映画「デメキン」の感想(ネタバレ)

2019.02.03 Sunday 邦画 人間ドラマ/ヒューマン

■映画「デメキン」の感想(ネタバレ)


■監督:山口義高
■出演者:伊藤健太郎 山田裕貴 柳俊太郎 今田美桜 高橋里恩 田中偉登 福山翔大 坂田聡


【映画「デメキン」のあらすじ】

福岡。ぎょろりとした目を“デメキン”とからかわれ、幼いころからいじめられていた少年・正樹。やられてばかりの自分に嫌気が差した彼は強くなろうと決心し、幼なじみの親友・厚成とともにケンカ上等の不良少年になった。高校に進学してもケンカ三昧の日々を送る正樹は、あるとき厚成から福岡一の暴走族を作らないかと誘われ、チーム“亜鳳(あほう)”を結成。2人は血気盛んなライバルを蹴散らしながら名を挙げていくが……。

WOWOWから引用

【映画「デメキン」の感想(ネタバレ)】 

 

お笑い芸人:バッドボーイズの佐田正樹の自伝小説を伊藤健太郎主演で映画化した青春映画。

 

元暴走族芸人の佐田正樹のエピソードが映画になっていたので見てみた。

 

佐田の暴走族時代のエピソードは、すべらない話等でも聞いたことがあったが、それが知らないうちに自伝小説が発売され、さらに自伝を元にマンガにもなっているみたいで、大分発展したようだ。

 

ちなみに自伝小説自体は未読で、今回の映画をいきなり見たが、どこまでが本当でどこからが演出なのか、わからないほどヤンキー映画としては、大分暴力シーンの描写が度を越えている時がある。

 

ヤンキー漫画として見れば、よくありそうなエピソード(演出)ではあるが、この話が実際に起こっている(自伝ベース)としたら、普通なら警察沙汰になっていて映画化とかにしてる場合ではないと思う。

 

実際、佐田本人も高校時代に逮捕されてるので、相当悪いことをしてるのは確かだが、この映画の内容が本当なら、自伝といえど、全然笑えない話である。

 

特に入院してる病院にまで暴走族が押しかけてきて、2〜3階の窓から重傷の佐田の仲間を突き落とす行為(描写)というのは、やり過ぎというか暴力(ケンカ)の範疇ではなく、すでに殺人行為(未遂)だと思う。

 

ちなみにこの映画では、ほとんど警察が出てこないので、その辺の暴力のライン(リアル感)がかなりあやふやになっている。一応、映画は、自伝と言うスタンスで作っているが、その辺のシーンが演出なのか、本当に起きたことを実際に再現してるのか、どこまでが本当なのか、非常にわかりづらいところでもある。

 

抗争があって、学生が一人病院送りになってるなら、マンガではない限り、この時代を考慮してもあきらかに警察沙汰になってるはずだし、普通に家族が住む家にまで暴走族が押しかけて、暴力を振るうってのは、ケンカの範疇ではなく、もう立派な凶悪犯罪だ。

 

当事者は、訴えを我慢しても、必ずその親は、出てくると思う。だって、家まで来て息子をどつきまわされてるって尋常じゃない。

 

ラストの抗争は映画的なアクション演出として理解できるが、中盤の病院の窓から突き落とす行為は、シリアス調(事実ベース)に見せてるので、これが事実をベースとしてるなら、ひどい話過ぎて全く笑えない。また演出として、あえてこの部分を過激にしてるなら、それは自伝ベースの話としては、ルール違反のように思う。

 

また佐田が右の頬でたばこの火を消すシーンもあるが、現在の佐田本人の顔にあきらかな根性焼きの後は、見当たらない。この辺もなんか怪しい。根性焼きって腕にすれば、一生残るほど痕になると思うけど。顔なら余計にね。

 

この映画では、なぜか暴走族の存在があるのに、警察も出てこなければ、親もほとんど出てこないので、どこまでが事実なのか非常に怪しいし、わかりにくい。一応、自伝ベースなだけに、ノンフィクション作品(その延長)としてみるか、割り切ってただのエンタメ映画として見るか、その辺のライン(作りも)は、非常に微妙だ。

 

ちなみにそういったものを事実でなく演出として捉え、ヤンキーマンガの映画化(フィクション)ということで見れば、作品としては、そんなに悪くない。

 

ヤンキー漫画が好きなら、それなりにツボを押さえた作りで、緊張感と人間的な熱さもしっかりある。

 

そして、ヒロインのキャストに関しては、個人的に素晴らしいの一言。ヒロイン役に今田美桜を起用してるが、この子のヤンキー演技(キャラ)は、まさにこの時代のイケてるヤンキー女子の見本(イメージ)と言っても良いほどドンピシャに嵌っている。

 

尖ってる中に、可愛さもあり、弱さもあり、セクシーさもありという、漫画的な”可愛いヤンキーヒロイン”のイメージをかなり具現化してる。よくこんな子が現代にいたなと思うほどのクオリティ。

 

個人的には、ヤンキー漫画を最近ドラマ化した「今日から俺は!」(両方に伊藤健太郎が出演してるが)を見るなら、断然こちらの方がおすすめ。福田監督の「今日から俺は!」は、1話見てやめた。たぶんずっと同じパターンだしね。

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.8)

 

(まとめ:ところどころ事実なのかどうか怪しさが残る佐田正樹の熱い自伝ベース映画。佐田が暴走族の総長になる際?(選ばれる時)に、先輩に夜中に山に連れられて、もう一人の暴走族の男?と1対1の決闘みたいなことをしたというような話(それで勝った)をテレビで聞いたことがあったが、この映画では、普通に名前を呼ばれて選ばれていて、そんなマンガみたいなシーンはなかった。てっきりそのシーンを再現してるのかと期待していたが、カットされたのか、元々そんなシーンは無かったのか、あの話は嘘なのか謎が残る。)

 

 

 

ケンカはくさ

 

自分の腕っぷしが

 

強いのを見せ付けるために

 

するもんじゃなか

 

自分の信念や主張が

 

正しくて強いっつのを

 

見せつける時に

 

するもんたい

 

-?

 

 

>>デメキン [DVD]

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:邦画

映画「007/スペクター」の感想(ネタバレ)

2019.01.27 Sunday 洋画 アクション/SF

■映画「007/スペクター」の感想(ネタバレ)


■監督:サム・メンデス
■出演者:ダニエル・クレイグ クリストフ・ヴァルツ レア・セドゥ レイフ・ファインズ ベン・ウィショー ナオミ・ハリス モニカ・ベルッチ アンドリュー・スコット


【映画「007/スペクター」のあらすじ】

英国の諜報機関MI6に所属するスパイのボンドは亡くなった前代のMの遺言に従い、自分がメキシコで倒したテロリストの葬儀に向かい、そこでそのテロリストの妻ルチアをある組織から救う。やがてボンドは組織の首領がオーベルハウザーという男だと知るが、彼は幼いころに両親を亡くしたボンドを育てた養父の息子で、ボンドと旧知の仲だった。一方、ロンドンではマックスが新責任者になったMI5がMI6を吸収しようとしていた。

WOWOWから引用

【映画「007/スペクター」の感想(ネタバレ)】 

 

「アメリカン・ビューティー」のサム・メンデス監督が前作「スカイフォール」に続いて再び監督した6代目ボンドのダニエルクレイグ主演の007シリーズ第24作。

 

前作「スカイフォール」を見てからかなり時間が経ってしまったが、現状007最新作で続編の「007/スペクター」も見てみた。

 

ちなみに、前作「スカイフォール」はかなり良かったと評価したが、この「007/スペクター」は、監督は同じサムメンデスなのだが、内容はかなり微妙になった。

 

まず、開始早々のアクションだが、メキシコ?のガイコツ祭りを舞台に長回しの1カットで撮る(見せる)ということに拘りを見せているのはわかるのだが、背景(祭り)が妙に合成っぽく見え、その後の見せ場のアクションも、スペクタクル感(アパートが崩壊する)はあっても、それがCGというか背景との合成感が強く出てて(見えて)、せっかくの生身(007)のアクション感が大分弱い。

 

あんなに大勢の人がいるところで実際にヘリを飛ばしてというのは、危なすぎるのはわかるけど、あきらかに合成が入っている。(実際は、どうか知らないが、ところどころ映像が不自然過ぎる。まず町並みの中で立ち上ってる煙がどこか変だし。煙ってあんな感じだっけ?※映画「アサシンクリード」の時も同様の煙のCGが気になったが、こっちも気になるな。)

 

映像的には派手ではあるんだけど、どこかアニメを見ているような違和感を時々感じて実写ではあるんだけど、なんだかな〜という感じ。やっぱりスパイモノは、CGに頼り過ぎないで実写に拘って欲しい。大規模なCGが必要なアクションなら逆にやらなくて良いとさえ思う。下手すると俳優もCGになってる可能性すら否めない。※中盤の列車内での格闘みたいなので十分かな。CGだとわかると興ざめする。

 

あと、今回ストーリーも起承転結的な最初から最後までのわかりやすい流れを感じる爽快感がなく、なんとなく終始何をしたいのか見えず、だらだらしてる。WOWOWの上記のあらすじを後から読んで、そういうストーリーだったのねと理解するほど、現場を見てるとわかりにくい。

 

一応、オーラスの20〜30分位になって、ようやく盛り上がってくるけど、それまでは、じめじめして湿っぽいというか、ずっと世界観が曇っていて、抜けきらない。

 

WOWOWの番組情報によると、大分前の過去作と話が繋がっている?(スペクター繋がり)ようなのだが、そっちを見てないと急に話を出されても、なんのことやら?という感じだ。

 

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

 

(まとめ:サムメンデス監督の失敗作007。なんか詰め込みすぎで前作「スカイフォール」の良さはなし。また話の吸引力が無さ過ぎて、途中で見るのをやめたことも影響してか、ストーリーの記憶も途切れ、内容も入ってこない(笑)。これは自分がいけないんだろうが、それを引いても、この「007/スペクター」は駄作です。ただ、最後の30分は多少盛り上がるのでトータルでは、おまけでギリ星3つ。007に特にこだわりが無いなら、たぶんスルーでいいかも。)

 

 

>>007/ダニエル・クレイグ ブルーレイコレクション(Blu−ray Disc)

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

連続ドラマW「不発弾 〜ブラックマネーを操る男〜」(全6話)の感想(ネタバレ)

2019.01.24 Thursday WOWOW ドラマ

■連続ドラマW「不発弾 〜ブラックマネーを操る男〜」(全6話)の感想(ネタバレ)


■監督:星野和成
■出演者:椎名桔平 黒木メイサ 堀部圭亮 三浦貴大 入山杏奈 朝夏まなと デビット伊東 吉沢悠 葛山信吾 山口美也子 渡辺哲 津嘉山正種 宅麻伸 原田知世 奥田瑛二


【連続ドラマW「不発弾 〜ブラックマネーを操る男〜」のあらすじ】

大手電機メーカー三田電機が発表した、1500億円もの「不適切会計」。その記者会見の裏にひとりの男の影が……。金融コンサルタント・古賀遼(椎名桔平)だ。捜査二課の管理官・小堀弓子(黒木メイサ)は粉飾や隠蔽を疑い、捜査に乗り出す。その矢先、キーマンと思われる三田電機社員が自殺。貧しい炭鉱町出身で高卒ながらも、東京でのし上がってきた古賀。この男は一体何者なのか? ある出来事を機に始まった古賀の復讐とは?

WOWOWから引用

【連続ドラマW「不発弾 〜ブラックマネーを操る男〜」(全6話)の感想(ネタバレ)】 

 

 

相場英雄の原作小説を椎名桔平主演でWOWOWドラマ化した社会派ドラマ。

 

前回の「社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」に続いてWOWOWの社会派連続ドラマを見てみた。

 

内容は、不発弾と呼ばれる、大企業の不適切会計の真相を暴こうとする捜査2課(管理官)と、裏で企業の損失隠しを請け負う金融コンサルタントの話。

 

このドラマ、一応内容は、フィクションとされているが、過去に起きた出来事(バブル崩壊過程)やニュースなど、事実をベースにしており、企業名や団体、人物等の名称こそ変更されているが、たぶん実際にあった金融事件を参考にして作られていると思われる。

 

元大蔵官僚の高橋洋一氏の本などで書かれていた、バブルが起きる要因となった仕組み(証券会社の損失補償による勧誘)やその崩壊過程(通達)なども、ほぼそのまま描かれており(高橋洋一氏の話は役人側、こちらは、民間側の実態が描かれている)、そちらを読んでると、その再現ドラマかという感じで、結構理解しやすい。

 

そういった意味では、かなり社会的なドラマで、これを見るだけでバブル期の金融業界?に多少明るくなる。

 

ただ、肝心のドラマの方だが、内容が堅苦しく、サスペンス的な謎が解ける面白さはあるものの、視点が謎を暴く捜査2課目線(黒木メイサ)だけでなく、暴かれる側の金融コンサルタント(椎名桔平)目線からも描いていて、なんとなく何をどう見せたいのか、迷走感は否めない。

 

例えば、警察の黒木メイサが捜査し、真相に徐々に近づいていく一方で、同時並行的に普通に捜査される側の古賀(椎名桔平)の生い立ちなどのストーリーが古賀目線で普通に解説や語り付きで描いている。

 

必要悪側の古賀(椎名桔平)への感情移入という目線では、生い立ちなどを丁寧に描いてくれるのは、よりそちらにも共感できる一方、謎を解明するという目線では、普通に古賀目線で内情があきらかになっていくので、ようやく何かの謎が解明できたという小堀(黒木メイサ)視点での達成感は少ない。古賀目線のストーリーでさらっと内情がネタバレしてるので。

 

やはり被疑者側の生い立ちを描くというタイミングってのはあると思う。

 

基本的には、最後の取り調べで両者が対峙し、証拠も突きつけられてから、徐々に真相(事件や生い立ちの詳細)に入る方がドラマの構成として王道だろうと思うし、それがやはり気持ちがいい。

 

それまでは、対象者は謎の人物(悪人)というイメージで、警察目線で一方的に手加減せずに追求していくという姿が、見ているほうの感情もついていきやすく理想だと思う。

 

そういう意味では、このドラマは、感情移入(ドラマへの吸引力)の盛り上がりが、盛り上がったかと思えば、急に下がったり、また徐々に盛り上がったと思えば、下がったりとそれを繰り返している。

 

結果、全6話だが、2〜3日で一気に見てしまった見方ではなく、1ヶ月位掛けてなんとか6話全部見たという感じで、ドラマ全体としての緊張感というか吸引力は弱い。

 

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

 

(まとめ:不発弾(不適切会計)の内容は良いが、ドラマ部分(古賀の生い立ちの描き方)がどこかかったるい社会派ドラマ。かったるさというのは、ドラマとして”真面目”とか”大人”という言葉でも表現できるかもしれないが、個人的には、もう少し、エンタメ(テンポ感を上げたり演出、構成)に振って欲しい気はします。見ててドラマとしての爽快感とか気持ちよさというのがほとんど無いに等しい。織田裕二の”監査役 野崎修平”ほどではないにしろ、あんな感じの勢いが欲しいですね。黒木メイサ、椎名桔平両者ともに、キャラが冷静(落ち着いている)というのもあるけど、とにかく見てて堅い。ラストも外務省機密費を描いた”石つぶて”の時と同じく、やはり上からの圧力が入って、途中で捜査終了。本丸に到達できないモヤモヤが残ったままで気持ち悪い。…次は、爽快なドラマを見よう。)

 

 

 

>>連続ドラマW 不発弾 〜ブラックマネーを操る男〜 【DVD】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

映画「バース・オブ・ザ・ドラゴン」の感想(ネタバレ)

2019.01.15 Tuesday 洋画 アクション/SF

■映画「バース・オブ・ザ・ドラゴン」の感想(ネタバレ)


■監督:ジョージ・ノルフィ
■出演者:フィリップ・ン シア・ユイ ジン・シン ビリー・マグヌッセン


【映画「バース・オブ・ザ・ドラゴン」のあらすじ】

1964年、サンフランシスコ。中国拳法の詠春拳を広めたいと望み、そのために映画スターになる野心を持ったリーだが、少林寺の本山で拳法を学んだジャックマンは、中国の拳法がそんなに簡単には伝授できないと伝えるべく、中国から渡米する。リーに対決を求められたジャックマンはそれに応じるかどうか考える。そのころ、リーの弟子スティーブは自分が愛するようになった女性を、中国系ギャングの支配から解放させようとし……。

WOWOWから引用

【映画「バース・オブ・ザ・ドラゴン」の感想(ネタバレ)】 

 

 

実際に行われたアクションスター”ブルース・リー”と少林拳の達人”ウォン・ジャックマン”の対決をテーマにしたアクション映画。

 

内容がわかりやすそうなブルースリー作品を見つけたので見てみた。

 

格闘技の達人同士の世紀?の戦いを描いた作品なので、見どころは、カンフーアクションになると思うが、アクション自体は、これまで中国系のカンフーアクションを何作か見ていれば、取り立ててすごいというものはなく、結構無難な仕上がり。

 

一応、ワイヤーアクションを取り入れてるが、いきなり空飛んでったりといった明らかに現実離れした使い方はしていないので、その辺は一応格闘技を土台にした演出で押さえようとしている。

 

これが完全なる中国映画、監督も中国人ならバンバン空飛んでいってそうだが、一応監督がアメリカ人で舞台もアメリカなので、比較的抑え気味というか、個人的にちょうど良いアクションだと思う。

 

ちなみに少林拳の奥義みたいな話が、いくらか出てくるが、内容的には、孫子と仏教が混ざった教えで、それらを少し理解していると、少林拳が描く世界観をよりイメージで理解できる。

 

よく言われている嘘くさい”気”の存在(使い方)を実体として理解できると(催眠術に掛かった精神状態を一度体感して、自分なりにその状態を脳内から身体に伝達して再現できるようになると)、身体の使い方で新たな発見があるが、この少林拳の奥義もそういうことなんだろうと思う。

 

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.2)

 

(まとめ:結局最後は、達人同士がタッグを組んで悪を成敗する王道アクション。主演のフィリップ・ンがブルースリー役を演じているが、いわゆるブルースリー色(クセ)を出せば出すほど、演じているというよりかは、ただ安いモノマネをやってるようにしか見えなくなって、ところどころ笑ってしまう。ブルースリーの演技というものは、日本人に限らず、誰がやっても、結局モノマネの世界観から抜け出せないように思う。)

 

 

第一にカンフーは

 

拳に存在しない

 

魂の中にあるものだ

 

-?

 

命は死よりも強い

 

-?

 

 

 

技は罠だ

 

-?

 

 

流儀は監獄

 

-?

 

 

 

 

>>バース・オブ・ザ・ドラゴン[Blu-ray] / 洋画

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

映画「スリー・ビルボード」の感想(ネタバレ)

2019.01.11 Friday 洋画 人間ドラマ/ヒューマンドラマ レビュー

■映画「スリー・ビルボード」の感想(ネタバレ)


■監督:マーティン・マクドナー
■出演者:フランシス・マクドーマンド サム・ロックウェル ウディ・ハレルソン アビー・コーニッシュ ジョン・ホークス


【映画「スリー・ビルボード」のあらすじ】

アメリカ中部の小さな町エビング。ある日、町外れの道路沿いに、人目を引く3枚の立て看板が突如出現。それは、7カ月前に愛娘を何者かに殺されたものの、一向に捜査が進展しないことに業を煮やした母親のミルドレッドが、怒りのあまりに掲げた抗議のメッセージだった。町の人々の信認も厚い警察署長のウィロビーは、名指しで批判されたことに困惑しつつ、どうか冷静にとミルドレッドに頼み込むが、彼女の怒りは容易に収まらず…。

WOWOWから引用

【映画「スリー・ビルボード」の感想(ネタバレ)】 

 

 

第90回アカデミー賞で「ファーゴ」に続き、2度目の主演女優賞を獲得したフランシス・マクドーマンド主演の人間ドラマ。

 

”怒りのあまり、型破りな抗議活動を開始する母親”というWOWOWの番組情報に惹かれて選んでみた。

 

物語は、娘をレイプされた?あげく殺害された(焼死体で発見される)母親が犯人逮捕を願って、道路沿いに並ぶ3枚の看板に強烈なメッセージ広告を出したことから、それを快く思わない住人や警察から逆に批判や反発を受け…という作品。

 

ハリウッド映画のわかりやすいパターンに慣れてると、この映画のラストは、完全に裏切られる。

 

通常なら”広告を出す”→”最終的に犯人が見つかり逮捕”でハッピーエンド(※被害者なのでハッピーではないけど)という流れは、見始めた段階から見てる者の意識に上り、ストーリーが進むほどにより濃厚となっていくが、そのお決まりの予想は、ラストで完全に裏切られる。

 

そして、最後のオチ(ラスト)に出会うと笑ってしまう(笑)

 

そんなオチある? 

 

なんだこの映画(笑)

 

最後がボケ(ギャグ)みたいなオチになっているのだが、そこへの持って行き方がなんだかんだいろいろあった末に、結局どこか納得できてしまうのは、一応正義感がベースにあるからだろう。

 

それによって見てるこっちも、ま〜それもしょうがないとなんとなく共感してしまう。しかし、少し冷静になるとそのふざけた結論に共感してる自分に逆にツッコミを入れたくなる。

 

実際に警察(被害者)がこんな薄い証拠で、人を罰そうとしたらダメだと思う一方(冤罪の可能性もある)、犯罪の証拠集めとか律儀にやって地道に見つからない犯人を待つなら、あきらかに現在犯罪をやってそうな日々の生活態度がおかしいヤツを罰した方が、実際、社会の犯罪が減るんじゃないかという、この映画の最終結論的な流れも意外と無くはないなと思ってしまう。※最終的に手を下したかは見せてないけど。

 

劇中で、”今回の件は、犯人ではなかったけど、他ではやってるから…”(※今回は、それでどうにか…)的なディクソン(サムロックウェル)のセリフがあるけど、ここのセリフは、聞いてて笑うしかない(笑)

 

シリアスな映画なんだけど。突き詰めたら最後はコメディになった。

 

こんな映画はなかなか無い。

 

そして、こんなラストにしてる監督は、アホ(笑)

 

気になるので、この監督の他の作品があったら、みてみよう。

 

 

 

評価 ★★★★☆ (星4.2)

 

(まとめ:フランシス・マクドーマンドのアカデミー主演女優賞演技よりもオチの方が気になる人間ドラマ。この映画の教訓は、”やられたらやり返す”という発想があるが、やり返す相手は、別に直接やられた相手(本人)が見つからない場合、”同じカテゴリの人間でとりあえず済ます”という部分だろう。当事者ではなく、その犯罪(罪)に関連した別の人物を裁く。被害者側のより俯瞰した、犯罪行為に対する清算的行動だろう。加害者の人権ばかりが過剰に保護される現代において、被害者として平和をより追求すればこそ、この映画の発想は、社会にとっては、意外と無くはないと思う。あきらかに確定した罪(現行犯)であるのは前提ではあるけど。)

 

 

世間の関心が高まれば

 

逮捕につながる

 

-?

 

 

 

怒りは怒りを来す

 

-?

 

 

お袋も言ってた

 

”望むよりも努力だ”と

 

-?

 

 

 

>>スリー・ビルボード 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:洋画

WOWOWのおすすめ番組!    

Search

管理人の記憶に残るおすすめ作品

Links