOWOWで放送してるのを見つけたので見てみた。

内容は、基本設定は、原作(日本版)と同じだが、原作では浅野温子(ヒロイン)の婚約者はすでに死んでたはずだったが、この中国版では、婚約者は行方不明のままになっていて、途中でなぜか生きていた知らせが届き、二人の間に合流してきてひと悶着あるようになっている。

原作と同じ流れを想像していたので、急な展開に一瞬韓国ドラマかと思ったが、のちの登場人物のセリフでもそう言っていて、アジア圏では、もうこういう無理目の泥沼展開?と言えば、=韓国ドラマの定義はもう有名なんだと知った。

ちなみにラストは、それほど泥沼にならず(元婚約者が引いて)?ハッピーエンドなので最後も心地良い。

この中国版「101回目のプロポーズ」だが、ヒロインに台湾女優のリンチーリンを起用しているが、このリンチーリンの美女感&透明感は、すこぶるやばい。この撮影当時でもすでに30代後半だが、今の日本人女優でこれほど美的に見て味わえる人はいないんじゃないかとさえ思う。

もちろん、美女と野獣設定なので、衣装や世界観など過度に美女として持ち上げてる(盛ってる)こともあるが、もともとモデルだけあって、何着ても似合うなと思う。しかも背が高くて細いだけじゃなくて、意外とナイスバディ。この映画は、それに尽きます。



評価 ★★★★☆ (星4つ)

(まとめ:リメイク作品ではあるが、主演のリンチーリンの魅力が全開のラブストーリー。話のテーマとしては、男の愛の頑張りの感動作ではあるけど、個人的には、男としてみてると、絵的に癒される、癒しムービー的な側面も感じます。とにかくリンチーリンが最高です。特にウエディングドレスのお店での嫉妬するお茶目な演出は、違う別のパターンも欲しい位です。あと、武田鉄矢がゲスト出演してるが、いつもの金八先生風の例えは、なんか説教臭く感じていらないかなと思う。)


何だよそれ

韓流ドラマかよ


-?


>>101回目のプロポーズ〜SAY YES〜 【Blu-ray】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:恋愛映画 一般

映画「海街diary」の感想(ネタバレ)

2017.03.21 Tuesday 邦画 人間ドラマ/ヒューマン

■映画「海街diary」の感想(ネタバレ)



■監督:是枝裕和
■出演者:綾瀬はるか 長澤まさみ 夏帆 広瀬すず 風吹ジュン 樹木希林 大竹しのぶ

WOWOWで放送していた映画「海街diary」を鑑賞。

【映画「海街diary」のあらすじ】

父が不倫で家を捨て、母の都が再婚で出て行った後、鎌倉の一軒家で姉妹だけで暮らしていた幸、佳乃、千佳の香田3姉妹。ある日、彼女たちのもとに父の訃報が届く。葬儀に出席した3人は、そこで異母妹のすずと出会う。生みの母も亡くなり、家庭に居場所のないすずに、幸は鎌倉で一緒に住まないかと誘う。すずは受け入れ、4人の共同生活が始まった。だが、祖母の七回忌で都と再会してから、穏やかだった生活に波風が立ち始め……。

WOWOWから引用

【映画「海街diary」の感想(ネタバレ)】


吉田秋生の漫画を「海よりもまだ深く」の是枝裕和監督が綾瀬はるか、長澤まさみら若手女優陣を迎えて映画化した人間ドラマ。

いいかげん2015年の邦画の話題作を見ようと思い録画リストの中からあえて選んでみた。

内容は、3姉妹と腹違いの妹がひょんなことから同じ家で一緒に暮らすようになって…という話。

特にこれと言って胸躍るようなエンタメ的な展開はないが、妹が生活に入ってきたことで揺れる、姉妹(または周辺)それぞれの微妙な心境の変化と人間模様を丁寧に描いている。

巷では、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、そして新人の注目株の広瀬すずら4女優が共演していることに話題が上っていたが、実際、家にこんな4人がいたらすごいことだが、画的に見ると、リアルさ(自然体)を重視してるため、化粧やライティングなど、女優を引き立たせるための演出は、最小限のため(というか何もしてないかな)、CMやドラマ等で見てる油の乗った(盛ってる)彼女たちを想像してると、素材そのもの過ぎて、少し肩透かしに合う。

特に、綾瀬はるかと長澤まさみは、実年齢はすでに20代後半になっていて(撮影当時)、全盛期の良さを知ってる身としては、さすがにおばさん的な実年齢感を節々から感じてしまう。おばさんっぽい役というのもあるんだけど。また長澤まさみも、大雑把な性格の役どころと相まって、本来の良さ(多少猫被った感じ)は皆無で、素材そのまますぎて見てて悲しくなってくる。こちらも役に徹しているといえばそうなのだが。

結果的に、10代の現役イケイケの広瀬すずは、もともとの素材の良さと役柄の素朴さと合わさって、一際この中で光っている。演技も自然で上手いし、サッカー練習での数秒のドリブルシーンでは、女優の動きではない運動神経の良さが一目でわかる。男ならあのレベルは経験者なら普通にいるかもしれないが、女の子であの容姿であの動きをするのは、なかなかいないと思う。


評価 ★★★☆☆ (星3.5)

(まとめ:内容(物語)そのものより女優陣の方が気になる人間ドラマ。上記出演女優が好きなら見といて損はないが、アイドル的なキラキラ感とか追い求めるのは間違い。田舎生活というか、姉妹(兄弟)ならではの同居の良さ(楽しさ)はすごく出ていると思う。そういった意味では、好感度のある物語。一応、冒頭に長澤まさみの貴重な下着姿が見れるので、その辺もおすすめ。)



宝ものなんかじゃ

ないですよ私


-?


>>海街diary DVDスタンダード・エディション



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:邦画

映画「ジョン・ウィック」の感想(ネタバレ)

2017.03.19 Sunday 洋画 アクション/SF

■映画「ジョン・ウィック」の感想(ネタバレ)



■監督:チャド・スタエルスキ
■出演者:キアヌ・リーブス ウィレム・デフォー ジョン・レグイザモ イアン・マクシェーン ミカエル・ニクヴィスト アルフィー・アレン エイドリアンヌ・パリッキ ブリジット・モイナハン ディーン・ウィンタース デヴィッド・パトリック・ケリー ケヴィン・ナッシュ

WOWOWで放送していた映画「ジョン・ウィック」を鑑賞。

【映画「ジョン・ウィック」のあらすじ】

裏社会に語り継がれる一騎当千・伝説の殺し屋ジョン・ウィック。
愛を知り、表の世界へと足を洗い平穏な日々を送っていた彼は、ある日、不運にも彼の愛するもの全てをマフィアに奪われてしまう。怒りに震え、心の奥底に封じ込めた殺し屋の魂を解き放ち、復讐のために独り立ち上がる。

※商品ページから引用

【映画「ジョン・ウィック」の感想(ネタバレ)】


「マトリックス」のキアヌ・リーブスが主演したハードアクション。

最近あまり見ない、キアヌリーブスが主演していたので見てみた。

内容は、引退した凄腕の元殺し屋が、亡き妻が残した犬を殺されたことで、今までいた組織に復讐するという話。

もう定番の元殺し屋の復讐モノで、少し前にリーアムニーソン主演で同じような話を見たことがありそうな、それのキアヌリーブス版。

特に王道ストーリーでこれと言って、話に変化はないが、組手アクションのみ多少改善が見られ、接近戦で銃と組み手を合わせて戦うのが、これまでとはやや違う見せ方だと思う。

ちなみに見どころは、そのくらいで、他は特に無い。よくある凄腕の元殺し屋が主人公の話に終始。

序盤のみ、亡き妻への心境でややだらだらしてるけど、開始30分の時点で、犬を殺されて復讐に入る(決意する)という、早足の感じで話が進み、その後は、それなりにテンポ良く最後まで飽きずに見れる。


評価 ★★★☆☆ (星3.2)

(まとめ:ガンアクションに改善が見られる、キアヌリーブス主演の王道復讐モノ。ラストに組織のボスとの戦いがあるが、今まで散々銃を使って戦っていたのに、急に銃は使うなという一言で、組み手で戦うようになるのだが、あれはどうだろうか。流れ上、最後は組み手をしたいのは、わからなくはないけど、弾がなくなったとか、もっと自然な流れで移行はできなかったのかと思う。マフィアのボスなのにあえてセリフで言うと、すごいダサゼリフに思えて仕方ない。命令形だとしても、やっぱりダサイ。)



もう銃は使うな

-?


>>ジョン・ウィック 【BLU-RAY DISC】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:アクション映画全般

映画「HK/変態仮面」の感想(ネタバレ)

2017.03.18 Saturday 邦画 コメディ/お笑い

■映画「HK/変態仮面」の感想(ネタバレ)



■監督:福田雄一
■出演者:鈴木亮平 清水富美加 ムロツヨシ 安田顕 佐藤二朗 池田成志 片瀬那奈

WOWOWで放送していた映画「HK/変態仮面」を鑑賞。

【映画「HK/変態仮面」のあらすじ】

殉職した刑事の父を持つ高校生・狂介は、正義感こそ人一倍だが、実力が伴わず不良に立ち向かっては返り討ちに遭っていた。そんなある日、彼が想いを寄せる同級生の愛子が銀行強盗の人質にされる。彼女を救い出そうと拾った覆面で変装する狂介だったが、それは覆面ではなくパンティだった。だがその瞬間、ドMの父とSMの女王の母から受け継いだ変態の血が覚醒し、彼は人間の潜在能力を極限まで引き出した超人・変態仮面となった。

WOWOWから引用

【映画「HK/変態仮面」の感想(ネタバレ)】

あんど慶周のギャグ漫画を「勇者ヨシヒコシリーズ」の福田雄一監督が鈴木亮平を主演に迎えて実写映画化したコメディ。

原作は、少し読んだことがあったので(内容はもう覚えてないけど)、実写版ということで見てみた。

まーいわゆるギャグ漫画が原作のコメディ映画なのだが、なんでしょう、描き方が完全にコントのような空気感になっているので、通常の映画の時間(106分)という長さで描かれると、非常に時間が長く感じる。個人的に最初の10分か15分でもうこの作品は十分かなという気がしている。

一応最後まで早送りしながら見たが、ずっと内容は、同じパターンの繰り返しで、まーもともとそういう傾向の話ではあるんだけど、実写で描くと、設定が無理あり過ぎだし、俳優陣も演技が完全にコントのような笑いを求めてる確信犯の演技をしていて、逆にそれが笑えない。完全に原作のキャラクター(登場人物)をバカにしている。

個人的には、ツッコミの上手い芸人に副音声でずっとツッコミを入れてもらえれば、そっちの方では笑えると思うが、この映画の求める方向の笑い(コメディ)では、一向に笑えない。

この映画の面白さは、良い年した俳優がほぼ全裸に近い衣装で、頑張っているという俳優そのものをいじるという撮影秘話的な裏の笑いでは、多少の面白さはあるかもしれないけど、変態をひたすらこすって笑いにするメインの作品の部分は、ただ登場人物をバカにしてるだけで、お笑いとしては、全くセンスが感じられない。ずっと、素人みたいなことを永遠やっている。

まー、いつもの福田監督の作品傾向だからしょうがないといえばそうだが。

ちなみに事あるごとに心の声や解説をたくさん入れているのも、もう作品を台無しにしている。コントならいいけど、映画で解説するのはどうなんだろうか。誰目線の話なんだよ。

映画は基本的に、映画(物語)の世界で起こっている出来事を勝手に遠くから覗き見ているというのが視聴者の一般的な目線だと思うが(視聴者は、その世界観に一切干渉しない)、それが、こちらに対して必要以上に作品側が語りかけてくるような演出というのは、もう前提がズレているとしかいえない。それは、作品といえるのだろうか。

結果、終始内輪笑いに陥っており、本来の映画的な登場人物の世界観に入り、人間的なキャラクターの掘り起こしは全く出来ていなく、そのため実在感(リアリティ)がないので、彼らに対して巻き起こることに共感が全く湧かない。だってずっと場所を変えてその場その場で、大人が遊んでるだけにしか見えない。

真剣に世界観が作られていないのでキャラクターに共感ができるわけないし、感動もしずらい。結果笑えない。


評価 ★☆☆☆☆ (星1つ)

(まとめ:行ききったコメディではあるけど、見る人を完全に選ぶコメディ。内容に関しては、ほとんど面白くないけど、全裸でがんばってる俳優陣のがんばりにだけ星1つです。あと、映画と関係ないが、少し前に出家して芸能界を辞めて話題になった清水富美加がこの作品に出ている。たしか芸能界を辞めたい理由のひとつに水着になりたくないって言ってましたけど、この映画で水着になってたけど、もしかしたら芸能界を辞める原因のひとつはこの映画だったのかなと、そんな気がしないでもない。仕事とはいえ、こんなヒロイン役、絶対やりたくないですね(笑) 芸能界にいてもマイナスでしかない。)


この変態は勝てない

-?


変態であればあるほど

強いなどという法則など

どこにも存在せん


-?


>>HK/変態仮面(DVD)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:邦画

映画「人生の約束」の感想(ネタバレ)

2017.03.16 Thursday 邦画 人間ドラマ/ヒューマン

■映画「人生の約束」の感想(ネタバレ)



■監督:石橋冠
■出演者:竹野内豊 江口洋介 松坂桃李 優香 小池栄子 高橋ひかる 柄本明 ビートたけし 西田敏行

WOWOWで放送していた映画「人生の約束」を鑑賞。

【映画「人生の約束」のあらすじ】

業績を上げるためならいくらでも非情に徹し、自ら創業したIT企業を拡大させてきた敏腕CEOの中原。ある日彼の携帯電話に、ともに起業しながら半ば社を追い出す形で決別した親友・航平から何度も着信が入る。最初は無視していた中原だが、妙な胸騒ぎを覚え、航平の故郷・富山県新湊へ急ぐも、航平はすでに他界していた。航平の義兄、鉄也から非情さをなじられる中原。そんな中、航平の娘・瞳が中原に一つの頼み事を申し入れる。

WOWOWから引用

【映画「人生の約束」の感想(ネタバレ)】


竹野内豊主演の人間ドラマ。

あらすじを読んで感動できそうだったので選んでみた。

内容は、会社社長が創業時の友人であり、途中で会社を去り、その後会うことなくすでに亡くなっていた同僚の思いを引き継ぎ、ある町のために神輿を取り返して担ぐというサクセス?ストーリー。

もう日本人ならほとんど説明もいらない、義というか友情の王道話で、特に裏切る展開もなく、正統派に描いていて普通に感動です。

こういう亡き友人の思いを引き継いでなんやらという話は、もうずるいですね。

この流れで感動できない(しない)方が難しい。

ちなみに最後にたけしさんがちょい役で出てたり、出演陣も意外と豪華。

個人的には、最後の一緒に神輿を担ぐシーンは、別にあえて描いてくれ無くても想像で十分。すでに、目的は達してくれたので、気持ちは、胸に仕舞ってそのまま終わってくれた方がいさぎ良かった。実際の絵で描かれてしまうと、やはりいろいろ別に考えちゃうことがある。竹野内豊はもともとそんなに熱い人間ではないので、神輿の掛け声とか盛り上げ方が少し気を使ってるなとか…いろいろ。

ちなみに最後の祭り部分がなければ、15分-20分位短くでき、本編120分→100分位でちょうどいいサイズ感だった。さすがにこの映画で120分は、やや長い。最後は、いわゆる祭りだし。祭り(神輿)好きにはいいかもしれないけど。


評価 ★★★☆☆ (星3.6)

(まとめ:タイトルからの想像を裏切らない竹野内豊主演の正統派人間ドラマ。最近では稀に見る人間的な熱さをすごく感じる映画です。わかりやすい話で感動したい方にはおすすめな作品。最後に、ひとつ気になったのが、亡き友人の娘に連れられて、ある山?に行って、穴を掘って、タイムカプセルみたいな缶の箱を掘り出した中に、亡き母親の遺灰(骨)が入っているというのがあったが、全然説明もないまま、急に山に連れられて、そこでいきなり人骨を見せられるのは、どうなのだろう。事前に形見として母親を埋めてあるとか、ストーリーをあらかじめ知らせて置いて欲しい。じゃないといきなりは怖い。なんとなく感動話(愛情)の延長でさらっと描かれているけど、何も知らないこっちとしては、急に一緒に来てくれと言われたその流れで、急に人骨を見せられるのは、ホラーです(笑) 人骨見るときは、前持って準備して置きたい。そういえば、この娘役のヒロインの子(高橋ひかる)は、素朴で良かった。あと関係ないが、小池栄子の独身役も嵌っていて面白い。)


お母さんです

-?


>>[Blu-ray] 人生の約束【通常版】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:邦画

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links