映画「暗殺教室 卒業編」の感想(ネタバレ)

2017.03.15 Wednesday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「暗殺教室 卒業編」の感想(ネタバレ)



■監督:羽住英一郎
■出演者:山田涼介 二宮和也 菅田将暉 山本舞香 知英 椎名桔平 桐谷美玲

WOWOWで放送していた映画「暗殺教室 卒業編」を鑑賞。

【映画「暗殺教室 卒業編」のあらすじ】

2学期を迎え、残された暗殺の期限も残り半年となった椚ヶ丘中学の落ちこぼれクラス3年E組。殺せんせーが演劇に出たいと言い出して生徒たちが翻弄される中、学園祭は終わり、ある人物が暗殺者としての正体を現わす。それを機に、殺せんせーは、今は亡き雪村先生との過去を明かす。やがて3学期が訪れ、殺せんせーの驚愕の過去を知った生徒たちは、せんせー暗殺を続行すべきか、せんせーを救う道を探すべきかで意見を分裂させる。

WOWOWから引用

【映画「暗殺教室 卒業編」の感想(ネタバレ)】

Hey!Say!JUMPの山田涼介らが共演した学園アクション2部作完結編。

一週間位前に見た「暗殺教室」の二部作の後編(完結編)に当たる「暗殺教室 卒業編」を見てみた。

1作目の「暗殺教室」は、ふざけた設定ながら、意外とテンポよく?話が進み、なんだかんだで最後まで普通に見れたので、それなりに評価できたのだが、この第2作の完結編は、設定の謎(超生物のタコ先生の背景と教師になった動機)が明らかになったのはいいが(別に誰もそこ求めてないと思うけど)、それに反して、物語が急速につまらなくなった。

そもそも第1作が良かったのは、突飛な設定ながら、次に何が起きるのかわからない不規則性が良かったのだが、この第2作は、タコ担任の過去を振り返ったことで、どこかで訊いたことがあるヒーローの裏話に収束してしまったこと。

一応、演出上は、感動的に仕上げてはいるが、よくある定番の展開で、ストーリーの面白さというより、お涙ちょうだいにだけ時間を使っていて、とても退屈になった。いつものエンタメ邦画のパターン。

そもそも、もともと地に足が付いていない設定で始まってることも合って、急に普通の人間ドラマにされても…という部分がある。

変に謎解きみたいなことはせず、謎は謎のままで、新たな着地点を見つけて終わるべきでしょう。



評価 ★☆☆☆☆ (星1つ)
 

 

(まとめ:設定を現実に引き戻したことで、急にただの駄作になってしまった第二弾完結編。要するにこの話は、最初にタコ生物の話を説明してから始まってれば、良かっただけのこと。それを作者の都合で、あえてそこを隠して順番を逆にして始めたのはいいけど、順番を逆にするほどのオチではなかったので、その報い(広げた風呂敷をたたむ作業)が、すべてこの完結編にただ重く圧し掛かってきたという感じ。そのせいで1作目にあったストーリーの自由度がなくなった。そもそもタコ担任の過去の話は改めて、後できっちり描くほどの話ではない。スパイダーマンだって最初に人がクモにかまれてから話がスタートする訳で、後からあのコスプレ野郎の超能力の秘密はなんだって言われて、学生時代に謎のクモに噛まれましたって理由がわかっても…う〜んだよね。それと似ていて、もともと現実離れしてるので、別にそこの理由はなんでもいい、むしろ最初に説明しないで始まるならずっと説明しなくていい。そもそも、みんなあのタコ担任はそういうものだと思って接してきたところで、実は、元は人間ですって言わなくていい。)


そんな気持ちで

殺してはいけません

笑顔で

-?


>>映画 暗殺教室〜卒業編〜 スタンダード・エディション(Blu−ray Disc)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:邦画

映画「ヒメアノ〜ル」の感想(ネタバレ)

2017.03.14 Tuesday 邦画 サスペンス/ミステリー/スリラー

■映画「ヒメアノ〜ル」の感想(ネタバレ)



■監督:吉田恵輔
■出演者:森田剛 濱田岳 佐津川愛美 ムロツヨシ 山田真歩 駒木根隆介 大竹まこと

WOWOWで放送していた映画「ヒメアノ〜ル」を鑑賞。

【映画「ヒメアノ〜ル」のあらすじ】

「なにも起こらない日々」に焦りを感じながらビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田。ある日、先輩の安藤から恋のキューピッド役を頼まれた彼は、安藤が想いを寄せる女性ユカが働くカフェを訪れ、そこで高校時代の同級生・森田と再会する。当時過酷ないじめに遭っていた森田は、まるで別人のように虚無的な雰囲気を漂わせていた。やがて、岡田はユカから森田にストーキングされていると悩みを打ち明けられるのだが……。

WOWOWから引用

【映画「ヒメアノ〜ル」の感想(ネタバレ)】


古谷実の同名コミックをV6の森田剛と濱田岳の共演で実写映画化したサスペンス。

話題の古谷実のコミックの映画化がWOWOWで初放送したので見てみた。

V6の森田剛の演技がすごいという風の噂(WOWOWの番宣)を聞きつつ、原作コミックは読んでいない状態で見てみたが、率直な感想として、これはなかなかの衝撃作です。

濱田岳と佐津川愛美の甘い恋愛&妙に生々しくてエロいベッドシーンと対比して描かれる森田剛のサイコキラーとしてのこっちも生々しい残忍な殺戮?描写は、見ながら心の置き所をどうして良いかわからなくなるほどえぐい。

映画としての出来は、演技や演出や見せ方含めすこぶる高いが、サイコキラーのやりたい放題感に関しては、計画性が全くなく、惰性で生きていて(やっていて)、見ながら都度腹が立ってきてしょうがない。まーそういう映画ではあるんだけど。

過去の強烈ないじめが原因で、精神が崩壊して二重人格になった(少年的な優しさと狂気が共存)ということになっていることがラストでわかるが、いじめられっ子に復讐(抵抗)するところまでは、なんとなく因果で彼に共感できるが、全く関係ない他人を巻き込み出してからは、もう彼に対する同情の余地は自分にはもう1mmも湧かない。殺害された人からみたら、もう彼もいじめっ子と同じ側の人間です。

なので、映画としては、最後の森田剛の殺人犯としての逃亡劇は、エンタメ的には、盛り上がる部分ではあるけど(それにしても日本の警察がなんかしょぼ過ぎ)、逃亡してから殺戮をやり過ぎてしまっている手前、見終わった後に殺戮部分の衝撃しか残らなくなってしまったのが痛い。

せめて、同級生や主人公周辺だけに被害を留めておけば、もう少し最後に彼に対して考える余地が残ったかなと思う。

どうもグランドセフトオートをクリアーした時と同じような感じで、物語はいろいろハラハラドキドキあったけど、結局終わってみたら、これ何だっけ?という感じがしないでもない(笑) そんな映画。


評価 ★★★☆☆ (星3.8)

(まとめ:森田剛の演技も凄いが、個人的にはヒロインの佐津川愛美が可愛いのにエロい、それに尽きる映画。あとは、やはりというべきか、サイコキラー森田に対峙したムロツヨシは、全く役立たずで終わる。これは笑ってはいけないが、なんか面白い。作者としては笑わせたい部分だろう。だいたい人のキャラクターで、社会的な地位や役割ってある程度決まっている気がしてしまう。この映画、普通に恋愛部分だけで普通に面白いので、変にサイコエピソードを強引に入れなくても良かったと思う。もう少し三角関係で遊べたかな。)



君のペ○スを

出したり入れたり

しているのか


-?


>>ヒメアノ〜ル 通常版(Blu−ray Disc)


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

映画「超強台風」の感想(ネタバレ)

2017.03.12 Sunday 中国映画/香港映画/ レビュー

■映画「超強台風」の感想(ネタバレ)



■監督:フォン・シャオニン
■出演者:ウー・ガン ソン・シャオイン リウ・シャオウェイ イン・グォホワ ジョウ・ジェンポー

WOWOWで放送していた映画「超強台風」を鑑賞。

【映画「超強台風」のあらすじ】

太平洋上に発生した大型台風12号は、地球温暖化の影響で観測史上最大級に勢力を拡大、人口120万を抱える中国沿岸部のある都市へと進路を向けていた。上陸の可能性は五分五分、市民の避難を断行して進路がそれれば経済的な損失は計り知れない。責任の大きさに行政担当者たちが尻込みする中、市長は台風が直撃してからでは遅いと避難を決断する。やがて台風が上陸、市長はなおも逃げ遅れた被災民をひとりでも救おうと奔走する。

WOWOWから引用

【映画「超強台風」の感想(ネタバレ)】

中国ドラマ「-大明帝国- 朱元璋」のフォン・シャオニン監督が監督、製作、脚本、撮影を担当した災害スペクタクル。

あらすじでミニチュアを多用した中国映画と言うことで気になって見てみた。

災害スペクタクル部分ではCG+ミニチュアを使って表現しているが、CG全盛の時代にあえてミニチュア?という気がしないでもないが、精巧につくられた家や、車などを実際に津波?(水)でぶっこわしてるので、CGでは出てこない生々しさ(リアルさ)があり、意外とミニチュアありだなと感じた。

ミニチュア感はどうしてもわかってしまうけど、どこか平面的で薄っぺらいCGに比べると断然リアル。

ちなみにこの映画、災害スペクタクルアクション部分は素晴らしいが、ストーリー部分(演出)は、極端に過剰な演出が施されていて、まるでコントのようで笑ってしまう。

しかも、あえて笑わそうとしてそのように作ってる訳ではなく、製作者はたぶん一生懸命真面目に作っているのに、結果的にお笑い文化がある日本人がみると非常に面白い出来になっている。

そういった意味では、日本のほぼパターン化されたお笑い(フリを作ってからボケる)に慣れていると、みない種類のいきなり笑わそうとする(別に笑わそうとしてはいないんだけど)天然の笑い?がかなり隠れていて楽しめる。

もし仮に、こういう映画を日本人が狙って作ろうとしたら、もっと整理された感じになるが、そうなってしまうと、この映画の本来の面白さは、無くなってしまうと思われる。それを考えると、やはり日本人にとっては、この映画は、特出した貴重な映画だと思う。

ちなみにこのおかしな流れに見えるすべての原因は、中国ならではの儒教文化によるところが大きい。この儒教文化を理解してるかどうかで、この映画の面白さも変ってくると思う。

儒教は、民が苦しみから救済される(解放される)条件(この映画で巨大台風から助かる方法)は、神様の意志(祈る)でもなく、また人民の協力でもなく(平民がいくらそれぞれがんばっても実はあまり関係なく)、聖人が君主(皇帝)となり正しい良い政治(判断)を行うことによってのみ、民は救済されるという理屈が根本にあるのだ。正しい政治が行われさえすれば、経済だけでなく、自然災害すらも無くなってしまうというのが宗教としての儒教。

この映画も根本的にそういう流れで作られているため、上記説明にある聖人役がしっかり登場している。それがこの映画の中での最高権力者である市長。この映画での彼の活躍といったら、必要以上にいろんなところで口を出してきては、正しい判断を下すのだ。というか、彼の正しい決断がないことには、人民は救われないという教えなのでしょうがないのだが。

日本人からすると、市長が市長職以外の決断まで勝手にしてることに違和感ありありなのだが、中国では、彼を頂点として政治判断を下す事に意味があるので、ごく普通のことなのだ。別に遊んでいる訳ではない。

しかし、この市長の強引さというか、聖人っぷりに対する、過剰なまでの持ち上げる演出は、度を越えていて時々笑えてしまう。ときには、モーセかと思うくらいの荒れた海すらも味方にするくらいの聖人(超人)ぶりだ。これも別に遊んでいるわけでもなく、聖人の力というのは、超能力者にも思えるほどになる。

ちなみに彼(市長)の学校の先生であった女性の気象科学者?も出てくるが、彼(市長)が本当に正しい判断を下したかどうかは、彼女の反応にて、一応確認されるようになっている。中国にとって、両親や先生、師匠というものは、この上なくありがたき位の高い人物。その尊敬された人物から、褒められるということは、行動が正しいという結論になる。

この二人の関係は、劉備(市長)と諸葛孔明(先生)だと思ってみると、わかりやすいかもしれない。

この二人のやりとりもまた実に面白く、政治判断を学校のテストの点数に例えて、先生が言うセリフ「満点よ、また満点よ!」は、もうコントでしかない。

ちなみに、聖人(市長)を過剰に持ち上げる演出はいいのだが、その反面一般人が、必要以上に低くされてしまって、妊娠した妻を持つ夫役の人は、大人なのに小学生みたいな駄々っ子になっていて、かなりアホキャラクターにさせられている。

映画として見ると、儒教の理想主義が強めに反映されて(プロパガンダ映画?)、弊害がいろんなところに出ているが、日本人として、中国の根本思想を理解するには、この上なき教材ではないかと思う。


評価 ★★★★★ (星5つ)

(まとめ:ところどころ退屈ではあるが、意表を突く面白さが味わえる中国災害アクション。暇があれば、一度見てみて欲しい、最近では、おすすめしたい中国映画。ぜひ夜中とかに見て欲しい。面白さを自分で見つけられる人なら、この映画のいろんな場所に面白さが隠れていることを発見することでしょう。個人的には、サメの登場シーンが一番笑えたかな。完全に投げ入れてるよね。)



そのあと、

僕の携帯電話が

壊れて


-?


電話番号も覚えてなくて

-?



俺たちはみんな

ただの漁師ですよ


-?


市長だ

-?


命ずる

-?


満点よ

また満点よ


-?



サメだ危ないぞ

-?


人民解放軍が来てくれたぞ

-?


>>超強台風 [ ウー・ガン ]


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:アクション映画全般

映画「近キョリ恋愛」の感想(ネタバレ)

2017.03.07 Tuesday 邦画 ラブストーリー/恋愛モノ/青春

■映画「近キョリ恋愛」の感想(ネタバレ)


■監督:熊澤尚人
■出演者:山下智久 小松菜奈 水川あさみ 小瀧望 山本美月 新井浩文

WOWOWで放送していた映画「近キョリ恋愛」を鑑賞。

【映画「近キョリ恋愛」のあらすじ】

どんなときもクールな表情を崩さない女子高生ゆには、成績こそ学年トップだが、英語だけは大の苦手。そんなある日、彼女は赴任したての英語教師ハルカに放課後の特別補習授業を言い渡されてしまう。感情表現が苦手なゆには、自信満々なハルカの態度に反発するが、常に気持ちを抑え強がっていることを見抜かれ、心を乱す。一方、ゆにの親代わりでもある数学教師・明智は、彼女がハルカに惹かれていくことを危惧するが……。

WOWOWから引用

【映画「近キョリ恋愛」の感想(ネタバレ)】


みきもと凛の同名少女コミックを「君に届け」の熊澤尚人監督が山下智久×小松菜奈共演で映画化したラブストーリー。

山下智久が主演してたので見てみた。

少女コミックからの映画化は後から知ったが、内気なヒロインに自信過剰な?イケメン教師という設定からすぐに見て、少女コミック(女性目線の作品)が原作だろうとわかる。

そのためか、男がこの作品をみると、どうも物足りなさがある。

男としてみたときに、自信過剰な?イケメン教師という男性設定に対して、あまり共感が湧いてこない。

女性にとっては、いわゆるかっこいい男性像になっていると思うが、それが=男が見て、共感できる男かという部分では別問題。もちろん、外見だけでなく、過去に何か抱えている(共感させる)部分も一応描いてはいるが、あまりこちらの感情にヒットするほどでもない。

結局、この作品は、基本女性向け映画であって、男は除外されている作品なんだという気がしてしまう。少し前に見た「俺物語」は、原作は少女マンガでも、十分楽しめたけど。

個人的に山下智久は、ブザービートとか好きで普通に好感持ってるけど、そういう作品に比べると、この作品は、かっこう良さにのみ重点的に演出されていて、人間的な良さ(弱さ)があまり出ていないので、共感しづらい。

ヒロイン役の小松菜奈も全然悪くないと思うけど、性格が内気なこともあって、男として、外面を見ているだけだと、あまり魅力が伝わってこない。高校卒業して、多少笑顔を見せるようになってからかな、魅力が出てきたのは。



評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(まとめ:悪くないけど、それほど良くもない女性向けラブストーリー。やはり教師と生徒という禁断の関係にしては、話がライトに収まり過ぎてるのが(肉体関係なし)、原因のような気がします。ちなみに泥沼化しなかったのは、好感度はあるけど、結局、卒業まで恋愛するのは待とうという大人の考えで、二人ともちゃんと対応してしまうと(また外部が積極的に二人の恋愛を問題化せず沈静化してしまうなど)、意外と恋愛要素が弱まり、気持ちが一定以上高まらず平凡な話になってしまっている。とりあえず話が王道というか、どっかで見た内容でベタベタですね。)



人は無意識な行動で

ウソはつけないって


-?

ひどい熱

-?


>>近キョリ恋愛 Blu-ray通常版


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:邦画

映画「映画 暗殺教室」の感想(ネタバレ)

2017.03.04 Saturday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「映画 暗殺教室」の感想(ネタバレ)



■監督:羽住英一郎
■出演者:山田涼介 椎名桔平 菅田将暉 山本舞香 橋本環奈 知英 高嶋政伸 声:二宮和也

WOWOWで放送していた映画「映画 暗殺教室」を鑑賞。

【映画「映画 暗殺教室」のあらすじ】

有名進学校・椚ヶ丘中学校の旧校舎にある落ちこぼれクラス3年E組に、タコ型超生物の“殺せんせー”が担任としてやって来る。すでに月の7割を破壊し、来年の3月には地球を破壊すると宣言する彼がなぜか3年E組の担任を希望したことから、政府は渚ら生徒たちに“殺せんせー”の暗殺という極秘任務を課する。“殺せんせー”の授業を受けながら暗殺の訓練をするという日々を過ごすうち、生徒たちの間に友情が芽生えるが……。

WOWOWから引用

【映画「映画 暗殺教室」の感想(ネタバレ)】

松井優征の人気漫画を「MOZU」シリーズの羽住英一郎監督がHey!Say!JUMPの山田涼介を主演に迎えて実写映画化した学園ドラマ。

少し前に話題になっていた邦画話題作がWOWOWで初放送(パート2の初放送にあわせてパート1も放送)したので見てみた。

内容は、タコ型の超生物が地球を人質に取り、なぜか、高校の落ちこぼれクラスの担任となって、生徒らに期限内に自身を暗殺してみろと要求するとんでもストーリー。

最初は、理屈で考えたら、ふざけた設定や後出しのオンパレード(結局、理由付けて絶対死なないタコ担任)に、見ながら腹が立っていたが、そもそもそういう不条理な作品なんだとあきらめてからは、無駄にでかいスケール(CG)の大きさと、爽快?なエンタメ感で、なんか最後まで普通に見れてしまった。

ちなみに話を要約すると、政府から100億の賞金と任務を言い渡され暗殺をがんばることになった生徒→一向に担任を倒せない→悪玉教官登場→なんとかタコ担任を追い詰めることに成功する生徒→賞金を掛けられた担任の命を狙って悪玉が今度は生徒に襲い掛かる→悪玉を生徒たちが協力して退治→追い詰めたタコ担任を破壊するため政府に引き渡す→無事担任の破壊に成功するが、ストックホルム症候群じゃないが、一緒に担任と過ごしたことで、タコ担任との日々が良い思い出となって最後の別れにみんなで感動→しかし、実は、担任は死んでなかった→喜ぶ生徒→そして、引き続き続く授業。

一応、製作者目線だと、この不条理なルールの中の出来事で人間として大事なことは何かという教訓めいたことを伝えようとするような感動作?ではあるのだが、ちょっと伝え方がありがちというかベタベタというか(敵だと思っていた担任が、新たな敵が登場することで、敵が味方になる?など)、露骨な回りくどさがしないでもない。

個人的には、普通に結論を言って欲しい気がするが、この年の生徒は、普通に言っても聞かないから、あえて回りくどい感じになってるのだと思うけど、それすらも、なんか回りくどいと思ってしまう内容。とりあえず、自分が脚本家なら一生かかってもこんなとんでも設定で物語を書こうとは思わないし、そういう発想にも至らないと思う。そういった意味では、ある種、すごい話かなとも思う。



評価 ★★★☆☆ (星3.4)

(まとめ:理屈で考えなければ、それなりに見れるとんでもエンタメ作。担任の声は、嵐の二宮和也がやってたことが、エンドロールであきらかにある。声が加工されているからか全然わからなかった。また女教師役には、元KARAのジヨン(知英)が出演したり、意外なキャスティングになっている。そういえば、桐谷美玲もちょい役で出ている。とりあえずパート2(卒業編)があるので、最終的な判断は2を見てからかな。)


ふたつのことを

同時に解決しようとしては

いけません


-?


>>映画 暗殺教室 スタンダード・エディション [ 山田涼介 ]


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:邦画

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links