映画「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」の感想(ネタバレ)

2017.02.12 Sunday 洋画 人間ドラマ/ヒューマンドラマ レビュー

■映画「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」の感想(ネタバレ)



■監督:ラミン・バーラニ
■出演者:アンドリュー・ガーフィールド マイケル・シャノン ティム・ギニー ノア・ロマックス ローラ・ダーン

WOWOWで放送していた映画「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」を鑑賞。

【映画「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」のあらすじ】

母と小学生の息子と3人でつましく暮らすシングルファーザーのデニス。経済不況のあおりで職を失った彼は、住宅ローンを滞納した末、ある日ついに長年暮らした家から即座の強制退去を命じられることに。やむなく家族とともにモーテルの部屋に移ったデニスは、その後、皮肉にも彼らの家を奪い取った非情な不動産ブローカーのカーバーのもとで働き、自分たちの一家と同様、貧苦にあえぐ人々を家から追い立てる仕事に励むようになる。

WOWOWから引用

【映画「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」の感想(ネタバレ)】


「アメイジング・スパイダーマン」のAアンドリュー・ガーフィールドと「マッド・ガンズ」のマイケル・シャノン共演の人間ドラマ。

リーマンショック後の話ということで気になって選んでみた。

誰が出演してるのか、キャストも知らずに番組情報のあらすじだけで選んでみたが、これは当たりで最初から普通に面白い。

家の差し押さえの話で、特にアクションシーンがある訳でもないが、ある日、突然家を取られてしまう人たちという、他人事ではない実生活に直結した話で親近感があり、主人公目線で見れる。

また、差し押さえされた側が、ひょんなことから差し押さえする側に回り、一転大金を掴むという、物語の運び方も映画ならではの幅があって面白い。

この映画、差し押さえる側、差し押さえられる側どちらにも言い分があってわかるが、この映画を見てると差し押さえする側の方の理論の方が明らかに正義のような気がしてしまう。

不当に差し押えするのは、別として、ローンの支払いを滞納してしまうのは、やはりお金を借りた家主の原因によるところが大きいし。日本人からすると、アメリカは低所得者層の家でも、家広いし。大分、自分の所得以上に無理して家を買ってるような気がしないでもない。

ちなみに不動産ブローカーの手口については、素人目には、どこから犯罪行為なのかよくわからない。

空き家のエアコンやキッチン等の設備を事前に外しておいて、後で国から補助金?を得る方法は、詐欺ではあると思うが、その時の家の所有権がイマイチどうなってるのかわからないので、どういうしくみなのか、事情がよくわからない。

差し押さえ時の弊害(受け渡し時の手数料のうち)だとすれば(以前の家主が持っていってしまった。またはすでに壊れているときの補填だとすると)、その辺もある程度、仕事上の許容範囲(旨み)のうちなのかと思える。差し押さえで買い取った住宅公庫側?が、その分を上乗せして、後々さらに儲けることを考えると、まーやらないにこした方がいいだろうが、システムとして、そこに穴があるのだと思われる。

実際、知ってる人にしかわからない、国に対する請求方法なんてこれ以外にもいくらでもありそうだし。

この映画は、終始、グレーなところをうろうろしていて、素人目には、どこからラインオーバーなのかよくわからない。また主人公も家がなくなり追い込まれてることもあり、なんでも気軽にひょいひょいやってるので、そこにどの程度の犯罪行為があるのか、主人公の倫理感では掴みにくい。

普通に見ていたら、明確にラインを割ってると思うのは、主人公が悩み出す最後の文書偽造部分だと思うが(その前に不法侵入もあるけど、それほど主人公はそこに対して決断することに悩んでいないし、ある程度積極的だ)、この文書偽造部分も、なんとなく、もうそこまで来たら、そのままでいいだろうという気がしないでもない(笑) それ位の話の強い流れがある。

また、家族の反応も最初は250ドルで大喜びしてたのに、家を取り戻す位の大金を得てからは、急にデニスを疑い、距離を置こうとするのも調子が良すぎるというか、そもそも家取られたら、モーテル以外、どこにも行く当てはなかったはずなのに、転がり込む場所が急にできるのも、最初と話がなんか違っている。

デニスはデニスで、家族のためにやってきたことを否定されても、家族に対して、そこに怒りすらも出さないのも、感情的におかしい。

家族に見放されたとわかれば、金の亡者として、一人倫理観より、成功を掴むことに固執するのが動機として、普通の流れだと思う。

しかし、ラストは、この利益を生み出す構造の中に裁判所(判事?)もぐるだったということがわかり、最後にギリギリ善人としてUターンを試みる展開には、なんか無理があるというか、ただただ、あと味の悪いラストになっただけという気がする。

もし物語のラストとして倫理観を保ちたいのなら、あの家主に撃たれてカーバーかデニスのどちらかが死んだ方が、悪いことはしてはいけないという行為全般の罪がわかりやすかったと思う。

結局のところ、その後は描かれてはいないが、不動産ブローカーのカーバーは、文書偽造の罪位では(彼が証人となって告白しても)、優秀な弁護士をつけて、大した罪にもならなさそうだという気がしてしまう。それも含めて勝者の国:アメリカのシステムだと思う。


評価 ★★★☆☆ (星3.8)

(まとめ:差し押えがテーマの良作人間ドラマ。上記に書いたとおり、話は、非常に面白いが、ラストが、なんともいえない微妙な終わり方。個人的には、途中でデニスが3000ドル?もらった時に、すぐに家を取り戻そうとせずに、その資金を元に他に投資先を考えるのが理想。人間は、物欲というか、不必要な愛着欲に支配されていて、それが不幸の原因を作っているのに気付かない。その点、ブローカーのカーバーは、さすがビジネスマンで俯瞰で物事を見れている。家は、ただの箱は、誠に真理をついている。)



変動金利ローンのせいで

俺はホームレスだ


-?


正直に自分に問え

何を間違った?

なぜモーテルに?


-?


預金せず投資しろ

-?

お前は自分で何も考えない

腰抜けだ


-?



この国は負け犬には手を差し伸べない

(アメリカは)成功した勝者が築いた国だ

この欺瞞の国は

勝者の勝者による勝者のための国だ


-?

教会には?

方舟に乗れるのは

100人に一人

他は溺れ死ぬ

私は溺れない


-?

それでも毎日陽は昇る

-?

家への思い入れは捨てろ

ただの箱だ

大きな箱 小さな箱

いくつ手に入れるかだ


-?

>>ドリーム ホーム 99%を操る男たち 【DVD】



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:洋画

映画「皆殺しの流儀」の感想(ネタバレ)

2017.02.10 Friday 洋画 アクション/SF

■映画「皆殺しの流儀」の感想(ネタバレ)



■監督:サシャ・ベネット
■出演者:イアン・オギルビー アリソン・ドゥーディ スティーヴン・バーコフ ジェームズ・コスモ リセット・アンソニー

WOWOWで放送していた映画「皆殺しの流儀」を鑑賞。

【映画「皆殺しの流儀」のあらすじ】

かつて、ロンドンで有名なギャングとして名を轟かせていた兄弟リッチーとチャーリー。/引退後、兄のリッチーはスペインで、チャーリーはロンドンに残り余生を謳歌していた。/ある日、ロンドンの若者ギャングが女性をレイプしているところをチャーリーが助けるが、返り討ちに遭い殺されてしまう。/訃報を聞いたリッチーはスペインからロンドンに戻り、平均年齢70オーバーのかつてのギャング仲間を集め、かつてのやり方で弟を殺したギャング達を情け容赦なく一人一人追い詰めていく--。

※商品ページから引用

【映画「皆殺しの流儀」の感想(ネタバレ)】


イギリス製作のリベンジアクション。

「皆殺しの流儀」という興味深いタイトルに惹かれて見てみた。

内容は、若者ギャングに兄を殺された元マフィアの年老いた弟が過去の仕事仲間を引き連れギャングに復讐するという話。

少し前に北野映画でも同じように、若者の振込み詐欺グループに対して老人ヤクザが集って対抗する話があったが(龍三と七人の子分たち)、この映画も大体似たようなもの。

途中から、ほぼヒーロー映画的な扱いで、完全老人マフィアびいき(正義)になってるので、安心してみれる。

ちなみにこちらは、コメディというほど崩して作ってはいないが、ところどころ笑えるシーンがある。

個人的に、途中に出てきた警察OB?の登場の仕方は、上手い。

最初に若者ギャング集団が誰かの家をめちゃくちゃに破壊する導入シーンがあるが、それが、のちのち話が進んだときに登場するこの警察OBの家だったことがわかるという繋ぎ方をしている。これはなかなか上手い。確実に笑いを取りにいっているけど。

誰もが最初のシーンは、ギャングの悪さをイメージさせる部分の描写だと勝手に思うが、まさか、その家に住んでいる被害者がのちのち出てくるとは思わない。この映画、そういう雰囲気の映画じゃないし。

そして、警察OBとか言う立派な肩書きのクセに、住んでいる家の壁には、落書きとかめっちゃされている。単純に面白いだけでなく、なんか切ない。


この映画の監督、面白さの生み出し方わかってるというか、登場人物の心情の表現方法が普通に上手い。高齢女性がマフィアの弟に恋心を抱いてる見せ方とか、嫌味なくシーンに取り込んでる。


評価 ★★★☆☆ (星3.8)

(まとめ:老人マフィアが活躍する良作リベンジアクション。年を重ねてるからこその人生の教訓が、セリフや佇まいからにじみ出ていて、結構為になります。おすすめ。)



量より質が肝心だ

-?



ローレン クズ野郎どもと

付き合うのは

時間の無駄だ

人生は短いんだから


-?



どいつもこいつも

口だけは達者だ


-?



君が恐れ続ける限り

あいつらは脅迫してくる


-?


太陽の下で

ゴルフをしたいヤツなら

一緒にいる価値はないさ


-?


>>皆殺しの流儀 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:洋画

映画「オートマタ」の感想(ネタバレ)

2017.02.04 Saturday 洋画 アクション/SF

■映画「オートマタ」の感想(ネタバレ)



■監督:ガベ・イバニェス
■出演者:アントニオ・バンデラス ディラン・マクダーモット メラニー・グリフィス ビアギッテ・ヨート・スレンセン ロバート・フォスター

WOWOWで放送していた映画「オートマタ」を鑑賞。

【映画「オートマタ」のあらすじ】

太陽活動の影響で地球環境が悪化、人口が激減した近未来。不足する労働力を補うため、人類はオートマタと呼ばれる人型ロボットを作り出した。近年、現実社会でも危険性が議論されるAI=人工知能の進化を題材にしたSFサスペンス。安全のため、全オートマタのAIに組み込まれている制御プログラムが、不正な改造によって無効化されるという事件が発覚。犯人を捜し始めた保険調査員の主人公は、やがて思わぬ真相を知ることに……。派手さこそ少ないが、哲学的なテーマを含んだ佳作に仕上がっている。

WOWOWから引用

【映画「オートマタ」の感想(ネタバレ)】


アントニオ・バンデラス主演のSFサスペンス。

ロボット映画を見つけたので見てみた。

最近めっきり映画で見なくなってしまったアントニオバンデラスが主演していたので、この作品大丈夫かと心配だったが、内容は、かなりちゃんとしていて、ロボットと共存する人間の近未来について、結構リアルに描いていて、出来はなかなか。

派手なアクション等は、ほとんどないのでそういうアクション目当てだとあれだが、十分ストーリーで見せれるだけの、ロボットの世界観は構築されているし、ロボットに感情移入できてしまう位、AIが言うセリフも、しっかり考えられていて興味深い。

外見は、ターミネーターみたいな感じなのだが、やはり攻撃的でないロボット(人間に危害を加えないように設計されている)には、人間は、生き物、ロボット関係なしに感情移入しやすいのかもと思う。

少し前に同じような人工知能がテーマの「チャッピー」があったが、あっちは、最終的に人間が肉体を捨てて、人の意識をロボットの方に移して生きるというオチだが、この作品は、人間がロボットとの生存競争に負けて(人間の肉体では悪化した地球環境に耐えられないため)、地球の支配が恐竜から人間に代わったように今度は、人間からロボットに譲る運命だという方向を示している。

頭の良さ、進化のスピードでは、この映画のように人間は、すでにAI(人工知能)に負けてしまう運命だが、でも、全く合理的でない行動をするダメな人間の方が、ストイックに合理性を追求するロボットよりもなんとなく偉大に見えてしまうのは、人間の不完全さは、ホントによく出来ているなと思う。


評価 ★★★★☆ (星4.2)

(まとめ:アントニオバンデラス主演の良作SFサスペンス。ロボット映画好き、近未来作品や哲学が好きなら、おすすめ。そして、ロボットの死に際がなんとも悲しい。撃たれて破壊されたり、また、ロープウェーから飛び降りて、向こう岸に行けなかったりとか、おもちゃが壊れる瞬間みたいで、ものすごい切ない。この監督、撮り方上手い。)



自己修復は良心の

存在を暗示するから

やっかいよ


-?



やつらはハゲタカだ

-?


ロボットの知能を制限すべきだと

人間の理解の範囲内に


-?


あなたを作ったのは誰?

-?

死ぬのは”生き物”

だけです


-?

”ボス”は人間の概念だ

-?


人間にとって

死は自然なサイクルだ


-?



人生は

時の一部でしかない


-?



どの生命体も

永遠ではない


-?


>>オートマタ(Blu−ray Disc)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:洋画

映画「タイムリミット(2014)」の感想(ネタバレ)

2017.02.04 Saturday 洋画 サスペンス/ミステリー

■映画「タイムリミット(2014)」の感想(ネタバレ)



■監督:ミカエル・サロモン
■出演者:ディラン・マクダーモット ピーター・ファシネリ ユーリヤ・スニギル デヴィッド・マクナリー アンドレイ・イフチェンコ ミラン・マリシック

WOWOWで放送していた映画「タイムリミット(2014)」を鑑賞。

【映画「タイムリミット(2014)」のあらすじ】

ニューヨーク。恋人とカフェにいたはずのロバートは、トイレで襲われ、気付くと大型冷凍コンテナに監禁されていた。やがてロシア人ギャングたちが現われ、彼をさんざん痛めつけた揚げ句、組織の金800万ドルを返せという。ロバートは人違いと訴えるが、ギャングたちはまったく耳を貸さない。再び極寒の中に閉じ込められた彼は、物陰で気絶していた半死半生の男を見つける。男は、潜入捜査が発覚して私刑に遭った刑事サムだった。

WOWOWから引用

【映画「タイムリミット(2014)」の感想(ネタバレ)】


TVドラマ「ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル」のディラン・マクダーモットが主演したシチュエーションスリラー。

シチュエーションモノを見つけたので見てみた。

ラスト以外ほぼ冷蔵庫の中で繰り広げられる話だが、一応、ラストには、どんでん返しが用意されているのだが、ただ、このオチに関しては、騙された〜という感じではなく、ただただ微妙としかいいようがない。

なぜかと言うと、どんでん返しの部分が、ただ、主人公たちが真相を知ってるのに黙っていたことに尽きるから(今まですべて演技していた、ウソついていたから)。

後半になって、実は、前半の私たち(主人公)は、全部この目的があったのでウソでした?って言われても、それはないと思う。

例えば、主人公以外ならいくらウソついてもいいけど、主人公自体が目的はどうあれ、最初からセリフの中にどんでん返しがしたいために意図的にウソを紛れこませてたら、それは、ただただずるいだけでしょう。上手いとかじゃなくて、ずるい。サスペンスとしてルール違反。

見てるほうは、一応彼(主人公)はずっと真実を言ってると思って、その発言を信じて、動向を同じ目線になってみてる訳だが、後々になって、語られていない最初の部分で、実は、事情が違っていまして、結果的にこうなりました、すごいでしょみたいな感じに最後、終わられても、それって、最初の導入で、こっちにしっかり導入の説明をしてくれてないからで、別に上手くもなんともない。後だししてるだけ。

主人公目線では、もともと目的の中に彼女を救うためにギャングの中に潜り込もうとする意図があった訳で、そこの説明なしに、急に冷蔵庫に詰め込まれた部分からミスリードのように話を進めていくのは、どうもフェアじゃない。

それと、潜入してるのに、最初にいろいろ初体験みたいな感じのリアクションしてる演技は、どう考えてもおかしい。予定通り(実際は予定通りではないかもしれないが)、潜入できたのは事実なんだから、それ用の潜り込めたかも?のシメシメ感の演技はあっても良い。

演技がこの映画を見てる人、スクリーンの向こうに向けて演技をしているのは、映画じゃなく、コメディかコント。映画の中で起きてる状況の中で演技をするのがやっぱり映画でしょう。

その辺のルールがなんか、グダグダなので、見終わった後のどんでん返しが、どうもすっきりしない。



評価 ★☆☆☆☆ (星1つ)

(まとめ:ワンシチュエーションはいいが、ルール違反をしているサスペンススリラーです。そもそも閉じ込められたのに積極的に逃げようとしていない部分からおかしいし、銃口を突きつけられ、相手が撃てないのをわかってるのに、相手を倒そうともしなかったり、もうおかしさ満点。最後に説明されれば、そういうことかと思うけど、じゃあ、それならそうと、最初から始まりを考えると、描き方があきらかにおかしい編集の仕方。)




ここから出られるかは

君次第だぞ


-?


聞き飽きた文句だ

-?


>>タイムリミット [DVD]


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

映画「僕だけがいない街」の感想(ネタバレ)

2017.01.30 Monday 邦画 サスペンス/ミステリー/スリラー

■映画「僕だけがいない街」の感想(ネタバレ)



■監督:平川雄一朗
■出演者:藤原竜也 有村架純 及川光博 鈴木梨央 中川翼 杉本哲太 石田ゆり子

WOWOWで放送していた映画「僕だけがいない街」を鑑賞。

【映画「僕だけがいない街」のあらすじ】

売れない漫画家の悟は、事件等の“悪いこと”に遭遇すると、意図せずとも原因を取り除くまで過去に戻って同じ時を繰り返す奇妙な力があり、それを“リバイバル”と呼んでいた。ある時、悟の母の佐知子が誘拐未遂事件を目撃した直後何者かに殺され、アルバイト仲間の愛梨も誰かに命を狙われる。悟に容疑が掛けられる中、彼はかつてないリバイバルで小学校時代へ戻され、事件の発端が当時周囲で起きた連続誘拐殺人事件にあると知る。

WOWOWから引用

【映画「僕だけがいない街」の感想(ネタバレ)】


藤原竜也と有村架純共演のSFミステリー。

藤原竜也の主演作品が放送してたので見てみた。

内容は、過去を変えられるという特殊能力を持つ男が過去を変えて現在を良くしようと奮闘する話。

カイジではないが、追い込まれる男の役が似合う藤原竜也が主演してることもあり、感情移入しやすい。演技はどの作品も基本同じ感じだと思うが(そう見えるけど)、説得力はある。

また話もミステリー(サスペンス)として十分面白いし、ちゃんと主人公の感情が登場人物の動機に反映されていて、共感できる。特に少年時代のシーンは、肉体的違いで大人へ抗えない感じがよく伝わってくる。子供は大人を味方にしないと、自分自身の力では、なんにも解決出来ない。

ただ、物語はいいとして、設定上ひとつ気になるのが、少年時代まで遡って、過去をすべて変えれたらそれズルくない?ということ。

始めは、現在の数分前の出来事を変えれるのは、わかるとして、そういう話で進むのかと思いきや、急に少年時代まで遡りそこから根こそぎ変えれるようになってしまったのは、もうさっき現在で数分前の出来事をチョコチョコ変えてたのが意味無いような気がしてしまう。

まーそれいったらこの映画成立しないけど。

確定した基本の現在の時間の流れがある中で、数分前の過去を変えれるというのなら、現在への変わり具合が微々たる物だと思うが、数十年前ともなると、現在の影響はもっと大幅に変化しているんじゃないかとさえ思う。すでに真犯人は捕まってたりとか、犯人変わってたりとか。


評価 ★★★☆☆ (星3.8)

(まとめ:リバイバルの設定はあれだが、普通に面白い藤原竜也主演ミステリー。ラストは、強引にメッセージをゴリ押しのように入れていたのは、ちょっと説教臭い感じがする。あと、別に最後は主人公死ななくてもいいような展開の話でもある。主人公が死なないとタイトルが変っちゃうけど。全然関係ないが、母親が刺されてたのを見つけた時のリアクションがリアルっぽくて良い。あと、リバイバルが起きた後のシーンで何も状況が変わってない場面があり、フリとボケみたいな感じに見えて笑えるときが結構ある。ヒロイン役に有村架純が出ているが、片思いの役が好感度が高い。有村架純の良さを再確認。)


人に夢とか話しちゃって

実現しなかったら

どうしよって

思わない?


-?

言葉って

口に出して

言ってると

本当になる気がする


-?


人間の欲望や

悪意によって

希望の糸は

いつだって断ち切られてしまう


-?

先生は正義じゃきゃダメなの

-?


>>僕だけがいない街 スタンダードエディション


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:邦画

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links