映画「プロジェクトA」の感想(ネタバレ)

2011.10.07 Friday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「プロジェクトA」の感想(ネタバレ)



■監督:ジャッキー・チェン
■出演者:ジャッキー・チェン(石丸博也) ユン・ピョウ(古谷徹) サモ・ハン(水島裕) イザベラ・ウォン(戸田恵子) ディック・ウェイ(大塚明夫)

WOWOWで放送していた映画「プロジェクトA」を鑑賞。

【映画「プロジェクトA」のあらすじ】

1900年代、英国の統治下にある香港。青年警官ドラゴンが所属する水上警察と、ドラゴンの宿敵ジャガーが所属する陸上警察は、常にケンカが絶えない犬猿の仲。そんなある日、最近大暴れしている海賊たちを退治するため、水上警察と陸上警察が合同作戦を展開することに。イギリス海軍の提督までも海賊たちに捕まる事態となり、ドラゴンとジャガーに海賊の財宝を横取りしたい盗賊フェイも加わったトリオは海賊退治を本格化させる。

※WOWOWから引用

【映画「プロジェクトA」の感想(ネタバレ)】


WOWOWが10月から3チャンネルフルハイビジョン放送になり、その中の特集として現在ジャッキーチェンの伝説の35作品と題し、一挙放送が行われているが、個人的にジャッキー作品は好きなのでこの機会にジャッキー作品を改めて見直してみた。

今回見たこの「プロジェクトA」だが、日本では公開年の興行収入が17億円を記録し、ジャッキー主演作では今までの中で興行収入がベストの作品だという。※他にもありそうな気もするが。

そんなヒット作の「プロジェクトA」だが、自分が初見だった子供の時には特に気にならなかったが、この映画の製作されたときにはまだ、香港がイギリス(英国領)のままで、香港が舞台の中国映画にも関わらず英国人が多数登場していて、当時の時代背景がかなり反映されていた映画だったのがわかる。

ただ今観るとこの微妙な多国籍な感じが、どこの国の話?と思えるほど独特な世界観と雰囲気がある。

またストーリーについても、改めてみると結構雑で軸が大分フラフラしている印象がある。ジャッキー演じる正義感のある主人公も現在の正義感という枠組みで見ると、やや強行的な面が目立ち、感情優先で意外と手が早く出る(笑)

主のカンフーについては、最近では「マッハ2」や「トムヤムクン」に代表されるタイ映画のトニージャー主演のガチンコアクション作品に押され気味のような気もするが、あらためて「プロジェクトA」を観ると、10mはあるかという時計台からの落下狭い路地での自転車アクションなどは、体の張り方は全然負けていない。※早送りは多様しているが

基本ジャッキー映画は、アクションシーンの打撃音にお決まりの効果音を使っているため、コミカルさが先に来て、見ているこちらにはスタントの痛さはあまり伝わらないつくりになっているが、NGシーンのメイキングを見るとちょっとしたシーンの失敗でも相当痛いのがわかる。

改めてジャッキー映画を観ると、コミカル+アクションの融合は、素晴らしいエンターテーメントだ。最後の喜劇的なわかりやすいオチも良い。

評価 ★★★☆☆ (星3.5つ)

(今回は、日本語吹き替えで見たが、ユンピョウの声がガンダムのアムロの声優がやってたり、サモハンキンポーは、海外ドラマ「フレンズ」のチャンドラーの声(水嶋祐)の人がやっていたりと、馴染みの声ですんなり入っていける。その他にも聞いたことがある声多数で、ジャッキー映画は、声優人もかなり豪華。基本映画は字幕で見ているが、ジャッキー映画に関しては、吹き替えで観たほうが、やり取りやテンポが良くて面白い。)


プロジェクトA デジタル・リマスター版

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:アクション映画全般
 

中国映画「コネクテッド」の感想(ネタバレ)

2011.07.05 Tuesday 中国映画/香港映画/ レビュー

■中国映画「コネクテッド」の感想(ネタバレ)




■監督:ベニー・チャン
■出演者:ルイス・クー バービー・スー ニック・チョン リウ・イエ

WOWOWで放送していた映画「コネクテッド」を鑑賞。

【映画「コネクテッド」のあらすじ】

香港。6歳の娘がいるシングルマザーのグレイスは娘を学校へ送り届けた直後、男たちに拉致され、どこかの倉庫に監禁されてしまう。そこで彼女は壊れた電話機を修理し、外部への連絡を試みるが、偶然つながったのはシングルファーザーの経理マン、アボンの携帯電話だった。アボンはこれから留学する幼い息子を見送るため空港へ向かっていたが、グレイスのSOSを知って彼女の救出に乗り出す。誘拐犯一味の狙いは一体何なのか……!?

※WOWOWから引用

【映画「コネクテッド」の感想(ネタバレ)】

携帯電話をテーマにしたハリウッドのサスペンスアクション映画「セルラー」をリメイクした中国/香港映画。

ほぼオリジナルを引き継ぐストーリー展開だが、随所に中国らしさを取り入れているのが見て取れる。特にカーアクションで、飲料水を大量に積んだトラックに車で突っ込んでいくアクションは、中国作品ならでは(笑)

オリジナルを見ている自分としては、ストーリーの流れは一緒だが、全く別物に思えた。

この映画の特徴として、何者かに誘拐されてしまった女性からの緊急コールを受け取ってしまった男が、彼女を助けるために携帯片手に一人奔走していくという常に”緊張感”の漂うノンストップサスペンスが繰り広げられるが、この中国版は、この”緊張感”を台無しにしているシーンが結構目立っている。

なぜかところどころ笑いを誘うような凡長なコメディを意図的に入れており、せっかく高まっていた緊張感がそこでスッと抜けてしまう。個人的にサスペンスアクションに笑いは必要ないと思うが、あったとしてもスマートな短い冗談位に抑えるべきである。でないとどっちがメインだかわからなくなる。

この「コネクテッド」では、主人公以外(ヒーローとヒロイン)の街にいる住人の中に結構笑いを取ろうとするキャラ(まるでコント?)が紛れ込んでいて、そういう人物に出くわすたびに頭を抱えたくなる。「そのシーンほんとにいる?」と疑いたくなるシーンが連発だ。

自分が編集マンだったらこの映画は、110分→100分にまとめたい。


評価 ★☆☆☆☆ (星1つ)

(個人的には、「そんなバカな!」とクビを傾げたくなるシーンが連続でサスペンスアクションというよりかは、まるでコメディ。しかもイライラするだけで全く笑えない(笑) もともとの素材はよくて、最初の雰囲気も結構良かっただけに、時間が経つごとに評価が下がっていき★ひとつ。道路を逆走したことによる対向車の被害が多すぎたり、主人公の記憶力がなさ過ぎたり…、ハンドルきり損ねて一人で崖に車で突っ込んだり、銃で散々撃たれたはずなのに軽症だったり…とにかく突っ込みどころが満載だ。この辺がやっぱり中国映画なのか…。普通に作れば見れるのに、奇をてらったものが全部いらないなんとも惜しい映画。そして、こんな映画がヤフー映画の評価で平均4.21と高得点なのもよくわからん。自分が細かいとこ気にしすぎなのか…。そういえば音楽は格好良かった。)

Q.世界中に散らばっている

”しま”ってな〜んだ?

A.年増

-グレイスと娘



コネクテッド スペシャル・エディション

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:アクション映画全般
 

映画「ソフィーの復讐」の感想(ネタバレ)

2011.02.20 Sunday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「ソフィーの復讐」の感想(ネタバレ)



■監督:エヴァ・ジン
■出演者:チャン・ツィイー ソ・ジソブ  ファン・ビンビン  ピーター・ホー  ヤオ・チェン ルビー・リン

WOWOWで放送していたチャンツィイー、ソジソブ共演の映画「ソフィーの復讐」を鑑賞。

【映画「ソフィーの復讐」のあらすじ】

人気漫画家ソフィーは、アメリカ帰りの外科医ジェフと婚約して幸せの絶頂にあった。だが、結婚式を2カ月後に控えてジェフを女優のジョアンナに奪われてしまう。失意のまま母親にも破談を言い出せないソフィーは、2カ月の間になんとかジェフとヨリを戻し、結婚式当日に列席者の前で彼に別れを言い渡して大恥をかかせるという復讐を思いつく。ジョアンナの元恋人というゴードンを仲間に引き入れ、計画を推し進める彼女だが……。
 
※WOWOWから引用
------

【映画「ソフィーの復讐」の感想(ネタバレ)】

韓国ドラマ「ロードナンバーワン」以来の韓国俳優ソジソブ出演作品と言うことで期待してみましたが、この映画でのソジソブは母国語の韓国語は一切話さず、全編通して中国語を話しているという意外な役どころだった。設定も韓国人という部分は表に出さず、何人なのかはよくわからない。

役柄の重要度でもソフィー役のチャンツィイーに次ぐ位置かと思いきや、おいしいところは台湾俳優のピーターホーにもっていかれており、ソジソブは、主に引き立て役に徹している。ソジソブファンとしてはちょっと残念。

映画の中身は、タイトルにあるとおり”ソフィーが(別れた彼氏に)復讐するというラブコメディ作品”だが、コメディの手法やテンポに始まり、音楽の挿入の仕方、原色系(赤白緑ピンク青等)を使ったカラフルなインテリアやファッションといい、かなりハリウッド映画(カラフルな感じは、以前見たお買い物中毒な私に結構似ている)の手法を意識していて、言語以外中国映画という感じはあまりない。

とにかく主演のチャンツィイーのドジでおちゃめなかわいさをウリにしているようで(※コメディ演技も上手い)、元気ハツラツな感じは嫌味がなく、見ていて楽しい。※個人的にこのチャンツィイーはどこか浜崎あゆみっぽい雰囲気がある。たぶん同じカテゴリに属する人物なんでしょう。

またコメディだけでなく途中で、失恋したソフィーがジェフ(ソジソブ)との思い出が別れた後も胸を苦しめていることから逃れたいという願望を表した夢を見たことを、CGアニメーションで描いた物語があるのだが、それが結構悲しい。

■ソフィーの言葉


夢を見たの

箱形の頭を持つ少年がいた

彼の頭は”思い出箱”なの

こんな形をした透明な箱だった

歩き方が可愛かったわ

箱には思い出のメモが入ってた

私は少年の世界を見たの

黄金の麦畑が揺れていたわ

住んでみたいと思った

彼は毎日思ったことをメモして

頭の箱にしまってたの

メモを整理するのは

イヤな思い出を捨てるためだった

ある日少年は事故にあい

箱が壊れてメモが飛ばされたの

あちこち探したけどメモは見つからなかった

箱はカラッポ

そして夢から覚めた

※この変なキャラクター可哀想。


評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(この映画は、ソフィーの妄想が多様されていて、現実なのか妄想なのか、はたまたソフィーの本の中の物語なのか、編集点がかなり多い。まとめると簡単な話なのだが、ラストの感動シーンもその影響なのか、思ったほどソフィーに感情移入できなかった。っということで上記のアニメーションの物語が個人的に一番うるっときた。頭が箱人間悲し過ぎる。)


ソフィーの復讐

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:恋愛映画 一般
 
WOWOWのおすすめ番組!    

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品